わたしの名医

地域の方のかかりつけ医として、子供からご年配の方まで幅広く対応

成城スカイファミリークリニックは、地域の方のかかりつけ医として、内科、外科、美容診療など幅広く対応しています。子供からご年配の方まで、一人ひとりに対して丁寧に診察を行っています。今回は、院長の石曽根浩明先生に、クリニックのこだわりや特徴、お勧めの医療サービスなどについて、お話を伺いました。

人の命を救える医師という職業に魅力を感じた

――医師を志したキッカケを教えてください。

石曽根 中学・高校生の頃から、人の命を救える医師という職業に興味がありました。外科を選んだのも、人の命を救えるというところからです。もちろん外科に限らず、他の科でも命を救うことはできますが、外科は内科も診ることができるなど、総合的に診られて患者様の命を救えるというところで選びました。

――なぜご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

石曽根 もともと医者になった時点で、将来は開業したいと思っていました。国立国際医療センターなどで外科医として勤務していましたが、開業前に8年ほどクリニックに勤めていて、そこで院長をしていたんですね。ただ、私は外科なので皮膚科、美容外科のことをもっと深く学びたいと思って、その後、大手美容外科に2年半勤めてから開業しました。もともと生まれ育った成城で開業したいという思いがあったのですが、良い物件が見つかったタイミングで開業しました。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

石曽根 クリニック名に「ファミリー」と入っていますが、子供からご年配の方まで診られるクリニックにしたいと思っています。内装も、華やかでもなく寂しい感じでもなく、アットホームな雰囲気のイメージにしたくて、温かみのある感じにしましたし、キッズルームも設けてあります。美容で「かかりつけ医」という表現はおかしいかもしれませんが、内科、外科だけでなく、美容に関しても地域の方のかかりつけ医として、困ったことがあったら、まず私のところに来ていただきたいと思っています。

成城スカイファミリークリニック

患者様の要望を聞いた上で、できること・できないことを伝える

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

石曽根 やはり患者様がキレイになって満足していただけると嬉しいですね。難しさは、私はうまくいったと思っていても、患者様が満足されないと成功とは言えません。私が曖昧な答えをすると、変に患者様に期待を持たせてしまいます。そうならないためにも、最初からできることできないことを全てお伝えしています。
その上で、私ができることの中で、出来る限り患者様の理想に近づけるお手伝いをします。私がきちんとお伝えして、患者様が納得されて施術をすることで、満足していただけますし、また来たいと思っていただけるクリニックにしたいと思っています。

――患者様を診察・治療する上で大切にしていることはありますか?

石曽根 今申し上げたように、できること、できないことをお伝えすることも一つですが、もう一つ「必要ないものは必要ない」とはっきりお伝えすることです。患者様は、あれもやりたい、これもやりたい、とおっしゃいます。ご要望は全部お聞きしますが、そこから実際に施術を行った方がいいこと、逆に必要ないことを、一つひとつ丁寧にご説明しながら、きちんとお伝えするようにしています。

当院お勧めの施術は、LUXEA(ルクセア)とHIFU(ハイフ)

――貴院が得意とする医療サービス(施術など)について教えてください。

石曽根 当院のお勧めは、UPLのLUXEA(ルクセア)です。一番はシミでお悩みの方にお勧めですが、シミ以外にもホワイトニングや毛穴の引き締めなどにもお勧めです。ルクセアは、基本的にダウンタイムもありませんので、当日にメイクをしても大丈夫です。ただ、治療後2~3日すると、シミが濃くなって黒浮きすることがありますが、1週間程度で自然にはがれます。
あとは、HIFU(ハイフ)もお勧めですね。熱の力でたるみの改善を図る超音波のマシンで、SMASいう肌の土台部分に熱を集中させて、ピンポイントでその部分を加熱します。切らないリフトアップですね。

成城スカイファミリークリニック

――石曽根先生が考える「美・美しさ」とは?

石曽根 「美」というものは時代によって変わっていくものだと思います。その時の流行があるので、患者様もその時によって求める美しさは変わってきます。私たち医師は流行がすべてだとは思いませんが、当然意識はしています。「美・美しさ」というものは、その時代によっては変わっていくものだと思います。

――今の時代に合っている美しさは何ですか?

石曽根 ナチュラルビューティーですね。治療したのが分からないぐらい自然な感じがいいと思います。なかには、治療したのがはっきりと分かるぐらい変化を求めて来られる方もいらっしゃいますが、私は年齢を重ねても、ナチュラルにその人なりの美しさが出ていることが一番だと思います。

――今後の展開について教えてください。

石曽根 患者様が求めていることは、どんどん取り入れてやっていきたいと思っていますが、全てを網羅していくことはできません。ですから今はアンチエイジング系ですね。シミ、シワ、たるみがメインになっていくと思います。
また、都内にはたくさんクリニックがありますが、遠くまで行かなくても、地元の方にたくさんにもっと来ていただけるクリニックにしていきたいと思います。

成城スカイファミリークリニック 石曽根浩明 院長

成城スカイファミリークリニック

院長 石曽根 浩明
   (いしそね ひろあき)

経 歴

金沢医科大学卒
東京医科大学附属病院
国立国際医療センター 外科
高座渋谷つばさクリニック 院長
品川美容外科

資格・所属学会

日本外科学会
日本美容皮膚科学会

成城スカイファミリークリニック

成城スカイファミリークリニック

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-36-6
TEL: 03-3749-7886

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日:水・日
▲…土曜日は9:00~15:00

関連記事

  1. 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵院長

    必要なものを必要なだけ正しく取り入れてほしいと思って開発したオリジナルコスメ「YC」 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵先生

  2. 日本ケアメイク協会理事長の鈴木加奈子さん

    視覚障害を持つ方々の人生を輝かせたい。日本の「ブラインドメイク」から世界の「ブラインドメイク」に。

  3. はだいろはクリニック 井上礼奈先生

    継続可能な美容治療で、幸せな毎日を送ってほしい はだいろはクリニック 井上礼奈先生

  4. アンチエイジング株式会社

    ヒト幹細胞培養液コスメのパイオニア アンチエイジング株式会社 果てしない可能性を秘めたヒト幹細胞培養液とは

  5. しのぶ皮膚科

    あくまでも自然、でも劇的に美しく。笑顔を引き出すヒアルロン酸注入。

  6. かじクリニック熊本 院長 梶昇吾

    「地域に根差して一人ひとりの患者様に向き合った治療を提供していきたい」かじクリニック熊本 梶 昇吾先生

  7. わかばクリニック 工藤清加先生

    原点は自身の悩み。フラーレン配合の「Fullacera (フラセラ)」を開発した わかばクリニック 工藤清加先生

  8. 六本木スキンクリニック 鈴木稚子先生

    ニキビ跡・凹み(クレーター)に悩む人たちを治したい 六本木スキンクリニック 鈴木稚子先生

  9. 私のクリニック目白 平田雅子

    皮膚を通した総合診療「ライフデザインカウンセリング」で女性の元気と綺麗を叶える

  1. THE ROPPONGI CLINIC 六本木院

  2. 二之沢病院

  3. 東京美容クリニック【青山本院】

  4. モデナクリニック

  5. 西新宿杉江中央クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム