わたしの名医

肌のエイジングサインに対応
ビタミンA「レチノール」

肌の健康を保つうえで必要不可欠といえるビタミンAは、スキンケア成分として大変注目されている成分です。年齢によるエイジングサインにアプローチする成分として名があがりますが、肌質や使用方法により肌へ負担をもたらす可能性もある成分です。

レチノールとは

「レチノール」とは、ビタミンAの化学名のことをいいます。
「レチノール」は人間の血液中に多く存在するビタミンAの中で最も多く存在し、人間の皮膚・粘膜などに作用する働きがあります。
レチノールは化粧品などに年齢によるエイジングサインに作用する目的で配合されることが多くあります。肌に塗布されることでしわ・たるみ・くすみなどのお悩みにはたらきかけ、肌のハリや弾力への働きかけが期待されています。
ビタミンAは、脂溶性ビタミンで、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

レチノール以外のビタミンA化学名

レチノイン酸(ビタミンA誘導体)

レチノイン酸とは、トレチノインと呼ばれる医薬品です。ドクターズコスメなどでピーリングや肌のターンオーバーを促す目的で配合されます。
血液中のビタミンAの中にごく微量含まれているため、アレルギー反応を起こすことはありませんが、肌にアグレッシブな変化をもたらすため、レチノイン酸外用剤を使用する際には医師の診療が必須になります。

ピュアレチノール

ピュアレチノールとは、ビタミンAのことで、年齢によるエイジングサインを緩和する目的で、化粧品に配合されます。酸化しやすいうえ、光や熱に不安定な成分のため刺激が強く感じることがあります。

パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)

レチノールは光・熱・酸素・金属イオンに対して非常に不安定な性質をもちます。
パルミチン酸レチノールは、レチノールを安定化させるために、パルミチン酸を結合させたもので、安定型ビタミンA誘導体といわれています。皮膚に塗ったパルミチン酸レチノールは皮膚から吸収されてレチノールへ変換され、最終的にレチノイン酸となります。

「レチノール」の働き

①肌のハリ・たるみ

年齢を重ねると肌にハリを与えるコラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分の量が減っていき、また生成する力も衰えていきます。これが肌にしわやたるみができる原因の一つとなります。レチノールにはそれらの産生を促進する役割が期待されています。

②肌のくすみ

健康的な肌は28日前後の周期により、肌のターンオーバーが行われますが、年齢を重ねていくとこの機能が乱れてしまい、肌のくすみといった肌トラブルを引き起こします。
レチノールは、皮膚の代謝機能にアプローチするため、肌のくすみや乾燥小じわといった症状への働きかけが期待されています。

③肌のうるおい

レチノールには肌のうるおいを保つ能力が期待されています。ターンオーバーによって新しくなった角質層はうるおいを保持し、みずみずしい肌を保つ働きが期待されています。

レチノイド反応とは

ビタミンA「レチノール」は、スキンケアにおいて必要不可欠な成分といえますが、ビタミンAを皮膚に補給した際に皮膚がビタミンAに対して過敏に反応してしまうことによって起こる反応として「レチノイド反応」があります。
レチノイド反応は主に皮膚の皮むけ・赤み・ほてり・腫れ・かゆみ・乾燥などの症状で、急激な肌の変化により起きてしまう症状のことをいいます。
レチノイド反応は肌がビタミンAに慣れるにしたがって自然におさまりますが、早ければ約1・2日、また1・2週間から1か月ほど続く場合もあり、おさまるまでの時間には個人差があります。レチノールは光に反応するため、使用中は日焼け止め等の紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム