美容医療のかかりつけ わたしの名医

タイデスエナガクリニック 末永 裕信院長

【タイデスエナガクリニック】
売上ではなく、患者様に本当に必要なものだけを提供したい

タイデスエナガクリニックは、東京・恵比寿で美容皮膚科・美容外科の診療を行っています。売上にこだわらず、患者様に寄り添ったカウンセリングを大切にしています。今回は院長の末永 裕信先生に、クリニックの特徴やこだわりについて、お話を伺いました。

研修終了後、
すぐに美容外科の世界へ

――医師を志したきっかけを教えてください。

末永 正直いうと、医師を目指した決定的な理由はないんです。両親や親戚が医師だったという医師も多くいらっしゃいますが、私の周りに医師はいませんでした。強いていうなら、小学生の頃に漫画のブラックジャックや医療系のドラマを見て、なんとなく医師に憧れを抱くようになったのがきっかけだと思います。

――いろいろな科がある中で、なぜ美容外科を選ばれたのですか?

末永 研修が終わって、すぐに美容外科に飛び込みました。いまは形成外科で専門医をとられて、美容外科へ入る医師が多いですが、当時は最初から美容外科に入り、症例を増やすことが有利だろうと言われていました。早く技術を得るためにも、最初から美容外科を選びました。
また、研修期間になんとなく「外科が好きだな」と思っていたのですが、正直、決定的にこの科がいいというものはありませんでした。その時に、美容外科にいかれた先輩に「美容外科が向いてるんじゃない?」と勧められたもの選んだ理由のひとつですね。

タイデスエナガクリニック

――クリニックを開院したきっかけを教えてください。

末永 最初は症例数を稼いだ方がいいと思っていたので、大手の美容外科に入りました。もちろん企業なので売上をあげなくてはいけないのですが、思っていた以上に売上に対する意識が高く、売上にフォーカスされることが自分の中で引っかかるようになりました。自分には「売上至上主義」は向いていないなと思うようになり、個人経営のクリニックに入りました。患者様に対して親身になってくれるクリニックではありましたが、もちろん勤め人なので、100%自分の思うようにはできませんでした。
広告を出すとお金もかかるので、カウンセリングにきた患者様が施術をせずに帰るのはクリニックによっては怒られてしまうこともあります。私は、やらなくていい施術はやりたくない!と思っているので、そういうことをしても誰にも怒られたくない、それが環境で解決するなら開業しよう!と思い、開院に至りました。

――とても珍しいクリニック名ですが、どんな由来がありますか?

末永 Taide(タイデ)はフィンランド語で「美術・芸術」という意味があるそうです。自分の名前をいれているのは、クリニックの責任者が誰かを明確にした方がいいと思ったからです。最初は恵比寿〇〇クリニックといったよくある名前にしようと思っていましたが、名前が入っている方が患者様も誰が院長かわかるので安心できると思い、名前をいれることにしました。そこにタイデをつけたことで、自分でも不思議な名前になったなと思っています。(笑)

アップセルはせず
患者様の必要なものだけを提供する

タイデスエナガクリニック 末永 裕信院長

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

末永 「アップセルはしない」「患者様が必要なものだけをやる」ということにこだわっています。患者様に「どうなりたいですか?」と聞いて、イメージ写真などを見せてもらっています。なりたい自分に近づくには、こういう手術がいいですよとお伝えしています。
時々、患者様から「先生はどうしたら綺麗になると思いますか?」や「他に、どこをやったらいいかを教えてください」と言われることがあります。それにお答えすると、患者様が今まで気にしていなかった新たなコンプレックスが生まれてしまうこともありますので、あまり積極的にはお答えしないようにしています。
ただし、それでもアドバイスが欲しいと強く望まれる方には、傷つけたら申し訳ないなと思いつつも、私の基準で他の施術を勧める事もあります。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

末永 初診でいらっしゃる患者様は鼻の施術が多いですね。もちろん、ヒアルロン酸や脂肪吸引なども美容医療の施術はひと通りできますので、鼻をやられた方が、目元や脂肪吸引などを引き続きご依頼してくださることも多いです。
開院した当時は、ここまで鼻の施術が多くなると思っていませんでした。脂肪吸引を推していこうと思っていたくらいなので。(笑) 広告やマーケティングに力をいれていないので、おそらく口コミから広がったのだと思います。

美の基準や価値観を擦りあわせる
カウンセリングを大切に

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

末永 患者様が喜んでくれる姿や、結果がすぐ見えるというのがやりがいですね。
難しさは、美の基準がひとりひとり異なるというところです。私がいいと思っても、患者様がいいと思わなければ手術の適応外になりますし、逆に私が絶対にやらない方がいいと思っても、患者様がそれでもやってほしいという方もいます。なので、カウンセリングではしっかり美の基準や価値観をすり合わせることを大事にしています。
私は世の中の7~8割の人が不自然だと思わないであろうこと、ナチュラルに見えることを基準としていますが、自分と患者様の美の基準が大きくかけ離れていることもあります。価値観をすり合わせて手術ができるように努めますが、それでも価値観がかけ離れたままの場合は、私ではない先生にお願いした方がいいと正直にお伝えしています。

――鼻の施術の場合は、どのようにデザインの摺り合わせをしていますか?

末永 基本的に、画像をみながらデザインの摺り合わせをしていますね。小鼻縮小であれば患者様の意向も汲みつつも、切りすぎないことを大事にしています。また、ここ数年は鼻先の手術が増えてきたのですが、例えば、鼻中隔延長術の場合は、鼻先の向きや角度など、ある程度の横向きでの設計図がつくれます。ただ正面からの明確な設計図は作れないとお伝えしています。鼻を小さくしたり細くしたりする手術は、元々の患者様の鼻によって変わります。無責任に聞こえるかもしれませんが、どのくらい変わるかは患者様のポテンシャル次第なところもあります。その中でも患者様の鼻を触って、変化しやすいかどうかをお伝えするようにしています。あるいは、患者様のご状態に近い症例写真などがあれば、このようなイメージに近くなりますよ、とお伝えしています。
そういった説明をしていると、患者様によっては消極的!とか自信の無さそうな医師に捉えられることもあります。ドクターの中には、「俺に任せろ!」「勧めた施術をやれば大丈夫!」という方もいらっしゃいますが、私はそういうキャラではないので。(笑)患者様それぞれの感性にあったドクター選びも大切ですね。

タイデスエナガクリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

末永 患者様の抱えるお悩みだけでなく、お顔全体のバランスなどをしっかり見るようにしています。また、切る施術も注入の施術もそうですが、やりすぎないようにしています。基本的には控えめにやって、もの足りなかったら追加していくことを勧めています。患者様にも、ナチュラルですねと言っていただくことが多いです。

――ホームスキンケアの重要性について教えてください。

末永 化粧水などは高いものを使う必要はないと思っています。乾燥を予防する、日焼け止めを塗って紫外線に気をつける、化粧をした後はしっかり落とすなど、毎日の積み重ねが大切です。続けることで1~2年後、スキンケアをしてきた方とそうではない方の肌は、差が出てきます。日頃からスキンケアをちゃんとやっている方の肌は、しっとりふっくらしているのが見てわかります。美容皮膚科やクリニックに行く前に、お金をそんなにかけずにできるお肌のメンテナンスという意味で、続けることが大切だと思います。

――末永先生のスキンケアのこだわりや、男性のスキンケアのポイントはありますか?

末永 私自身は、お風呂上りに化粧水をつけたりして、乾燥しないように気をつけています。当院は、男性の患者様にもご来院いただいていますが、清潔感があってかっこいいなと思う男性は、共通してお肌が綺麗なんですよね。お顔の造形以上に、お肌は人に与える印象に大きな影響を及ぼしていると思います。日々のスキンケアをしっかりやりながら、シミなど気になる部分をクリニックでケアしていくとより綺麗な肌を維持できると思います。

――末永先生が思う美しさについて教えてください。

末永 美の基準が、短いスパンで変わっているなと感じています。例えば、目だと2000年代の初頭は、浜崎あゆみさんのような幅広平行二重が人気でした。でも、いまはその目を求められる方は、あまりいらっしゃいません。そんなに幅広ではないけど、平行型と末広型の中間のミックス型がいいという方が多いです。
鼻に関しても、昔は鼻先が下向きにあるのが人気でした。最近は韓国アイドルの影響もあり、アップノーズを希望される方が多いです。他にも、鼻だけを高くしても違和感があるので、土台から高くする貴族手術や、横から見たときの鼻先から上唇の角度にもこだわる方が増えています。
ただ、5年後・10年後も患者様が同じように言われているかというと、それはわかりません。美しさの基準は年々で変わっているので、一概にこれがいいとも患者様には言えません。なので、やりすぎない、自然に見えるのを一番に考えるようにしています。

――普遍的な美しさというのは難しいのですね。

末永 普遍的な美しさって何だろうと考えたときに、ある意味「特徴のない顔、欠点の少ない顔」なんじゃないかなと思います。昭和の女優さんは、いま見ても美しいなと思いますよね。でも、その女優さんの顔は、いま人気だったり流行りの顔ではありません。それでもキレイと思えるのはなぜだろうとよく考えるのですが、正直この感覚を『言語化』することは非常に難しいと感じています。ただ、造形として美しい一部があるのではなく、トータル的なバランスがいいのではないかと思います。

自分と相性のいい
ドクターを見つけてほしい

タイデスエナガクリニック

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

末永 患者様は、症例写真以外の要素であれば、口コミや相性、信頼関係でしかドクターを決められないと思います。
なので、私はとにかく「カウンセリング」を大事にしています。患者様と話しているうちに「これも話しておいた方がいいかな?」などと思い、色々お話をしているうちに長話になることも多々あるので、スタッフには「次の患者様がいるので、もっと時間を厳守してください!」と言われることもあります。(苦笑)
患者様にはカウンセリングで、自分と相性のいいドクターを見つけていってほしいと思います。そこに当院が選ばれるような存在になってほしいなと思います。

――今後の展開について教えてください。

末永 もっと患者様に当院を知ってもらい、いいクリニックだなと思っていただきたいですね。幸せになるために美容の手術をしたのに「これはやらない方がよかった」「こんなにするつもりじゃなかった」という声は少なくないと思います。そういった悲しい思いをする患者様を少なくしていきたいですし、患者様に幸せな気持ちで帰っていただけるクリニックにしていきたいと思います。

タイデスエナガクリニック 末永 裕信院長

タイデスエナガクリニック

院長  末永 裕信
   (すえなが ひろのぶ)

経 歴
2009年 長崎大学医学部 卒業
2009年 一宮西病院 勤務
2011年 大手美容外科 勤務
2014年 水の森美容外科 勤務
2015年 水の森美容外科銀座院 開設 院長就任
2019年 国内および国外の美容クリニックにて技術指導・顧問医として勤務
2020年 タイデスエナガクリニック 開院
資格・所属学会

テキスト

タイデスエナガクリニック

タイデスエナガクリニック

〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1丁目11-13恵比寿ヴェルソービル4F
TEL:03-5708-5731

診療時間
10:00~19:00

休診日:月曜日・木曜日

関連記事

  1. 東京秘密クリニック 院長 佐々木健一郎先

    【東京秘密クリニック】
    患者様とコミュニケーションを取り信頼関係を築いて、その方に合った最善の治療をご提案します

  2. Aクリニック銀座 山田哲雄統括院長

    【Aクリニック銀座】
    GLP-1ダイエット オンライン診療を通じて全国の患者様をサポート。 より身近な美容の町医者を目指すAクリニック

  3. 私のクリニック目白 平田雅子

    【私のクリニック目白】
    皮膚を通した総合診療「ライフデザインカウンセリング」で女性の元気と綺麗を叶える

  4. アンセネクリニック築地 橋本 麻衣子院長

    【アンセネクリニック築地】
    見た目だけでなく、身体も元気に、精神的にも元気になるクリニックで、地域医療に貢献したい

  5. Clinic K 金児盛院長

    【Clinic K】
    一人 ひとりのお悩みに寄り添い、日本一のホスピタリティを提供するクリニックを目指しています

  6. エトワールレジーナクリニック 木村真総院長

    【Etoile REGINA CLINIC】
    高級ホテルで過ごすような上質な空間の中で、患者様に合わせたオーダーメイドの診療を。

  7. 東京八丁堀皮膚科・形成外科 平山真奈先生(皮膚科)と望月香奈先生(形成外科)

    【東京八丁堀皮膚科・形成外科】
    皮膚科、形成外科、美容の全てにおいて、患者様一人ひとりに最適な治療を提案

  8. 銀座ベレアージュクリニック 篠原聡院長

    【銀座ベレアージュクリニック】
    お肌の再生には内蔵を健康に保つことが必要不可欠。 幹細胞培養上清液を用いたエイジングケア医療を提供。

  9. matsukura 西川綾子先生

    【松倉クリニック&メディカルスパ】新たな気持ちで医療に取り組んで、患者様に信頼される医者になりたい 松倉クリニック&メディカルスパ 西川史子先生

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram