美容医療のかかりつけ わたしの名医

Mスキンケアクリニック 松本由香院長

【Mスキンケアクリニック】
患者様の話に耳を傾けて信頼関係を築き、より高いニーズに応えるクリニックでありたい

Mスキンケアクリニックは、皮膚科専門医としての知識と経験をもとに、保険診療から美容医療まで幅広い悩みに対応し、患者様一人ひとりのニーズにお応えしています。今回は、院長の松本由香先生に、クリニックのこだわりや特徴、得意な施術などについて、お話を伺いました。

患者様と喜びを分かち合える
皮膚科に魅力を感じた

――医師を志したキッカケを教えてください。

松本 父と兄が内科医で、親族にも医師が多かったので、とても身近な存在ではありました。ただ、あまりにも身近だったため、違う世界を見たいという気持ちがあり、文系の大学に進学して銀行に就職しました。社会人として一年経った時、年子の兄が研修医として、自分の体調も顧みず患者様を診ている姿を見て、このように情熱を注げる仕事に携わりたいと強く思うようになり、学士編入して医師を目指しました。学び続けるという姿を示してくれる存在が身近にいたことが一番大きかったと思います。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

松本 私も、父や兄と同じように「内科系の医師になろう」と思っていました。しかし、研修を通して皮膚疾患を抱えている患者様は、QOLが下がってとても辛い思いをされていることを知りました。なぜそのような症状が出てしまったのかを患者様とのやり取りの中で推理して、一緒に解決できた時に喜びを分かち合える皮膚科がとても魅力的に思えてきて最終的に専攻しようと思いました。

――美容医療を始められたキッカケは?

松本 医局の先輩で、医療法人社団 駿圭美会理事長の水谷治子先生のクリニック(水谷皮フ科クリニック)でお手伝いをさせて頂くことになりまして、そこで初めて美容医療を始めました。自分自身、美容医療は特別なものという意識が最初はあったのですが、美容医療を求めて来院される患者様の中には、ニキビ跡の悩みなど、保険診療だけでは解決してあげられないニーズをかかえている方が多くいらっしゃることを知りました。保険診療の限界を超えて患者様に応える医療を提供したいという思いが強まりました。また一般の皮膚疾患だけでなく、より自分らしく、前向きな気持ちになりたいと受診される患者様もいらして、美容医療の奥深さややりがいを感じ、私もやってみたいと思ったんです。

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

松本 患者様と関係性が近く、身近な存在でいたいという思いはあったので、いつかは開業したいと思っていました。ただ家族の転勤などもあり、なかなかキッカケが掴めなかったところに、水谷先生が水谷皮フ科クリニックの分院を出したいということで、「一緒にやりませんか」と声を掛けてくださったんです。ですから、クリニック名は違いますが、医療法人社団駿圭美会の傘下で同じ理念の下、第二医院という形で「Mスキンケアクリニック」を開業しました。

患者様が納得した上で、
一番良い選択ができるように心がけている

Mスキンケアクリニック 松本由香院長

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

松本 長年、保険診療をやってきましたので、皮膚科専門医としてきちんと診断した上で、患者様との信頼関係を構築し、より高いニーズに応えるクリニックでありたいと思っています。美容に関してもカウンセリングでお悩みやご要望をきちんとお聞きした上で、これは保険でできる、これは美容でしかできないなど、いくつか選択肢をお示ししてメリット・デメリットをお話します。患者様が納得した上で安心して受けてもらうことにはこだわりを持っていますし、一番良い選択ができるように心がけています。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

松本 一つはIPL(フォトフェイシャル)です。本院でも10年来使用しているタイプの機械を使用していますので経験と実績があります。施術は医師とスタッフの二段階で行っています。安全にしっかりとした効果を実感していただけるよう、日々トレーニング、スキルアップにも力を入れています。当院で施術を受けた患者様からは、「肌の感じがすごく良いです」などと良い反応を頂いておりますので、お勧めできる施術です。
もう一つは、ホームケア商品を幅広く取り揃えているところです。ゼオスキン、エムディア、ナビジョンの他に、ニキビの方がとても多いので、オリジナルコスメとして高濃度ビタミンC配合の製品も取り揃えています。幅広いニーズに対して、柔軟にご提案ができるのは当院の強みだと思います。

Mスキンケアクリニック

――スキンケアで日常生活において気を付けるべきことを教えてください。

松本 皮膚は、洗いすぎない・擦らない・紫外線対策です。患者様は一生懸命になるあまり、しっかり洗ったり擦ったりしてしまいますが、そこは認識を改めて頂くように丁寧に説明しています。特に、擦るという行為は、肝斑や色素沈着の悪化要因になりますし、皮膚バリアを損ねるので皮膚疾患一般によくないことです。また、紫外線は施術を受けた後は特に対策を徹底して頂くようにお伝えしています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

松本 まずは患者様の話を傾聴することですね。特に初対面の患者様は、医師だからといっていきなり悩みやコンプレックスを打ち明けるのは勇気がいると思います。ですから、そういった思いを汲み取りながら傾聴すると、患者様の表情が和らいでくるのが見て取れます。一人ひとり性格も違いますので、それぞれの患者様の思いを受け止めながら提案していくところはとても大切にしています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

松本 美容医療は、お悩みや生活習慣によって一人ひとり目指しているゴールが違いますので、それに対して私が良いと思ってご提案したものと患者様の求めているものが合わないことがあります。患者様がなぜそれを求めているのかというところまでしっかりと伺わないと、なかなかご満足いただける提案ができないので、そこが難しいところです。
ただ、そういったコミュニケーションを図った上で治療をした結果、長年のコンプレックスが取れて前向きな気持ちになっていただけたり、人前で肌を出すことをおそれず活動的になったりと、その方が笑顔で話してくださるとやりがいを感じますし、そのお手伝いができることが私の喜びでもあります。

Mスキンケアクリニック

――先生が考える美・美しさとは?

松本 私たちが美容医療を提供させていただく中で、「自分に自信が持てるようになった」、「気持ちが明るくなった」、など、内面の満足や喜びを表情に漂わせて来院してくださる患者様が多くいらっしゃいます。ですから、人工的な型どおりの美しさではなく、その人その人が理想とする美に、内面の充実感が加わって表情に出てくるものが本当の美しさと思います。

定期的に肌のメンテナンスができる
「かかりつけ医」になりたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

松本 最初にも申し上げましたが、私自身が美容医療は特別なものという意識がありました。今は多くの方が美容医療を受けにいらっしゃるようになりましたが、金銭面も含めてハードルが高いと感じている方もまだまだいらっしゃると思います。当院の患者様の中にも、初めての方が多くいらっしゃいます。施術メニューはたくさんありますので、料金が高いものだけではありません。求めるものは十人十色でいいと思っていますので、肌トラブルやコンプレックスで悩んでいる方は、まずは相談するところから始めて頂ければと思います。

――今後の展開について教えてください。

松本 5年先、10年先を見据えて、健康的に美しく年齢を重ねる、どのようにして美しい肌を保つかといったことを患者様も一緒にプランニングしていけたらと思っています。そのためにも、親子三世代など家族の皆さんが来てくれて、長い時間を共有しながら信頼関係を築いていきたいです。いずれは肌診断機を導入して定期的な肌の健康診断をするなど、長いスパンで肌のメンテナンスについて話し合っていけるような「かかりつけ医」になりたいと思っています。

Mスキンケアクリニック 松本由香院長

Mスキンケアクリニック

院長 松本 由香
   (まつもと ゆか)

略 歴

慶應義塾大学法学部卒業
東海大学医学部卒業
東京医科大学病院皮膚科
水谷皮フ科クリニックを経て、令和3年5月Mスキンケアクリニック院長
東京医科大学皮膚科兼任助教

資 格

医学博士
日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

Mスキンケアクリニック

Mスキンケアクリニック

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-20-23 フォーラム自由が丘2F-B
TEL: 03-3705-1121

診療時間 日・祝
9:30~13:00
15:00~18:30

休診日:木・日・祝日

関連記事

  1. ZenSkinクリニック 津江知里院長

    【ZenSkinクリニック】
    5年後、10年後を見据えた治療をご提案することを大事にして、常に患者様に寄り添った医療を心掛けています

  2. ウェルネスクリニック銀座beauty&sports 伊藤実佐子先生

    【ウェルネスクリニック銀座beauty&sports】
    表面だけでなく、身体全体をトータルで治療。ウェルネスクリニック銀座beauty&sports 伊藤実佐子先生

  3. つちやファミリークリニック浅草院 土屋佳奈先生

    【つちやファミリークリニック 浅草院】
    「ゼオスキンヘルスZo Skin Health」でビタミンAをチャージ。毎日の積み重ねで10年後の肌が変わる。

  4. わかばクリニック 工藤清加先生

    【わかばクリニック】
    原点は自身の悩み。フラーレン配合の「Fullacera (フラセラ)」を開発した わかばクリニック 工藤清加先生

  5. イークリニック麻布

    【イークリニック麻布】
    「ゼオスキンヘルス Zo Skin Health」 美しくなる喜びが待っている 未来につながるスキンケア

  6. matsukura 西川綾子先生

    【松倉クリニック&メディカルスパ】新たな気持ちで医療に取り組んで、患者様に信頼される医者になりたい 松倉クリニック&メディカルスパ 西川史子先生

  7. ココメディカルクリニック 泉さくら院長

    【ココメディカルクリニック】
    身体の外側だけでなく、漢方を使って身体の内側からもアプローチする美容医療

  8. プラストクリニック 石川勝也院長

    【プラストクリニック】
    当院が一番大切にしていることは「目の前の患者様が幸せになれるかどうか」ということ

  9. Alohaさおり自由が丘クリニック 藤堂紗織院長

    【Alohaさおり自由が丘クリニック】
    内科、皮膚科、美容皮膚科に限らず、何か困ったことがあった時に何でも相談してもらえる「かかりつけ医」になりたい

  1. みやびスキンクリニック

  2. 神谷ひふ科

  3. ルシアクリニック銀座院

  4. うえさか歯科

  5. ゆう美容クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム