わたしの名医

【松倉クリニック&メディカルスパ】新たな気持ちで医療に取り組んで、患者様に信頼される医者になりたい 松倉クリニック&メディカルスパ 西川史子先生

医師とテレビタレントを両立しながら活動されてきた西川史子先生は、今年に入り、医療に専念するため、テレビのレギュラー番組を卒業されました。現在、松倉クリニック&メディカルスパに勤務されている西川史子先生に、医師を目指したキッカケや美容医療のやりがい、今後目指していきたい美容医療などについて、お話を伺いました。

医師として働く父の姿を見て医師の道へ

―― 医師を目指したキッカケを教えてください。

西川 父が医師で開業していたので、病院が身近にありましたし、ずっと父の働く姿を見ていたというのが一番の理由ですね。親からも医師になってほしいと言われていました。ただ私自身は文系の方が好きだったので、高校一年生の時に文系か理系か決める時は、とても悩みました。母親からは「職業婦人になりなさい」と常に言われていたんです。医師や弁護士、教師など免許を取得する職業に就いて、結婚、出産後もずっと続けてほしいと思ったみたいですね。

―― 整形外科から美容医療の道へ行かれたのはなぜですか?

西川 整形外科は、股関節脱臼で柔道の選手とかを肩に背負って股関節を入れたりするんですね。でも私は持てないので麻酔を打って治療をしていたのですが、やはり男の人にはかなわないなということをすごく感じていました。
そんな中で、皮膚科とか産婦人科とか女性としてプラスになる科に行きたいなと思ったんです。ただ当時は、美容皮膚科は大学では全くやっていなくて、個人の病院に行くしかなかったんです。当時はインターネットもなかったので、いろんな先生の論文を見せて頂いたりした中で、松倉クリニック&メディカルスパ院長の松倉知之先生が素晴らしいなと思って履歴書を持参して、研修から始めることになったんです。

―― 美容皮膚科医として松倉クリニック&メディカルスパに勤務するようになっていかがでしたか?

西川 整形外科とは針の太さから違いますから大変でしたね。ただ技術的なこと以上に松倉先生の医師としての考え方や患者様に対する接し方を見て、医師としての在り方を学ぶことが多くありました。大学病院は、なかなか一人ひとりの患者様に時間をかけて向き合うことが難しいですし、多くの患者様が来られるのでどうしても待たせてしまいます。
しかし、本来はきちんと予約を入れて患者様を待たせるべきではありませんし、一人一人に寄り添って治療に当たるべきです。
松倉先生は、「僕にとって患者様は宝物だから」とおっしゃっていて、本当に患者様を大事にされている姿を見て、これが本来の医師、そして病院のあるべき姿だなと思ったんです。

―― 美容医療のやりがいや苦労などを教えてください。

西川 肌に現れる症状は、表面的なことだけが原因ではなく、ストレスなどの精神面や内臓などの身体的なことが原因という場合もあります。食生活とかも含めて、きちんと診て治療していかないと出来ることが限られてきてしまいます。ですから、表面的な部分だけをキレイにすればいいというわけではありません。そこが難しい部分でもありますし、逆にやりがいでもあります。

―― 肌を治療してキレイにするだけでなく、何が原因かきちんと診ていかないと本当の治療にはならないんですね。

西川 そうですね。私が勤め出した頃は、総合ナチュラルホルモン補充療法をクリニックの治療として取り入れて間もなくでしたが、当院では「美と健康はイコール」という信条を掲げており、院長は早くから総合ナチュラルホルモン補充療法を、間もなくして「メディカル栄養療法」など内側からのアプローチも取り入れました。
内側からと外側からの両面から総合的に診ることが改善につながります。それにより、例えば、できたニキビを処置するだけでなく、ニキビのできにくい肌質に変えるということも可能になっています。

―― 美容医療を相談するときに良い先生を見極めるポイントはありますか?

西川 美容クリニックはたくさんあるので難しいですよね。インターネットでいろいろな情報を見ることはできますが、結局は自分でカウンセリングを受けて納得いくかいかないかになると思うんですよ。どんなに良い技術を持った先生でも相性が合わない場合もあると思います。
あとは、実際に治療するのは先生ですが、受付の方や看護師の方などの対応も含めて、総合的に判断された方が良いと思います。

健康な身体があってこその美しさ

―― 日頃から西川先生がスキンケアで気を付けていることはありますか?

西川 患者様に使う機械は全て自分で試していますので、機械を使っていますし、ボトックスとかもやっています。レチノイン酸とハイドロキノンとかも20年近くやっています。

―― 美容クリニックに来られる方は、もっとキレイになりたいという方も多いと思いますが、西川先生が考える「美」「美しさ」とはどのようなものでしょうか?

西川 「健康」ということですね。先ほども申し上げたように、ストレスや身体が原因で肌に異常が出ることもあります。私自身、テレビで忙しかったときは、粘膜の炎症で口の周りが腫れたりもしましたが、当時は身体的なことが原因だとは思いませんでした。でも実際は、栄養不足やストレスが原因だったんです。
日頃から患者様にも言っていましたし、自分でも分かっていたはずなのに、実際に自分の身に起きるとそうは思わないんですよね。結局、健康な身体があってこその美しさなので、そこが一番大事だと思います。

―― 一方で、「美しさ=若さ」と捉えて、若さを求める方も多いと思いますが、先生が考える若さを保つ秘訣とは?

西川 気持ちの部分も大きいですし、食生活も大事です。ただやはり、ある程度はクリニックに通って施術することも必要だと思います。
今は良い機械もたくさんありますからね。もちろん普段のスキンケアなども大事です。ただ、保湿という面では良いですが、肌を引き上げたり、シミを取ったりすることは自宅でのケアだけでは無理ですからね。

松倉クリニック&メディカルスパ 西川史子先生

メディアに出て、
医療を分かりやすく伝えたかった

―― 西川先生は、医者とテレビタレントと二足のわらじで活動されていましたが、そもそも二つを両立していこう思ったのはなぜですか?

西川 当時は、文化人の人がテレビに出ていなかったので、医療を分かりやすく伝える医療ジャーナリストのようなことがやりたいと思ったんです。ですから、別にテレビにこだわっていたわけではなく、発信するメディアは何でもよかったんです。医療現場の話を分かりやすく伝える役目をしたいと思って芸能事務所に入ったんです。

―― ずっと両立してこられましたが、今年に入って医療に専念されるために、今まで出演されたテレビのレギュラー番組を卒業されました。なぜ医療に専念されようと思われたのですか?

西川 テレビのお仕事は楽しいですし、一生懸命やってきて、いつの間にか20年経っていました。ただ、私は演技ができるわけでも歌が唄えるわけでもありません。そうするとテレビタレントって何なんだろうなって思ったんです。
医師免許を取って医者としての仕事をしてきましたが、まだまだ学ぶところがたくさんあるなと思って、もう一度、一人の医者として医療に取り組む時間を多くしたいという気持ちになったんです。そこで松倉先生に頼んで、クリニックで働かせてもらうことになりました。

―― 昨年まで医師とテレビの仕事の比率はどのくらいだったのですか?

西川 もともとは9対1で医者のお仕事が多かったのですが、だんだんテレビのお仕事が増えてきて逆になっていきました。睡眠時間もなかったので、医者の仕事をするのは厳しかったです。
今だったら、ある程度調整ができますが、テレビのお仕事を始めた頃はバランスよく仕事をするのは難しかったですね。ただ今となっては、どちらかに集中する時期があって良かったと思います。

―― 医師としてメディアで発言する時に心がけていたこと、注意していたことはありますか?

西川 医者は人のお役に立たないといけないですし、人に寄り添っていかないといけない仕事だと思っていますので、そこははき違えないようにということは常に思っていました。ただ正直に正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると言うようにしていました。
人のことを言うということは、自分がきちんとしていないといけないですよね。ですから、周りから上げ足を取られないように、常に律していなければとは思っていました。
それと、改めて気付いたのは、芸能界の人たちの意見と世間の人たちの意見はかなり違うなということです。テレビでコメントをするために、ワイドショーとかも参考に見ていましたが、働いている人は放送時間からしてワイドショーって見ていないですよね。私も番組に出演して良いコメントを言わなければと思っていましたが、それは一意見であって、ワイドショーで話していることが多くの人の意見だと思ったら間違いなんですよ。コロナのこともたくさん取り上げていますが、今医療現場で治療に携わっている仲間の話を聞くと、上っ面な意見は言えないですし、私自身も病院に戻ってきていなかったら上っ面な意見を言っていたと思います。

自分だけで悩んでいないで
一歩を踏み出して相談に来て欲しい

―― 昔と違って、美容医療に対するイメージも変わってきていると思いますが、まだ美容医療を受けたことがなく不安を持っている方へメッセージをお願いします。

西川 女性にとって美しくなることは喜ばしいことです。美容整形というとすごくハードルが高いと思います。
しかし、皮膚をキレイにするという基本があってこその美しさなので、形を変えるとかではなく、元に戻すという感覚で一度ご相談に来ていただけたらと思います。
当院は、「他人に気付かれずにキレイにする」が基本なので、こっそりキレイになれますよ(笑)。また、先ほども言いましたが、肌の異常が実は肌以外のストレスや食生活が原因という可能性もありますので、悩んでいないで一歩を踏み出して欲しいです。

―― 今後、目指していきたい美容医療について教えてください。

西川 これは医者になった時から変わっていませんが、患者様に信頼される医者になりたいと思っています。そのために、勉強して技術の向上も図っていきたいと思います。

松倉クリニック&メディカルスパ

西川 史子先生
(にしかわ あやこ)

経 歴

1971年4月5日生まれ。神奈川県出身。
聖マリアンナ医科大学医学部卒業。
大学在学中の1996 年、「ミス日本」に出場し「フォトジェニック賞」を受賞。同年、医師国家試験にも合格。形成外科医として都内のクリニックで美容医療の診察に携わる傍ら、各メディアで活躍中。聖マリアンナ医科大学病院整形外科、西川整形外科医院を経て現職。

所属学会

日本整形外科学会会員
日本美容皮膚科学会会員

松倉クリニック&メディカルスパ

松倉クリニック&メディカルスパ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目11-6 表参道千代田ビル 9階
TEL:03-5414-3600

診療時間 日・祝
10:00~19:00

受付は診療時間終了30分前までになります。
【休診日】月曜・水曜・正月・お盆

関連記事

  1. アピアランスビューティクリニック 堀口和美院長

    【Appearance Beauty Clinic】
    「がん治療」+「美容医療」アピアランスケアの専門家として、悩みを抱える患者様のかけ込み寺になりたい

  2. イデリア スキンクリニック代官山 佐治 なぎさ院長

    【医療法人社団代仁会 イデリア スキンクリニック代官山】
    保険診療から自費診療まで、皮膚をフルコースで総合的に改善していくことが当院の特徴

  3. リノクリニック東銀座 宮﨑邦夫院長

    【リノクリニック東銀座】
    患者様に満足していただくために本当にやりたいことを聞いて、私ができることを提案していく

  4. ルクスクリニック

    【LUX CLINIC】
    患者様とプライベートな空間でオーダーメイドの治療方法をご提案する「ルクスクリニック」

  5. emiスキンクリニック松濤 中崎 恵美院長

    【emiスキンクリニック松濤】
    「マッサージピール」でダウンタイムがなく患者様満足度の高い施術を提供

  6. 東京八丁堀皮膚科・形成外科 平山真奈先生(皮膚科)と望月香奈先生(形成外科)

    【東京八丁堀皮膚科・形成外科】
    皮膚科、形成外科、美容の全てにおいて、患者様一人ひとりに最適な治療を提案

  7. AURORA CLINIC 川上真央院長

    【AURORA CLINIC】
    「昨日より今日の自分を好きになる、未来はもっと楽しくなる」理想の健康美を叶えるため、最新の医療と上質な空間づくりでお客様へ寄り添います

  8. プラストクリニック 石川勝也院長

    【プラストクリニック】
    当院が一番大切にしていることは「目の前の患者様が幸せになれるかどうか」ということ

  9. 睡眠ストレスクリニック 中村真樹先生

    【青山・表参道睡眠ストレスクリニック】
    90種類にもおよぶ睡眠障害と向き合う。 日本睡眠学会専門医による睡眠治療。

  1. 医療法人ナグモクリニック福岡

  2. 千里皮膚科

  3. 皮フ科 河野クリニック

  4. 丸田ひふ科

  5. Ai Medical Clinic Fukuoka

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム