わたしの名医

原点は自身の悩み。フラーレン配合の「Fullacera (フラセラ)」を開発した わかばクリニック 工藤清加先生

わかばクリニックは、患者様のことを第一に考えて最適な治療方法を提案しています。さらに、患者様がストレスを抱えないように、細部にまで気を配って対応しています。今回は、理事長の工藤清加先生に、医師を目指したキッカケやクリニックの特徴やこだわり、さらにオリジナルブランド「Fullacera (フラセラ)」誕生の経緯や特徴などについて、お話を伺いました。

物心ついた時から医師の仕事に興味があった

―― 医師を目指したキッカケを教えてください。

工藤 小さい頃から病弱で保健室に行くことが多かったんですね。保健の先生と接するうちに、人を診る仕事って素晴らしいなと思うようになりました。最初は、動物のお世話も好きだったので獣医さんになりたいなと思ったんですけど、小学生の頃には医者になりたいと思うようになりました。

―― いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科医を目指されたのですか?

工藤 私は、小学生ぐらいから肌の悩みがありました。ニキビがひどくて皮膚科に行っても抗生物質と塗り薬を処方されて終わりなんですね。ただ、ニキビは治ってもニキビ跡がすごく気になったんです。当時は、皮膚科に行くとニキビは治っているので、ただのニキビ跡の状態ですと言われてしまって。でも私にとってはニキビ跡ってすごい悩みだったんですね。
肌の悩みは、病気か病気じゃないかだけでなく、医学的には治っているので病気ではないけど、悩んでいる人はたくさんいると思って皮膚科に興味を持ちました。ただ、いきなり皮膚科に行くと全身を診ることができないので、最初は内科に行って、その後に皮膚科の勉強をしたんです。

―― 美容医療のやりがいや苦労などを教えてください。

工藤 治療をして良くなったときに患者様に喜んでいただけることが私にとっても何よりの喜びですし、一番のやりがいですね。逆に難しいところは、肌は表面に見えてしまうので、患者様自身が良くなったかどうかを判断できます。しかも患者様の期待度が大きいですし、毎日見ているものなので、少し変わったぐらいでは効果は実感できません。はっきり変わったと自覚できる成果を出さないといけないところが大変ですね。

―― 患者様の期待度が大きい分、施術前のカウンセリングなどをしっかり行うことが大事だと思いますが、貴院で気を付けていることはありますか?

工藤 私が一番注意しているのは、効果や副作用など、治療において起こりうることは、どんな些細なことでも正直に全てお話しすることです。また、可能であれば、治療の選択肢を2、3挙げるようにしています。その選択肢の中で、良い点と悪い点を全てお話して、その方の価値観や生活様式に合ったものをご提案します。
例えば、シミを摂る場合でも、かさぶたができてもいいから通院を1回にしたい方もいれば、3、4回通院してもいいから、かさぶたは絶対にNGという方もいます。私としては、どちらの場合も良い点と悪い点をお話して最終的に患者様に選んでいただきます。また、患者様からこうしたいという希望があっても、それは必要ないと思ったら正直にお伝えします。

患者様ファーストを意識したクリニック

―― なぜ、ご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

工藤 私はレーザーが専門ですが、ある病院に勤務していた時に、16歳の女の子が手の先から首のあたりまで赤いアザがあって、お母さまと一緒にいらっしゃったんですね。アザの治療は1回ではほとんど色が落ちないので、キレイにするためには10回くらい行う必要があります。その子の場合は、1回の治療が168万円かかったので、私は1回だけならやらない方がいいと言ったんですね。でもお母さまとしては、子供のために1回でもいいから治療してあげたい、女の子は受けなくていいと言って、二人とも診察室で泣かれてしまって。そのときに、すごく心が痛んだんです。
勤務医だとクリニックの方針に従わないといけませんが、自分のクリニックなら治療方針を自分で決めることができます。当時は、アザの治療を保険で行うクリニックはありませんでしたが、私が院長なら女の子のアザも全て保険診療でできると思ったんです。それが開院を決めた一番のキッカケです。

―― わかばクリニックのこだわりや特徴を教えてください。

工藤 常に患者様ファーストを意識しています。患者様が来られた時に、気持ちよく診察を終えて帰っていただけるクリニックにしたいと思いました。患者様はクリニックに行くだけでもストレスを感じています。ですから、余計なストレスを感じないように、開院当時から患者様への接し方や言葉遣いなど、スタッフへの教育は徹底しています。
また、美容医療は痛いのは当たり前とか、注射を打てば内出血は仕方ないとか、普通だと思われていたことが患者様にとってはすごいストレスなんですね。当院では、患者様のストレスを軽減するために、注射針を極力細くしたり、麻酔も全て院内で麻酔クリームを作っています。また、内出血も最近はなるべく出さないためにチューブで注射しています。止血方法も、スタッフが一人専属でついて止血するんです。これは手間と人手がかかるので、他のクリニックではあまり行いません。今まで医療だから仕方ないと言われていたことも、医師やクリニック側が努力することで、回避できることがたくさんあるんです。そこを突き詰めて少しでも患者様のストレスを減らすためにシステム化したものが「工藤メソッド」です。

フラーレンを使ったオリジナルブランド「Fullacera (フラセラ)

ステムセル メディ ライン
ステムセル メディ ライン
クリアソープ
クリアソープ
2,530円(税別)

―― なぜ、オリジナルブランド「Fullacera (フラセラ)」を作ろうと思ったのですか?

工藤 患者様の中には、化粧品を使って肌がかぶれたり、トラブルを起こす人が結構いるんですね。多くの人は、シミ、タルミ、毛穴など、いろいろなことが気になるので、シミ用の化粧水、タルミ用の化粧水など使い分けています。その結果、化学反応が起こって肌がかぶれるとか、それぞれ良い成分が入っているけど、打ち消し合ってしまって効果が出にくいということが多かったんです。そこで、一つの化粧品で、いろいろなものに使えるものがあればいいなと思って「Fullacera (フラセラ)」を作りました。
最初に作ったのは、「クリアソープ」です。これは「Fullacera」のブランドができる5年ぐらい前に作ったのですが、洗顔するにあたって、ざらつきが取れる石鹸があまりなかったんです。
そこでフルーツ酸を入れて、肌が滑らかになる石鹸を作りました。これが「Fullacera」の原型ともいえる商品です。

CCモイスチャーミルク
CCモイスチャーミルク
3,685円(税込)
UVCカプセル(飲む日焼け止め)
UVCカプセル(飲む日焼け止め)
4,860円(税込)

―― 「Fullacera」を作るうえでこだわった点や苦労した点を教えてください。

工藤 純粋に良いものを患者様に使ってほしいという想いから、フラーレンを使ったことが一番の特徴です。もう一つこだわったのは、肌に悪い成分は入れないということです。
例えば、日焼け止めを作るのに8年ぐらいかかったのですが、日焼け止めはテクスチャーを良くするために、紫外線吸収剤を何種類も入れることが多いんです。紫外線吸収剤を入れないで紫外線をブロックすることはできますが、成分を入れると白っぽくなってずっしり重い感じで不快感があるんです。そこで何度も工場に作り直してもらって、紫外線吸収剤フリーを実現しました。

その時に一番良いものをチョイスして改良していく

―― 今後の展開について教えてください。

工藤 医学は日進月歩で進化しています。今日一番良かったものが、明日も一番良いとは限りません。どんどん良いものが出てくるので、クリニックもFullaceraも、その時に一番良いものをチョイスして改良していきたいと思っています。また、Fullaceraは今まではスキン用品だけでしたが、ゆくゆくはメイク用品も作っていきたいと考えています。

わかばクリニック 工藤清加先生

わかばクリニック

理事長 工藤 清加(くどう さやか)

現在わかばクリニックを拠点に、健康美容をトータルにとらえた総合医療を提供。レーザー治療10万件を超える症例経験を持つ。特にアンチエイジング研究に特化しており、多くのVIPや有名人が訪れる。施術の研究に熱心で、まずは自分で試した上で、導入を常に慎重に検討する。自然食からLOHAS的ライフスタイルに至るまで自然健康志向である事を自認する。

所属学会

日本皮膚科学会正会員
日本美容皮膚科学会正会員
日本レーザー医学会正会員
日本抗加齢学会正会員
サーマクール認定医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医

わかばクリニック

わかばクリニック

〒106-0032 東京都港区六本木7-15-10 A7ビル6F
TEL:03-5786-4011

診療時間
10:00~19:00

△ 日曜日は18時まで診療
【休診日】祝日

関連記事

  1. フィラークリニック新宿院 森 信明 院長

    医療が細分化する中で、メスを使わないヒアルロン酸やボトックスなど注入専門のクリニックを開院 フィラークリニック新宿院 森信明先生

  2. PRSS.JAPAN 株式会社 世良綾嗣社長

    医療機関が患者様の為に最良の治療を行うことができるように。 常に先端医療を把握し、世界から厳選された製品を供給。

  3. かじクリニック熊本 院長 梶昇吾

    「地域に根差して一人ひとりの患者様に向き合った治療を提供していきたい」かじクリニック熊本 梶 昇吾先生

  4. 渋谷スキンクリニック 吉田貴子先生

    英国産のビタミンCなど、原料にこだわって開発した「Dr.TAKAKO’s Selection」

  5. 千春皮フ科クリニック 浦和

    千春皮フ科クリニックがお勧めする ピーリング、プラズマ、レーザーで、ニキビをトータルに治療

  6. 二子玉川ヤスダクリニック 安田昇平院長

    地域に根差したクリニックであり続けたい 二子玉川ヤスダクリニック 安田昇平先生

  7. 株式会社ジェイメック 代表取締役社長 西村浩之

    国産医療レーザー機器メーカー”ジェイメック”。“FOR THE PATIENT’S SMILE” 世のため人のためのビジネスをモットーに。

  8. 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵院長

    必要なものを必要なだけ正しく取り入れてほしいと思って開発したオリジナルコスメ「YC」 銀座よしえクリニック 廣瀬嘉恵先生

  9. 水谷皮フ科クリニックがお勧めするIPLとイオン導入をセットにした治療法。

  1. 西大寺駅前A皮膚科

  2. エトワールレジーナクリニック

  3. Original Beauty Clinic GINZA

  4. わたなべ皮膚科

  5. THE SKIN CLINIC 神楽坂

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム