美容医療のかかりつけ わたしの名医

トラネックスレチピール トラネキサム酸とレチノールのW成分配合ピーリングでハリツヤ肌に!

トラネックスレチピールは、薬剤を肌に塗布してターンオーバーを促進するピーリング施術の一種です。エイジングケア効果が高く、肌のハリの低下やしみなどの、さまざまな肌悩みに対し高い効果を発揮する美容治療として注目されています。

本記事では、トラネックスレチピールの特徴や効果、施術を受ける際の注意事項などについて解説していきます。

トラネックスレチピールとは

トラネックスレチピールは、エイジングケアに効果的なビタミンA誘導体のレチノールと、美白有効成分として知られるトラネキサム酸やビタミンCを組み合わせたピーリング施術です。

ビタミンA誘導体のレチノールは、お肌にハリとツヤをもたらす成分としてとても人気があり、レチノールを配合したスキンケア商品も多くあります。しかし、レチノールは肌のターンオーバーを促すため、赤みや皮むけといったネガティブな反応が起こってしまうことから、日常的なケアとして続けられない方もいます。

トラネックスレチピールは、1週間程度は肌に赤みや皮むけが起こりますが、レチノール配合のスキンケアを使用するよりも短いダウンタイムでレチノールの効果を期待できます。また、トラネキサム酸やビタミンCといった抗炎症作用やメラニン産生抑制作用をもつ成分も取り入れることができるため、ハリ、ツヤに加えて透明感を実感することができます。

トラネックスレチピールの特徴

こんなお悩みの方に

・しみやそばかす、肝斑が気になる
・加齢とともに肌のハリの低下や小じわが気になる
・肌のくすみが気になる
・ニキビができやすい
・ニキビ跡や毛穴が目立つ
・痛みの少ない施術を受けたい、レーザーの痛みが苦手

トラネックスレチピールの仕組み

トラネックスレチピールは2種類の薬剤を使用します。

最初に塗布する薬剤(1剤)には、トラネキサム酸、ナイアシンアミド、酒石酸、クエン酸などの美白作用・抗酸化作用のある成分が多く含まれています。
1剤を肌に馴染ませることで、明るい肌へと導きます。

2番目に塗布する薬剤(2剤)に配合されているレチノール、プロピオン酸レチノールといたビタミンA誘導体は、肌に浸透するとレチノイン酸に変化し、角質を除去したり、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進する作用があります。

従来のレチノールピールとの違い

レチノールを使用したピーリングには「レチノールピール」があります。
トラネックスレチピールとレチノールピールの違いは下記のとおりです。

トラネックスレチピール レチノールピール
成分 トラネキサム酸
ビタミンC(アスコルビン酸)
ナイアシンアミド
酒石酸
クエン酸
レチノール
レチノール
亜鉛
ヒアルロン酸
効果 ・シミ、くすみの改善
・小ジワ改善
・ニキビの予防と改善
・お肌のバリア機能の改善
・色素沈着の改善
・肝斑
・シミ、くすみの改善
・小ジワ改善
・ニキビの予防と改善
・お肌のバリア機能の改善
皮むけ、赤み あり あり

どちらも皮むけや赤みといったネガティブな反応がおきることがあります。
肝斑に悩んでいらっしゃる方や美白効果を求める方はトラネックスレチピールが効果的です。

効果やメリットは?

しみの予防・改善、美白

トラネキサム酸やレチノイン酸には、メラニンの生成を抑制し、しみの発生を予防する作用があります。特に、トラネキサム酸は強い美白作用を持ち、高い効果を発揮します。
また、レチノイン酸が肌のターンオーバーを促すため、できてしまったシミにも効果的です。

肌のハリ感の向上、毛穴の開き

加齢や紫外線などの影響で、肌のハリ感が低下してしまい、毛穴が目立つこともあります。
レチノイン酸は、真皮でのコラーゲン産生を促すことで、肌にハリをもたらします。

ニキビの予防・ニキビ跡の改善

ニキビは、厚くなった角質が毛穴をふさいだり、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まったりしてできてしまいます。
レチノイン酸には角質を除去する他、皮脂腺の働きを抑える作用があるので、ニキビを予防する効果があります。
また、トラネキサム酸の抗炎症作用により、できてしまったニキビの改善にも効果的です。

デメリットや副作用はある?

治療期間中や施術後の予定に注意が必要

施術当日は、施術の6〜8時間後に薬剤を洗い流す必要があります。当日はメイクができないため、施術後の予定を考えた上での予約が必要です。
また、トラネックスレチピールでは肌の角質を除去してターンオーバーを促すので、施術後1週間程度は赤みや皮むけが起こることがあります。施術翌日からメイクをすることが可能ですが、赤みや皮むけによりメイクが普段通りに仕上がらないこともあります。大事な予定がある場合はスケジュールを調整することをオススメします。

肌に刺激を感じることがある

トラネックスレチピールでは、ビタミンA誘導体であるレチノイン酸が肌悩みに高い効果を発揮しますが、接触性皮膚炎(A反応)が起こる可能性があります。医療技術の発展により、肌への負担を最小限に抑えた施術ですが、肌質によっては刺激を感じたり、赤みやつっぱり感が数日間続くことがあります。
赤みやつっぱり感は次第に治まりますが、長引く場合は医師に相談するようにしましょう。

施術の流れ

(1)カウンセリング・診察
肌悩みを相談しながら医師による診察を行います。
施術内容や副作用、施術後の注意点の説明があります。気になることがあれば遠慮せずに質問しましょう。

(2)メイク落とし・洗顔
施術の効果が十分に発揮できるよう、メイクや肌表面の汚れを落とします。

(3)施術
トラネキサム酸配合の薬液を塗布して5分程度時間を置きます。その上からレチノールクリームを塗布し馴染ませます。施術時間は15~20分程度です。

(4)終了
薬剤を塗布したまま終了となります。施術から6~8時間後に洗い流してください。

ダウンタイムや注意事項について

tranex-retinolpeel_9

痛み

個人差がありますが、施術中にピリピリとした刺激を感じることがあります。

ダウンタイム

施術翌日から赤くなる、ヒリヒリする、かゆみ、乾燥、つっぱりなどの症状が出現することがあります。3〜4日後から皮むけが起こることがありますが、数日〜1週間以内に治まります。

施術頻度

3〜4週間に1回、計4〜6回施術を行うことでより高い効果が期待できます。
肌の状態や治療目標によって必要な回数は変動します。カウンセリングで相談してください。

施術後の注意事項

●施術前後の2週間は、ピーリング効果のあるニキビ治療薬(ディフェリン、ベピオなど)やトレチノインの使用、他のピーリング施術やレーザー治療は休止してください。

●施術当日は日焼け止めやポイントメイクは可能ですが、ファンデーションなどのベースメイクは控える必要があります。翌日からは普段通りのメイクをすることが可能です。
また、肌が敏感になっているので、ビタミンAのスキンケアやスクラブなどの使用は避けるようにしましょう。

●施術後はしばらくの間、肌がデリケートな状態になっているので、紫外線の影響を受けやすくなります。季節にかかわらず必ず日焼け止めを使用し、十分に保湿をしましょう。

ダウンタイムの症状が強いと思われる場合は、医師に相談するようにしましょう。

こんな方は受けられません

・施術部位に重篤な皮膚疾患や感染症がある方
・出血性疾患を発症している方
・糖尿病の方
・レチノイン酸に対して過敏症のある方
・アレルギー体質の方
・強い日焼け後、またはこれから日焼けする予定のある方
・2週間以内にピーリング等の施術をしている方、する予定のある方
・2週間以内にピーリング作用のある化粧品を使用している方
・妊娠中・授乳中の方

  1. ゆう皮ふ科スキンケアクリニック

  2. たかだ形成外科スキンケアクリニック

  3. FIRE CLINIC

  4. 新宿中央クリニック

  5. 医療脱毛VIVACE CLINIC 福山院(医療法人社団良凰会)

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content