わたしの名医

地域に根差したクリニックとして、患者様の人生が豊かになるお手伝いをしていきたい 医療法人容紘会高梨医院 吉岡容子先生

医療法人容紘会高梨医院は、地元・浦和の方々のかかりつけ病院として長年診療をしてきました。2014年には副院長の吉岡容子先生が、病院の2階に皮膚科・美容皮膚科を開設し、保険診療から自費診療まで行っています。今回は、吉岡先生に、医師を志したきっかけやスキンケア、オリジナルコスメ「ワイズコスメ」などについて、お話を伺いました。

地域医療に専念している父の背中を見て医師を目指す

――医師を目指したきっかけを教えてください。

吉岡 私は空が好きでCAや宇宙飛行士になりたいと思っていたこともありましたが、高校二年生の時に父が大病をしまして、その時に私も父のように家族や周りの人たちを支えられるように医師を目指そうと思ったのです。父からは「病院を継ぎなさい」とは言われませんでしたが、やはりずっと地域医療に専念している父の背中を見てきたので、身近な人たちを支えたいという思いがあり、東京医科大学に入学しました。

――麻酔科から美容皮膚科に進まれたのはなぜですか?

吉岡 娘を出産して、今後、実家の病院をどのようにしていくか考えた時に、開業も視野に入れて以前から興味のあった皮膚科をやってみようと思ったのです。ただ、皮膚科は保険診療に限界があります。例えば、ニキビは保険診療ですが、ニキビ跡は自費診療になります。美容皮膚科はトータルで治療できるところが魅力だと思い、自費診療も視野に入れて皮膚科・美容皮膚科をやろうと思いました。

――ご実家の高梨医院に皮膚科・美容皮膚科を開設するにあたり、どのような思いやこだわりがありましたか?

吉岡 まずは地域医療ですね。もともと浦和には美容皮膚科があまりなかったので、皆さん都内のクリニックに行かれていました。でも皮膚科はかかりつけの病院があるのに、その先の美容皮膚科がないのはおかしいと思ったのです。父が世代交代を視野に入れて病院を改装して好きなようにやっていいと言ってくれたので、病棟だった2階を改装して皮膚科・美容皮膚科を開設しました。ですから、地域の皆さんが安心して気軽に来ていただけるように、浦和という地域性を大事にしています。当院は、昔から地域に根差した病院として診療してきましたので、美容皮膚科というと敷居が高い印象があった時代でも当院の美容皮膚科に通院することは敷居が低いようで男性の患者様も30%ぐらいいらっしゃいます。設備も最先端レベルの医療機器を取り揃えていますし、都内に行かなくても安心して治療できることがコンセプトですね。
また、美容医療だけでなく、地域医療として私が取り組んでいることは、警察協力医、産業医、埼玉大学の学校医など、地域とのかかわりを持ち、地域を盛り上げたいと思っています。

――貴院が得意とする医療サービスや施術はありますか?

吉岡 ボツリヌストキシン注入が多いですね。ボツリヌストキシン注入は、美容はもちろんですが、他にも顔面痙攣や眼瞼痙攣など、脳神経外科で適応と判断された方の治療など、保険適応のボツリヌストキシン注入の治療から美容の治療までさまざま行っています。

医療法人容紘会高梨医院 吉岡容子先生

――美容医療のやりがいや苦労を教えてください。

吉岡 麻酔科時代のことですが、集中治療の患者様、ご高齢の患者様、ターミナルの患者様などにお化粧などをしてキレイにしてさしあげると、非常に喜ばれて活力が出るんですね。これが地域治療でも同じことが言えます。ご高齢の方が美容医療でキレイになって、外出することが楽しくなったりして、生きるうえでの喜びや楽しみが出てきたと言われたときは嬉しいですね。
逆に、お子様や10代、20代の若い方は、最近は脱毛の悩みが多いんですね。腋毛の処理ができなくて悩んでいたり、ニキビがあって顔が挙げられなかったりという子供たちが元気に学校に行けるようになったとか、水泳の授業が楽しくなったとかという話を聞くと嬉しいです。

患者様の声がキッカケで開発した「ワイズコスメ」

医療法人容紘会高梨医院
ワイズコスメ プレミアムAXジェル 30g 6,500円(税別)
医療法人容紘会高梨医院
ワイズコスメ プレミアムSCクリーム30g 8,500円(税別)

――オリジナルコスメ「ワイズコスメ」を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

吉岡 患者様の声がきっかけでした。世の中には化粧品もメディカルコスメもたくさんありますが、患者様から「何を使えばいいの?」という声を多くいただきました。そこで、私が今一番良いと思う製品を作ろうと開発を始めたんです。しかも、スキンケアがうまく続かない人ってスキンケアが面倒くさい、ということが理由として多いので、一つの製品で大丈夫なもの、すなわち、「オールインワン製品」を作ろうと思いました。

――「ワイズコスメ」を作るうえでこだわったところや苦労したところを教えてください。

吉岡 「ワイズコスメ プレミアムAXジェル」は、アスタキサンチンとフラーレンの抗酸化成分を配合したジェルです。朝に使用するものとして作ったのですが、外的な環境から守るものです。逆に夜用のものとして作ったのが「ワイズコスメ プレミアムSCクリーム」です。ヒト幹細胞培養液を配合して、寝ている間の肌の修復など、いろいろな悩みに対応しています。
一番こだわったのは産地です。患者様が病院に来られるのは何かしらのトラブルがあるからです。コスメを使うことで新たなトラブルを出すわけにはいきません。ですから、ブランドではなく、どこで作っているのか、そしてどれだけ良いものを配合するかにこだわりました。
また私は、肌を擦る動作が、肝斑やシミ、シワの原因になると考えていますのでオールインワンにこだわりました。これに、保湿が足りない方は化粧水を使ってもらってもいいと思います。苦労したのは価格帯を抑えることです。患者様に良いものを使ってほしかったので、あまり利益は考えてはいませんでしたが、やはり良い成分を使うと価格帯が高くなってしまいますので、その部分は苦労しました。

肌に負担を掛けない、炎症を起こさせないことが大事

――患者様にお勧めしているスキンケアはありますか?

吉岡 朝は石鹸できちんと雑菌を落としてあげて、「ワイズコスメ プレミアムAXジェル」のような、外的から刺激を守るものを使用してください。日常で使用する日焼け止めは、あまり添加物のないSPF20ぐらいのものが良いと思います。あと市販のファンデーションや、BBクリーム、リキッドファンデーションなどは、酸化物や添加物など、炎症を誘発させる成分が多いので、私は当院で扱っているミネラルファンデーションをお勧めしています。なるべく肌に負担を掛けない、炎症を起こさせないことが大事です。
逆に夜は、余分な油分を落としてあげます。クレンジングもオリジナルのミネラルファンデーションでしたら、石鹸だけで落とせますので、ゴシゴシ洗う必要はありません。摩擦を防いで余計な汚れを落とし、しっかりと保湿して細胞を修復してあげることが大事です。あとは十分な睡眠を取ることですね。

――吉岡先生が考える「美・美しさ」とは?

吉岡 私は初めに患者様とゴールを決めます。まず「どうなりたいですか?」と伺うのですが、割と明確に答えられる方が多いんですよ。例えば、このシミだけ取れればいいという方に治療をすると、今度はシワをなくしたい、たるみをとりたいなど、次はこれをやりたいということが出てくるのです。美しさの定義は一人ひとり違いますし、治療をしていくたびに次はこうなりたい、という理想が生まれます。私は、患者様が望む「美」に近づけるよう、手助けをしていくだけです。「先生どう思いますか?」と聞かれたときに初めて入り込んだアドバイスをします。

――今後の展開について教えてください。

吉岡 3年以内に病院を建て替えようと思っています。カフェを入れたりして医食同源というところからやっていきたいと考えています。そして、さらに地域に根差したクリニックとして、患者様の人生が豊かになるお手伝いをしていきたいです。

医療法人容紘会高梨医院 吉岡容子先生

医療法人容紘会高梨医院

副院長 吉岡 容子
    (よしおか ようこ)

経 歴

埼玉大学教育学部附属幼稚園卒園
埼玉大学教育学部附属小学校卒業
埼玉大学教育学部附属中学校卒業
私立栄東高等学校卒業
H16年 東京医科大学卒業

資格・所属学会

麻酔科標榜医、麻酔科認定医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医
日本レーザー医学会会員
日本抗加齢医学会会員
点滴療法研究会マスターズクラブ会員
日本美容皮膚科学会会員

医療法人容紘会高梨医院

医療法人容紘会高梨医院

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-8-10
TEL: 048-822-0302

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~18:30

休診日:日・祝日
▲…土曜日は9:00~17:00

関連記事

  1. 二子玉川ヤスダクリニック 安田昇平院長

    地域に根差したクリニックであり続けたい 二子玉川ヤスダクリニック 安田昇平先生

  2. フェミークリニック 北山英美子先生

    スキンケアシリーズ「agora(アゴラ)」を開発した フェミークリニック 北山英美子先生

  3. 銀座ベレアージュクリニック 篠原聡院長

    お肌の再生には内蔵を健康に保つことが必要不可欠。 幹細胞培養上清液を用いたエイジングケア医療を提供。

  4. 水の森美容外科 竹江 渉先生

    優れた医師を見極め教育することで患者さんとの信頼関係を築く 水の森美容外科 竹江 渉先生

  5. 西新町二丁目クリニック 斎藤美菜子副院長

    スキンケアも美容医療も、無理のない範囲で継続することが大事

  6. 私のクリニック目白 平田雅子

    皮膚を通した総合診療「ライフデザインカウンセリング」で女性の元気と綺麗を叶える

  7. かじクリニック熊本 院長 梶昇吾

    「地域に根差して一人ひとりの患者様に向き合った治療を提供していきたい」かじクリニック熊本 梶 昇吾先生

  8. 広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

    “クリニックのケアをご自宅で”をコンセプトに開発した「Dr Soie(ドクターソワ)」広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

  9. 渋谷スキンクリニック 吉田貴子先生

    英国産のビタミンCなど、原料にこだわって開発した「Dr.TAKAKO’s Selection」

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム