わたしの名医

トラネキサム酸とは?成分の特徴や効果的な取り入れ方、副作用も解説

美白※効果のある成分として厚生労働省が認めている「トラネキサム酸」は、医薬部外品などにも含有されている有効成分です。美白※効果が期待され、近年美白※化粧品の成分として使われています。

しかし、一般の方には聞き慣れない成分であるため、それを使用するとどんなメリットがあるのか、普段の生活のなかでどのように取り入れたらよいのか悩んでしまう人も少なくありません。
そこで今回はトラネキサム酸の特徴や効果、手軽にできる取り入れ方などについて徹底解説します。

※:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

トラネキサム酸とは

「トラネキサム酸」とは人工的に作られたアミノ酸の一種で、美白効果※が期待できる成分です。たんぱく質を構成する「必須アミノ酸リシン」をもとに作られており、昨今、美容業界でも注目されています。

※:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

医薬品としてのトラネキサム酸の主な作用は、体内のたんぱく質である「プラスミン」の生産・増加を阻害することです。このプラスミンには、アレルギーや炎症を引き起こしたり血液を溶かしたりといった働きがあります。
そうした作用のあるプラスミンをトラネキサム酸によって抑制することで、結果的に肌荒れや美肌の改善、止血効果などを期待できるのです。
また冒頭でも述べたとおりトラネキサム酸は、のどの腫れや口内炎の治療薬などの医療用医薬品・一般用医薬品(市販)によく含有されています。そのほか歯磨き粉など、私たちが毎日使うような日用品にも含まれている身近な成分です。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸の効果について詳しく解説します。

①:のどや口内炎などの炎症を抑える医薬品としての効果

①:のどや口内炎などの炎症を抑える
医薬品としての効果

1つ目は、のどや口内炎などの炎症を抑える医薬品としての効果です。のどが痛かったり口内炎ができたりしたときに、病院からトラネキサム酸の内服薬を処方してもらった経験がある方も多いでしょう。
こうした体内の炎症の多くは、前述の「プラスミン」が関係しています。トラネキサム酸の抗炎症作用を理解するために、まずは体内で炎症が起きるメカニズムをご説明します。

【体内で炎症が起きるメカニズム】
1:体にウイルスが入り込み感染したりすると、細胞が破壊されてプラスミンが発生する
2:大量に発生したプラスミンが、痛みや炎症を引き起こす物質を誘発させ、同時に血管を拡張させる
3:患部が炎症を起こし、痛み・腫れ・赤み・熱感などの症状が引き起こされる

体内の炎症を抑えるには、メカニズム1の段階でプラスミンの生産・増加を抑制しなければなりません。
先にもご説明したとおり、トラネキサム酸にはプラスミンの生産・増加を抑える働きがあります。つまりのどが痛いときにトラネキサム酸を体内に取り入れれば、痛みなどを引き起こしているプラスミンの働きを抑え炎症の改善につながるのです。

②:シミや肝斑を改善する医薬品としての効果

②:シミや肝斑を改善する
医薬品としての効果

シミや肝斑(かんぱん)の改善が期待できるのもトラネキサム酸の嬉しい医薬品としての効果です。 そもそもシミができてしまう主な原因は「紫外線」です。ここではシミができるメカニズムを簡単にご説明しましょう。

【シミができるメカニズム】
1:肌表面に紫外線が当たると、体内の細胞が紫外線のダメージから肌を守ろうとして、細胞組織の一つ「メラノサイト」にメラニンを作る指令を出す
2:その指令を受けたメラノサイトが「メラニン」を作り始める
3:作られたメラニンが肌表面に送り込まれて、目に見えるシミや日焼けとなる

紫外線を大量に浴びてしまうと肌のターンオーバーが乱れ、メラニンの生成と排出のバランスが崩れてしまいます。その結果、メラニンがどんどん蓄積されてシミができてしまうのです。

トラネキサム酸にはメラノサイトの活性化を抑制する働きもあるため、シミができるメカニズム1の段階でメラノサイトに働きかけて、メラニンの生成を抑えてくれます。
また30代後半から50代の女性にできやすい「肝斑」にも、トラネキサム酸は有効です。
なお肝斑は「女性ホルモンの乱れ」が主な原因といわれていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接働きかけるわけではありません。あくまでも肝斑の原因となるメラノサイトに作用してメラニンの生成を抑制します。

ちなみに先ほどご説明した、炎症を引き起こしてしまうプラスミンのもう一つの働きが「メラノサイトの活性化」です。これについても、トラネキサム酸によってプラスミンが抑制されるため、結果的にメラノサイトも活性化せずにシミや肝斑の改善が期待できます。

③:ケガや生理などの出血を止める医薬品としての効果

③:ケガや生理などの出血を止める
医薬品としての効果

トラネキサム酸で期待できる医薬品としての効果の3つ目は、ケガや生理などの出血を止める「止血効果」です。

たとえばケガをして血が出ているとき、体内では下記のような動きがあります。

【出血してから、血が止まるまでのメカニズム】
1:血管が破れ出血している場所に血小板が集合し、血栓を作って止血する
2:止血したときに作られた血栓が血管内に残ってしまうため、血の流れを妨げないようにプラスミンが血栓を溶かす
3:プラスミンが血栓を溶解したら、血流は正常に戻る

炎症を引き起こしたりメラノサイトを活性化させたりしていたプラスミンですが、血流を止めないように血栓を溶かしてくれる重要な役割をもっています。しかしプラスミンの働きが活発すぎると、ケガをしたときに血栓ができづらく、なかなか血が止まりません。
そのため出血しているときにトラネキサム酸を体内に取り入れれば、プラスミンの働きをブロックして血栓を作りやすくしてくれます。このことからトラネキサム酸には止血効果が期待されているのです。
これは生活に支障をきたすほど生理時の出血が多い、月経過多の女性にも有効といわれています。

トラネキサム酸の効果的な取り入れ方

トラネキサム酸はもともと医療用医薬品として使われてきました。しかし2002年に、医薬部外品の有効成分として使用許可がおり、現在ではさまざまなメーカーからトラネキサム酸を含む製品が販売されています。

ここではトラネキサム酸の効果的な取り入れ方を2つご紹介します。

トラネキサム酸配合の薬用化粧品

トラネキサム酸配合の薬用化粧品

まずご紹介するのは、トラネキサム酸を配合する薬用化粧品です。日々使用しているスキンケアアイテムで簡単にトラネキサム酸を取り入れることができます。
トラネキサム酸配合の薬用化粧品と一口にいってもさまざまで、化粧水や乳液、美容液、クリームなど多種多様です。ドラッグストアなどで簡単に入手できるでしょう。

ただし前述のとおり、トラネキサム酸を含む薬用化粧品は「医薬部外品」に分類されるため、一般化粧品(医薬部外品に該当しない化粧品)には含まれない点に注意しましょう。

トラネキサム酸の内服薬

トラネキサム酸の内服薬

トラネキサム酸を効果的に取り入れる2つ目の方法は、内服薬を飲むことです。内服薬とは「内用薬」とも呼ばれ、病院で医師の診察を受けて処方してもらう「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどで手軽に購入できる「一般用医薬品(市販薬)」があります。
どちらもトラネキサム酸を配合していますが、含有量が大きく異なるため、高い効果を期待したい場合には医療用医薬品が適しているでしょう。
ただしトラネキサム酸を内服薬で取り入れる場合には、必ず医師や薬剤師の指示のもと、用法用量を守って使用してください。

トラネキサム酸の副作用や注意点

続いては医薬品としてのトラネキサム酸の副作用や注意点などを解説します。

主な副作用

主な副作用

トラネキサム酸は一般的に「副作用が起こるリスクが低い成分」として知られています。

とくに化粧品や市販薬でトラネキサム酸を取り入れる場合、医療用医薬品の内服薬で取り入れる場合と比べると、さらに副作用のリスクは低減するでしょう。医療用医薬品よりも、化粧品や市販薬に配合されているトラネキサム酸のほうが圧倒的に含有量が少ないからです。

とはいえ薬剤のため副作用が起こる可能性は否定できません。トラネキサム酸の使用で考えられる主な副作用は以下のとおりです。

・皮膚のかゆみ
・頭痛
・食欲不振
・吐き気や嘔吐
・めまい
・下痢
・胸やけ
・眠気 など

上記のような症状を感じた場合には、すぐに使用を中止してください。症状が酷い場合にはすぐに病院へ受診しましょう。

またトラネキサム酸は止血効果があることから、血栓症のリスクが高まる可能性もあります。脳梗塞や心筋梗塞などの血栓系の病気を発症した経験のある方は、服用できない場合もありますのでご注意ください。

白髪が増えるって本当?

白髪が増えるって本当?

「トラネキサム酸を飲むと白髪が増える」といった噂を耳にしたことがある方も多いでしょう。しかしこの噂に医学的根拠はありません。
もしかすると、自然に白髪が増え始める30〜40代の方が意識してトラネキサム酸を取り入れるケースが多いことから、このような誤解が生まれている可能性があります。

肌が敏感な人は注意して使う

肌が敏感な人は注意して使う

先にもご説明したとおり、薬用化粧品でトラネキサム酸を取り入れても副作用のリスクは非常に低いといえます。
しかし人によっては体に合わないケースも考えられるでしょう。日頃から化粧品などで肌が荒れやすい方は、事前にパッチテストを行うなどして注意しながら使用しましょう。

トラネキサム酸は薬局や通販で買える?

トラネキサム酸を含む内服薬や薬用化粧品は、薬局や通販でも簡単に購入できます。
ただし市販されているトラネキサム酸と、病院で処方してもらえる医療用医薬品のトラネキサム酸は、1日で摂取できる上限量が大きく異なる点に注意してください。

分 類
医療用医薬品
一般用医薬品
(OTC医薬品)
1日の上限量
2,000mg
750mg

トラネキサム酸は1日あたりの上限量が、医療用医薬品の場合は2,000mg、市販薬の場合は750mgと定められています。つまり医療用医薬品は、市販薬の2倍以上ものトラネキサム酸を摂取できるのです。このためシミや肝斑を効果的に治療できるのは「医療用医薬品」と考えられています。

また市販薬の場合、トラネキサム酸以外に複数の有効成分が配合されているケースも珍しくありません。一方で医療用医薬品の場合、主成分として配合されているのはトラネキサム酸のみです。

トラネキサム酸の高い効果を感じたい場合には、医療用医薬品を選ぶと良いでしょう。ただし医療用医薬品のトラネキサム酸は、病院への受診が必須です。ご自身のライフスタイルと相談しながら選んでみてください。

トラネキサム酸には飲み合わせの悪い薬がある!

医薬品であるトラネキサム酸と一緒に使用すると、副作用のリスクを高めてしまう可能性がある薬も存在するため注意しましょう。たとえば止血剤である「トロンビン」や「経口避妊薬(ピル)」などです。

トラネキサム酸には止血効果が期待されていますが、同じく止血目的で使用するトロンビンを併用してしまうと血栓症のリスクを増大させる可能性があります。
また経口避妊薬の副作用の一つに「血栓症」があります。このため経口避妊薬とトラネキサム酸を併用すると血栓症のリスクを高めてしまう危険性が考えられるのです。

もし普段から何かしらの薬を飲んでいる方は、必ず医師に相談してからトラネキサム酸を処方してもらいましょう。

トラネキサム酸の処方は医療機関へ

トラネキサム酸とは人工的に作られたアミノ酸の一種で、炎症やアレルギーを引き起こすプラスミンの働きを抑制したり、シミや肝斑の原因になるメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑える効果があります。

副作用のリスクは低いといわれている有効成分で、シミや肝斑のケアに力を入れたい方や生理時の出血で悩んでいる方も気軽に取り入れられるでしょう。

もしもトラネキサム酸の高い効果を感じたい場合は、市販薬よりも2倍以上含有されている医療用医薬品を推奨します。ただし医療用医薬品のトラネキサム酸は、医療機関への受診が必要です。医師の診断のもと正しく服用しましょう。

  1. MIKIクリニック豊中駅前

  2. まさきクリニック

  3. カナクリニック

  4. 札幌クララ美容皮膚科

  5. 森本内科 美容皮膚科・ペインクリニック内科診療室

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム