美容医療のかかりつけ わたしの名医

千春皮フ科クリニック広尾院 市川有里院長

【千春皮フ科クリニック広尾院】
皮膚科専門医による皮膚科と美容皮膚科、患者様の幅広ニーズに答える

千春皮フ科クリニック広尾院は、皮膚科、美容皮膚科、小児皮膚科、形成外科と皮膚の総合クリニックとして患者様を診察されています。今回は、2021年9月に院長に就任された市川有里先生に、クリニックの特徴や得意の医療サービスなどについて、お話を伺いました。

自分自身の経験を診療に活かしたいと思い皮膚科医へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

市川 親族に医療関係者が多かったため、将来は自分も、と医業の道への憧れや使命感を持っていたと思います。人と接するのが好きだったので、人の役に立つ仕事に就きたいという思いもありました。初めは父に憧れ歯科医になりたかったのですが、小さい頃から好奇心旺盛だったので、いろいろな分野のある医師の方が選択肢も広がり、やりがいも大きいのではないかと父から背中を押されて医師を目指しました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

市川 自分自身が幼少期からアトピー性皮膚炎で皮膚科にはよく通っていましたが、両親がステロイドを使うことに反対だったので、なかなか治らず辛い思いをしました。他にも、ニキビ、蕁麻疹、食物アレルギーなども経験したので、医学部での講義や臨床研修でも皮膚科が一番興味深く、勉強も楽しいと感じていました。研修医の時は、ほぼ全ての外用剤を自分の皮膚に塗布して実験したりしていました。自分自身の辛かった経験も治療に四苦八苦した経験も、患者様の気持ちに寄り添いながら診療に活かしたいと思うようになり皮膚科医の道を選びました。

――美容医療を始められたキッカケは?

市川 皮膚科専門医を取得するまでは保険診療を中心に診療していましたが、外来でよく患者様から、しみ、ニキビ跡、ほくろなど、さまざまな美容に関する質問を受けていました。しかし、大学にいた頃は、「美容のことは分からないので、美容の先生に聞いてください」とお答えすることしかできませんでした。患者様の質問に対してトータルでお答えできないことが自分の中で納得できない部分がありました。また、美容医療のニーズを実感する中で、保険診療も自由診療も熟知することで、提案できる治療の引き出しが多くなり、患者様の望む健やかな皮膚へと導く手助けができると思い、美容医療も始めました。美容には興味があるけれど実際に行くとなると躊躇してしまう…。そんな患者様が気軽に相談できる窓口になれたらと思いました。

千春皮フ科クリニック広尾院

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

市川 一番の強みは皮膚科専門医が保険診療を行いながら美容皮膚科の医療サービスを行っている点だと思っています。当院は美容皮膚科の施術前には医師が必ず診療してから行うため、デリケートな肌の方でも安心して施術を受けて頂いております。他のクリニックで施術できないと言われたケースでもその方のニーズに応えられるように最適な治療をご提案しています。
また、医療レーザー脱毛では蓄熱式脱毛を用いているため、従来のレーザーよりも疼痛がマイルドなので、小学生のお子様や男性の方にもご好評頂いております。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

市川 当院では、ボトックス、ヒアルロン酸などの注入治療が非常に人気です。ボトックスは表情が自然に作れなくなるのではないか、ヒアルロン酸はいかにも入れたような不自然な顔立ちなってしまうのではないか、といったイメージをお持ちの方も多いと思います。当院では、よりナチュラルで美しい若返りが叶うような効果的な注入方法で施術させて頂いております。ボトックスに関しては、効果を見て必要であれば施術後2週間以内は無料で追加注入させていただいており、初めての方でも受けて頂きやすくなっております。

正しい知識と適切な医療を提供し、
目の前の患者様に最善を尽くす

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

市川 鏡を見るたび悩まれていた自身のコンプレックスが改善されて、患者様が明るい笑顔を見せてくださった時に一番やりがいを感じます。美しくなった感動体験を共有させて頂けることは、美容医療ならではのとても嬉しい瞬間です。
難しさは治療の答えが一つではないというところです。保険診療ではガイドライン、いわゆる標準治療がありますが、美容医療は患者様一人ひとりにオーダーメイド診療が必要です。診察の際は患者様のお顔を近くから遠くから、また正面、横、斜めなど様々な角度で見させて頂き、どうすればより魅力を引き出せるかを考えております。この点は難しさでもあり、やりがいでもあります。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

市川 一番は患者様に対して誠実であることです。正しい知識を持ち、適切な医療を提供することを心掛け、目の前の患者様に現在の自分の最善を尽くすよう心掛けています。いつも自分の家族だったらどうするか、という気持ちで診療に当たっています。自分や家族にやらない治療を患者様にはお勧めしません。また何気ない会話などコミュニケーションも大切にしており、患者様のライフスタイルを知ることで、必要な治療が見つかることも多いと実感しています。ですから、カウンセリングはとても大切にしています。患者様のお話をよく聞くことはもちろんですが、施術をご提案する時も、一つではなくいろいろな選択肢をお話しています。その場限りではなく、トータルで継続できる治療をご提案することで、かかりつけ医として長く診させて頂けるようにと思っております。

――スキンケアで日常生活において気を付けるべきことを教えてください。

市川 「保湿」と「遮光」がとても大切だと思っております。私たちの皮膚は紫外線暴露により、さまざまなダメージを受けています。紫外線以外にも、乾燥やアレルゲンなど外的刺激にもさらされており、バリア機能を高め、肌を守るための保湿、紫外線から肌を守るための紫外線ケア・遮光を、ぜひ皆様の日常に取り入れて頂ければと思っています。毎日の積み重ねは、 10年後、20 年後の自分の肌への投資になります。
また、それらを適切に使用することも非常に大切で、誤った方法であればせっかくの保湿も紫外線ケアも意味のないものになりかねません。ですので診察の中で「洗顔の方法」や「肌を擦らない」などのスキンケア指導も積極的に行っています。

――先生が考える美・美しさとは?

市川 人が持つ美しさは外見だけでなく内面からも輝き溢れるものだと思います。そして主張しすぎず、その方が本来持つ良さが引き立つような自然な美しさが素敵だと思います。不自然な若返りや極端に一部分だけの治療を行うのではなく、あくまでナチュラルで、トータルで美しいことを大切にしています。
外見のことに関していうと、患者様の多くは小さなシミや毛穴を気にされて相談して下さる方も多いですが、一度、手鏡を離して自身の顔や表情の全体を見て頂くことも大切だと思っています。より滑らかなフェイスラインや、肌全体の質感改善をした方が結果的に若々しく見えて患者様の望む「美しさ」に繋がることも多いと思っています。
肌の調子が良いと、老若男女問わず心も明るくなる方が多いと思いますが、自分の肌に自身を持った方が背筋を伸ばして内から発するオーラも非常に美しいと感じます。

千春皮フ科クリニック広尾院

すべての患者様に美容医療を
もっと身近に感じてほしい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

市川 美容医療に興味を持っていて「痛いのではないか、美容は怪しいのではないか」と不安な方も多いかと思います。私自身、美容医療を始めるまではどんなものなのかなと思っていた部分がありましたので、患者様の不安な気持ちはよく分かります。まずは一度、カウンセリングを受けに来てみてください。美容医療は実は歴史もとても長く、その効果が病態学的に証明され優れた安全性の高い治療がたくさんあります。皮膚の専門家として、患者様の希望を伺った上で、お悩みに対してはもちろん、よりキレイに、より若々しく見える新たなご提案をさせて頂きたいと思っています。
自分の見た目、美容に興味のある方は、食事や運動にも気を遣っていて身体も健康なことが多いと実感します。美容医療に年齢は関係ありません。いつまでも綺麗でいたい、今よりも少し若くなりたいと見た目を気にすることは心の健康・身体の健康に繋がるので、とても素晴らしいことだと思っています。

――今後の展開について教えてください。

市川 美容医療もあくまで医療の延長の位置付けでありたいと思っています。すべての患者様に健やかな皮膚を、そこから繋がる心と身体の健康を提供できるよう、また美容医療をもっと身近に感じて頂けるよう、これからも誠心誠意努めていきたいと思っております。

千春皮フ科クリニック広尾院 市川有里院長

千春皮フ科クリニック広尾院

院長 市川 有里
   (いちかわ ゆり)

経 歴

2014年日本医科大学医学部医学科卒業
2014年JR東京総合病院初期臨床研修医
2016年日本医科大学武蔵小杉病院皮膚科専修医
2018年日本医科大学千葉北総病院皮膚科助教
2019年日本医科大学付属病院皮膚科助教
2021年日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得
2021年9月~千春皮フ科クリニック広尾院院長

資格・所属学会

日本皮膚科学会
日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
日本美容皮膚科学会
アラガン社ボトックスビスタVST認定医
アラガン社ジュビダームビスタVST認定医

千春皮フ科クリニック広尾院

千春皮フ科クリニック広尾院

〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-3-13 バルビゾン86 2F
TEL: 03-3447-1177

診療時間 日・祝
9:30~13:00
14:00~18:00

休診日:日・祝日
水曜:形成外科の診療もあります(予約制)
▲…土曜 9:00~13:00 / 14:00~17:30

関連記事

  1. アイムビューティーメディカルクリニック 院長 村松恭代先生

    【アイムビューティーメディカルクリニック】
    「美容医療」と「エステ」を融合させたクリニック アイムビューティーメディカルクリニック 村松恭代先生

  2. e : Top clinic 増田えりか院長

    【e : Top clinic】
    美容医療・婦人科・SPA医療を組み合わせて、外見と内面からアプローチしたトータルビューティーを追求

  3. 銀座ベレアージュクリニック 篠原聡院長

    【銀座ベレアージュクリニック】
    お肌の再生には内蔵を健康に保つことが必要不可欠。 幹細胞培養上清液を用いたエイジングケア医療を提供。

  4. ドクタースパ・クリニック 鈴木芳郎先生

    【ドクタースパ・クリニック】
    「Concept S Melon G+」を開発した ドクタースパ・クリニック院長 鈴木芳郎先生

  5. 渋谷ルコラコクリニック 三輪薫子院長 三輪桜子副院長

    【渋谷ルコラコクリニック】
    歯科と医科が一緒になってトータルで身体を診る「トータルビューティークリニック」

  6. NEXUS clinic

    【NEXUS clinic】
    医師×スタッフ×患者様との絆を深めて、To Be With Youの精神で寄り添っていきます

  7. アンチエイジング株式会社

    【アンチエイジング株式会社】
    ヒト幹細胞培養液コスメのパイオニア アンチエイジング株式会社 果てしない可能性を秘めたヒト幹細胞培養液とは

  8. 【Original Beauty Clinic GINZA】
    患者様の生活・気持ちに寄り添う 「世界で一番優しいドクター」

  9. CZEN GINZA CLINIC 鈴木 明世院長

    【CZEN GINZA CLINIC】
    「本物」を追求し、高い道徳理念に生きるプロフェッショナルを目指すクリニック

  1. ゆう皮ふ科スキンケアクリニック

  2. たかだ形成外科スキンケアクリニック

  3. FIRE CLINIC

  4. 新宿中央クリニック

  5. 医療脱毛VIVACE CLINIC 福山院(医療法人社団良凰会)

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム