【東大阪山路病院】
患者様の悩みを解消し、笑顔を取り戻すためにはトータルケアが大事

東大阪山路病院では、隣接するみどりクリニックとの連携を通して地域医療の貢献を目指されています。今回は、東大阪山路病院院長の山路賀子先生に、地域との関わり方や、院内で提供されているスキンケアアイテム、スキンケアの重要性についてのお話をお伺いしました。

高度治療が可能な二次医療施設と連携し、スピーディーな治療を

――まずは、東大阪山路病院とみどりクリニックの特徴についてお聞かせください。

山路 東大阪山路病院とみどりクリニックは双方が連携しあい、地域医療を支えるという形をとっています。患者様には、まずはみどりクリニックに来ていただいて、入院・CT・MRIやマンモグラフィーといった、より高度な治療が必要な場合には東大阪山路病院に来ていただきます。病院の中には「精密検査までに時間がかかる」「二次医療との連携がうまくいかない」という悩みを抱えているところも多いですが、当院は受け皿となるクリニックと高度な治療が可能な総合病院が隣接し、しっかりと提携できているためスピーディーなご案内が可能です。

――地域との連携において意識されていることはありますか?

山路 地域柄、高齢者の方が多いため、患者様とコミュニケーションを積極的にとるようにしています。東大阪山路病院では人工透析や手術後のリハビリなども行っています。リハビリに関しては、他院で手術した患者様の紹介も多いですね。通院が難しい方には入院施設もご案内しています。スタッフは、リハビリトレーニングはもちろん、普段の会話量なども意識し地域の高齢患者様との関わりを大切にしています。

――患者様との関わり方で意識されていることはありますか?

山路 患部だけを診るのではなく、患者様と向き合い細部までケアを行うことですね。病気や不調で来院される方のほとんどは、何かしら悩みを抱えていらっしゃいます。たとえ病気が治ったとしても、心の悩みまで払拭しなければ本当の意味で元気になったとは言えないと思います。ですから、診察の際は患者様の本当の気持ちを引き出せるように、話しやすい雰囲気作りを心がけています。なかには家族や夫婦間の問題を相談してくださる患者様もいて、信頼していただけていると思うと嬉しいですね。最近はコロナ禍の影響で気持ちが落ち込んでいる方も増えているので、より丁寧できめ細かな診察を心がけています。

――山路先生がスキンケアに力を入れられたキッカケを教えてください。

山路 私自身、とても肌が弱くずっと肌荒れに悩んできました。市販の化粧品をいろいろ試したのですが、どれも肌に合わず成分などを気にするようになったんです。ドクターズコスメや低刺激コスメなども実際に使用してみて、自分の肌に合うものに出会ったことで、同じように肌に悩む方の相談に乗れたらいいな、と思ったことがキッカケですね。患者様とは診察中にいろいろな話をするのですが、特に女性は肌や皮膚の悩みを抱えている方が多く、そのことをキッカケにドクターズコスメなども取り入れるようになりました。

忙しい毎日でも手軽に取り入れられるアイテムを

――東大阪山路病院で行われているスキンケアの特徴を教えてください。

山路 当院は、美容クリニックではないため、レーザーやトーニングといった機械を使用したスキンケアは行っておりません。お薬や内服、コスメなど、費用面や副作用などのコストがかからない治療を行っています。当院の治療方針として大切にしていることは「長い目で見て肌に良い治療」です。肌荒れやアトピーなどで悩む方にとって、ステロイドは悩みを短期に解決できるお薬です。しかし、ステロイドを長期に使用しても治らないから何かありませんか?と相談される事も多くなってきました。肌の悩みは、加齢や精神的なストレスなどさまざまな問題が複雑に絡まっていることも多いため、当院では東洋医学・西洋医学・サプリメント・心のケアなどさまざまな観点からの治療で根治を目指します。トータルケアを行うことは、患者様の悩みを解消し、笑顔を取り戻すことができるため非常に大切だと考えています。

――山路先生がホームケアでお勧めされている製品を教えてください。

山路 一つ目は、「ベルムアクリーム」です。ベルムアクリームは、乳酸菌EF-2001と馬油、プラセンタが配合されています。トラブルなく、潤いある肌をキープさせるために何よりも大切なことは「保湿」です。「ベルムアクリーム」は、水分や油分を肌にプラスする乳酸菌、肌の角質層までグングン吸い込む馬油、そしてエイジングケアにぴったりのアミノ酸がたっぷり含まれているプラセンタを配合した美容クリームです。
「ベルムアクリーム」は水分もたっぷりのため忙しい毎日でもササッと肌に潤いを与えられます。顔だけではなく全身に使用でき、肌の奥からパンッと張ったような健康的な肌に導いてくれます。

山路 他にお勧めしているのは、医療機関専売エイジングケアコスメである「エムディア」シリーズです。「エムディア」の製品は、香料・着色料・紫外線吸収剤・パラベン・エタノールは一切使用していない、成分の優しさにこだわっているアイテムです。毎日使用し、肌に直接触れるコスメは成分にもこだわった方がいいと思います。「エムディア」は、「モイストエイジングケア」「ホワイトケア」「リフトケア」の3種類に分かれており、肌の状態やなりたい肌に合わせて使い分けるようになっています。スキンケアにおいて大切なことは、「日焼け止め」と「クレンジング」です。「エムディア」には日焼け止めやクレンジングもあり、成分が優しいので私も愛用しています。しっかりと光老化から肌を守り、余分な角質を落とすことで透明感のある美しい肌を手に入れることができるでしょう。

――山路先生の考える「スキンケアにおいて大切なこと」を教えてください。

山路 スキンケアにおいて何よりも大切なことは「ホームケア」です。肌に悩みを抱える方は「皮膚科でレーザーをしてもらおう」「サロンに行こう」と考える方が非常に多いです。しかし単発の治療以上に毎日のお手入れが大切です。また、肌は身体の一部分に過ぎません。健康的な毎日を送ることも重要です。日焼け止めの塗り方、洗顔の方法、使用しているコスメの成分など、ちょっとしたことを見直すだけでもしっかりとしたスキンケアなので、まずはお家でのケアを見直してみてはいかがでしょうか。

――最後に、読者の方に向けてメッセージをお願いいたします。

山路 東大阪山路病院では、隣接するみどりクリニックを受け皿とし、幅広い科目を通して地域医療の貢献を目指しています。地域に根ざすホームドクターとして、患者様のどんな悩みでもしっかりと寄り添える環境作りを徹底していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

また、皮膚科に関しては忙しい毎日でも気軽に始められるスキンケアを患者様にご提案しています。私自身も子育てで忙しく、スキンケアが後回しになってしまうこともしばしばありますが、そんな毎日でも手軽に使えるアイテムを取り揃えました。自信を持ってご提案できるものだけを取り扱っていますので、「肌の悩みが気になる」「市販化粧品では肌トラブルが起こる」という方はぜひ一度お声がけください。

東大阪山路病院 山路賀子院長

東大阪山路病院

院長 山路 賀子
   (やまじ よしこ)

経 歴

2002年 藤田保健衛生大学卒業
医師免許を取得後、大阪大学で研修し、私立川西病院、私立堺病院で勤務。

資格・所属学会

日本耳鼻咽喉科学会
認知症サポート医

東大阪山路病院

〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉1-7-5
TEL 072-961-3700

診療時間 日・祝
10:00~12:00
17:00~20:00

休診日:日・祝日
土曜日は午前のみ

関連記事

  1. 【公益社団法人化粧療法協会】
    視覚障害者の化粧療法「ブラインドメイク」を開発した大石華法がプラセンタ成分CARE&CUREに着目したプロのセラピスト使用の化粧品をプロデュース

  2. 【麗ビューティー皮フ科クリニック大阪高槻院】
    麗ビューティー皮フ科クリニックの最先端の医療で、より多くの人に幸せになってほしい

  3. 【はだいろはクリニック】
    継続可能な美容治療で、幸せな毎日を送ってほしい はだいろはクリニック 井上礼奈先生

  4. 【医療法人 七覚会 ウィルクリニック】
    患者様の「なりたい」を叶えるため、院内の治療だけでなく、スキンケアまで一貫してサポートしたい

  5. 【ツツイ美容外科】患者様のことを第一に考えて、本当に必要な治療だけを提供したい

  6. 【シェリビューティークリニック】
    施術との相性もいい「ゼオスキンヘルスZO SKIN HEALTH」で肌質に革命を。美容医療のカギとなるビタミンAであらゆる肌トラブルの解決の架け橋をつくっていきたい。

  1. 銀座たるみクリニック

  2. アール美容皮膚科

  3. かすがい皮膚科

  4. うるしばらクリニック

  5. 医療法人新産健会<br>おおあさ皮フ科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム