わたしの名医

リバースピール 知らぬまに広がった肝斑に。

リバースピールとは、3ステップのケミカルピーリングにより、真皮の奥に溜まったメラニンにアプローチする施術です。既存のマッサージピールを、肝斑と色素沈着をケアするために、改良した新しい施術です。
肝斑や色素沈着の原因に直接働きかけるため、レーザーなどの治療で解消できなかった症例への効果も期待できます。薬剤の有効成分により、美白効果やハリ・弾力の改善が期待でき、肝斑を解消しつつ美肌へと導きます。

リバースピールとは

「リバースピール」は、イタリアで開発された製剤PRX-T33(マッサージピール)に肝斑用の成分を追加し、肝斑や慢性的な色素沈着に対して効果的な作用を生み出すケミカルピーリング治療のことを指します。
肝斑の症状は、通常のシミとは異なり表皮層のみならず、肌の奥深くである真皮層にまでメラニン色素が色素沈着として定着してしまった状態です。
肝斑治療をしていくためには、真皮層の色素沈着を改善していく必要があります。

リバースピールは、通常のケミカルピーリングとは異なり、3種類の薬剤を使用し、表皮浅層・中層・深層・真皮層にまで渡り薬剤を浸透させていくことで、真皮の奥から色素沈着を改善していきます。

②リバースピールの効果

リバースピールには、PRX-T33(マッサージピール)(※リバースピールの特徴にて後述)の作用も含まれます。
「PRX-T33」には、トリクロロ酢酸(TCA)、過酸化水素、コウジ酸という薬剤が含まれています。 上記の薬剤により、線維芽細胞を活性化させコラーゲン増生を促し、小ジワの改善、肌のハリ、弾力をもたらす作用があります。 お肌のくすみ軽減、肌質改善、美白、しわの改善効果とともに、色素沈着の減少、肝斑の改善効果を期待することができます。
ダウンタイムが少ない施術で、回数を重ねていくことで肌のハリ・つや感の実感はもちろんのこと気になる色素沈着・肝斑が改善できます。

こんな肌悩みをお持ちの方へ

こんな肌悩みを
お持ちの方へ

・気になる肝斑や色素沈着の症状を改善したい
・顔全体のくすみを改善して、肌のトーンアップを図りたい
・肌質全体を整え、若々しい印象を取り戻したい
・毛穴の開きが気になる

③リバースピールの特徴

リバースピールは、3種類の薬剤を使用することで、肝斑や慢性的な色素沈着の症状を改善することができます。
従来のケミカルピーリングは、古い角質を剥離し、肌の表面を滑らかにすることを目的としています。 一方リバースピールは、過酸化水素の作用により、皮膚表面の剥離作用を抑制し、 赤み、皮剥けなどを生じにくくします。表皮の深部や真皮層にまで薬剤成分を浸透させることで、肌質改善、くすみ軽減、肝斑の改善、色素沈着の減少させます。

リバースピールで使用される薬剤について

真皮層まで届く第1薬剤
「RsP1」

真皮層まで届く第1薬剤「RsP1」

「Rsp1」は、「PRX-T33」と同様の薬剤になります。
トリクロロ酢酸と過酸化水素が真皮層にまで到達し、皮膚表面の剥離作用を押さえメラニン色素を酸化・分解されやすくします。また、薬剤に含まれるコウジ酸によって美白効果をもたらします。

■トリクロロ酢酸
非常に強い皮膚剥離作用を持ち、炎症も起こりやすい成分になります。低濃度の過酸化水素といっしょに使用することで、皮膚剥離や炎症などを抑制することができ肌を傷つけずに奥深くの真皮層まで薬剤成分を届けることができます。

■過酸化水素
トリクロロ酢酸の作用から肌を保護する成分。真皮層にある線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促します。

■コウジ酸
シミの原因となるメラニン生成酵素を抑える働きがあり、美白効果が期待できます。

表皮深層に届く第2薬剤
「RsP2」

表皮深層に届く第2薬剤「RsP2」

高濃度の乳酸(78%)で表皮のピーリングをし、表皮深部に存在するメラニン色素を除去します。

■乳酸
蓄積された古い角質を除去し、くすみ、美白に効果が期待できる。

表皮浅層に届く第3薬剤
「Rsp3」

表皮浅層に届く第3薬剤「Rsp3」

ヒドロキシ酸(グリコール酸 20%、マンデル酸 20%、サリチル酸 10%)とフィチン酸をバランスよく配合し、表皮外、不必要な角質を除去し肌の表面を滑らかにします。

■ヒドロキシ酸
別名「フルーツ酸」とも呼ばれていて、古い角質を除去し肌を滑らかに整える作用を持ちます。
第1薬剤から第3薬剤を使用することで、真皮層から表皮浅層に向けて作用していくため皮膚の内側から整え、肝斑・慢性的な色素沈着を改善することができるのです。 トリクロロ酢酸と過酸化水素を併用することで、皮膚剥離などもなく安全に施術を受けることができます。

マッサージピール
との違い

マッサージピールとの違い

リバースピールは、肝斑・慢性的な色素沈着がある方へ向けての治療となります。 マッサージピールの薬剤に肝斑治療に必要な薬剤を追加した施術です。
一方、マッサージピールは重度な乾燥肌の方以外は施術を受けていただくことが可能です。 リバースピール同様ダウンタイムが少ない施術ですので、とても万能なピーリング製剤になります。(※医師の診察によって、受けられない場合もあります)

肝斑や慢性的な色素沈着がある方は、リバースピールを選択するといいでしょう。 肌のシワ・たるみ・くすみなどの肌全体のお悩み改善を希望される方はマッサージピールを選択されることがおすすめです。
リバースピールやマッサージピールの施術を受ける際には、医師のカウンセリングを受けて頂き肌状態にあった薬剤を選択する必要があります。

マッサージピールについての詳しい説明について記事がありますので、確認してみてください。

④施術の流れ

施術時間

約30分~1時間程度。

※施術開始前に、必ず医師のカウンセリングを受けていただきます。 肌状態や症状によって、カウンセリング時間は前後しますので、余裕をもってご予約とりしていただければ安心です。

1. カウンセリング・診察

美容クリニックでは、施術前に必ず肌状態や症状の診察を医師が行います。 肌状態に合わない施術を行うことで、かえって症状が悪化してしまう場合があるからです。
医師の診察により、お肌状態に適した施術のご案内があります。
施術後の注意点や副反応、アフターケアについての説明もありますので、施術前には不安を解消することができます。 不明点など聞いておきたいことがあれば、必ずカウンセリングや医師の診察時に確認していただくことが重要です。

2. メイクオフ・洗顔

施術を受ける際には、メイクはもちろん日焼け止めや肌の油分もしっかりと落としていただきます。
リバースピールは基本的に肝斑がある箇所に行っていきますので、肝斑部位にお化粧がのっていなければそのまま施術でもOKとするクリニックもあるようですがしっかり落として頂くほうが安心です。

3. リバースピールの施術

(1).RsP1薬剤を塗布し、お肌に薬液を刷り込んでいきふき取ります。

RsP1薬剤を塗布する際は、薬液をより深く浸透させていくために、肌を優しくマッサージしながら刷り込んでいきます。薬剤を刷り込んでいる際に、ひりつき感やピリピリする感覚があるかと思いますが問題はないです。酢酸が入っている製剤になるので、少し酸っぱいような匂いがします。
しっかりと薬液を刷り込んだら、水でふき取っていきます。

(2)RsP2薬剤を塗布し、5分程度時間をおきます。

RsP2薬剤は、高濃度の乳酸が入っているので個人差はありますが、数分程度で灼熱感や赤み、ピリピリとした痛みを感じます。
上記の用に肌状態に変化が生じたら、中和剤を塗布していきます。
中和剤を塗布することで、痛みがすぐに軽減していきます。 灼熱感やピリピリ感軽減後に水でふき取っていきます。

(3)RsP3薬剤を塗布し、1~5分程度時間をおきます。

RsP3薬剤には、フルーツ酸が含まれています。こちらも塗布後に、灼熱感やピリピリ感がある場合は中和剤を塗布していきます。
痛みが軽減後、水でしっかりとふき取っていきます。

(4)アフターケアでリバースセラムを塗布し、終了。

リバースセラムは、肝斑・シミ治療に適したトラネキサム酸が配合されています。 美白製剤で知られているハイドロキノンよりも、100倍の美白効果がある製剤ですので、 クリニックでの治療と併用していくことでより、美白効果を得ることができるのです。

専用ホームケア

【WiQoリバースセラム】
メラニン生成抑制に効果のあるトラネキサム酸に加え、美白効果抜群であるグラブリジンや高い抗酸化作用のあるフェルラ酸を配合とした医療機関専売品の美白美容液です。 ホームケアにおすすめな商品です。

痛みについて

施術者は肌状態をしっかりと確認しながら施術を進めて行きますが、薬剤塗布後、灼熱感、ピリピリ感はあります。
上記のような症状が出た場合、中和剤を塗布することですぐに症状は落ち着いてきます。
まれに、灼熱感やピリピリ感を我慢しすぎてしまう方がいて、火傷のような症状になってしまう場合もありますので違和感を感じた場合は、すぐに申告をしてくださいね。

ダウンタイムについて

肌状態にもよりますが、施術後薄皮が剥けることがあります。
薄く皮が剥けた場合は、無理にはがそうとせずにしっかりと乳液やクリームなどで保湿をおこなってください。

施術後にほんのりと赤みが出る方もいらっしゃいますが、クーリングすることで落ち着いてきますし、数時間~数日程度で赤みも引いてきます。
施術直後から、日焼け止めの使用も可能で、通常のメイクでお帰りになられても大丈夫です。 ダウンタイムがほぼない施術なので、近日中に予定があっても安心して施術を受けることができるのはいいですね。

リバースピールの施術頻度

2週間~1か月に1回程度の施術頻度で行っていきます。

早い方で1度の施術で効果を実感される場合もありますが、肌のターンオーバーを促進し、肝斑・慢性的な色素沈着を改善していく治療となりますので回数を重ねていくごとに治療の効果を実感していきます。

3回目以降の施術で肝斑や色素沈着部分の色が薄くなったり、範囲が小さくなったと感じることが多いようです。

施術後の注意事項

・施術後は、お肌がデリケートな状態となっていますのでこすったり強く刺激を与えないように注意をお願いします。
・ピーリング剤を使用していますので乾燥を強く感じる方もいらっしゃいます。
ご自宅で使用されている、乳液や保湿剤で大丈夫ですのでしっかりと保湿をしてください。
・施術後、紫外線による肌ダメージを受けやすい状態ですので、日焼け止めや日傘を使用し紫外線対策をお願いします。

こんな方は施術をお控えください

・皮膚に炎症がある状態(アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎)
・ヘルペス ・妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中
・重度の乾燥肌の方
・トレチノイン製剤を使用中であれば、施術2週間前に中止をしてください
・コウジ酸アレルギーのある方

上記のように、肌状態に不安がある方や製剤アレルギーをお持ちの方はリバースピールの施術をお受けいただけません。
ニキビ治療などで外用薬などを使用されている方の場合にも、ピーリング剤の作用で肌トラブルが起きてしまう可能性があります。
上記以外にも、外用薬など使用されている場合は申告していただくのが安心です。

  1. MIKIクリニック豊中駅前

  2. まさきクリニック

  3. カナクリニック

  4. 札幌クララ美容皮膚科

  5. 森本内科 美容皮膚科・ペインクリニック内科診療室

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム