わたしの名医

「Concept S Melon G+」を開発した ドクタースパ・クリニック院長 鈴木芳郎先生

「ドクタースパ・クリニック」は、エイジングケア専門の美容外科・美容皮膚科クリニックです。今回は院長の鈴木芳郎先生に、医師を目指したキッカケやクリニックの特徴やこだわり、さらにオリジナルブランド「Concept S Melon G+」誕生の経緯や特徴などについて、お話を伺いました。

形成外科医はマイナスをゼロに、
美容外科はゼロをプラス1に

―― なぜ医師という職業を選んだのですか?

鈴木 私は、中学生の時に器械体操をしていたこともあり、骨折などの怪我がとにかく多かったんです。怪我がヒドイ時には、入院することもあって、その都度お医者さんにはお世話になっていました。
そういったお医者さんの頼もしい姿を近くで見ていたこともあって何となく医師という職業に憧れがあったので、中学、高校とだんだん医学部を目指すようになりました。

―― いろいろな科がある中で、なぜ形成外科医を目指されたのですか?

鈴木 子供のころから手先を使うことが好きだったので、それを活かせたらなと思ったんです。
手術は手先の器用さも必要ですからね。でも一番は、患者様を治すための手術というものに魅力を感じたことです。
手術、というと外科になりますが、外科系の中でも形成外科を選んだのは、ケースバイケースで自分で考えて手術を行っていくところに魅力を感じたんです。例えば、胃がんの手術とかは、定型的○○手術という言い方をするぐらい、決まったやり方があって、みんなそれを覚えるんですね。ただ形成外科の場合は、もちろんベースのやり方はありますが、そこから自分の技術をプラスαして手術をしていくんです。

―― なぜ美容医療をやろうと思ったのですか?

鈴木 形成外科は、事故などで損傷したものをキレイにしたり、先天性奇形と言って生まれつき指がなかったり口が割れていたりするのを治します。つまりマイナス(欠損している)のものをゼロ(正常)にする科が形成外科なんです。
しかし美容外科は、ある意味、五体満足な人に対して手術などを行うことになるので、捉え方によっては、もともとのベースがゼロと言うことも出来ますよね。ですので、よりキレイになりたい、より鼻を高くしたい、より目をパッチリさせたいといった行為などは、ゼロのものをプラスにもっていく行くという行為と捉えることも出来ます。
このゼロをプラス1に持って行くのが美容外科なんです。

私は20年間、形成外科医をしてマイナスをゼロに持って行こうという意識でやってきしまたが、今度はゼロをプラス1にすることをやりたいと思ったんです。
あとは、アメリカでは形成外科のドクターがプライベートクリニックを持っていて美容外科をやっているのを見ていたのも美容をやりたいと思った理由の一つです。

アメリカでフェイスリフトに着目

―― ドクタースパ・クリニックのこだわりや特徴を教えてください。

鈴木 美容外科の範囲は身体全部ですが、私の専門は顔(フェイスリフト)です。アメリカに行っていた時に、美容外科医の中で花形がフェイスリフトだったんです。
学会でもフェイスリフトのことが一番多かったですし、自分の一生の仕事にするならフェイスリフトだと思いました。

―― フェイスリフトで鈴木先生独自のやり方はあるのでしょうか?

鈴木 私は昔から、中顔面、つまり頬の位置をいかに上げるかということに注目してやってきました。
年齢を重ねるごとに、顔がたるんでもともと丸顔だった人も輪郭が四角くなってきます。元に戻すのに定型的なやり方で輪郭だけを上げることは誰でもできます。しかし、頬の位置をしっかりと上げないと、全体的に若返ったという印象にならないんですね。私はアメリカでそのあたりを見て着目したんです。
今では、私と同じようにそこに着目してやっている方もいますが、当時は日本でまだこの論理は出ていませんでした。

術後の負担を軽減するために
Concept S Melon G+ を開発

Concept S Melon G+
Concept S Melon G+

―― なぜ、オリジナルブランド「Concept S Melon G+」を作ろうと思ったのですか?

鈴木 一番の想いは、患者様の術後の負担を減らしたいと思ったからです。
皮膚を切って縫えば、そこにある程度、炎症が起こります。最初は、傷跡が赤くなって、炎症が収まってくると傷跡が落ち着いて目立たなくなってきます。
しかし、炎症が続けば続くほど組織は劣化していってしまいます。
ですから、術後のダウンタイムをなるべく短くしたい、あるいは炎症をなるべく少なくしたいという想いで、私が良いと思った整肌作用のあるものを術後ケアとして提供出来るようにしたいと思ったのがきっかけです。

―― サプリメント「Concept S Melon G+」の特徴を教えてください。

鈴木 「Concept S」というのは、鈴木のS、ドクタースパのSという意味もあるのですが、私のコンセプトに合った成分が入っているということで付けました。「Concept S Melon G+」には「メロングリソディン」という成分が入っています。これはメロンの中に入っている成分なのですが、南仏のメロンに入っているメロングリソディンの効果については、多くの臨床データで報告されていたんですね。「Concept S Melon G+」は、このメロンから抽出したメロングリソディンを500mg配合しています。
さらに、お肌を整える点滴でも話題の成分「グルタチオン」も配合しました。クリニックで手術を受ける人には飲んでもらうようにしていますが、手術を受けない人でもお肌を整える目的で多くの方に愛用されています。

―― 開発する上でこだわったところ、苦労されたことはありますか?

鈴木 最初から「メロングリソディン」を使うことは決めていました。それにプラスαで何を入れようか悩んでいました。
その中で、「グルタチオン」は、今までも使ってきていたこともあり入れることにしたのですが、うまく配合するところにはこだわりました。たくさん入れるとカプセルが大きくなってしまうんですね。そうすると飲みづらくなってしまうため、患者様のためになりません。ですから、十分な量を入れながらもカプセルが大きくなって飲みづらくならないようにすることにはこだわりました。

「若返りのホームドクター」として
一人ひとりに助言をしていきたい

―― 今後の展開について教えてください。

鈴木 今までは見た目を良くすることにこだわって手術中心でやってきました。
しかし今後は、手術をして外見だけが若返るのではなく、内面から若返ってもらいたいと思っています。その足掛かりとして、サプリメント「Concept S Melon G+」を作りましたが、もう少し範囲を広げて「若返りのホームドクター」と言いいますか、若く健康でい続けるためにはどうしたらいいかを一人ひとりに助言していきたいと考えています。
情報が氾濫している中で、患者様自身が調べて良いと思ったものを取り入れていますが、その情報が間違っていることもあります。ですから、まずはじっくりと話を聞いて、良いものを勧めてあげたいです。そして楽しい人生を歩んでもらえる人を増やしたいです。

ドクタースパ・クリニック

院長 医学博士 鈴木芳郎(すずき よしろう)

経 歴

1983年3月 東京医科大学医学部卒業
1983年4月 医師免許取得
1983年5月 東京医科大学形成外科教室入局
1984年1月 国立東京第二病院外科研修医
1985年4月 国立東京第二病院外科レジデント
1986年7月 東京医科大学形成外科研究医
1990年3月 日本形成外科学会認定医取得
1992年5月 東京医科大学形成外科助手
1993年1月 医学博士号取得
1995年5月 東京医科大学形成外科講師
1996年4月 海老名総合病院形成外科部長
2001年7月 サフォクリニック副院長就任
2002年10月 日本美容外科学会専門医取得
2006年9月 Dr.Spa clinic 新宿美容外科・歯科院長就任
2008年1月 日本抗加齢医学会専門医取得
2010年12月 ドクタースパ・クリニック 開業 院長就任
2014年11月 東京医科大学 形成外科学分野 客員講師を委託される

所属学会

日本美容外科学会専門医
日本形成外科学会専門医
国際美容外科学会正会員
日本抗加齢医科学会専門医

ドクタースパ・クリニック

ドクタースパ・クリニック

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山Parks2F
TEL:0120-022-118

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00

関連記事

  1. 株式会社ジェイメック 代表取締役社長 西村浩之

    国産医療レーザー機器メーカー”ジェイメック”。“FOR THE PATIENT’S SMILE” 世のため人のためのビジネスをモットーに。

  2. 広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

    “クリニックのケアをご自宅で”をコンセプトに開発した「Dr Soie(ドクターソワ)」広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

  3. emiスキンクリニック松濤がお勧めする自然な表情をなくさずにシワを改善する「ナチュラルボトックス」治療。

  4. 千春皮フ科クリニック 浦和

    千春皮フ科クリニックがお勧めする ピーリング、プラズマ、レーザーで、ニキビをトータルに治療

  5. PRSS.JAPAN 株式会社 世良綾嗣社長

    医療機関が患者様の為に最良の治療を行うことができるように。 常に先端医療を把握し、世界から厳選された製品を供給。

  6. 六本木スキンクリニック 鈴木稚子先生

    ニキビ跡・凹み(クレーター)に悩む人たちを治したい 六本木スキンクリニック 鈴木稚子先生

  7. アイムビューティーメディカルクリニック 院長 村松恭代先生

    「美容医療」と「エステ」を融合させたクリニック アイムビューティーメディカルクリニック 村松恭代先生

  8. 渋谷スキンクリニック 吉田貴子先生

    英国産のビタミンCなど、原料にこだわって開発した「Dr.TAKAKO’s Selection」

  9. かじクリニック熊本 院長 梶昇吾

    「地域に根差して一人ひとりの患者様に向き合った治療を提供していきたい」かじクリニック熊本 梶 昇吾先生

  1. しんえいビューティクリニック東京

  2. りくぎえん皮膚科

  3. よしもと形成外科クリニック

  4. 湖西形成外科

  5. 宮崎台スキンクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム