美容医療のかかりつけ わたしの名医

膣レーザー 女性のデリケートゾーンの悩みを切らずに解消!引き締め、尿漏れ改善などに効果的

膣レーザーとは、「膣のゆるみ」「黒ずみ」「尿漏れ」といった、年齢を重ねることで生じる女性のデリケートゾーンの悩みを、メスを使わずに解消する施術です。

レーザーを照射することで、膣やその周辺のコンディションを改善します。近年エイジングケアの一環として、施術を受ける方が増加している話題の施術です。

膣レーザーとは

膣レーザーとは、医療用マシンで膣内にレーザーを照射して、膣粘膜を引き締め、コラーゲンの生成をサポートする施術です。

施術する部位や出力などを調整することで、膣の引き締めだけではなく、尿漏れや黒ずみといったデリケートゾーンの幅広い悩みに対応。手術を伴わないため、痛みやリスクを抑えて膣のケアができます。

年齢を重ね、膣の内側・外側がやせることによる悩みを解消する効果が期待でき、膣のエイジングケアとして注目されています。

こんな悩みを持っている方に

膣レーザーは、下記のようなお悩みをお持ちの方に向いている施術です。

・出産または加齢によって膣のゆるみが気になるようになった
・尿漏れや頻尿などが気になる
・外陰部のかゆみ・乾燥・ほてり・臭いなど不快な症状がある
・分泌物の減少に伴い性交痛を感じるようになった
・デリケートゾーンの黒ずみが気になる
・膣に痛みや出血に悩んでいる
・入浴中に膣のなかにお湯が入ってしまう
・ホルモン剤を使用せずに膣のケアをしたい
・膣にメスを入れるのに抵抗がある
・ダウンタイムを短くしたい

膣レーザーの仕組み

年齢を重ねることによる膣の変化

年齢を重ねることにより、膣には下記のような変化が起こります。

・膣粘膜の萎縮
・膣粘膜の炎症
・乾燥・臭い・ほてりといった不快感
・膣のゆるみ
・尿漏れ

これらの変化の主な原因は、加齢による「エストロゲン」の減少です。エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」やコラーゲンの生成を促すなど、女性の美や健康に大切な働きをしています。

女性は一般的に、35歳くらいからエストロゲンが急激に減少。膣も顔や身体の皮膚と同様にターンオーバーを繰り返していますが、その働きが衰え、膣の老化が始まります。

膣の老化による主な変化は、膣壁が徐々に薄くなる、膣のひだが減少する、弾力がなくなるなどといった変化が表れ、乾燥や臭いなどです。

また、小陰唇や大陰唇の形状の変化や代謝機能の衰えにより、色素沈着しやすくなり、黒ずみができる可能性が高まります。

さらに、ターンオーバーにより酸性に保たれていた膣内のバランスが崩れ、外部の細菌から膣や子宮を守る自浄作用が低下。それにより、膣粘膜の委縮や不快感だけではなく、膣のゆるみや尿漏れが起こるリスクが高まるのです。

膣レーザーのメカニズム

膣にレーザーを照射することで、熱エネルギーが伝えわり、膣粘膜の線維芽細胞の働きが活発化し、コラーゲンが生成されやすくなります。それにより、膣粘膜の表皮層が厚くなり、ハリや弾力、うるおいが増します。膣粘膜の環境の改善により、やせた膣内がふっくらし、膣全体が引き締まるので、年齢による変化をカバーできます。

ダイレクトに膣の粘膜や周辺の筋肉へアプローチできるため、膣の引き締めだけではなく、膀胱を本来の位置にリフトアップする効果も期待でき、尿漏れをはじめとする排尿の悩みを改善可能です。

さらに、黒ずみの気になる部分にレーザーを照射することで、黒ずみの原因である色素を取り除き、きれいな状態へと導きます。

膣レーザーのメリットや効果は?

膣レーザーには、さまざまなメリットや効果があります。

(1)切らない施術なので痛みが少なく、ダウンタイムが短い
外科手術を伴わず、切らない治療法なので、痛みや身体の負担が少ないというメリットがあります。メスを入れるのが怖くて、外科手術は不安な方でも、受けやすい施術といえるでしょう。

また、ダウンタイムが短く、施術当日からほぼ普段通りの生活が可能です。

(2)周りの人に気づかれないで改善できる
以前は膣の引き締めや尿漏れの治療の主流は、外科手術でした。しかし、外科手術は身体のダメージが大きく、入院などが必要な場合も。ダウンタイムが長いため、スケジュール調整が必要で、家族やパートナーに知られずに施術を受けるのは難しいでしょう。

膣レーザーの場合は、ダウンタイムがほぼなく、生活への影響はほぼないので、誰にも言わずに治療ができます。女性にとってデリケートな悩みなので、人に気づかれずに施術できるのは、大きなメリットです。

(3)デリケートゾーンのさまざまな悩みに対応可能
年齢を重ねるにつれ、デリケートゾーンに関するさまざまな悩みがでてきます。膣レーザーであれば、照射部位や出力などを調節することで、膣のゆるみや頻尿、黒ずみなど幅広く対応可能です。

(4)長い期間にわたり効果が持続する
効果の持続期間は1年以上といわれており、長期間にわたりデリケートゾーンのコンディションを保てます。また、定期的に施術を重ねることで、常によいコンディションを保てるため、継続的なエイジングケアとしても、人気があります。

(5)パートナーとの性交を楽しめるようになる
膣のゆるみなどによるコンプレックスにより、性交が不安になったり、セックスレスになったりしている女性も少なくありません。膣レーザーにより、膣のゆるみなどを改善することで、自信が持て、パートナーとの性交を楽しめるようになります。

膣レーザーのデメリットや副作用は?

メリットの多い膣レーザーですが、デメリットや副作用もあります。

膣レーザーのデメリット

(1)効果が永続的ではない
膣レーザーの効果の継続期間は、1年以上が目安です。そのため、施術により悩みが改善しても、定期的に膣レーザーを照射しないと、少しずつ効果を感じられなくなります。

年齢を重ねるとさらに膣が老化するので、コンディションを保つためには、コンスタントに施術が必要でしょう。

(2)費用が高くなりがち
施術内容やデリケートゾーンのコンディションにもよりますが、改善までに数回の施術が必要な場合が多いため、費用が高くなる傾向があります。さらに、効果を維持するには、定期的なメンテナンスが必要なため、手術など他の施術と比較して、トータルの施術費用は高くなりがちです。

(3)効果が出るまで時間がかかる場合がある
膣レーザーは、膣や周辺のコンディションを整えて、膣の引き締めなどを実現する施術です。1回の施術で効果を実感できる場合もありますが、手術など直接、デリケートゾーンの形状を改善する施術と比べ、効果が出るまでに時間がかかる可能性が高いです。

膣レーザーの副作用

膣レーザーは、重要な副作用はほとんどありませんが、下記のような症状が出る場合があります。

(1)腫れ
使用するマシンにもよりますが、腫れが発生する場合があります。痛みを伴わないケースが多く、数日で落ち着くことがほとんどです。

(2)違和感や痛み
可能性は低いですが、施術後に軽い違和感や痛みが出るケースもあります。多くの場合は、1週間ほどで自然となくなります。

(3)出血やおりもの
膣への刺激により、少量の出血が生じたり、おりものが増加したりする可能性があります。出血はすぐにおさまりますし、おりものも1週間ほどで落ち着きますので、あまり心配はいりません。

他の膣に関する美容施術との違い

膣に関する美容施術は、膣レーザー以外にもいろいろあります。そのなかでも、一般的な施術である、膣縮小手術と膣のヒアルロン酸注射、膣ハイフとの違いについて解説します。

膣縮小手術

膣縮小手術とは、膣の粘膜を一度剥がし、膣の筋肉を寄せて膣の内側を縫うことにより、膣を縮小する手術です。膣レーザーとは異なり、膣の引き締めとそれに伴う頻尿などの改善に特化しています。

膣の形状をダイレクトに変えるため、すぐに膣のゆるみを解消でき、膣レーザーと比較して、早く効果を実感できる可能性が高いです。また、一度手術すれば、繰り返しの施術は不要なケースが多いでしょう。

しかし、メスを入れる分、身体の負担が大きく、ダウンタイムも膣レーザーよりも長い傾向にあります。施術部位への負担を避けるため、激しい運動や自転車・バイクの運転は1~2週間、性交は約1ヶ月にわたり避ける必要があります。

また、膣レーザーは基本的に跡が残りませんが、膣縮小手術は切開部分に赤みが生じ、目立たない状態になるまで時間がかかるケースもあるでしょう。

膣縮小手術では、膣の筋肉を寄せて縫い、人工的に引き締めます。そのため手術後の出産は、経腟分娩が難しくなり、基本的に帝王切開などでの出産となります。

膣のヒアルロン酸注射

膣のヒアルロン酸注射は、保湿力の高い美容成分であるヒアルロン酸を膣に注入することで、膣を内側からふっくらさせ、うるおいを補います。膣レーザーとは異なり、大陰唇の形状や黒ずみの改善には対応していません

ヒアルロン酸は人間の皮膚や関節にもともと存在する成分なので、アレルギーなどのリスクは低いといわれています。さらに、注射針を刺す痛みはあるものの強い痛みではなく、膣レーザー同様、ダウンタイムもほぼありません。

膣ハイフ

膣ハイフは、マシンによって膣に超音波を当てることで、コラーゲンの生成を促し、膣の引き締めや弾力性を高める施術です。膣レーザーよりも深いところにまで熱を与えることにより、効率的な引き締めが期待できます。

膣レーザーと同じく、切らない施術のため痛みやダウンタイムはほとんどありません。

しかし、膣レーザーとは異なり、膣内の乾燥の改善には不向きです。また比較的新しい施術なので、取り扱っているクリニックは少なめです。

ご紹介した以外にも、脂肪注入やホルモン剤の服用など、膣をケアする治療はたくさんあります。それぞれの方法の特徴やメリット、デメリットを比較して、自分に合ったものを選びましょう。

施術の流れ

(1)診察・カウンセリング
医師が丁寧に、気になる症状や悩みをヒアリングし、膣口の周辺や膣内の状態を診察したうえで、希望の状態に近づけるよう治療内容を提案します。痛みや副作用などのトラブルや施術前後の注意点など、不安な点はしっかり確認します。

(2)撮影
クリニックにもよりますが、施術の経過をチェックできるよう、施術部位を撮影します。

(3)麻酔クリームの塗布
外陰部と膣口付近に麻酔クリームを塗ります。塗布後15~20分ほど経過したら、麻酔クリームをガーゼでふき取り、膣内まで消毒します。

(4)レーザーの照射
膣内に器具を入れ、お悩みに合わせた治療箇所にレーザーを照射します。麻酔が効いているので、挿入時の痛みはほとんどありません。レーザーの出力・設定などは、症状に合わせて効果的な治療が行われるように調整します。

(5)施術終了
アフターケアの説明を受け、トラブルがなければ、そのまま帰宅できます。

※膣の委縮が強い場合は、器具の挿入時に痛みが生じる可能性があるため、事前にエストロゲンを服用し、膣にうるおいを与えてから施術することもあります。

施術時間

施術内容や使用するマシンによって異なりますが、レーザー照射自体は10~20分が目安です。麻酔クリームを使用する場合は、麻酔効果が出るのを待つため、プラス10~15分ほどかかります。前後の着替えなどを含めると20~45分くらいかかるでしょう。

ダウンタイムや注意事項について

膣レーザーのダウンタイムや注意事項についてご紹介します。

痛み

個人差がありますが、施術中の痛みはほとんどなく、熱感がある程度です。麻酔クリームを使用してd、さらに痛みを軽減することもできます。

ダウンタイム

治療後は、外陰部や尿道にヒリヒリした痛みが出る場合がありますが、通常3日~1週間くらいで落ち着きます。また、おりものが増加するケースもありますが、普段通りに生活でき、1週間ほどでおさまります。

施術頻度

1ヶ月に1回ペースで、2~4回続けて施術するのを推奨しているクリニックが多いです。効果の持続期間は1年以上ですが、エイジングケアとして、定期的に施術を受ける方も多いといわれています。

施術後の注意事項

膣レーザーは、メスを使わないため、痛みやダウンタイムが少ない施術です。しかし、デリケートな部分の施術なので、注意事項はしっかり守るようにしましょう。

使用するマシンや施術内容によって異なりますが、シャワーは当日から可能です。入浴や飲酒は、1~3日ほど避けましょう。

タンポンの使用や性行為など、膣になにかを挿入する行為は、3日ほど控えてください。また、施術の刺激により、おりものが増加する場合があるので、当日はおりものシートを用意しておくと便利です。

こんな方は受けられません

以下の項目に当てはまる方は、膣レーザーを受けることができません。

・妊娠中・授乳中の方
・産後まもない方で医師から性行為を許可されていない方
・生理中や生理後の方
・ヘルペスやカンジダに感染している方
・施術部位に切り傷や炎症のある方
・外陰ジストロフィーのある方
・悪性腫瘍がある方
・ペースメーカーを使用している方
・てんかんの既往歴がある方
・過去に麻酔トラブルがあった方
・金・白金ナノコロイドなど、光感受性を高める内服薬や外用薬を使用している方

体調に不安のある方や服薬治療している方、アレルギーのある方は、施術を受ける前に必ず医師に相談してください。

  1. ゆう皮ふ科スキンケアクリニック

  2. たかだ形成外科スキンケアクリニック

  3. FIRE CLINIC

  4. 新宿中央クリニック

  5. 医療脱毛VIVACE CLINIC 福山院(医療法人社団良凰会)

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content