わたしの名医

【セイコメディカルビューティクリニック】患者様に信頼してもらって、一生お付き合いいただけるクリニックにしたい

セイコメディカルビューティクリニックは、美容皮膚科・美容外科・形成外科専門クリニックです。鹿児島院と福岡院があり、男性専用ルームも完備致しております。今回は、理事長の曽山聖子先生にクリニックのこだわりやゼオスキンヘルスについて、お話を伺いました。

父親の姿を見て、同じ医師の道へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

曽山 父が医師だったので、小さい頃から父が働く姿を見てきました。患者様のために働く父をとても尊敬していたので、同じ医師になりたいと思っていました。皮膚科を選んだのは、高校生の時にニキビに悩んだりした経験があったので興味があったためです。
ただ、私が研修医として入局した頃は、まだ美容皮膚科という言葉はメジャーではありませんでした。大学で美容医療をしているところも少なくて、やっていてもケミカルピーリングやあざに対するレーザーくらいでした。

――なぜご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

曽山 私は福岡大学病院に勤務してしたのですが、父の看病をするために、一度、病院を辞めたんですね。その間に妊娠をして、復帰した後は美容クリニックでアルバイトをしていたのですが、勤務している中で、自分の中で「こんなクリニックがあったらいいな」と思ったクリニックを形にしたいと思って開業をしました。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

曽山 私が高校生の時にニキビで悩んで皮膚科に行っていた頃は、薬を出されて「顔を洗ってね」とか「清潔にしておけば治るよ」という感じでした。ただ、当時の私は、学校生活に影響が出るぐらい悩んだり辛い経験をしたので、医師として一人ひとりの患者様ときちんと向き合っていきたいという想いは常に持っています。治療法に関しても、患者様には私が試して納得できる治療だけをご提案しています。
また、最近は少なくなってきていますが、以前は自由診療のクリニックは敷居が高い、高い値段を要求される、といったイメージがあったと思います。ですから、当院はそういうイメージを払拭して、患者様に信頼していただくこと、そして一生お付き合いいただけるクリニックにしたいと思っています。

「ZO SKIN HELTH(ゼオスキンヘルス)」の取り扱いが8年連続九州ナンバーワン

――貴院が得意とする医療サービスはありますか?

曽山 当院で一番特徴的なのは「ZO SKIN HELTH(ゼオスキンヘルス)」ですね。取り扱いが8年連続九州ナンバーワンで、その功績と貢献度を踏まえ2020年に殿堂入りを果たしました。
ゼオスキンヘルスは、アメリカのオバジ先生が開発して、もともとは「オバジニューダームシステム」という名前でしたが、私はその頃から使っていました。導入するかどうか検討する前に自分の肌で試した時に、肌の変化に感動してすごく魅力を感じたので導入することを決めました。

――ゼオスキンヘルスの中でお勧めの商品はありますか?

曽山 その方に合わせてご案内しますので、製品名を上げるのは難しいのですが、私自身が好きなのは「エクスフォリエーティングポリッシュ」です。週2、3回、朝に使うものなんですけど、健康的で美しい艶を出したい大切な日の朝には使うようにしています。

――貴院では、ゼオスキンヘルスのオンライン診療も行っていますよね?

曽山 はい。コロナ禍もあり、昨年からゼオスキンヘルスに関するオンライン診療を本格的に開始しました。日々の診療の合間に行っているので、平日3、4名ぐらいしか診ることができませんが、昨年一年間で約600名診させていただきました。

――オンライン診療の良い点や改善した方がいい点などを教えてください。

曽山 コロナ禍において、オンライン診療は患者様にとって便利なツールではあると思います。
当院では、診療に入る前に、ある程度の項目に答えて頂いて、写真を送ってもらい、それを踏まえて医師が診察しますが、やはり実際にお会いするのとは違いますよね。オンラインでは、患者様のちょっとした反応の変化みたいなものが分からないことがあります。
また、直接触って分かることもあるので、写真だけでは判断が難しい場合もあります。非常に便利なツールではありますが、これからという部分も大きいと思います。

セイコメディカルビューティクリニック

――貴院が考える美容医療におけるホームケアの役割・重要性についてお聞かせください。

曽山 虫歯って治療をして終わりではなく、その後のケアをきちんと行わないとまた虫歯になってしまいますよね。肌も一緒で、シミが取れたから、ニキビが治ったから、それで終わりではなくて、その後のケアをきちんとするかしないかで大きく違ってきます。これはオバジ先生のお言葉ですが「この世の中にメンテナンスが必要でないものはない」とおっしゃっています。車も家も、もちろん肌もそうです。患者様の中には、シミを取ったら、もう出ないと思われている方もいらっしゃいますが、そういうことはありません。日々、老化しますので、そこを予算も含めて無理なく、楽しんでいただけるペースでしっかりとアフターフォローしていくことが、私たち美容皮膚科医の務めだと思っています。

小・中・高校生のニキビ治療のために学割制度を設ける

――美容医療のやりがいについて教えてください。

曽山 ニキビに悩んでいる小・中・高校生って結構多いんです。当院は学割を設けていまして、例えば、一万、二万、三万の治療があったとして、それを組み合わせても全て五千円にしてしています。内服なども通常の診療の半額です。私自身も高校生の時にニキビで悩んでいたのですごく分かるのですが、思春期で人の目が気になったり、学校に行けなかったり、人の目を見て話せなかったり、人生に大きく関わる時期なので、できるだけ早く治してあげたいと思っています。
治療に来た当初はうつむいてあまり挨拶もできなかった子たちが、治療して良くなると目を見て笑ってくれたり、メイクをして華やかになったりして変わっていく姿を見ると、すごくやりがいを感じますし幸せな気持ちになります。

セイコメディカルビューティクリニック

――これから美容医療を受けたいと思っている方へメッセージをお願いします。

曽山 日頃からスタッフには、患者様に治療をお勧めする時は、自分の家族や親友だと思って、本当にその方のためになるものだけをご案内するように言っています。患者様によって、症状やご予算、望まれていることなど全く違いますので、その方のライフスタイルに合わせて、数ある治療の中から無理のないもの、楽しんで治療していけるものをお勧めしています。また診察料も無料ですので、お気軽に一度相談にいらしてください。

――今後の展開について教えてください。

曽山 流行の治療を増やすのではなく、現状持っている技術や接遇など、一つひとつの質を高めていって、患者様により質の高い医療を提供したいと思います。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山聖子理事長

セイコメディカルビューティクリニック

理事長 曽山 聖子
   (そやま せいこ)

経 歴

鹿児島県立鶴丸高等学校卒業
平成13年 福岡大学医学部卒業
福岡大学病院皮膚科入局
博多駅東クリニック 皮膚科部長
大手美容外科院長
平成18年 セイコメディカルビューティクリニック開院
平成28年 福岡院開院

所属学会

日本皮膚科学会会員
日本医学脱毛学会(理事、第41回脱毛学会会頭)
日本美容皮膚科学会会員

セイコメディカルビューティクリニック

セイコメディカルビューティクリニック

■福岡院
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-5-17 プラッツ天神2F
TEL: 0120-126-265

■鹿児島院
〒892-0822
鹿児島県鹿児島市泉町5-1
TEL: 0120-172-117

診療時間 日・祝
10:00~18:00

休診日:不定休
要予約制

関連記事

  1. うちだ皮膚科クリニック 内田敬久院長

    【うちだ皮膚科クリニック】
    患者様本位の医療―「病気を理解してもらう」診療と治療の目標を立てる

  2. AYA CLINIC 鎌倉 繁冨綾院長

    【AYA CLINIC 鎌倉】
    「自然な素肌美」を目指して、精神的に豊かな生活を送っていただくお手伝いをしたい

  3. 元町マリン眼科 蓮見由紀子院長

    【元町マリン眼科】
    すべての患者様に開かれたクリニック―だれでも気軽にできる美容医療へ

  1. MIKIクリニック豊中駅前

  2. まさきクリニック

  3. カナクリニック

  4. 札幌クララ美容皮膚科

  5. 森本内科 美容皮膚科・ペインクリニック内科診療室

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム