わたしの名医

皮膚を剥離させない次世代ピーリングで美肌ケア

マッサージピール

① マッサージピール(コラーゲンピール)とは

「マッサージピール(コラーゲンピール)」とは、イタリアで誕生した薬剤「PRX-T33」を使用した新しいケミカルピーリング。薬剤を皮膚に浸透させながら優しくマッサージをします。線維芽細胞を活性化させることによりコラーゲン増生を促し、小ジワの改善、肌のハリ、弾力をもたらします。美肌効果を促進する薬剤の配合により、シミやくすみも改善、目立つ毛穴、ニキビ跡の効果も期待できます。皮膚の剥離作用(フロスティング)を起こさないため、肌への負担も少なく、ほぼダウンタイムもありません。気軽に受けられる次世代美肌治療として人気を集めています。

② マッサージピール(コラーゲンピール)の効果

こんなお悩みをお持ちの方へ

・シミやくすみを改善したい
・肌のハリ感をUPさせたい
・肌質改善して美肌を保ちたい
・小ジワの改善、たるみの改善をしたい
・ニキビ、ニキビ跡を改善したい
・首のシワが気になる

「マッサージピール(コラーゲンピール)」は、肌悩みを改善するだけではなく、肌の内側からハリや弾力を取り戻し、透明感があるみずみずしい美肌へと導きます。一回の治療で効果を実感しやすく、肌負担も軽いため、定期的な肌メンテナンスとしても有効です。また、顔以外にも年齢が出やすい手や首のシワ、妊娠線などにも効果的です。

③ マッサージピール(コラーゲンピール)の特徴

イタリアのDr.Rossana Castellanaによって開発された製剤「PRX-T33」を使用した「マッサージピール(コラーゲンピール)」は表皮を剥離させない、従来のケミカルピーリングとは異なる次世代ピーリング。薬剤を塗布した後に肌に優しくマッサージをすることで、薬剤を皮膚の深部に浸透させコラーゲンの生成を促します。表皮を傷つけることなく、まるでレーザーを照射したようなハリや弾力を実感しやすく、定期的に行うことで若々しい肌を保つエイジングケアとしても注目されています。

専用の薬剤を使うことで皮膚を剥離させないピーリングを実現

従来のトリクロロ酢酸を使ったケミカルピーリングでは、肌の表皮を剥離し、その上で上皮再形成を起こします。「マッサージピール(コラーゲンピール)」はこの治療を改善すべく、イタリアで10年以上臨床研究を繰り返した結果、生まれた新世代ピーリングです。これまでの常識を覆し、過酸化水素の作用により、皮膚表面の剥離作用を抑制し、赤み、皮剥けなどを生じにくくした薬剤です。

「マッサージピール(コラーゲンピール)」は、名前にもあらわれている通り、薬剤をただ塗るだけでなく、「まるでマッサージをするかのように」肌に薬剤を浸透させていきます。ここが従来のピーリングに比べて施術者のレベルが問われるところで、皮膚の強い部位、弱い部位を的確に理解し、適切な手技によってしっかりと浸透させることによって、治療効果を引き出すことが大切なポイントになっています。

マッサージピール(コラーゲンピール)の成分

薬剤には大きく三つの成分が含まれています。

■トリクロロ酢酸(TCA)
ケミカルピーリングの中でも肌の深部まで届く強力な作用を持ち、線維芽細胞を活性化し、コラーゲン増生を促す効果があります。ニキビ跡の治療など症状の重い患者に使われることが多い成分です。非常に強い剥離作用を持ち、炎症も起こりやすいため、美肌のための治療ではリスクも多い成分ですが、「マッサージピール(コラーゲンピール)」では低濃度の過酸化水素といっしょに使用することで、剥離や炎症などを抑制することができるようになりました。

■過酸化水素(H2O2)
単独では肌への刺激が強すぎるトリクロロ酢酸の作用から肌を保護する役目を持つ成分。タンパク質の変性を防ぐと同時に、真皮細胞を活性化して、コラーゲン繊維形成を促します。

■コウジ酸
シミの原因となる肌のメラニン生成の鍵となる酵素の働きを抑え、活性酸素を除去する効果を持ち美白に効果的と言われる成分。肌老化の因子となるAGEs産生を抑制する抗糖化作用も持っています。

マッサージピール
組み合わせ治療で美肌力UP

「マッサージピール(コラーゲンピール)」は、肌への負担が少ないため、同日に医療エステを行うことも可能です。

・イオン導入
・フォトフェイシャルなどのIPL治療
・ダーマペン


翌日には、ヒアルロン酸注入、ボトックス、脂肪溶解注射などフィラー治療が可能です。
※クリニックによっては同時施術も可能です。

専用のホームケアアイテム

施術後、肌をより美しく保つために効果的なホームケアアイテムの用意もあります。

・WiQo保湿美容液(8%グリコール酸入(PH3~3.5)30mL
角質を柔らかくし除去するピーリング効果がある美容液。コラーゲンの生成を促し肌にうるおいを与え、滑らかさを保ちます。

・WiQoナリシング保湿クリーム 50mL
乾燥や乾燥による皮膚のかゆみや赤み、ひび割れの原因となる肌の水分の蒸発を防ぎ保護膜を回復します。「マッサージピール(コラーゲンピール)」の施術後はもちろん、他の美容医療の施術後のデリケートな肌や敏感肌の方も使用できます。

ミラノリピールとの違い

同様の効果が期待できる施術として「ミラノリピール」が注目を集めています。大きな違いはTCA(トリクロロ酢酸)の濃度。「マッサージピール(コラーゲンピール)」がTCA(トリクロロ酢酸)が33%配合されているのに対し、「ミラノリピール」はTCA(トリクロロ酢酸)ではフェイス用が35%、ボディ用は50%配合されている高濃度の薬剤です。
また、TCA(トリクロロ酢酸)に加えラクトビオン酸、サリチル酸、タルトル酸、クエン酸の4種類の酸が含まれており、表皮に作用しマイルドに剥離させます。ターンオーバーを促進してニキビやニキビ跡、くすみやザラつきも改善します。ボディ用では、膝、ひじ、ワキ、ヒップなどの黒ずみなどを解消し、ハリ、ツヤのある肌へと導きます。

マッサージピール

④ 施術の流れ

施術時間

約30分~1時間ほどです。
※カウンセリングや症状、組み合わせる治療プランによって施術時間は異なります。

1. カウンセリング・ドクター診察
悩みの症状や部位についてカウンセリングします。医師と相談しながら治療回数や組み合わせ治療などを決めていきます。
考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても説明がありますが、不明点や不安なことがあればカウンセリング時に遠慮せず質問しましょう。

2. メイクオフ・洗顔
施術の効果を上げるために、メイクや肌の油分を洗い流します。

3. マッサージピール(コラーゲンピール)の施術
施術は全顔でおよそ10分〜30分と短時間。一人ひとりの肌の状態を見ながら丁寧にマッサージをしながら薬剤を肌に浸透させていきます。

終了
施術直後から、メイクが可能です。
※火照りや刺激を感じる場合は様子を見てください。

施術頻度や持続について

1回でも効果を実感しやすいですが、2~3週間に1回の治療間隔で、5回を1クールとして治療を行うとより効果的です。施術前の状態や治療の目的によって回数は異なります。

⑤ ダウンタイムや注意事項について

痛み

一人ひとりの肌の状態を見て施術をするため、痛みはほぼありません。まれに火照る感じや、ピーリング特有のヒリヒリとした刺激を感じることがあります。

ダウンタイム

人によっては、薄皮が剥けることがあります。
皮下気泡(稗粒腫のような白い点)が出現する場合がありますが、1時間程度で改善します。赤みや皮むけが生じた場合は、刺激を与えず、患部を冷やしてください。施術するクリニックにもよりますが、医師の判断によりステロイドなどの抗炎症剤を処方する場合もあります。
※痛みやダウンタイムは個人差があります。

施術前後の注意事項

【治療前】
・トレチノインやハイドロキノン、レチノールを使用されている方は、ご予約時に相談ください。
・当日の顔剃り、パック洗顔、スクラブ洗顔は控えて下さい。

【治療後】
・マッサージや摩擦などの刺激を与えないでください。
・術後は十分な保湿を行い、メイクやスキンケア時もこすらないように気をつけてください。
・術後、かさぶたができた場合は、無理に剥がすことで色素沈着の恐れがありますので、自然に剥がれるまで刺激を与えないようにしてください。
・術後は日焼け止め (SPF50 以上)をご使用ください。
・飲酒や激しい運動は、炎症を強めるおそれがありますので、施術当日は控えてください。

こんな方は受けられません

・妊娠中、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
・1カ月以内に日焼けをした方、または、日焼け予定のある方
・日光過敏の方
・アルコール過敏症の方
・皮膚に切り傷や炎症や病変がある、何か他の施術直後の方
・TCAやコウジ酸にアレルギーのある方
・ヘルペス治療中の方
・重度の乾燥肌、敏感肌の方

emiスキンクリニック松濤

2021.02.22

「マッサージピール」でダウンタイムがなく患者様満足度の高い施術を提供

emiスキンクリニック松濤では、西洋医学、東洋医学、美容医療を組み合わせて、患者様一人ひとりにあった医療、サービスを提供しています。健康的で自然な美しさ…

2020.10.19

タイトル

リード…

2020.10.19

タイトル

リード…

  1. あきこ皮フ科クリニック

  2. 勝どき駅前皮ふ科クリニック

  3. 上野病院

  4. GRACIA(グラシア)

  5. おか皮膚科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム