美容医療のかかりつけ わたしの名医

森の宮皮フ科クリニック

【森の宮皮フ科クリニック】
保険診療をベースに様々なニーズに応え、地域に根付いたクリニックでいたい

森の宮皮フ科クリニックは、石神井公園駅から徒歩30秒にある皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科を扱うクリニックです。保険診療の延長として美容医療を取り入れ、患者様のニーズにあった治療を提案しています。今回は院長の大垣淳先生にクリニックを開院したきっかけや、ホームケアで意識した方がいいポイントなどについて、お話を伺いました。

地域医療に貢献できる
町のお医者さんを目指す

――医師を志したきっかけを教えてください。

大垣 中学生の時に出会った開業医の先生に憧れたことがきっかけです。当時の私は少し内向的な性格だったのですが開業医の先生には、色々な悩みを打ち明けることができました。私もその先生のようになりたいと思い医師を目指しました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

大垣 もともと内科を目指していたのですが、研修医時代に出会った先輩医師の姿を見て、皮膚科は他の科よりも患者様に向き合える科だと感じました。皮膚の症状を拝見すると、その患者様がどんな生活をしているかや、どんなスキンケアをしているかをある程度予測することができます。患者様の生活にも身近な存在だと思い、皮膚科を選びました。

森の宮皮フ科クリニック

――クリニックを開院したきっかけを教えてください。

大垣 医学部に入った頃から「医師=開業医」というイメージを持っていたので、親しみのある「町のお医者さん」になりたいと思っており、地域医療として貢献できる場所を探していました。その中で石神井公園という土地が、これまで私が大学病院や専門病院で学んだスキルを一番活かせると感じたことがきっかけです。

――美容医療をはじめられたきっかけは何ですか?

大垣 もともと保険診療をメインに行っていたのですが、患者様からシミ、難治性ニキビ、ニキビ跡、しわ、たるみなどのお悩みのご相談を受けることが増えていきました。患者様のニーズをお伺いしているうちに、保険診療ではカバーできない部分を補い、患者様のニーズにお応えするために美容医療を始めました。当院は保険診療と美容医療でブースを分けて診察をしており、施術後にお化粧直しをしていただけるようパウダールームも取り入れています。

――患者様に支持されている美容メニューはありますか?

大垣 美容医療でこれを推しているなどはなく、患者様それぞれのお悩みにあった治療をご提案しています。保険診療でカバーできない部分の治療から、シミやシワ・たるみなどの治療など幅広いお悩みの患者様がいらっしゃいます。当院は男性が院長ということもあり、男性の患者様から美容に関するご相談をいただくこともあります。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

大垣 保険診療でも美容医療でも、患者様としっかりコミュニケーションを取り、その方に必要な治療を提案するということは変わりません。しかし、美容医療は高額な治療費をいただく場合もありますので、ホスピタリティには気を配るようにしています。

患者様それぞれの思う「美しさ」を大切にしたい

――大垣先生が患者様を診察する上で大切にされていることを教えてください。

大垣 しっかり患者様の顔を見てあいさつをし、会話をすることを大切にしています。それから患者様のお話しにしっかりと耳を傾け、治療における目標やニーズをしっかり把握するようにしています。治療方針を説明した後は、必ず患者様に疑問点や不明点がないかをお伺いするようにしています。

森の宮皮フ科クリニック

――ホームスキンケアの重要性や、意識すべきポイントを教えてください。

大垣 肌のお悩みによってアドバイスは異なるので一概には言えませんが、例えばニキビですと、朝夕の1日2回の洗顔が基本となります。ニキビ用石鹸や敏感肌用の石鹸をしっかり泡立てて、泡で優しく洗い、すすぎ残しのないようにしっかりすすいでいただき、化粧水や乳液で適度に保湿をしていただいています。乾燥肌になると毛穴の通りが悪くなりニキビの原因となることもあるため、適度な保湿も大切です。洗顔においては、思春期ニキビの方はある程度の洗浄力のある石鹸で洗顔することをオススメしていますが、大人ニキビの場合は敏感肌用の石鹸で洗顔することをオススメしています。当院でも患者様からスキンケアのご相談も多くいただいているので、患者様が同じ治療を統一して受けられるようにスキンケアガイドも作成しております。

――大垣先生の思う美しさについて教えてください。

大垣 「美しい」という単語は主観的で、何を美しいと思うかは人によって異なります。そのため、私も診察をする上で価値観を押し付けないようにしています。日々の診療で、医学的に美しいとされる肌に向かうための治療を提案していますが、患者様によってご提案で納得いただける時もありますし、目指す方向性が異なることもあります。患者様のご希望と異なる場合は無理に押し付けることはせず、患者様の思う「美しさ」を大切にするようにしています。

森の宮皮フ科クリニック

患者様のニーズを取り入れながら
より良い医療を提供していきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へクリニックを選ぶ上でのアドバイスがあれば教えてください。

大垣 当院も選んでいただけるクリニックを目指して日々努力をしているため、クリニック選びについて患者様にアドバイスできることは非常に少ないです。当院ではまず治療のゴールを提示し、それに向けてどのようなことが必要かという道のりをお伝えすることを大切にしています。また、保険診療と美容医療ではブースを分けており、個室カウンセリングルームや美容診療専門の待合ブース、点滴ルームもありますので、初めての美容医療で緊張されている方でも受けやすいかと思います。

――今後の展開について教えてください。

大垣 患者様のニーズを踏まえて、 これからも必要だとおもう治療は取り入れていきたいと考えています。当院は都内で最も「緑」の多い練馬区にあるクリニックです。どんな植物も小さな種・苗から成長して木々となり、森となります。「医療法人社団伸緑会 森の宮皮フ科クリニック」の名の通り、スタッフ・患者様・そして私自身も日々成長し、改善できる環境をつくっていきたいと思います。

森の宮皮フ科クリニック

森の宮皮フ科クリニック

院長 大垣 淳
    (おおがき じゅん)

経 歴

北海道大学医学部医学科 卒業
日本赤十字社医療センター 内科レジデント
東京大学医学部附属病院 皮膚科・皮膚光線レーザー科 医員
がん・感染症センター 都立駒込病院 皮膚腫瘍科常勤
小児医療センター(埼玉) 皮膚科常勤
東京大学医学部附属病院 皮膚科 助教

資格・所属学会

日本皮膚科学会皮膚科専門医
日本美容皮膚科学会
皮膚悪性腫瘍学会
抗加齢医学会
日本形成外科学会
小児皮膚科学会
アレルギー学会

森の宮皮フ科クリニック

森の宮皮フ科クリニック

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-21-9 第3島光ビル5階
TEL:03-3996-1112

診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~18:30

休診日:木曜・日曜・祝日
△…初診の方は12:30までの受付
▲…初診・再診ともに17:30までの受付

関連記事

  1. 青山エルクリニック 院長 杉野 宏子

    【医療法人社団青真会 青山エルクリニック】
    いくつになってもキレイになることをあきらめる必要ない。 美と健康の総合美容医療を目指す 「青山エルクリニック」

  2. MARE BEAUTY CLINIC 前波希映院長

    【MARE BEAUTY CLINIC】
    一人でも多くの人を笑顔にして、満足度日本一のクリニックを目指す

  3. アンセネクリニック築地 橋本 麻衣子院長

    【アンセネクリニック築地】
    見た目だけでなく、身体も元気に、精神的にも元気になるクリニックで、地域医療に貢献したい

  4. カロンクリニック 原千紘院長

    【カロンクリニック】
    患者様一人ひとりのお悩みに対して、丁寧なカウンセリングとカスタマイズした治療を提案

  5. にしやま由美東京銀座クリニック

    【にしやま由美東京銀座クリニック】
    美容と健康を予防医学と栄養医学から考え、人生のパフォーマンスを変えるサポートがしたい

  6. 【アーモンドクリニック】
    患者様と話す時間をしっかりとり、お悩みや不安に寄り添い、専門知識を交え適切なご提案をする

  7. プラストクリニック 石川勝也院長

    【プラストクリニック】
    当院が一番大切にしていることは「目の前の患者様が幸せになれるかどうか」ということ

  8. よしクリニック 中野貴光院長

    【よしクリニック】
    患者様に満足して頂くために、丁寧で分かりやすい説明と最適な治療の提案を大切にしています

  9. 東京秘密クリニック 院長 佐々木健一郎先

    【東京秘密クリニック】
    患者様とコミュニケーションを取り信頼関係を築いて、その方に合った最善の治療をご提案します

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。