わたしの名医

ゼオスキンのスキンブライセラムを徹底解説!?効果や使い方、副作用は?

ゼオスキンのスキンブライセラムを徹底解説!

美しく健やかな肌へと導いてくれるゼオスキン製品の中で、エイジングケアができるアイテムの1つがスキンブライセラムです。今回は、スキンブライセラムの効果について詳しく解説します。使い方や副作用についても解説しているので、ゼオスキンのスキンブライセラムが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

ゼオスキンのスキンブライセラムとは?

スキンブライセラムは、高濃度レチノール※1やビタミンC(アスコルビルグルコシド※2)を配合した美容液です。レチノール※1を効果的に安定して届けられるのは、進化したバイオテクノロジー「オレオソーム」の効果。ゼオスキン製品の中では、エイジングケア製品に分類されています。レチノール※1の濃度の違いにより、「スキンブライセラム0.25」と「スキンブライセラム0.5」があります。セラピューティックの維持期や、レチノールによるアグレッシブな継続ケアに使用されるアイテムです。

※1整肌成分

ゼオスキンのスキンブライセラムの効果

スキンブライセラムには、次のような効果が期待できます。

・肌のキメを整えハリのある肌へ

レチノール※1が肌のキメを整え、バリア機能をサポート。紫外線などの外的ストレスから肌を守ります。肌に弾力を与え、ふっくらとハリのある肌へ。

・明るく均一なスキントーンへと整える

レチノール※1やビタミンC(アスコルビルグルコシド※2)が、しみやくすみ※3を防ぐ力をサポート。肌のむら※3を均一に整え、明るく透明感のある肌へと導きます

※1整肌成分 ※2製品の抗酸化剤 ※3乾燥等により肌がくすんで見える状態

ゼオスキンのスキンブライセラムの使い方

洗顔と化粧水で肌を整えた後、スキンブライセラムを手に取り肌に馴染ませます。使用量の目安は1~2プッシュ。週に2~3回夜のみ使用します。

※他に使用する美容液などがある場合は使用順が変わりますので、医師にご確認ください。

ゼオスキンのスキンブライセラムの副作用

ビタミンAの一種であるレチノール※1に肌が反応することで、赤みや痒みの他に乾燥や皮剥けといった副作用が出る場合があります。一時的なものが多く、肌がビタミンAに慣れるにつれて症状が落ち着くことがほとんどです。副作用には個人差がありますので、心配な方は医師に相談してください。

ゼオスキンのスキンブライセラムで
ハリと透明感のある若々しい肌へ!

エイジングケアと透明感ケアができるスキンブライセラムは、とても魅力的なアイテム。スペシャルケアとしてスキンケアに取り入れれば、明るくハリのある肌へと導いてくれます。

ゼオスキン製品は医療機関専売のため、スキンブライセラムの購入にはクリニックの受診が必要です。オンラインコスメ診断を利用すれば、忙しい方でも自宅からスキンブライセラムが購入できます。スキンブライセラムの購入を考えている方は、ぜひ活用してください。ゼオスキンのスキンブライセラムで、ハリと透明感のある若々しい肌を目指しましょう!

掲載の商品は、お客様が安全にご使用いただく事を第一に考え、
最大限の効果をご提供するために対面販売を基本としております。

お近くの取り扱い機関、もしくはオンライン診療を実施している医療機関、
もしくは医療機関が運営しているオンラインストアでのご購入をおすすめいたします。

掲載の商品は、お客様が安全にご使用いただく事を第一に考え、最大限の効果をご提供するために対面販売を基本としております。お近くの取り扱い機関、もしくはオンライン診療を実施している医療機関、もしくは医療機関が運営しているオンラインストアでのご購入をおすすめいたします。

ゼオスキンヘルス 取り扱いクリニックが探せる
わたしの名医「オンライン診療・カウンセリングナビ」

ゼオスキンヘルスをご自宅で。
オンライン診療・カウンセリングが受けられる
クリニックを探そう!!

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまでお問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及びネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についてのお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまで
お問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及び
ネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についての
お問い合わせは、
下記よりご連絡ください。