美容医療のかかりつけ わたしの名医

麻布十番えむスキンクリニック 沼尾真美 院長

【麻布十番えむスキンクリニック】
その人の良さを引き出すナチュラルな美しさを心掛けています

麻布十番えむスキンクリニックは、皮膚科・美容皮膚科・美容外科の診療を行っています。ひとりひとりの顔をちゃんと診て、話を聞く治療を大切にし、真皮線維芽細胞移植などの再生医療も取り入れています。今回は院長の沼尾真美先生に、クリニックの特徴やこだわり、スキンケアで大切にしていることなどについて、お話をお伺いしました。

自身の肌悩みから肌を綺麗にする
皮膚科の道へ

――医師を志したきっかけを教えてください。

沼尾 中学生の時、祖父が入院した際に担当していた女医さんがきっかけでした。人を助けて、感謝されるような人になれたらと思い、医師を目指すようになりました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

沼尾 私自身、昔ニキビで悩んでいたことがあり、大学生になってからもニキビに悩んでいました。その時に皮膚科や形成外科の先生に話をきいてもらったことがきっかけのひとつです。また、その当時からスキンケアをはじめとした化粧品がとても好きで、人の肌を綺麗にする仕事ができたらと思い皮膚科を選びました。

――美容医療をはじめられたきっかけは何ですか?

沼尾 保険診療だけだとすべての肌悩みをカバーすることは難しいですし、海外と比べて日本は国として保険診療と制定する時間がかかることが多くあります。そもそも健康保険が使えない治療が多いので、多くの肌悩みをカバーするためにも自由診療を学び、取り入れるようになりました。

ひとりひとりにあわせた
オーダーメイド治療を提案

麻布十番えむスキンクリニック

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

沼尾 ひとりひとりにあわせたオーダーメイドの治療を提案するようにしています。人によってお顔が違うので、マニュアルは設けず患者様に寄り添ってカウンセリング・治療を行いようにしています。
私自身、明らかに美容医療をしたお顔よりもナチュラルで美しいお顔が好きなので、自然にその人の良さを引き出すような治療を心掛けています。何か治療をしたとバレないけれど、綺麗になっている治療にこだわっています。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

沼尾 当院では再生医療等提供計画の第二種、第三種を取得しており、なかでも人気が高いのが第二種の真皮線維芽細胞移植です。簡単に言うと、耳の後ろから皮膚を採取し、培養し増殖させ顔に戻すという治療です。いまの年齢の細胞を保管し少しずつ戻していくので、皮膚を採取した当時の自分の顔に戻すことができます。値段は高いですが、ナチュラルに見た目を若くする年齢を人気があります。おでこを注入で丸くしたり、糸リフトで引き上げたりする施術とは違い、大きく変わる施術ではありませんが自然に見た目年齢を若くすることができます。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

沼尾 患者様が治療後に鏡を見せたとき、お顔の変化に喜んでいただけることがやりがいですね。治療したことがすべてではないですが、治療後に「仕事がうまくいった」「彼氏ができた」など、綺麗になった後のその先にある幸せな話を聞くと私まで嬉しくなります。
逆に難しいなと思うのは、患者様と私のキレイと思う感覚の違いです。例えば、美容医療をやりすぎている方で「もっと目を大きくしたい」「涙袋をもっと入れてほしい」など、その人のなりたい顔と私がいいと思う顔の認識が異なることもあります。美容は病気を治すこととは違い基準がないので、そういった感覚の違いは難しいなと思います。

麻布十番えむスキンクリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

沼尾 皮膚科の基本でもありますが、よく見て、患者様の話を聞いて、肌を触って、、、ということを大切にしています。
特に注入治療などは、表情をつくったときに不自然にならないように、笑ってもらうなど顔を動かしてもらい患者様の動的な顔をしっかり診るようにしています。あとはしっかり説明することも大切にしています。美容医療はちゃんと良くなるものなのに、怪しいというイメージやぼったくられるのではないかなどの不信感を抱いている患者様もいらっしゃいます。そういったことがないよう、明朗な説明を心掛けています。初診の方でしたら、カウンセリングから診察まで1時間ほどかけることもあります。当院は北海道から沖縄まで、遠くから来てくださる患者様もいらっしゃるので、その日に治療をしなくても来てよかったと思っていただけるよう、しっかり患者様とお話をするようにしています。

――ホームスキンケアの重要性について教えてください。

沼尾 私自身が面倒くさがりなところがあるので、スキンケアはシンプルにやっていくことがいいと思っています。基本的に化粧品は角質層にしか作用しないので、使っていて飽きない、自分の好きな香りや使い心地、ニキビや毛穴などの肌悩みがある方は悩みにあわせたスキンケアをチョイスしていくなど、毎日のスキンケアを楽しむことが大切だと思います。ずっと同じスキンケアを使い続ける必要もないと思いますし、スキンケアの強制もしていません。赤くなったり、ガサガサになる攻めのスキンケアもありますが、それを辛い思いをしてまでやる必要はないと思っています。意外と何もしていないという人の肌が綺麗だったりしますからね。(笑)楽しく続けられるスキンケアが大切だと思っています。
もちろん相談していただければ、その人にあったスキンケアをお伝えしますが、絶対これがいいというものはありません。自分のライフスタイルに合ったものを見つけていただきたいと思います。

――クリニックオリジナルの洗顔はどのようなこだわりで開発されましたか?

沼尾 朝は誰もが忙しいと思います。朝の洗顔はものすごく重要ではないですが、汗や皮脂を洗い流すためにも洗顔はした方がいいですよね。忙しい朝に手軽にワンプッシュできめ細かい泡が出てくる洗顔料があったらいいなと思いつくりました。

麻布十番えむスキンクリニック

――沼尾先生は普段どんなスキンケアをされていらっしゃいますか?

沼尾 季節や排卵前後で肌質が変わるので、そういった時期に応じてスキンケアはちょっと変えています。排卵後はプロゲステロンの量が増えるので、毛穴が詰まりやすくなったりニキビが増えたりするので、皮脂分泌が抑えられるようなケアを取り入れています。新しいスキンケアを使う時は生理が終わってから排卵前の肌が調子いいときに試すようにしています。お肌の調子が悪いと思った時、寝不足や疲れといった原因もありますが、女性はホルモンバランスが関わっていることがあります。もしホルモンバランスによってお肌が乱れがちの方はホルモンバランスに応じてスキンケアをチョイスすると、自分の肌をうまくコントロールできると思います。まずは自分の肌を知るということが大切だと思います。

――初めて美容医療をするならどんな治療がオススメですか?

沼尾 まず始めるなら「ピーリング」がいいと思います。25歳を過ぎると少しずつ代謝が落ちてくることで、シミやくすみ、たるみなどが出やすくなります。ピーリングでターンオーバーを整えて、自分の肌の力を若い頃に戻していくといいと思います。最近はピーリングの種類も増えてきましたし、元々の肌が綺麗な方はレーザーをしなくても、ピーリングだけでいい状態に保てると思います。

――沼尾先生が思う美しさについて教えてください。

沼尾 肌、髪、スタイルは、人から見られたときに綺麗だなと思われる条件として大事だと思います。もちろん綺麗な顔立ちに憧れるものですが、年齢を重ねると顔を大きく変えるということは難しいです。当院にいらっしゃる患者様の平均年齢が40~50代が多いので、肌と髪とスタイルや姿勢がパッと見たときに美しく見えると思っています。肌が綺麗だと清潔感があるように見えますし、スタイルや髪が綺麗だと、その人の生活も美しいように見えると思います。自分が努力したら得ることができる美しさだと思うので、私自身もその3つは意識しています。

老若男女問わず気軽に相談できる
クリニックでありたい

麻布十番えむスキンクリニック

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

沼尾 クリニックがたくさん増えてきて、CMやSNSでもたくさん情報が入ってくるので、美容クリニックの敷居は昔ほど高くないなと感じています。当院でも老若男女問わず多くの患者様にご来院いただいています。気軽にご来院いただけるよう初診料はいただいておりません。クリニックで話を聞いてみたけど思っていた治療と違ったということもあると思います。そういった方から初診料をいただくのは申し訳ないなと思っているので、初診料を無料にしています。肌に悩んだ時に気軽に相談していただけたらと思います。

――今後の展開について教えてください。

沼尾 最近は院内の部屋が少なく狭いと感じることが増えてきたので、ゆくゆくはもう少し広いところで出来たらいいなと思っています。美容室などでもそうですが、行きたいとき予約に空きがなくていけないというのはストレスに感じてしまうので、かかりつけとして来てくださる患者様には来たいタイミングでお迎えできるようなクリニックにしていきたいと思っています。
開院してからスタッフが1名も辞めていませんし、少しずつスタッフも増えているので、私も含めスタッフも一緒に出来ることを増やして人として成長していきたいと思っています。

麻布十番えむスキンクリニック 沼尾真美 院長

麻布十番えむスキンクリニック

院長  沼尾 真美
    (ぬまお まみ)

経 歴
2006年 香川大学医学部卒業
2006年 高松赤十字病院
2008年 三豊総合病院皮膚科・形成外科
2012年 都内某美容皮膚科入職後、院長を歴任
2020年 麻布十番えむスキンクリニック開院
所属学会

日本再生医療学会会員
日本皮膚科学会会員
日本美容皮膚科学会会員

麻布十番えむスキンクリニック

麻布十番えむスキンクリニック

〒106-0045
東京都港区麻布十番4-1-9 麻布十番エムビル7階
TEL:03-6453-6558

診療時間
9:30~17:30

休診日:日曜日

関連記事

  1. 美容外科・形成外科 ビスポーククリニック東京院 上野佐知院長

    【美容外科・形成外科 ビスポーククリニック東京院】
    女性医師だからこそ、婦人科形成など女性の悩みに寄り添った治療をしていきたい

  2. Juno beauty clinic新宿院 西岡 和昭先生

    【Juno beauty clinic 新宿院】
    外科と皮膚科を併合しエイジングメンテナンスを中心に女性の美しさをアップデートさせる Juno beauty clinic 新宿院 西岡 和昭先生

  3. リノクリニック東銀座 宮﨑邦夫院長

    【リノクリニック東銀座】
    患者様に満足していただくために本当にやりたいことを聞いて、私ができることを提案していく

  4. T CLINIC新宿院 院長 相良卓哉

    【T CLINIC新宿院】
    患者様に満足して頂くために、スタッフ全員が「患者様のために」という思いのもと一人ひとりに真摯に向き合っています

  5. 【Veary Clinic】
    下半身のコンプレックスで悩んでいる方や医療業界全体に、下半身の美容医療を認知していきたい

  6. 池袋ささき皮ふ科クリニック 佐々木幸弘院長

    【池袋ささき皮ふ科クリニック】
    ニキビで悩む若い患者さんに、景気の悪い今だからこそ良心的な価格で高質の医療を提供したい

  7. イークリニック麻布

    【イークリニック麻布】
    「ゼオスキンヘルス Zo Skin Health」 美しくなる喜びが待っている 未来につながるスキンケア

  8. ソレイユクリニック江戸川橋 岩永温子院長

    【ソレイユクリニック江戸川橋】
    日頃忙しくて美容に時間を割けない、小さなお子様を連れたお母さんにも美容医療を体験してもらいたい

  9. エトワールレジーナクリニック 木村真総院長

    【Etoile REGINA CLINIC】
    高級ホテルで過ごすような上質な空間の中で、患者様に合わせたオーダーメイドの診療を。

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram