わたしの名医

患者様の生活・気持ちに寄り添う 「世界で一番優しいドクター」

Original Beauty Clinic GINZAは、銀座線銀座一丁目駅より徒歩1分、丸ノ内線銀座駅C8出口・有楽町駅より徒歩5分、東京メトロ京橋駅より徒歩3分にあります。
今回は、どこまでも優しいドクターを目指す美容外科医・佐藤玲史院長先生に、2020年4月に開院されたOriginal Beauty Clinic GINZAの特徴や「世界一優しいドクター」を宣言されている佐藤院長先生の診療のこだわりや患者様への思いについてお話を伺いました。

どこまでも優しいドクター・どこまでも優しいクリニック

――医師を目指されたきっかけをお聞かせください。

佐藤 医師という仕事は、もともと小さいころからの憧れの職業ではありました。しかし、学生時代はまったく医師の道とは違い、高校は文系のクラス・大学は文系の学部に進んでおり、一度保険会社の人事部に就職をしました。サラリーマン生活を送る中で、身内が大きな病気を患い、主治医の先生とお話をする機会があったのですが、その際に医師のもつ“命を扱うもの”としての懐の深さを感じ、医師という職業に対してとても興味がわきました。また、保険会社に勤めていたことから、何度かドクターと接する機会があり、お話の中で人の命を扱う仕事というのは自分自身をも成長させる仕事であると感じ、医師という仕事に対してさらに憧れ、とても羨ましいという気持ちが芽生えました。そこから医学部受験・医学の道に進むことを決意しました。

Original Beauty Clinic GINZA

――貴院の特徴をお聞かせください。

佐藤 Original Beauty Clinic GINZAは、「世界一優しいドクター」「世界一優しいクリニック」を目指しています。もちろん結果や技術面も重要視していますが、患者様の印象として広まるクリニックの評価は技術面のほかにも「優しさ」や「感じのよさ」のような医師の人柄・クリニックの親切さのようなものが重要視されているように感じています。
美容皮膚科はとくに、患者様のお悩みや気持ちに寄り添い、信頼関係を作ったうえで診療を行うことが重要視されていると感じています。そのためできるだけ患者様のお仕事や生活などの背景を意識した診療を心がけています。一般企業で働いた経験がある自分だからこそ、患者様の生活の背景や悩み、思いに寄り添えると思いますし、寄り添いたいという思いが強いです。

――患者様を診療するうえで大切にされていることはどのようなことですか?

佐藤 患者様に関するすべてのことに気を配り、私にできることは全力で取り組んでいますが、患者様がクリニックを安心できる場所としてご来院いただけることを大切にしています。
まず患者様からのクリニックの第一印象として、お問い合わせのお電話やご来院された際に雰囲気からも安心感を見出していただけるように、受付スタッフと協力しています。
全体的なクリニックの配色も統一して白と青を基調としているところや、施術室以外の床が絨毯であることも当クリニックの特徴の一つで、ぬくもりを感じていただけるようにと考えられています。他にも診察室に飾られている絵画や、家具の選択一つをとっても、ご来院された患者様に親しみと安心感を持っていただけることを意識した工夫を行っています。

Original Beauty Clinic GINZA 佐藤玲史院長

ご来院いただく患者様の気持ち・生活背景も意識する

――美容皮膚科・美容外科医のやりがい・苦労を教えてください。

佐藤 ほかの科と違い、目で見て治療の結果がわかるところにやりがいを感じています。たとえば内科の場合、患者様が鏡で自分自身をみて血圧や血糖値の値を知ることはできません。しかし美容皮膚科・美容外科の場合は患者様の変化が目でみてわかる場合が多いので、患者様と一緒に変化を喜ぶことができる、というところに非常にやりがいを感じています。

苦労に感じることは、治療の効果をすぐに確認することができず、施術後にも通院していただく必要があるというところです。肝斑などの内服薬治療の場合は約3か月後にようやく結果がみえてきたり、施術を含む治療はダウンタイム期間がある場合が多くあったりと、期間をあけて再度ご来院いただくことで、はじめて結果を確認できます。そのため患者様に、もう一度当院にご来院したいと思っていただく必要があり、カウンセリングを重ねることで患者様の理想とする結果に近づくことができます。

患者様がご来院される際には、服や靴・アクセサリーを選び、ときにはメイクを行い、交通費を払ってご来院されます。そしてクリニックにお金を払い診療を受け、さらにまた交通費と時間をかけてご自宅へお帰りになります。とくに美容皮膚科は自由診療のため、患者様のお気持ちでご来院いただくことになります。
患者様のそのお気持ちと努力に見合う診療結果と満足感をご提供できるように努め、信頼関係を築き通院していただいたことで、一緒に結果を喜べるような美容医療のかかりつけ医にならなければ、と常に考えています。

信頼関係の中で目指す「美容のかかりつけ医」

――佐藤院長先生の注目のスキンケア成分・美容のためにおすすめの食べ物を教えてください。

佐藤 スキンケアのキーワードとしては『ヒト幹細胞』『ビタミンA』に注目しています。とくに『ヒト幹細胞』は、当クリニックでもヒト幹細胞培養上清液を利用した施術を行っています。ダーマペン4などの導入液として利用したり、直接患部へ注入したり、細胞分裂が盛んになっている皮膚の修復作用を狙って使用しています。今後もヒト幹細胞を利用した施術を増やしていき、いろいろなお悩みに対応していきたいと考えています。
食べ物としては、自分がすごく好きということもありますが、納豆を毎日食べています。また、クリニックでは自分でヨーグルト菌を使い、毎日牛乳からヨーグルトを作って食べています。発酵食品はおなかにもいい食品として知られていますよね。
ほかには、クリニックの横に青汁センターがあるので、たまに利用しています。

――今後の展望をお聞かせください。

佐藤 現在は、まだ開院して半年ということもあり新規の患者様が大半なのですが、今後は常連の患者様を増やしていきたいと考えています。イメージとしては、現在新規でご来院されている患者様の、美容のかかりつけ医となり将来、長期的にご来院していただけるような関係性を築きたいと考えています。ご来院された帰りに次のご予約をお取りするなどして、信頼関係の中で長く付き合っていける患者様とクリニックの関係を築きたいです。
その中で新規の患者様も少しずつ増やしていき、たくさんの患者様に必要とされるクリニックにしていきたいです。

Original Beauty Clinic GINZA 佐藤玲史院長

Original Beauty Clinic GINZA

院長 佐藤 玲史
   (さとう れいじ)

経 歴

東京都生まれ
慶応義塾大学商学部を卒業後、保険会社に勤務
医師になるために医学部受験を決意
国立 東京医科歯科大学 医学部医学科卒
大手美容外科にて千葉・新宿・上野の各院で院長・顧問を歴任
有名美容外科の銀座にて院長就任
2020年4月銀座にてOriginal Beauty Clinic GINZAを開院

資格・所属学会

医籍登録番号 463480
日本美容外科学会認定専門医(JSAS) 番号1218
高濃度ビタミンC療法認定医
サーマクール認定医
BOTOX VISTA認定医
日本化粧品検定一級 認定No.19213100472
日本美容外科学会会員(JSAS)
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢医学会会員
国際抗老化再生医療学会会員
日本再生医療学会
点滴療法研究会マスターズクラブ会員
国際オーソモレキュラー医学会員

Original Beauty Clinic GINZA

〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-8 DEAR GINZAビル4F
TEL:03-6271-0923
アクセス:銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分/銀座駅C8出口より徒歩5分/有楽町駅より徒歩5分/京橋駅3番出口より徒歩3分

診療時間
10:00~19:00

休診日:木曜・日曜

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム