美容医療のかかりつけ わたしの名医

太田皮フ科クリニック 太田多美院長

【太田皮フ科クリニック】
地域に密着したかかりつけ医として、困った時に来て頂けるようなクリニックにしたい

太田皮フ科クリニックは、地域に根差したクリニックとして、お子様からご年配の方まで幅広い方から厚い信頼を寄せられているクリニックです。今回は、院長の太田多美先生に、クリニックのこだわりや特徴、患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

父のような医師になりたいと思い、
一般企業から医学部へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

太田 三重大学生物資源学部を卒業後、生物の検査会社に入社しました。会社では検査に集中して一日誰とも話さないような日々でしたので、人とコミュニケーションを取る仕事に就きたいと思うようになりました。実家がクリニックを開業していて、患者様とコミュニケーションを取りながら治療していく父の姿を見ていたこともあり、父のような医師になりたいと思って医学部に入りました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

太田 皮膚科は、身体の湿疹を診て内臓に悪性腫瘍があることが分かることもあるなど、皮膚をパッと見ただけで内臓の変化なども全部見えてくるという奥が深い学問なので、やりがいがあると思って選びました。実際、皮膚科に入局してみると、内科的な治療と手術などの外科的な治療を行うので、幅広くできてとても面白いと思いました。

――美容医療を始められたキッカケは?

太田 女医ということで話しやすいところもあると思いますが、患者様からシミやたるみの悩みについてご相談が多くありました。そこで、当院で治療して良くなれば皆さん明るくなって幸せになれると思って、フォトフェイシャルから始めたのがキッカケです。

生まれ育った地で、
父の跡を継いで開業

太田皮フ科クリニック

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

太田 関東の複数の皮膚科クリニックに勤務していたので、東京での開業も考えていたのですが、父の「跡を継いでほしい」という想いと、生まれ育ったところで開業したいという気持ちがありました。同級生や知り合いが多いので安心感もありますし、父の代から通って頂いている患者様も多かったので、父の跡を継いで開業しようと思いました。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

太田 父が開業して40年近くになりますので、新生児から80、90歳の方まで幅広い年齢層の方が、かかりつけ医のように通ってくださっています。ですから、老若男女問わず居心地の良いクリニックにしたいと思い、キッズルームを設置したり院内をバリアフリーにしたり、ファミリー皮膚科のような感じです。地域に密着したかかりつけ医として、何か困ったことがあった時に当院に来て頂けるようなクリニックにしたいと思っています。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

太田 さまざまな機械を使用していますが、私が納得したもの、そして患者様への負担が少ないものを導入しています。一番人気があるのは、最初に始めたフォトフェイシャルですね。私が施術を行っていますので、患者様の肌の状態を見ながら設定を調整したりして治療を行っています。他にも、ダーマペンやマッサージピールは最近人気があります。

――どのような悩みで来られる方が多いですか?

太田 男女ともシミとたるみが一番多いです。男性の方も多いですし、70代の方も肌がキレイになりたいということで、フォトフェイシャルで通って頂いています。あとは脂漏性角化症というシミが盛り上がってしまうイボをレーザーで取りたいという方も結構いらっしゃいます。都会と違って70代、80代の方も美容をされる方が多いです。

太田皮フ科クリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

太田 皮膚科の場合は、「見た目の状態」や「触診」がとても大事になります。ですから、必ず肌の状態を見て、実際に触って確かめるようにしています。症状の進行状況や異常などを細かく確認して最適な治療を行っていきます。また、患者様に症状を理解してもらい、納得して治療に取り組んで頂きたいと思っていますので、分かりやすい丁寧な説明を心掛けています。
そして一度来て頂いた患者様には、治療後のケアも含めて、最後までフォローしていていきたいと思っています。特に、ほくろは再発することも多いので、患者様を不安にさせないためにも最後までしっかりとフォローしていくことを心掛けています。当院の場合は、近所の方が多いので、私も「ちょっとクリニックに来てください」と言いやすいですし、皆さんもかかりつけ医のように気軽に来てくださいます。そこは、良い信頼関係が築けていると思っています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

太田 やりがいは、やはり患者様が喜んでくださることです。シミが薄くなったりして表情が明るくなった姿を見るととても嬉しく思います。
ただ、患者様がどうなりたいかという目標を一緒に決めていく中で、料金面のこともありますので、そこの折り合いが難しいです。また、私が治療した方が良いと思うところと、患者様が悩まれているところが違う場合がありますので、肌診断機で撮影した画像を使ってご説明するようにしています。客観的にご自身の顔を見て頂いた上で、治療を行うかどうか判断して頂くようにしています。

――スキンケアの重要性はどのようにお考えですか?

太田 40、50代になるとホルモンバランスなどの関係で肌の調子が悪くなることがあります。皆さん、いろいろなことを試されていますが、話を聞くと肌を擦ったり叩いたりしている方が多いんです。肌の扱い方を間違えると、肝斑とかも出てしまいますので、スキンケアもなるべく肌に優しいものを使うこと、そしてシンプルな化粧水や乳液をお勧めしています。ドクターズコスメと言われるものも、個人的にはなるべく肌に負担をかけずにゆっくり治していくようなコスメブランドの方が好きです。

患者様のお役に立てるように
治療の幅を広げていきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

太田 当院は、保険診療で来られたついでに、「このシミが気になります」といった感じでご相談される方が多いです。ホームページにも「かかりつけ皮膚科として、お気軽にご相談ください」と記載していますが、本当に皆さん気軽に来られます(笑)。お悩みがある方は、いつでもご相談に来てください。

――今後の展開について教えてください。

太田 患者様からいろいろなご要望がありますので、ニーズの高いものから取り入れていきたいと思っています。私自身は、シミについてもっと極めていきたいと考えていますが、常に新しい情報を取り入れて、患者様のお役に立てるように治療の幅を広げていきたいです。

太田皮フ科クリニック 太田多美院長

太田皮フ科クリニック

院長 太田 多美
   (おおた たみ)

経 歴
2007年 東海大学医学部 卒業
東海大学医学部付属病院 臨床研修医
2009年 東海大学皮膚科入局
2013年 東海大学大学院医学研究科先端医科学専攻 卒業
東海大学皮膚科助教
2016年 池上総合病院 皮膚科 医長
2017年 えみ子皮膚科クリニック等勤務
2018年 太田皮フ科クリニック開院
資格・所属学会

所属学会
日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科医会
日本皮膚免疫アレルギー学会
日本美容皮膚科学会

資格
皮膚科専門医
医学博士

太田皮フ科クリニック

gaikan-01

名古屋市南区菊住2-17-23
TEL: 052-822-3660

保険診療
9:00~12:00
15:00~18:00

受付開始時間 8:50〜/14:50〜

美容施術時間
(完全予約制)
8:30~9:00
9:45~10:15
10:45~11:15
14:30~15:00

美容の相談は診療時間内においで下さい。

関連記事

  1. シンデレラ&ダヴィンチクリニック 宮田洋佑院長

    【シンデレラ&ダヴィンチクリニック】
    患者様満足度を第一に考えて、イメージを共有し質の高い美容医療を提供します

  2. まゆりなclinic名古屋栄 加藤成貴院長

    【まゆりなclinic名古屋栄】
    同じ条件で撮影することで、患者様に分かりやすく説明ができ、お勧めの治療法も提案できる「NeoVoirⅠ (ネオヴォワールⅠ)」

  3. NI MEDICAL CLINIC

    【NI MEDICAL CLINIC】
    患者様にあった治療とスキンケアを提案し、より美しくなる医療を提供したい

  4. 咲くらクリニック

    【咲くらクリニック】
    自分の持っている知識と機械で治療方針をたてることが美容医療のやりがい

  5. 大城皮フ科クリニック 大城宏治院長

    【大城皮フ科クリニック】
    「日本で一番患者様想いの皮膚科」を目指し、医師・看護師・スタッフがチームとなって治療にあたる

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。