美容医療のかかりつけ わたしの名医

BLINC CLINIC

【BLINC CLINIC】
患者様ファーストにこだわり、笑顔が連鎖する美容医療を提供したい

BLINC CLINIC(ブリンククリニック)は、渋谷駅より徒歩5分にある美容外科・美容皮膚科を扱うクリニックです。自然ながらもしっかりと変化をもたらす二重整形・小顔整形を得意とし、患者様の人生に寄り添ったカウンセリングやサービスを提供しています。今回は院長の柳川央徒先生にクリニックの特長や、目元整形のこだわりなどについてお伺いしました。

病気を治すヒーローのような存在の医師に憧れを抱く

――柳川先生が医師を志したきっかけを教えてください。

柳川 私は幼い頃、身体が弱かったためよくかかりつけの医にかかっていました。かかりつけの医師が地元の方々に慕われ、病気を治す姿が幼い私には「ヒーロー」のように見えました。その時に漠然と医師という職業がかっこいいなと思っていました。ただ、中学・高校と進み医師になりたいというよりも、医学という学問に興味が沸き、医師の道に進もうと思ったことがきっかけです。

――いろいろな科がある中で、なぜ現在の診療科目を選ばれたのですか?

柳川 元々手術がしたいと思っていたので、何となく外科がいいなと考えていました。私の研修先の病院にはたまたま形成外科・美容外科があり、そこで先生が二重手術をしている姿を見て、自分がやりたいことはコレだ!と思い美容外科医になろうと思いました。
そこで、大学病院の形成外科・美容外科と大手美容外科の2つを候補にし、両方を見て回りました。私は「美容整形をやりたい」と思っていたので、それを大学病院の先生にお話ししたところ、美容整形を極めたいなら大学病院より大手美容外科の方がいいと教えていただきました。私の知人や大学病院の先生のご紹介で、大手美容外科の方と実際にお話をさせていただき、私がやりたいことが実現できるのはここだと思い、大手美容外科へ入職しました。

「患者様ファースト」のサービスを提供していきたい

――クリニックを開院したきっかけを教えてください。

柳川 私は昔、大手美容クリニックに在籍していたのですが、大きな組織だからこそしっかりとマニュアルやルールがつくられていました。例えば、二重手術後1カ月はまつ毛エクステをしてはいけないというルールがありました。これは医学的な根拠があるわけではなく、多くの患者様が来院される大手だからこそ少し長めの期間を設定しています。しかし、患者様目線に立ったとき、二重手術後に1カ月もまつ毛エクステができないのは辛いのではないかと思うようになりました。そこからもっとこうしたらいいのに、こうだったらいいのにという想いが膨らみ、それなら自分でクリニックをやろうと思い、開院することを決断しました。当院では、二重整形後のまつ毛エクステは、内出血の腫れがひいた1週間後から可能としています。これからも医学的根拠に基づき、一番患者様にとってベストなルールを設定していきたいと思います。

BLINC CLINIC

――クリニックを開院するにあたってこだわったポイントはありますか?

柳川 綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが、「患者様ファースト」を一番重視しています。多くの美容クリニックでは待合室にたくさん椅子があり、隣に全く知らない人が座っていて、順番がきたら番号で呼ばれてドクターの部屋に案内されます。診察が終わったら、個室に移動してカウンセラーと話をして、また待合室に戻って受付でお会計をして、終わったらパウダールームに移動して…と患者様が荷物を持って移動をすることがとても多いですし、他の患者様と会うこともあります。
患者様が心地よく過ごしていただけるよう、当院ではあまり患者様が移動しない動線にしています。ご来院されたらまずカウンセリングルームへご案内し、お茶と簡単なお菓子をお出ししています。その部屋に私が診察へ行き、診察が終わったらカウンセラーが説明をしに行きます。施術をされる場合は、同じ部屋でお会計もします。スーツケースなどの大きなお荷物は受付でお預かりもしています。回転率などを考えると効率的ではないのですが、患者様の安心感や居心地の良さを優先しました。美容医療は決して安いものではありません。スタッフと「患者様ファースト」を徹底し、BLINC CLINICを選んでよかったと思っていただける医療とサービスを提供していきたいです。

――クリニック名の由来を教えてください。

柳川 瞬きという意味と、一瞬の輝きやきらめきという意味を込めました。日本人は「今を楽しむ」ということに罪悪感をもたれたり、私なんかが楽しんじゃダメだといった自虐的な感情に駆られる方がいらっしゃいますが、今を楽しんではいけない人などいません。容姿端麗な方はもちろん美しいですが、それ以上に自信を持って今を輝いている方も美しいですよね。美容整形は誰かを前向きに導くこともできます。過去に私が二重整形をした患者様で、容姿に自信がなく俯きがちな方がいらっしゃいました。しかし、二重整形をして1週間後や1か月後に、お会いすると姿勢やファッションがガラリと変わり、とても前向きになっていました。前向きになったことで、ご家族やご友人にもポジティブなオーラやきらめき、輝きが連鎖して笑顔が増えていき、ちょっといい社会になるんですよね。これは私が美容外科医としてできる社会貢献だと思っています。
またロゴマークは、結婚式の祝儀袋で使われる「あわじ結び」をイメージしています。BLINC CINICのスタッフ、そして患者様との関係が無限に続きますようにという意味を込めています。

BLINC CLINIC

――貴院で支持されている医療サービスについて教えてください。

柳川 私自身細かい作業を得意としているので、二重整形と小顔整形は患者様からもご支持いただいています。特にこだわっているのが、自然ながらもしっかり変化をもたらすことです。自然さと変化を両立するのはなかなか難しく、しっかり変化を出すと不自然になってしまったり、自然さを優先するとあまり変化がなくなってしまうということがあります。私は美容医療の世界に入ってから、自然ながらもしっかり変化を出すためにはどうしたらいいかをずっと考え、自分なりのやり方を完成させることができました。BLINC CLINICから「ナチュラル&チェンジ」を広めていきたいと思っています。

――目元整形のデザインをされるときなどで柳川先生がこだわっているポイントや、患者様を診察する上で大切にしていることを教えてください。

柳川 まずは患者様の背景をしっかり理解するために、色々お話をするようにしています。お会いして早々に「どんな二重にしたいですか?」ではなく、治療とは関係ないようなこともお話しするようにしています。そうすることで、患者様の悩んでいる内容が具体的に見えてきます。結婚式があるから二重にしたい方や恋愛を頑張りたいので自分に自信を持つために二重にしたい方もいらっしゃれば、二重のカウンセリングで来院されたけど、二重にしたいわけではなく目の開きを良くしたい方もいらっしゃいます。患者様としっかりお話をして、患者様が何を望んでいるかを明確にすることを大切にしています。時には患者様が求めていることが、私のできない手術ということもあります。例えば、鼻は私の専門ではないので、そういった場合は私が信頼する鼻のプロフェッショナルの先生をご紹介したりしています。
美容外科は診療外科とも呼ばれています。自分に自信が持てない方やコンプレックスを持っている方の内面的なお話を伺い、それをどのようにして外面につなげていくかということを意識しています。

――近年の二重デザインの流行や傾向はありますか?

柳川 ひと昔前はハーフのような幅広のメイク映えする二重が流行っていましたが、今はナチュラルな二重を希望される方が多いですね。これまでは二重デザインの流行は移り変わりが激しかったのですが、ミックス型の二重はナチュラルな目元をつくることができ、これはひとつの分野としてこの先も定着し続けると思います。

「美容外科と言えばBLINC CLINIC」
と言われるようなクリニックにしていきたい

――美容医療をこれから受けたいと思っている方へのアドバイスやクリニックを選ぶ上でのポイントなどがあれば教えてください。

柳川 二重などの美容整形をしたいけど悩んでいるという方は、正直悩んだ方がいいと思います。悩んでいるうちは、自分の中でまだ決心がついていないところがあると思うので、しっかり悩み、自分で情報を収集しようとすることが大切です。残念ながら悪徳なクリニックもあるので、何も情報収集をせずにクリニックへ行くと予期せぬ結果を招くこともあります。車や家電など高い買い物をするときに色々調べてから決めるのと同じで、まずは悩んでいる時に色々調べてみることが大切です。調べ方も色々ありますが、口コミやInstagramなどのSNSを見てみるとたくさん症例がでてきます。その症例が自分の好みかどうかを見ていただきたいですね。好みの症例が1個ではなく、複数あるかを見ることも大切です。

――今後の展開について教えてください。

柳川 スタッフにも最初に伝えているのですが「one of them(大勢の中のひとつ)」では終わらせたくないと思っています。まずは「BLINC CLINIC」というのをブランド化していき、数年後には日本で一番有名なクリニックにしていきたいと思っています。有名といっても店舗数が多いということではなく、「美容外科と言えばBLINC CLINIC」と言われるようにしていきたいですね。
そして、ゆくゆくは東京を拠点にして、海外にも進出していきたいと思っています。日本のものづくりや手先の器用さは世界的に評価されていますが、日本の美容医療の技術も素晴らしいものだと思います。実際に海外の先生も日本のオペ技術の高さを評価しています。今はSNSで様々な情報が国境を越えて発信され、日本へ美容医療を受けに来られる外国人も増えていますが、まだまだ美容医療にはグレーなイメージも伴います。世界に出ていくためにはまずは日本でしっかりと評価をされないといけないと思うので、美容医療は人の気持ちを豊かにするいいものだということを伝えていきたいですね。

BLINC CLINIC

BLINC CLINIC

院長 柳川 央徒
   (やながわ ひろ)

経 歴
2016年 横浜市立大学医学部医学科 卒業
2017年 健貢会 総合東京病院 麻酔科 形成外科 皮膚科
2017年 新百合ヶ丘総合病院 救急科
2017年 聖母会 聖母病院 産婦人科
2018年 湘南美容クリニック 入職
2019年 湘南美容クリニック水戸院 院長就任
2021年 湘南美容クリニック上野院 院長就任
2023年 BLINC CLINIC 開業
資格・所属学会

日本抗加齢医学会 正会員
アメリカ心臓病学会 BLSプロバイダー
日本美容外科学会(JSAS)

BLINC CLINIC

BLINC CLINIC

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町36-1 SANWA SHIBUYA Bldg. 8F
TEL:03-6416-4236

診療時間
10:00~19:00

休診日:不定休

関連記事

  1. 渋谷スキンクリニック 吉田貴子先生

    【渋谷スキンクリニック】
    英国産のビタミンCなど、原料にこだわって開発した「Dr.TAKAKO’s Selection」

  2. 表参道ホワイトデンタルクリニック

    【表参道ホワイトデンタルクリニック】
    ホワイトニング専門歯科医による、オーダーメイドのホワイトニング治療

  3. ティーズクリニック

    【ティーズクリニック】
    最新の医学知識と技術を取り入れ、専門性の高い形成外科・美容医療を提供したい

  4. HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC 田中優太院長

    【HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC】
    患者様が満足して幸せになれるクリニックを作り、日本一の美容グループを目指します

  5. レナータクリニック 館山大輝院長

    【レナータクリニック】
    医療痩身・医療ダイエットをメインに、さまざまな悩みに対応して、地域に根差したクリニックを目指します

  6. 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵院長

    【銀座よしえクリニック】
    必要なものを必要なだけ正しく取り入れてほしいと思って開発したオリジナルコスメ「YC」 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵先生

  7. ウェルエイジングクリニック南青山

    【ウェルエイジングクリニック南青山】
    美容内科の先駆者として、人生100年時代をより良く生きるウェルエイジングを提供したい

  8. emiスキンクリニック松濤 中崎 恵美院長

    【emiスキンクリニック松濤】
    「マッサージピール」でダウンタイムがなく患者様満足度の高い施術を提供

  9. 私の皮膚科 棟田加奈子院長

    【私の皮膚科】
    「丁寧な保険医療」と「医学的根拠のある美容医療」を提供し、かかりつけ医として長く通って頂けるクリニックにしたい

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。