美容医療のかかりつけ わたしの名医

ナチュラルエイジングクリニック 宗雪正美院長

【ナチュラルエイジングクリニック】
患者様の気持ちを第一に考えて、コミュニケーションを取って最適な治療をご提案します

ナチュラルエイジングクリニックは、皮膚科、美容皮膚科、美容外科の診療を行っています。常に患者様に寄り添った医療を提案し、多くの患者様が来院されています。今回は、院長の宗雪正美先生に、クリニックの特徴やこだわり、患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

皮膚の症状で悩んでいる人を
救いたいと思い皮膚科医へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

宗雪 父が外科・胃腸科で開業していまして、子供の頃から父の働く姿を間近で見ていたこともあり、医療が身近な存在ではありました。高校生の時に、父が往診に行っていた末期患者様が亡くなった後に、枕元から「先生ありがとうございました」という手紙が出てきて、その手紙を見せてもらった時に、とてもやりがいのある仕事だなと思ったことが医師を志す大きなキッカケとなりました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

宗雪 幼少期にアトピー性皮膚炎を患っていて皮膚科に通っていたので、皮膚のことに興味がありました。私と同じように皮膚のことで悩んでいる方を治してあげたいという想いがあり皮膚科を選びました。また、皮膚科は、内科的治療も外科的治療も行いますが、皮膚を見て診断し治療を施すところが好きだったこともあります。

――美容医療を始められたキッカケは?

宗雪 杏林大学の皮膚科に入局したのですが、形成外科に久保田潤一郎先生というレーザー療法の権威の先生がいらして、研修で形成外科に行った時に炭酸ガスレーザーを使ったほくろの治療を見てとても興味を持ちました。研修後も、久保田先生にお願いして毎週レーザー外来を見させて頂きました。当時は、今ほど美容医療が認知されていませんでしたし、大学病院に美容や特別外来があることは稀でしたので、そんな中でレーザーを学べたことが美容医療に興味を持ったキッカケです。

心が健やかになる治療をしていきたい

ナチュラルエイジングクリニック

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

宗雪 施術を行う上で機械にはこだわっています。特に、千葉県で初導入したポテンツァは、毛穴だったり肌の引き締めだったりいろいろなことができる機械です。他にも、発売したばかりの脱毛レーザーで痛みが少なく施術時間も短いスプレンダーXなど、私が良いと思った機械を導入しています。
また、カウンセリングの時も施術を行う時も、常に患者様の気持ちを第一に考えています。カウンセリングや診察では、時間が許す限り患者様の想いをお聞きするようにしています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

宗雪 患者様とコミュニケーションを取って最適な治療をご提案することです。もともと私は患者様とお話するのが大好きなのですが、現在は私がカウンセリングを行っており、家庭環境や当院に来られた経緯、シミやシワなど悩みを気にするようになった理由など、バックボーンも含めていろいろお聞きするようにしています。
なぜバックボーンなどをお聞きするのかというと、ただ治療して終わりではなく、「心が健やかになる治療をしていきたい」からです。理由によっては、シミを取っただけでは満足できないこともあります。1回の治療に留まらず、何回か来て頂いて美肌目的でお顔全体のお手入れをしていって、自信を付けて頂くことも大事だと思いますので、治療の先を見据えて行っています。

ナチュラルエイジングクリニック

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

宗雪 私は15年来フォトフェイシャルを行ってきていて、症例数は全国でもトップクラスだと思います。得意で好きな施術なので患者様にお勧めすることは多いです。シミを薄くしたい方、毛穴を引き締めたい方、肌のトーンを明るくしたい方などをターゲットとしていますが、水分保持能力を上げてモチモチな肌になりますので、35歳以上の女性にはぜひ受けて頂きたい施術です。他にもダウンタイムの少ないメニューを取り揃えています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

宗雪 美容医療は、悩みやコンプレックスを解消してキレイになりたいという向上心のある方が、ある意味、自分に投資をして行います。当然、医師として意見を求められますし、「先生がお勧めするなら」と言って施術をして頂くことも多いので、日々、勉強が必要です。そのために週末はセミナーや勉強会に参加しますが、患者様のためにという思いが私のやりがいにも繋がっています。実際、ほくろ1つ、シミ1つでも、治療後に雰囲気が明るくなられる方を見ると、本当に嬉しく思います。

――スキンケアの重要性はどのようにお考えですか?

宗雪 施術の効果を最大限に生かすためにもスキンケアとはとても大切です。なかでも、大事なのは日焼け止めと保湿です。日焼け止めは、SPF値が上がれば上がるほど肌への刺激が強くなりますので、肌が弱い方が高いものを使うと被れてしまうことがあります。患者様には「日常生活で必要なSPF値は20~30で、PA++が入っていれば、テクスチャーの良いものを選んでください」と具体的にお伝えしています。
また私は「保湿=保水」と考えています。保湿のためにクリーム(油分)を塗りたくるのではなく、化粧水や美容液など水分をしっかりと肌に浸透させてほしいので、そこは丁寧に説明しています。日頃のスキンケアはクリニックでは確認することはできませんので、丁寧にご説明して意識を変えて習慣にして頂けるように心掛けています。

ナチュラルエイジングクリニック

――先生が考える美・美しさとは?

宗雪 見た目が若い人は身体的にも若いということが学会でも発表されていますが、それはやはり心が元気だからだと思います。見た目が若くなると気持ちも前向きになって、いろいろなことが活動的にできると思います。ですから、外面の美しさもあると思いますが、内面から美しくなることが「美」だと思います。本当に美しい方は、見た目はもちろんですが、気持ちが前向きで、話していても気持ちが良いですし、外面内面ともトータルの美しさがある方だと思います。

患者様のためになる新しい技術や
機械を取り入れていきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

宗雪 ある調査によると、お悩みがある方が美容クリニックに行くまでの期間を調べたところ、平均5年かかるという結果が出ました。近年は美容医療が身近になってきていますが、何年も悩んでクリニックに来られていることを再認識しました。確かに自由診療ということでお金のことや施術内容など、いろいろ不安を持たれている方もいらっしゃると思いますが、美容医療はそこまで敷居が高いものではありません。相談に来て頂ければ、いろいろアドバイスを致しますし、当院では患者様に寄り添った医療を行っていますので、お気軽にご相談に来てください。

――今後の展開について教えてください。

宗雪 開業したばかりなので、多くの方にクリニックのことを知って頂くために、メディアやSNSなどを活用して、クリニックの良さをアピールしていきたいと思っています。
また、先ほどお話したように、千葉県初導入のポテンツァや発売したばかりのスプレンダーXなどの機械を導入していますが、これからも患者様のためになる新しい技術や機械を取り入れていきたいといきたいと思います。今後は保険診療も行っていく予定ですので、肌の症状でお悩みの方はぜひお越しください。

ナチュラルエイジングクリニック 宗雪正美院長

ナチュラルエイジングクリニック

院長 宗雪 正美
   (むねゆき まさみ)

経 歴
1994年 杏林大学医学部卒業
杏林大学付属病院皮膚科学教室 入局
2000年 美容医療クリニック 入職
2006年 自由が丘クリニックソフィア 院長就任
2022年 ナチュラルエイジングクリニック 開業
資格・所属学会

資格
VST認定医(ヒアルロン酸・ボトックス施注認定医)
日本抗加齢医学会専門医
日本レーザー医学会認定医
日本医師会認定産業医

所属学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
日本皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本医学脱毛学会

ナチュラルエイジングクリニック

ナチュラルエイジングクリニック

千葉県千葉市中央区新千葉2-2-1
新日本EXビル5階
TEL: 043-441-3063

診療時間 日・祝
10:00~18:00

休診日:水曜日
※最終受付17:30まで
※完全予約制

関連記事

  1. 市川ひふ科形成外科クリニック 院長 佐々木英悟

    【市川ひふ科形成外科クリニック】
    「ヘレナズHelena’s」あらゆる肌悩みにアプローチする高濃度ビタミンCコスメ

  2. 我孫子東邦クリニック 山口敦子院長

    【我孫子東邦クリニック】
    患者様のニーズや症状に合わせて、保険と自費の中からベストな施術を提案

  3. マイ形成外科スキンクリニック

    【マイ形成外科スキンクリニック】
    患者様にとって無理のない最適な治療法を、安心感をもってご提供する。『マイ形成外科スキンクリニック』

  4. KIクリニック スミス馨子院長

    【KIクリニック】
    年配の方が気軽に来られるような地域に根ざしたクリニックであり続けたい KIクリニック スミス馨子先生

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram