美容医療のかかりつけ わたしの名医

MARE BEAUTY CLINIC 前波希映院長

【MARE BEAUTY CLINIC】
一人でも多くの人を笑顔にして、満足度日本一のクリニックを目指す

MARE BEAUTY CLINICは、丁寧なカウンセリングと最高の技術を提供し、一人ひとりに寄り添った地域密着のアットホームなクリニックです。今回は、院長の前波希映先生に、クリニックの特徴やこだわり、お勧めの医療サービスなどについて、お話を伺いました。

悩んでいる女性を幸せにしたいと思って
美容医療の道へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

前波 父が腎臓内科の医師で、幼少期からずっと父の働く姿を見てきました。世の中に感謝される職業はたくさんありますが、その中でも命を救う医師は一番感謝されると思いました。父も多くの患者様から感謝されて、子供ながらにとてもカッコよくて素敵な職業だと思い医師を目指しました。

――美容医療を始められたキッカケは?

前波 私は女性をキレイにしたいと強く思い、研修後そのまま美容医療の道に進みました。さまざまな悩みやコンプレックスを持っている人たちを治療して解決することで、一人でも多くの人を笑顔にしたい、その人の人生を豊かに、幸せにしたいと思って美容医療に進みました。

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

前波 開業前は大手美容クリニックに勤めていたのですが、多くの患者様に対応するため一人一人にかけられる時間が短く、売り上げのことも考えないといけないですし、治療方針に関しても自由度という意味ではなかなか難しい部分がありました。私の中では、売り上げよりもお客様の笑顔が見たいという方が大きかったので、自分の思うお客様思いのクリニックというコンセプトの下、明瞭で適切な価格で満足してもらいたいと思いクリニックを開業しました。

MARE BEAUTY CLINIC

地域密着のクリニックとして
美容のかかりつけ医になりたい

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

前波 企業理念としては「お客様満足度日本一のクリニック」を作りたいと思っています。美容医療を受けたいと思う方は、さまざまな悩みやコンプレックスを抱えているので、他の方と会わない完全プライベートクリニックです。カウンセリングは一人一人に多くの時間を取っていて、全て私が行っています。お話を聞いた上で、治療法・施術をご提案していますが、最終的にやるかやらないかを決めるのはお客様です。話を聞いて何も治療をしないで帰られる方もいますが、それでも良いと思っています。
私はお客様とのコミュニケーションを大事にしているので、友達のような近い存在でありたいと考えています。「困った時はいつでも相談してください」と伝えています。私が一度施術をしたら、一生その方を診たいと思っていますし、地域密着のアットホームなクリニックとして美容のかかりつけ医になりたいと思っています。

MARE BEAUTY CLINIC

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

前波 二重手術、ボトックス、ヒアルロン酸などの注入系の治療です。大手美容クリニックの時代から指名が多く、約1万症例を経験してきましたが、クレームは全くありませんでした。それは、きちんとコミュニケーションを取って信頼関係を築いていることと、嘘をつかないからだと思います。たとえ施術が成功したとしても、お客様が満足していない場合は満足するまでしっかりと対応していきます。 ボトックスは打った後、最終的に効果を最大に発揮するのは約一週間後なんですね。ですから、打った後は常にどうだったかなと気になってしまうので、施術後に状態を確認するようにしています。キレイになるのは分かっていますが、毎回不安なところはありますね。そのぐらい一人ひとりのお客様を大事にしていますし、家族だと思って接しています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

前波 お客様に対する「愛」ですね。人が大好きなので、いろいろな悩みを解消して安心して頂きたいと思っています。美容医療は、やり始めるときりがないので、私は一番気になっているところから始めて、それが良かったらまた来て下さいと提案をしています。
また、本人は悩んでカウンセリングに来ても、私が施術する必要がないと思った人には、はっきりと「必要ない」と言います。それで納得して帰られる方もいますよ。

MARE BEAUTY CLINIC

――先生が考える美・美しさとは?

前波 やはりナチュラルですね。たとえ施術をしていても何もしていないようなナチュラルさ。ですから、顔の治療は何でも控えめにやるべきなんですよ。ナチュラルという意味では、本来その人が持っている美しさが一番なので、必要がなければ美容医療を行う必要がありません。仮に、施術するにしてもその人が本来持っている美しさをベースに行うものだと思います。私の中では、ボトックスやヒアルロン酸は勧めていますが、手術は気軽に行うものではないと思っているので、すぐには勧めません。一人一人のお客様の事を考え、本当に必要だと思ったら提案する様にしています。

最高の笑顔を引き出すことが私の幸せ

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

前波 皆さんいろいろなことで悩んでいると思いますが、美容クリニックに行くのが怖いと思っている人は、まず私のところに来てください。カウンセリングだけして、そのまま何もしないで帰ってもいいですし、お客様思いの日本一優しい美容外科医の自信があります。最近のお客様ですと、5年間ずっと悩んでいた方が当院で二重手術を行って、「もっと早くやっておけば良かった。メイクも楽になったし、毎日がハッピーです」とおっしゃっていました。私の話を聞いてからやるかやらないかを判断してくれればいいので、悩んで時間が過ぎるのを待つのではなく、一度クリニックに是非いらして下さい。
お待ちしています。

――今後の展開について教えてください。

前波 日本一お客様に愛されるクリニックになりたいです。友達感覚で気軽に相談に来て欲しいですね。私はお客様を愛していますし、お客様からも愛される存在になりたいです。愛し愛されるクリニックとして、一人でも多くの方の最高の笑顔を引き出すことが、私にとっての幸せです。

MARE BEAUTY CLINIC 前波希映院長

MARE BEAUTY CLINIC

院長 前波 希映
   (まえば まれあき)

経 歴

2016年 埼玉医科大学 卒業
2016年 横浜旭中央総合病院 研修
2018年 湘南美容クリニック 入職
2021年 Mare beauty clinic 開業

資格・所属学会

MARE BEAUTY CLINIC

MARE BEAUTY CLINIC

〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-21-21野本ビル301
TEL: 03-6303-0228

診療時間 日・祝
10:00~19:00

休診日:火・水曜日

関連記事

  1. 【公益社団法人日本美容医療協会】
    日本だけでなく世界中の人の幸福に繋がるように協会として取り組んでいく 公益社団法人日本美容医療協会 青木律 理事長

  2. 【水谷皮フ科クリニック】
    水谷皮フ科クリニックがお勧めするIPLとイオン導入をセットにした治療法。

  3. わたなべ皮膚科 渡邉荘子院長

    【わたなべ皮膚科】
    “皮膚科のかかりつけ医”として、一人の患者様を継続して診ていきたい

  4. わかばクリニック 工藤清加先生

    【わかばクリニック】
    原点は自身の悩み。フラーレン配合の「Fullacera (フラセラ)」を開発した わかばクリニック 工藤清加先生

  5. PRSS.JAPAN 株式会社 世良綾嗣社長

    【PRSS.JAPAN 株式会社】
    医療機関が患者様の為に最良の治療を行うことができるように。 常に先端医療を把握し、世界から厳選された製品を供給。

  6. 【Veary Clinic】
    下半身のコンプレックスで悩んでいる方や医療業界全体に、下半身の美容医療を認知していきたい

  7. Juno beauty clinic新宿院 西岡 和昭先生

    【Juno beauty clinic 新宿院】
    外科と皮膚科を併合しエイジングメンテナンスを中心に女性の美しさをアップデートさせる Juno beauty clinic 新宿院 西岡 和昭先生

  8. お茶の水美容形成クリニック

    【お茶の水美容形成クリニック】
    形成外科の知識を持った医師が、様々な観点から患者様の悩みや要望を聞いて最適な治療法を提案

  9. Aクリニック銀座 山田哲雄統括院長

    【Aクリニック銀座】
    GLP-1ダイエット オンライン診療を通じて全国の患者様をサポート。 より身近な美容の町医者を目指すAクリニック

  1. ノリス美容クリニック

  2. スキンリファインクリニック 銀座院

  3. DIOクリニック 新宿院

  4. DIOクリニック 渋谷院

  5. DIOクリニック 銀座院

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム