美容医療のかかりつけ わたしの名医

Alohaさおり自由が丘クリニック 藤堂紗織院長

【Alohaさおり自由が丘クリニック】
内科、皮膚科、美容皮膚科に限らず、何か困ったことがあった時に何でも相談してもらえる「かかりつけ医」になりたい

Alohaさおり自由が丘クリニックは、内科・皮膚科・美容皮膚科を標榜していますが、地域の皆さんの「かかりつけ医」として、総合診療科のようにさまざまな悩みの相談にのっています。今回は、院長の藤堂紗織先生に、クリニックの特徴やこだわりなどについて、お話を伺いました。

内科と美容皮膚科を標榜して
気軽に美容医療ができるクリニック

――医師を志したキッカケを教えてください。

藤堂 祖父が糖尿病を患っており、透析をしていたのですが眼も見えなくなってしまったんですね。私はおじいちゃん子だったので、「医者になっておじいちゃんを治したい」と幼稚園の頃に思ってそのまま医師になりました。

――いろいろな科がある中で、なぜ内科を選ばれたのですか?

藤堂 子供が好きなので小児科も考えていました。私は患者様とずっと寄り添っていきたいという思いがあったのですが、大学病院で小児科の診療をしていると、それは難しいのかなと思うようになりました。また、小児科の場合、患者様であるお子様もそうですが、お母様との向き合い方も大切で、なかなか治療に繋がっていかない部分もあり、その辺りにもどかしさを感じました。内科はお子様からご年配の方まで診させていただけますし、かかりつけ医としてずっと寄り添っていけるかなと思って選びました。

――美容医療を始められたキッカケは?

藤堂 開業する時に、ビルのオーナーさんから「近所に皮膚科がないので、皮膚科もやってほしい」と言われたんです。開業前の10年間、院長として透析の患者様を診させていただいていたのですが、皆さん肌の状態が悪く、皮膚も一緒に診て治療している感じでしたので、皮膚科も勉強して内科・皮膚科として標ぼうしようと思ったんです。
美容皮膚科に関しては、友人から「美容皮膚科に行きたいけど、ハードルが高くて行けない」と言われたことがキッカケです。美容の悩みがいろいろあっても、「周りに美容皮膚科に通っていることを知られたくないので、内科のクリニックで脱毛や点滴、光治療などをやってくれたら嬉しい」って言われ、確かにそういう方が多いかなと思い、ゼロスタートで大変でしたが、勉強して美容皮膚科の診療も始めました。

総合診療科のように何でも相談してほしい

Alohaさおり自由が丘クリニック

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

藤堂 患者様にずっと寄り添っていける「かかりつけ医」になりたいという思いがあったので、総合診療科のような何でも相談して頂けるクリニックにしたいと思っていました。例えば、目の周りにできものが出来たけど眼科なのか皮膚科なのか分からないから来ましたという方もいらっしゃいました。そんな時にも、内科だから皮膚科だからではなく、ちょっと困ったことがあったら誰でも気軽に来れるクリニックが目指すところでした。当院は、患者様の口コミで多くの方が来てくださるようになりましたが、そういった私の想いが伝わったのかなと嬉しく思っています。
また内装を含めた雰囲気作りにもこだわりました。子供が「怖くて行きたくない」と言わないように、クリニックっぽくないクリニックにしたくて、大好きなハワイをイメージした空間作りを意識しました。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

藤堂 人気なのは幹細胞注射やダーマペン(デルモペン)ですね。他にも、光治療や脱毛などもあります。大手のクリニックでは出来なかった方が当院に来られることが多いです。当院は、美容だけを診ているわけではないので、内科で来られた方が、シミが気になるから美容をやりたいとか、保険でニキビ治療をしていてもっと肌をキレイにしたくて美容をされる方など、いろいろ話をする中で美容医療をやってみたいという方も多いですね。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

藤堂 難しさというわけではありませんが、美容を始めた当初はどのように施術を勧めていいのか悩みました。長年、保険診療をやってきましたが、保険の場合、必要だから検査をして薬を処方しますよね。患者様は治療費がいくらかかるのか会計の時に分かります。しかし美容医療の場合は、最初から料金が分かっているので、どのように勧めていいのか悩みました。ただ、私のモットーとして、なりたい自分に少しでも近づけるように保険でも美容でも使ったらいいと思い、私がいろいろな提案や説明をして、それを患者様自身にあわせて選ぶならいいのではないかと思ったんです。そのために、どうしたらうまく伝えられるだろうとか、どれを選んだらなりたい自分に近づけて楽になれるんだろうと常に考えながら、一人ひとりに合わせた伝え方をしています。
皆さん、いろいろな思いで施術をされますが、施術後に同窓会などに行って「肌キレイだけど、何かやってるの?」って言われたなど、患者様が嬉しそうに報告してくれたときはやりがいを感じます。

Alohaさおり自由が丘クリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

藤堂 大切にしているのは、患者様に何か変化がないか見ることです。私は、診察室のドアを開けて患者様を呼ぶ時に、歩いて入ってくるまでの行動を細かく観察しています。ちょっとしたことが病気に繋がっていることがあるので、歩き方におかしいところはないか、いつもと違う表情をしていないかなど、ちょっとした変化を見逃さないようにして診察するようにしています。
あとは、言葉の行間を読むことですね。患者様が話していることにはきちんと耳を傾けますが、よく話を聞くと患者様が原因だと思っていることと別のことが原因の場合があるんです。例えば、お腹が冷えるということで来られた方が良く話を聞くと膀胱炎だったりとか、目からすごい涙が出るという方は乾燥していたので逆に点眼をすることで治ったりとか、行間を読むことで本当の原因を見つけることを意識しています。薬の副作用、どのくらい飲んだり、塗ったりしていくのか、突然やめてもいいものなのか、このような症状がでたら再診してほしい、このような経過をたどると思う、など伝えるようにしています。
あとは、美容施術を行う上で、メリットデメリット、副作用の説明はもちろんですが、これは何回やる必要があるかを必ず伝えるようにしています。当院は、美容医療が初めてという方が多いからかもしれませんが、1回の施術で良くなると思っている方もいらっしゃいます。ですから、「何十年もかけてできたものが、たった1回で良くなったら怖いよね」といったところからお話して、これは何回必要でどのくらいの期間がかかるのかをきちんとお伝えしています。美容は継続していくことが大事ですが、目安が分からないと続けることが難しいですからね。

Alohaさおり自由が丘クリニック

患者様のためになることは
積極的に取り入れていきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

藤堂 悩みやコンプレックスがある方は、保険、美容問わず、相談にいらしてほしいです。当院でできないことは大学病院などを紹介します。例えば、当院ではCO2レーザーを導入していないのでホクロの除去はしていませんが、その場合、保険で出来る大学病院を紹介しています。美容医療に関しても変にハードルを上げずに、乾燥して顔が痛い、ピリピリするなど、何でもご相談ください。特に、ご年配の方は、年だからと言って諦めている方もいますが、いろいろ出来ることはあると思いますので、まずはクリニックにいらしてくださると嬉しいです。

――今後の展開について教えてください。

藤堂 現時点ではドクターを増やしてより多くの患者様に対応していくということが難しいですが、患者様のためになることは積極的に取り入れていきたいと考えています。内科、皮膚科、美容皮膚科に限らず、何か困ったことがあった時には「Alohaさおり自由が丘クリニックに行こう」と言って頂けるような、患者様に信頼して頂けるクリニックを今後も目指していきます。

Alohaさおり自由が丘クリニック 藤堂紗織院長

Alohaさおり自由が丘クリニック

院長 藤堂 紗織
   (とうどう さおり)

略 歴

平成15年 日本医科大学 卒業
平成16年 日本医科大学附属武蔵小杉病院 研修医/内科 専修医
平成21年~31年 善仁会丸子クリニック 院長勤務
令和元年5月~ Alohaさおり自由が丘クリニック 院長

資格・所属学会

日本内科学会認定内科医
日本透析医学会、日本腎臓学会
点滴療法研究会
日本美容皮膚科学会

Alohaさおり自由が丘クリニック

Alohaさおり自由が丘クリニック

〒152-0034
東京都目黒区緑が丘2-24-15コリーヌ自由が丘EST 3F
TEL: 03-6459-5068

診療時間 日・祝
9:00~13:00
14:00~17:00

休診日:水曜、日曜、祝日
最終受付 : 12:30

関連記事

  1. イデリア スキンクリニック代官山 佐治 なぎさ院長

    【医療法人社団代仁会 イデリア スキンクリニック代官山】
    保険診療から自費診療まで、皮膚をフルコースで総合的に改善していくことが当院の特徴

  2. 東京八丁堀皮膚科・形成外科 平山真奈先生(皮膚科)と望月香奈先生(形成外科)

    【東京八丁堀皮膚科・形成外科】
    皮膚科、形成外科、美容の全てにおいて、患者様一人ひとりに最適な治療を提案

  3. 【Veary Clinic】
    下半身のコンプレックスで悩んでいる方や医療業界全体に、下半身の美容医療を認知していきたい

  4. ルクスクリニック

    【LUX CLINIC】
    患者様とプライベートな空間でオーダーメイドの治療方法をご提案する「ルクスクリニック」

  5. フェミークリニック 北山英美子先生

    【新宿フェミークリニック】
    スキンケアシリーズ「agora(アゴラ)」を開発した フェミークリニック 北山英美子先生

  6. アピアランスビューティクリニック 堀口和美院長

    【Appearance Beauty Clinic】
    「がん治療」+「美容医療」アピアランスケアの専門家として、悩みを抱える患者様のかけ込み寺になりたい

  7. 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵院長

    【銀座よしえクリニック】
    必要なものを必要なだけ正しく取り入れてほしいと思って開発したオリジナルコスメ「YC」 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵先生

  8. 渋谷セントラルクリニック 河村優子院長

    【渋谷セントラルクリニック】
    日本でも数少ない統合医療で肌トラブルの改善やアンチエイジングを提唱

  9. Aクリニック銀座 山田哲雄統括院長

    【Aクリニック銀座】
    GLP-1ダイエット オンライン診療を通じて全国の患者様をサポート。 より身近な美容の町医者を目指すAクリニック

  1. ノリス美容クリニック

  2. スキンリファインクリニック 銀座院

  3. DIOクリニック 新宿院

  4. DIOクリニック 渋谷院

  5. DIOクリニック 銀座院

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム