美容医療のかかりつけ わたしの名医

広島プルミエクリニック院長の雑賀知歩先生

【広島プルミエクリニック】
患者様が内面からハッピーになれる医療を提供していきたい

広島プルミエクリニックは、広島市中区本通にあり、美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科の診療をしています。患者様が本来持っている美しさや喜びを引き出す医療を提供しています。今回は、院長の雑賀知歩先生に、クリニックのこだわりや診察・施術をするうえで大切にしていることなどを伺いました。

研究や教育など興味のある分野を
より追求するため医師の道へ

――医師を志したきっかけを教えてください。

雑賀 元々、研究や教育といった分野に興味がありました。しかし、理学部に行ったら研究員、教育学部に行ったら学校教員のように、幅広く追及することは難しいと感じました。医学部にいって医師免許を取れば、教授のように大学教育に携わることもできますし、研究に携わることもできます。自分の興味のある分野を追及していけると思い、医師を志しました。

――いろいろな科がある中で、なぜ形成外科を選ばれたのですか?

雑賀 形成外科は医療でありながら、芸術的な部分があると思ったからです。美術といった芸術が好きだったわけではなく、壊れてしまった部分を元に戻す整復に興味がありました。あとは、形成外科は人が亡くなることがないのも選んだ理由のひとつです。

患者様に必要なものだけを勧め
患者様の選択を否定しない

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

雑賀 こだわりというよりも、決めていることがあります。それは、「私自身がいいと思わないものは勧めない」そして、「人を否定しない」ということです。例えば、他院で手術をしたものの、自分の思った仕上がりにならなかったという理由で来院された患者様に、「なんでこんなクリニックに行ったの?」と言ってしまうと、それはクリニックを選んだ患者様を否定することにもなりますし、患者様自身が苦慮してしまうことにもなります。クリニックを選んだ患者様を否定せず、患者様にとって一番必要とする医療を提供しています。
あとは、Before/Afterの写真は必ず撮るようにしています。患者様が何か気になることがあった時、それが治療のせいなのかを確認するためには、Before/Afterの写真がなければ確認できません。また、自分の提供した医療をシビアに見るためにも、撮影は必ず行っています。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

雑賀 二重や目周りの手術が多いですね。あとは私自身、機械が好きなので、レーザーについては細かく調べて、いまあるレーザーでどれだけ効果が出せるかを追求しています。レーザーはそこまで長い歴史があるわけではないので、効果を確かめるためにも安全域の中で、写真を撮りながら、変化を評価していき細かくリザルトをとっています。機械に関しては、かなりオタクなんです。(笑)

広島プルミエクリニック

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

雑賀 患者様の施術後の変化を喜んでいただけるのが嬉しいですし、そういった姿を見ると次への糧にもなります。逆に難しいと思うのは、すべてが自分のイメージ通りにいくとは限らないことです。人それぞれ血管の走行や、皮膚の厚さは異なります。理論やトレーニングで、すべてがうまくいくわけではないところが、医療の難しさだと感じています。患者様としっかり向き合い、お悩みを受け止めることを大切にしています。
また、患者様とドクターの相性も大切だと思います。当院では、患者様にとって必要な治療をご提供し、ハッピーになっていただきたいと思っています。そのため、患者様が希望される治療が適切ではない場合、当院では治療をお断りしています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

雑賀 患者様ととことん向き合い、患者様がハッピーになれる医療を提供するようにしています。お母さんが来て、そのお母さんが娘を連れてきて、今後は娘が子供を連れてくるような、世代にわたって信頼していただけるクリニックでありたいと思っています。
あとは、未成年が来院したときは「誰がお金を払うのか」によって、どちらの意見を尊重するかを決めています。本人にも伝えますが、自分で稼いだお金だとしても、学費や生活費など、親御さんが払っているのであれば、親御さんの意見を聞くべきだと思っています。同様に、70~80代の方がいらしたときも、ご家族の同意がとれているかを確認しています。家族や周りの人に意見をしっかり聞いて、トラブルなく美容医療を楽しんでいただけるように気をつけています。

広島プルミエクリニック

――ホームスキンケアの重要性について教えてください。

雑賀 スキンケアは毎日するものですから、できるだけ簡単がいいですよね。患者様にスキンケアの相談をされたときは「どうなりたいか」を必ず確認するようにしています。しっかりスキンケアをしたい方や、面倒くさがりな方などその人のライフスタイルにあったものをご提案しています。時々「1個だけ買うなら何がいいですか?」と聞かれることがありますが、ゼオスキンのような医療機関専売のスキンケアは、ライン使いすることで効果が出るよう構成されているものが多いので、他のスキンケアと併せたときに同等の効果実感は難しいと思います。医療機関専売スキンケアを使ってみたい方には、中途半端に1個だけ使うのではなく、しっかりライン使いをして効果を実感していただきたいですね。

――雑賀先生が思う美しさについて教えてください。

雑賀 人にはそれぞれ生まれ持っている美しさというものがあると思います。顔の造形に関していえば、美しいと言われる黄金比があります。しかし、ただその黄金比が数値的に整っていても、意地悪な人や卑屈な人は美しくは見えないですよね。逆に、黄金比が整っていなくても、明るい人は美しく見えますよね。美容医療がきっかけで明るくハッピーになれたらいいなと思います。

自分に合う先生を見つけて
内面からハッピーに

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

雑賀 美容医療を受ける前に、まずは色々なクリニックで話を聞いて、自分にあう先生を探すことが大切だと思います。友人がオススメしていないクリニックでも、自分には合うこともあります。自分に合わない先生に治療をしてもらって、せっかく見た目が綺麗になっても「なんかあの先生、嫌だったな」と心がもやもやしてしまったら、内面が美しくなりませんよね。外見も内面も美しくあるためにも、「この先生にお願いしてよかった!」と思える自分に合った先生を見つけてほしいですね。

――今後の展開について教えてください。

雑賀 今後は美容外科をもっと強化できる環境を整えていきたいですね。今は、設備の都合でできない手術もあるので、それがなくなるようにしていきたいと思います。あとは、レーザーがたくさん欲しいですね。(笑) 時間はかかりますが、クリニックをよりハイレベルな空間にしていきたいと思います。

広島プルミエクリニック院長の雑賀知歩先生

広島プルミエクリニック

院長 雑賀 知歩
   (さいが ちほ)

経 歴
2003年 佐賀大学医学部医学科卒業
佐賀大学附属病院形成外科 入局
2004年 聖マリア病院研修
2005年 昭和大学形成外科入局
2006年 千葉県こども病院形成外科
2007年 日本美容外科学会JSAPS会員
2008年 聖マリア病院形成外科 美容皮膚科外来担当
2011年 県内美容外科 勤務
2016年 広島プルミエクリニック分院 院長就任
2018年 広島プルミエクリニック本院 院長就任
資格・所属学会

日本形成外科学会 正会員
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容皮膚科学会 会員
日本内科学会 会員
日本抗加齢医学会 会員
日本痤瘡研究会 会員
ジュビダームビスタバイクロス施注 認定医
ジュビダームビスタハイラクロス施注 認定医
ボットクスビスタ施注 認定医
日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン

広島プルミエクリニック

img_premierhiroshima_001

〒730-0035
広島県広島市中区本通7-29 アイビービル4階
TEL:0120-165-800

診療時間
9:00~18:00

休診日:火曜日・日曜日(3連休の時には日曜日診療で月曜日が休みとなります。)

関連記事

  1. アール美容皮膚科クリニック 白神英莉院長

    【アール美容皮膚科クリニック】
    「NeoVoirⅠ (ネオヴォワールⅠ)」は、患者様自身が肌トラブルの問題点、優先すべき課題を客観的に把握できる

  2. 女医によるファミリークリニック 大井(竹中) 美恵子院長

    【女医によるファミリークリニック】
    仕事と家庭を両立できるように、女性医師が働きやすい環境をもっと整えていきたい

  3. プリマクリニック 佐藤亜美子院長

    【プリマクリニック】
    患者様が主役になれる、患者様ひとりひとりに寄り添った医療を心がけています

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram