【最上クリニック】
光老化から肌を守ることで、美しい素肌を

ご自身の故郷でもある姫路で、患者さまの要望に合わせた治療を行う最上クリニック。「エイジングケアの大切さを辛い経験から身を以て感じた」とお話される最上朗先生にエイジングケアやホームケアについてのお話を伺いました。

身を以て感じた「エイジングケア」の大切さ

――最上先生が医師を目指されたきっかけを教えてください。

最上 祖父、父が医者であったことから、自然と医者の道を目指していました。祖父は鹿児島で小児科医を、父は姫路で耳鼻科医をしていました。私は複数の科目の中から父と同じ耳鼻科医を目指し、平成9年に医院継承という形で父の後を継ぎました。現在は2代目院長です。

――最上クリニックでは耳鼻科とエイジングケアを専門にされているということですが、エイジングケアの分野に興味を持たれたのはなぜですか?

最上 父が病気で亡くなった頃から健康維持については意識するようになっていましたが、本格的にエイジングケアの道に興味を持ったのは、自分自身が胃潰瘍に悩まされたことがきっかけでした。ピロリ菌が原因だったのですが、本当に辛い思いをしましたね。年を重ねても健康であり続けるためには、エイジングケアが大切であるということを痛感しました。その後、学会に入って、専門医を目指し始めました。
エイジングケアと聞くと、スキンケアなど「治療」を想像される方が非常に多いですが、実は一番のエイジングケアは運動です。20歳を越えると運動でしか成長ホルモンは出なくなります。成長ホルモンは体のターンオーバーを促してくれるため、たとえ年齢を重ねても元気な体をキープできます。
とはいえ、現代人は忙しく週に2、3回の運動でも難しいという人がたくさんいらっしゃいます。そこで短時間で効果を得られる運動療法に着目し、ライセンスを取得しました。本来の運動であれば1時間かかるトレーニングを、加圧トレーニングやパワープレート・トレーニングであればたった15分でできるため、女性や高齢の方なども気軽に始められます。当院の2階に加圧器具やパワープレート・マシンを設置しており、トレーニングをしていただいています。

気軽に始められるよう、痛みや副作用の少ない施術を導入

――体のエイジングケアから、スキンケアにも力を入れられたのはなぜですか?

最上 体のエイジングケア治療は全て自費診療であり、その患者さまは女性が9割を占めています。「フェイシャルケアも導入してほしい」という声を多数いただきました。フェイシャルケアもエイジングケアの一部分ですからね。当院では患者さまの要望をできる限りお応えしたいと思い、現在はホームケア商品の展開だけではなく痛みを伴わない自費治療や、コスメの販売なども行っています。

――最上クリニックさまで行われているスキンケア治療について教えてください。

最上 まずは、カウンセリングでお肌の悩みをお伺いし、一人ひとりに合った治療をご提案させていただいています。肌トラブルの原因は非常に多岐に及ぶため、写真撮影やVISIA撮影などでしっかり解析することが大切です。
スキンケアにおいて、基本的にはホームケア商品を紹介していますが、結婚式やイベントごとなどトラブルをスピーディに解決したいという方には、肌の奥に直接アプローチできるイオン導入やメソポレーションなどをご提案しています。イオン導入を用いたエンビロン・フェイシャルトリートメントや、Meson-Jを用いたメソポレーションは、機械の力で有効成分を肌の奥までしっかりと届かせるため、内側からパンと張ったような美しいお肌を導きます。あまり知られていませんが、保湿成分のヒアルロン酸は原子が非常に大きいのです。ビタミンCがピンポン球なら、ヒアルロン酸は東京ドームくらいの大きさですね。そのため、機械を使わなければ肌の奥までは届きません。特に、ヒアルロン酸のような大きな原子を肌の奥に入れるにはメソポレーションが役立ちます。
また、医療行為であるケミカルピーリングも行っています。
お肌だけではなく全身のエイジングケアを効率的に行いたいという方には、高濃度ビタミンC点滴、白玉点滴、プラセンタ注射などもご用意しています。当院では痛みや副作用を伴わず、すぐにご帰宅いただける治療を行っています。

ビタミンAを用いて、肌の奥から美しく

――おすすめのホームケア商品を教えてください。

最上 エンビロンシリーズです。エンビロンは、一般的なスキンケアアイテムと違い、ビタミンAが含まれています。ビタミンAは、加齢や紫外線などでダメージを受けてしまった肌にぴったりの商品です。ビタミンAは、内服でとることもできますが、肌の奥深くまで作用することは非常に難しいと言われています。美しい肌を手に入れるためには、肌に直接取り入れることをおすすめします。
ビタミンAを使用すると、いわゆる「A反応」という肌が真っ赤になる副作用が生じる可能性があります。肌をターンオーバーさせている作用のため、体や肌に悪いわけではありません。しかし、しっかりケアしなければ炎症を起こしてしまう可能性もあるので、まずは少量から始めるのが良いでしょう。エンビロンでは、患者さんの肌に合わせて複数のシリーズ展開がなされています。
患者さまの肌の状態や強度にもよりますが、一般的にはもっともビタミンAの含有量が少ない「デリケートシリーズ」で肌の表面を整え、問題がなければ「モイスチャーシリーズ」に移行していきます。「モイスチャーシリーズ」もビタミンAの量によって段階分けされており、さらなる効果を得たい方にはもっともビタミンAの量が多い「シークエンスシリーズ」を提案しています。アトピーや敏感肌の方はビタミンAの少ない「デリケートシリーズ」からはじめ、「モイスチャーシリーズ」や「シークエンスシリーズ」に進まれる方が多いですね。
スキンケアにおいて大切なことは、自分に合った商品を正しく使用することです。当院では専門カウンセラーがお肌のカウンセリングした上で一人ひとりに合った商品を紹介しています。素肌が美しくなるとファンデーションやコンシーラーも必要なくなります。実際にエンビロンを愛用しているスタッフは、ほとんどベースメイクをしていません。当院では、肌の元の力を高めることを大切にしています。素肌を覆わず、メイクはポイントで行うことであなた自身の美しさを引き出せると考えています。

――コロナ禍で生活様式に変化が見られますが、お肌も体も健康を保つために大切なことを教えてください。

最上 何よりも大切なことは、バランスのとれた食事と適度な運動です。お肌は体のほんの一部であり、健康的な体なしには美しいお肌を手に入れることはできません。特に運動は最もお金のかからないスキンケアです。まずは筋肉トレーニングを行った後、15分ほど有酸素運動を行いましょう。また肌ダメージの8割とされる紫外線ケアも忘れてはいけません。日焼け止めや日傘などを使用して、できるだけ紫外線を浴びないように心がけましょう。これらの心がけを行うだけでも、肌トラブルをかなり軽減できます。できてしまったシミや毛穴などのトラブルは一人ひとり症状が異なるため、きちんと医師に診てもらい正しい方法で治療していってくださいね。

最上クリニック

院長 最上 朗
   (もがみ あきら)

経 歴

国立舞鶴病院耳鼻咽喉科医員
京都府立医科大学耳鼻咽喉科学教室助手
京都第二赤十字病院耳鼻咽喉科医員
明石市民病院耳鼻咽喉科医長
社会保険神戸中央病院耳鼻咽喉科部長
医学博士号(京都府立医科大学)
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
厚生労働省認定補聴器適合判定医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
日本医師会認定産業医
加圧スペシャルインストラクター
パワープレート認定トレーナー

資格・所属学会

日本耳鼻咽喉科学会
日本抗加齢医学会
日本酸化療法医学会

最上クリニック

〒670-0948 兵庫県姫路市北条宮の町375-1
TEL: 079-224-3257

診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診日:水・日・祝日
▲…土曜日は9:00~11:30
△…手術検査14:00~17:00

関連記事

  1. 【杉本美容形成外科​】
    ビタミンCで幅広い悩みにアプローチ。 日々のケアや過ごし方もアドバイスしてくれる杉本美容形成外科。

  2. 【はましげ皮フ科クリニック】
    地元の方のかかりつけ医として、何でも相談に来ていただけるクリニックにしたい

  3. 【姫路さくらクリニック。】
    スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿」 自分のできるところから始めて続けていくことが一番大事

  4. 【いちのせ形成外科皮膚科 眼瞼フェイスクリニック】
    当院の特徴-自分自身が考えるベストプラクティスを提供すること

  5. 【皮フ科かわさきかおりクリニック】
    全身のトータルサポートを通して、美しい素肌作りをサポートしたい 皮フ科かわさきかおりクリニック 川崎 加織院長

  1. 銀座たるみクリニック

  2. アール美容皮膚科

  3. かすがい皮膚科

  4. うるしばらクリニック

  5. 医療法人新産健会<br>おおあさ皮フ科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム