美容医療のかかりつけ わたしの名医

NI MEDICAL CLINIC

【しらさぎ形成クリニック】
日本の中で標準的な美容医療と手術を、根拠に基づき提供したい

しらさぎ形成クリニックは、形成外科・美容外科・美容皮膚科を扱うクリニックです。地元である徳島で開院された後、学生時代を過ごされた神戸でもクリニックを開院されました。今回は総院長の木下将人先生にクリニックを開院したきっかけやクリニックを選ぶ上でチェックすべきポイントなどについて、お話を伺いました。

手術と美容医療に興味を持ち
形成外科の道へ

――医師を志したきっかけを教えてください。

木下 父が歯科医院を開業していたため、幼い頃から医療関係の職業につきたいと思っていました。受験時に医学部と歯学部のどちらに進むか迷いましたが、医学部に進んだ方ができることの幅が広がると思い、医学部に進学しました。

――いろいろな科がある中で、なぜ形成外科を選ばれたのですか?

木下 早く手術がしたいと思っていたことがきっかけです。もともと心臓外科で2年ほど診療をしていたのですが、なかなか手術をすることができませんでした。40歳を過ぎて、やっと手術ができるということもあるため、他の科を考えるようになりました。美容外科にも興味があったので、手術もできて美容にも携われる科は何かを考えたときに、形成外科が一番やりたいことに合っていると思い、形成外科の道に進みました。

NI MEDICAL CLINIC

――クリニックを開院したきっかけを教えてください

木下 土地勘のあるエリアで開院したいと思っていたので、地元の徳島か大学が近い神戸のどちらかがいいと思っていました。迷った末、まずは地元である徳島で開院し、3~4年経ってから神戸での開院を考えるようになりました。4~5年目で具体的に考え、神戸院の開院に至りました。

――貴院のこだわりや特長を教えてください。

木下 保険診療も扱いながら、根拠に基づいた医療を提供するというところにこだわっています。経験則も必要なこともありますが、そればかりではなく全国的に統一されて認識されている方法で診療をするようにしています。

NI MEDICAL CLINIC

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

木下 形成外科時代から目周りの手術を多く行ってきています。また、アートメイクにも力を入れています。アートメイクと目周りの手術は実は相性がいいんです。眉のアートメイクで来院された患者様でも、目元にお悩みがあるという方もいらっしゃいます。そういった患者様もトータルで診察していきたいと思っています。

――目周りのお悩みはどういったお悩みが多いですか?

木下 二重のご相談も多いですが、上瞼のたるみや眉下切開、眼瞼下垂のご相談も多いです。あとは下瞼ですと、クマ取りや凹み部分への脂肪注入もあります。こういったご相談は一番お悩みが出てくる40~50代の方が多いです。アートメイクは年齢層が幅広く20~70代までご来院いただいています。

結果がすぐにわかるものだからこそ
術前のイメージのすり合わせが大切

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

木下 結果がすぐにわかるというのがやりがいですが、難しさにも繋がります。結果がすぐわかるため、思っていた結果と違うということも起こる可能性があります。病気なら痛みなどの症状が治れば問題ありませんが、美容医療は健康な人へ治療をするため患者様それぞれ求めている結果が異なります。患者様にご満足いただけるように術前にイメージをしっかりすり合わせるようにしています。

――ホームスキンケアの重要性について教えてください。

木下 肌悩みや肌の状態は人それぞれ異なるので、このスキンケアを使った方がいいやこの成分を取り入れた方がいいというものは特にありません。日焼けをしないように日焼け止めをしっかり塗り、しっかり保湿をするという最低限のケアをすることが大切だと思います。あとは傷がある場合は、傷を触らないということも大切です。

NI MEDICAL CLINIC

――木下先生が思う美しさについて教えてください。

木下 バランスが大切だと思います。美容医療について言えば、やり過ぎないことと、一部分こだわりすぎないことです。例えばヒアルロン酸注入だったら、気になるからといってヒアルロン酸を多めに注入した結果、全体を見てみたら顔がパンパンになっているということもあります。全体のバランスを見ながら、必要な美容医療を考えてくことが大切です。あとは、年齢との兼ね合いも大切です。マイナス5歳くらいに見えるくらいの美容医療が、自然で美しいと思います。

神戸院と徳島院の両方で
同レベルの手術を安全に提供し続けたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へクリニックを選ぶ上でのアドバイスがあれば教えてください。

木下 まずは専門医を持った医師がいるかどうかを確認するといいと思います。専門医は技術が上手い・下手以前に、医療機関でしっかりと研修を受けているという最低ラインの保証のようなものですので、クリニックを選ぶ際には確認していただきたいです。あとは、SNSばかり見ていてもクリニックや医師の雰囲気はわからないと思うので、実際にクリニックへ行ってカウンセリングを受けることも大切だと思います。専門医を持っている医師がいて、実際に会って話した医師との相性がいいなと思えたクリニックに行くといいと思います。

――今後の展開について教えてください。

木下 他店舗展開は考えておりませんので、神戸院と徳島院の両方で同レベルの手術を安全に提供し続けていきたいと思います。そして、日本の中で標準的な美容医療や手術の両方を患者様に提供できるようにしていきたいです。

NI MEDICAL CLINIC

しらさぎ形成クリニック

総院長 木下 将人
    (きのした まさと)

経 歴
2005年3月 兵庫医科大学卒業
2007年4月 兵庫県立淡路病院にて初期研修終了
2007年4月 神戸赤十字病院専攻医(心臓血管外科)
2009年4月 兵庫医科大学形成外科入局
2014年4月 日本形成外科学会専門医取得
2015年4月 ジョウクリニック診療部長
2018年4月 しらさぎ形成クリニック設立
2020年10月 日本美容外科学会(JSAPS)専門医取得
2022年5月 神戸アイジスクリニック設立
日本美容外科学会(JSAS)専門医取得
資格・所属学会

【資格】
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医

【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容外科学会(JSAS)
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本外科学会

しらさぎ形成クリニック

NI MEDICAL CLINIC

【神戸院】
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目2−1
日住神戸三宮ビルディング 601
TEL:078-381-8323

診療時間 日・祝
10:00~19:00

休診日:木・日・祝

【徳島院】
〒770-0911
徳島県徳島市東船場町1丁目6
パルプラザビル 6F
TEL:088-602-7351

診療時間 日・祝
10:00~19:00

休診日:木・日・祝

関連記事

  1. ねもと皮フ科・形成外科 根本美穂院長

    【ねもと皮フ科・形成外科】
    患者様に自信を持って頂いて、人生が前向きになるような治療を展開していきたい

  2. きじま皮フ科クリニック

    【きじま皮フ科クリニック】
    患者様一人ひとりに寄り添い、無理なく続けられる治療を提案していきたい

  3. 杉本美容形成外科 杉本庸副院長

    【杉本美容形成外科​】
    ビタミンCで幅広い悩みにアプローチ。 日々のケアや過ごし方もアドバイスしてくれる杉本美容形成外科。

  4. 姫路さくらクリニック。佐原慶一郎 院長

    【姫路さくらクリニック。】
    スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿」 自分のできるところから始めて続けていくことが一番大事

  5. はましげ皮フ科クリニック 浜重純平院長

    【はましげ皮フ科クリニック】
    地元の方のかかりつけ医として、何でも相談に来ていただけるクリニックにしたい

  6. 皮フ科かわさきかおりクリニック 川崎 加織院長

    【皮フ科かわさきかおりクリニック】
    全身のトータルサポートを通して、美しい素肌作りをサポートしたい 皮フ科かわさきかおりクリニック 川崎 加織院長

  7. いちのせ形成外科皮膚科 眼瞼フェイスクリニック 一瀬晃洋院長

    【いちのせ形成外科皮膚科 眼瞼フェイスクリニック】
    当院の特徴-自分自身が考えるベストプラクティスを提供すること

  8. 最上クリニック 最上 朗 院長

    【最上クリニック】
    光老化から肌を守ることで、美しい素肌を

  9. みなと元町美容・形成外科クリニック 乜 也院長 乜 紗穂副院長

    【みなと元町美容・形成外科クリニック】
    一人ひとりの良さを活かした美しさ

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。