美容医療のかかりつけ わたしの名医

ミックスピール 低刺激ピーリングでさまざまな肌悩みにアプローチ

ミックスピールはデルファーマ社によって日本人の肌に合わせて開発されたピーリング剤を用いた施術です。低刺激なので、ケミカルピーリング独特の痛みを不安に思う方でも安心して行える施術です。

本記事ではミックスピールの効果や副作用、他のピーリング施術との違いなどについて解説します。

ミックスピールとは

ミックスピールは天然乳酸をベースに、グリコール酸とサルチル酸が配合された、日本人の肌のために開発された低刺激のケミカルピーリングです。

ジェル状のテクスチャーで、肌に塗布したときに薬剤成分がゆっくりと浸透していきます。そのため、、肌への刺激が少なく赤み、皮剥けといったダウンタイムが少ないのが特徴で、ピーリングが初めての方にも受けやすい施術です。

ミックスピールは、『3種類の酸』の働きで、ターンオーバーを正常化し、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除きます。

乳酸
乳酸はヨーグルトや乳清を発酵させ、抽出したものです。メラニン色素をつくり出す色素細胞(メラノサイト)が持っている酵素、チロシナーゼを抑制し透明感のある肌へ導きます。また、肌の凸凹を整える効果もあります。

グリコール酸
グリコール酸は、主に不要な角質を除去し肌質を改善する働きをもつAHA(アルファヒドロキシ酸)です。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの生成を促し、肌にうるおいとハリをもたらす効果があります。

サリチル酸
肌表面の角質を柔らかくし、除去する効果があります。角質を剥離させることで、乳酸を浸透させる手助けをします。また、殺菌作用や痒み抑制効果も期待できます。

期待できる効果

健やかな肌は、およそ 28 日で生まれ変わります。
ところが、乾燥、紫外線や加齢などにより肌機能が低下すると、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積し、、ニキビ、シミ、くすみや小じわなどの様々な肌トラブルの原因となります。

ミックスピールは3種類の酸の相乗効果で、古い角質を除去し、乱れたターンオーバーを整え、健やかな肌へと導きます

ミックスピールの種類

ミックスピールには、他にも、ミックスピールマヌカ、ミックスピールプラスという種類のピーリングがあります。

ミックスピールマヌカ

ミックスピールマヌカは、ミックスピールと同様に乳酸をベースに、グリコール酸、サリチル酸を配合し、そこにマヌカハニー(はちみつエキス)を加えたピーリングで、、酸濃度 約40%です。

マヌカハニーとは、ニュージーランドの限られた期間だけに咲く花からとれたはちみつのことで、、炎症を抑える効果と保湿効果があり、のど飴といった食品だけでなく化粧品としても使用されています。ミックスピールマヌカは、肌の炎症を抑え、肌をなめらかに整えてくれる効果があります。、乾燥が気になりピーリングを避けていた方も受けやすい施術です。

こんなお悩みに
✓ ニキビができやすい
✓ マスクの摩擦による肌荒れ
✓ 花粉症などの痒みによる肌荒れ


ミックスピールマヌカは、マヌカハニーの効果とピーリング効果を同時に得ることができます。高い抗菌力で肌環境を整え、ピーリング直後からもっちりなめらかでツヤのある肌を実感することができます。

ミックスピールプラス

ミックスピールプラスは、、酸濃度が約55%あり、ミックスピールと比べて濃度の濃くなったピーリングです。
また、3種類の酸の配合バランスがミックスピールと異なります。
ミックスピールは乳酸ベースですが、ミックスピールプラスは、グリコール酸ベースに乳酸、サリチル酸、ビタミンA誘導体、アーティチョーク抽出エキスが配合されています。

こんなお悩みに
✓ 毛穴の開きが気になる
✓ 毛穴の黒ずみが気になる
✓ 肌のハリ不足が気になる
✓ 肌表面のザラツキが気になる


グリコール酸を多く配合することで、、毛穴の引き締めや肌に滑らかさを与えることができます。ビタミンA誘導体とアーティチョーク抽出エキスと酸の相乗効果で、より毛穴の引き締め効果が期待できます。

副作用はある?

マイルドなピーリングなので、赤みや皮剥け等が起きることはほとんどありません
ごくまれに、赤み、配合成分によるかぶれやかさぶたなどが起きることがあります。このような症状が出た場合は必ず医師に相談をしましょう。

施術の流れ

(1)カウンセリング・診察
肌の状態を確認し、施術についての説明を受けます。施術内容や副作用、施術後の注意点の説明があります。気になることがあれば遠慮せずに質問しましょう。

(2)メイク落とし・洗顔
施術の効果が十分に発揮できるよう、メイクや肌表面の汚れを落とします。

(3)施術
まず、タンパク分解酵素、プロテアーゼ配合の専⽤ジェルを⽤いて、⾓質を柔らかくして、お肌をミックスピールに最適な状態に整えます。痛みはほとんどありません。
その後、ミックスピールを塗布します。塗布後、しばらく時間を置きます。この時、ピリピリとした刺激を感じることがあります。
その後ピーリング剤を拭き取り、専⽤中和剤を⽤いてミックスピールを中和します。最後にやさしく洗顔をします。
施術時間は15~20分程度です。

(4)終了
施術後は保湿と紫外線対策をしっかりと行いましょう。

ダウンタイムや注意事項

痛み

ピーリング特有のピリピリとした刺激を感じることがありますが、痛みはほとんどありません。
ごくまれに痛みを感じることがありますが、もし痛みが強いと感じた場合は必ず申告するようにしましょう。

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。
個人差がありますが、お肌の状態や、治療の強さにより多少の赤み、皮剥け、かさぶたなどが起こることがあります。このような症状が出た場合、数日で治まります。
症状が改善しない場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

施術頻度

1回の施術でもお肌の変化を実感できますが、回数を重ねることでより効果を実感できます。
推奨頻度は2〜4週間おきの6回施術を1クールと言われていますが、お肌状態によって治療間隔や回数は異なります。医師と相談して自分にあった治療間隔と回数で施術を受けましょう。

施術前後の注意事項

施術前
・普段からトレチノインなどのピーリング剤を使用されている方は、施術2週間前から使用を停止しましょう。
・施術前日はスクラブ洗顔、ホームピーリング剤や強く擦ることなどは避けましょう。
・過度な日焼け後は施術を受けることができない場合があります。海やキャンプといった日焼けをする可能性がある予定がある場合は、施術日を調整した方が無難です。

施術後
・施術後は肌のバリア機能が一時的に低下するため、乾燥しやすく紫外線の影響を受けやすい状態です。施術後3日間はしっかりと保湿と紫外線対策を行いましょう。
・赤みなどの反応は出にくい施術ですが、もし赤みなどの反応が出た場合は強い発汗などによってかゆみが出てしまうことがあるので、激しい運動やサウナなどは控えましょう。

こんな方は受けられません

・妊娠中、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
・傷や強い炎症、日焼けなどお肌に大きな負担のかかった状態の方
・出血性疾患を発症している方
・皮膚に切り傷や炎症がある、何か他の施術直後の方
・各種薬剤にアレルギーのある方

その他、治療中の疾患がある、服薬治療している、アレルギーがある方は、カウンセリング時に主治医に確認するようにしてください。 

こんな記事も読まれています

  1. 神谷ひふ科

  2. ルシアクリニック銀座院

  3. うえさか歯科

  4. ゆう美容クリニック

  5. スキンシアクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content