美容医療のかかりつけ わたしの名医

シンデレラ&ダヴィンチクリニック 宮田洋佑院長

【シンデレラ&ダヴィンチクリニック】
患者様満足度を第一に考えて、イメージを共有し質の高い美容医療を提供します

シンデレラ&ダヴィンチクリニックは、美容皮膚科・美容外科の診療を行っており、患者様に満足して頂くために、常に患者様の声に耳を傾け、最善の治療法を提案しています。今回は、院長の宮田洋佑先生に、クリニックの特徴やこだわり、患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

達成感ややりがいが
大きいと思い心臓血管外科へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

宮田 高校生で進路を考えた時に、親が内科医で開業していたので、何となく医学部に行こうかなと思ったんです。ですから最初は「絶対に医者になりたい」といった高い志を持っていたわけではありませんでしたが、結果的に医師になって良かったと思っています。

――いろいろな科がある中で、なぜ心臓血管外科を選ばれたのですか?

宮田 私はもともと手を動かしたりする細かな作業が好きだったので、最初から外科系に行こうと考えていました。せっかく外科に行くのなら、心臓血管外科は花形というイメージがありましたし、とてもやりがいがあると思って選びました。
心臓血管外科は直接命に関わるので、ちょっとしたミスで患者様が亡くなってしまいます。そういう意味で怖さはありますが、手術が成功した時の達成感ややりがいは大きく、とても楽しかったです。

――美容医療を始められたキッカケは?

宮田 心臓血管外科を辞めようと思った時に、最初は血管外科のクリニックに行こうと思っていました。そんな時に転職サイトのエージェントが、たまたま美容外科を勧めてきたんです。美容外科なんて考えてもいませんでしたが、手術をするという意味では同じですし良いかなと思いました。これもめぐり合わせですね。
ずっと保険診療をやってきたので、自由診療の美容外科ってなんだろうっていう、ある種の抵抗みたいなものはありましたが、実際始めてみると楽しかったです。いろいろな手術がありますし、学問的にもとても奥が深くて、やりがいがあるなと思いました

自分のバランスでやりたいことを
やるために開業

シンデレラ&ダヴィンチクリニック

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

宮田 保険診療と比べると自由診療はビジネス的な要素が強いと思います。もちろん医療の方に振り切ることもできますし、逆にビジネスの方に振り切ることもできますが、結局はそのバランスが大事だと思います。ただ勤務医の場合は、勤めているクリニックの方針ややり方に従わざるを得ません。自分のバランスでやりたいことをやるためには開業することが一番良いと思いました。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

宮田 美容医療で一番大事なのは患者様満足度です。保険診療の場合は、医師が治療して病気を治したら、患者様から「ありがとう」と感謝されます。しかし美容医療の場合は、まず患者様がこうしたいという希望があり、その希望を叶えることが全てです。私がとても良いと感じても、患者様が納得されなければ、ある意味成功とは言えませんので、患者様満足度をできる限り高く出すことを一番考えています。

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

宮田 当院は、目と鼻に関する施術を希望される方がとても多いです。目は「キレイな二重にしたい」「もう少し幅を広げたい」、鼻は「もっと高くしたい」「形をキレイにしたい」などの悩みで来られます。もちろん、他にも、美容外科では脱毛や口元、フェイスラインなど、美容皮膚科ではシミ、たるみ、毛穴などの施術を行っていますが、自然と目と鼻を希望される患者様が増えていきました。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

宮田 先ほども申し上げましたが、美容医療は患者様が満足するかしないかが全てですので、そこが一番難しいです。ただ、そうならないために最初にきちんとお話をして、ゴールの共通認識を持った上で施術に臨むことが大事です。100%納得されることはなかなか難しいと思いますが、共通認識を持つことで満足度が高くなると思います。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

宮田 美容医療は、あくまでもその方が持っている素材を活かして行いますので、別人になるわけではありません。分かりやすく言えば、アップグレードさせていくことですので、できることとできないことがあります。ですから、カウンセリングの時に過度な期待を持たせるような言い方はしません。「ここまではできます」「これは無理です」と、はっきりお伝えします。その上で、納得されて満足できるなら施術を行いますし、満足されないなら当院では行いません。一番大事なのはイメージの共有です。そのためには、全てを正直に伝えることを大切にしています。
また手術を行うということは当然リスクもあります。100%上手くいく保証はありませんし、患者様の希望までは届かない可能性もあり得ますので、そのあたりの話もきちんとしておきます。

シンデレラ&ダヴィンチクリニック

――スキンケアの重要性はどのようにお考えですか?

宮田 人の第一印象は肌がキレイかどうかで変わります。そういう意味では、日頃、どのようなスキンケアをしているかはとても大事です。当院は美容皮膚科の診療も行っていますが、スキンケアにはとても力を入れています。ただ肌をキレイにするためだけでなく、見た目の印象にも関わってくるものという意識を持って、日頃からスキンケアに取り組んでほしいと思っています。

――先生が考える美・美しさとは?

宮田 美しさには容姿や肌のきめ細やかさなど、いろいろな要素があると思います。容姿という点では、大事なのは全体のバランスだと思います。目や鼻など一つのパーツをキレイにしても全体で見た時のバランスが良くなければ美しくはならないと思います。目を大きくしたり鼻を高くしたりするのはいいのですが、全体のバランスを見ながら行うことが大事です。

誰よりもうまくなって、
日本一の外科医を目指す

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

宮田 私が言うのも変ですが、美容クリニックに来なくても美しくなるためにできることはたくさんあると思います。日焼け止めや化粧水、乳液などで肌のケアをしたり、太り過ぎないように食生活に気を付けたり、ダイエットをしたり、まずはできることから始めるといいと思います。
当然クリニックに行かないとできないこともあります。例えば、二重にしたい時にアイプチでもできますが、皮膚がたるんだりしますので、そこはクリニックで行った方が身体的に良いと思います。普段の生活の中で、自分でできることをした上で、解決できない悩みがあれば、クリニックに相談するといいと思います。

――今後の展開について教えてください。

宮田 まだ構想の段階ですが、関西や九州など、クリニックを展開していきたいと考えています。そして医師としては、私は本当に手術が好きでやりがいを感じているので、純粋にもっとうまくなりたいです。誰よりもうまくなって、日本一の外科医を目指します。

シンデレラ&ダヴィンチクリニック 宮田洋佑院長

シンデレラ&ダヴィンチクリニック

院長 宮田 洋佑
   (みやた ようすけ)

経 歴

2010年 北里大学卒業後、初期研修を経て心臓血管外科へ進む。
2016年 美容外科へ進み、共立美容外科をはじめとして複数の大手美容外科に勤務。
院長、技術指導医を歴任する。
2021年 独立し名古屋駅前でシンデレラ&ダヴィンチクリニック院長を務める。

資格・所属学会

日本外科学会認定専門医
日本美容外科学会正会員
日本アンチエイジング外科学会正会員

シンデレラ&ダヴィンチクリニック

シンデレラ&ダヴィンチクリニック

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-44-2
オーキッドGビル6階
TEL: 0800-200-1807

診療時間
10:00~19:00
19:00~23:00

関連記事

  1. 大城皮フ科クリニック 大城宏治院長

    【大城皮フ科クリニック】
    「日本で一番患者様想いの皮膚科」を目指し、医師・看護師・スタッフがチームとなって治療にあたる

  2. まゆりなclinic名古屋栄 加藤成貴院長

    【まゆりなclinic名古屋栄】
    同じ条件で撮影することで、患者様に分かりやすく説明ができ、お勧めの治療法も提案できる「NeoVoirⅠ (ネオヴォワールⅠ)」

  1. 京都河原町パステルクリニック

  2. LonaLona CLINIC (ロナロナ クリニック)

  3. スマイルAGAクリニック渋谷院

  4. スマイルAGAクリニック 八重洲院

  5. しげた歯科・矯正歯科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム