わたしの名医

Pantogar パントガール

女性のための養毛サプリメント
Pantogar(パントガール)

Pantogar パントガール
Pantogar パントガール

パントガールは女性の脱毛症―びまん型脱毛症―改善のための海外製サプリメントで、日本での取り扱いは未承認医薬品です。男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの一種、デヒドロテストステロンが原因の一つであると解明されていますが、女性の脱毛症は原因がまだよくわかっていません。
しかしパントガールは薄毛と診断される25-65歳の女性を対象とした半年間の臨床試験により、改善効果が確認されました。

ロドウィンの脱毛分類型に従って被験者を3タイプに分けましたが、群間に効果の差は出ませんでした。この臨床試験結果からは、パントガールには毛周期を改善する作用があるように考えられました。

Pantogar パントガール
(図. Lodwigによる脱毛タイプ分類(左からⅠ, Ⅱ, Ⅲ))
毛周期の成長が75%~80%に増加

毛周期には成長期と退行期、休止期の3つの期間があります。通常、70~75%が成長期にあります。パントガールを1日3回、半年間飲用すると、成長期にある毛髪が75%~80%に増加しました。成長期にある毛髪が増えることで結果として毛量が増加すると考えられます。

パントガール1カプセルあたりに含まれる成分はチアミン(ビタミンB1)60mg、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)60mg、Lシスチン20mg、パラアミノ安息香酸(PABA)20mg及び薬用酵母100mgです。パントガールの作用機序に関しては今のところ解明されていませんが、作用する単一のターゲットがあるのではなくそれぞれの成分が複合的に作用していると考えられます。また、効果のカギとなっている組み合わせはシスチンと薬用酵母、パントテン酸のバランスであると考えられています。特に薬用酵母には多種のミネラルが含まれており、体内の発毛に必要な酵素を活性化させている可能性があります。

ミノキシジルとの違い

一般的な発毛剤に用いるミノキシジルとパントガールの違いは副作用の程度にあります。パントガールは食品と差異の無い原料で作られているため、副作用を引き起こすリスクが極めて低いいです。実際、臨床試験中に報告された副作用は腹痛や倦怠感程度のものでした。さらに、各ホルモンやフェリチン等の血中濃度にも変化が見られませんでした。以上のことから、パントガールは安全性が高い製品であることがわかります。
パントガールの飲用対象者は、現状はびまん型脱毛症に悩む女性のみです。
また、授乳中の女性は特に問題が起きないと考えられています。妊娠中や薬剤服用中の場合は医師と相談することをお勧めします。なお、男性に対する臨床試験は行われておりません。男性の場合は脱毛のメカニズムがある程度解明されているため薬での対応が可能なことも男性が非対応である一因です。

びまん型脱毛症とは

原因がはっきりとしない、不特定の広範囲に分布した薄毛・脱毛が起こる症状のことで主に女性の脱毛症を指します。

商品情報
Pantogar
(パントガール)
Pantogar パントガール

90カプセル(1ヶ月分)

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまでお問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及びネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についてのお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまで
お問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及び
ネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についての
お問い合わせは、
下記よりご連絡ください。