わたしの名医

牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック牧野太郎院長

【牧野皮膚科形成外科内科医院】
患者様の良いところを最大限に活かした手術をして幸せになってほしい

牧野太郎先生は、実家である大分県の牧野皮膚科形成外科内科医院では形成外科・美容外科、そして自身が院長を務める福岡県の牧野美容クリニックでは美容外科の診療を行っています。今回は、牧野先生に形成外科・美容外科を選ばれたキッカケやお勧めの施術などについて、お話を伺いました。

美容外科も形成外科も、患者様に幸せになって頂くという意味では一緒

――いろいろな科がある中で、なぜ形成外科を選ばれたのですか?

牧野 私自身、アトピー性皮膚炎があって、中学生の頃は顔をかいて血だらけになるなど、とても苦労しました。コンプレックスもあったのですが、両親が医師で、母が皮膚科医なので、いろいろ治療してもらってある程度コントロールできる状態まで持って行くことができました。
ですから、最初は私自身も皮膚科医になって、自分と同じように困っている患者様の治療をしていこうと思っていました。ただ、医学部の時の病院実習で皮膚科を回った時に、軟膏治療などに少し物足りなさを感じて、将来、開業するならメスも使えた方がいいと思ったので、皮膚外科的な形成外科に進みました。

――美容医療を始められたキッカケを教えてください。

牧野 最初は、形成外科を学んでから皮膚科に転科しようと思っていたのですが、形成外科が面白くてのめり込んでしまったんです。その過程で美容外科のことを知って勉強を始めると奥が深いなと思いました。保険診療はだいたいこれがゴールみたいなものがあるのですが、美容外科は患者様の状態によって一人ひとりゴールが違います。形成外科は形を作るのが醍醐味ですが、形を作る中で究極の形が美容外科だと思っています。私の場合は、物を作るというところを突き詰めていった結果、美容外科に行き着きました。ですから、私の中では美容外科は形成外科の延長だと思っています。どちらも患者様が困っていることに対して医療技術を提供して幸せになって頂くという意味では一緒なんです。

牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック

――大分の牧野皮膚科形成外科内科医院に勤務しながら、福岡に牧野美容クリニックを開院されたのはなぜですか?

牧野 大分の牧野皮膚科形成外科内科医院は実家で、月・火・水曜勤務で形成外科と美容外科を診療しています。福岡の牧野美容クリニックは美容外科のみで、木・金・土・日曜勤務です。
美容外科は保険診療に比べると患者様の数が少ないので、2カ所ぐらいで働いて集患しようと思ったんですね。もともと私が福岡大学出身で、東京の美容クリニックを辞めた後、九州に戻ってきて福岡のクリニックで働いてきたという背景があったので、福岡で開業しました。いろいろな先生に相談したのですが、福岡は九州の中心で新幹線、在来線、空港などアクセスが良いですからね。また、大分県は福岡県の隣で近いイメージがあるかもしれませんが、どちらかというと佐賀県寄りで結構離れているので、診療圏としてそんなに被らないと思ったんです。

技術や経験に裏付けされた治療を適正な価格で提供

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

牧野 美容外科クリニックは煌びやかで豪華な感じがしますが、私は医者と患者の関係は保険診療でも自費診療でも一緒だと思っています。ですから、飾らないシンプルなクリニックという感じで、無駄なものは一切排除するかわりに、技術や経験に裏付けされた治療を適正な価格で提供しています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

牧野 手を抜かず誠実に治療して患者様に幸せになって頂くことです。私が提供できるのは、あくまでも医療技術・治療結果であり、言葉のカウンセリングではないと思っています。
あと大事にしているのは「患者様の良さを残す」ことです。一人ひとり、その人の良さがあると思うんですね。その良さを最大限に活かす手術が一番良いと思います。第三者が見て、この人のここはステキだなと思うところはできるだけ残したいですし、逆にここは少し治した方がいいかなと思うところを手術で良くしてあげることで、その人のキャラクターを残しつつキレイになれると思うんです。手術後の人生を考えても、その人の良さ、核となる部分は残したいと思っていて、素材を活かした料理人みたいなスタンスで美容外科医をやりたいと思っています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

牧野 患者様の状態を把握して手術をしますが、一人ひとり違うので、他の人で通用したパターンが通用しないことも多々あるんですね。一つひとつ丁寧に行っていかないと最終的に良い結果が出ません。途中の過程はすごく大変で苦しいのですが、手術が終わって結果が良いと、苦労して丁寧にやった甲斐があったなと思います。私の中では、登っている時は苦しいけど、頂上に着くと達成感があって、また登りたくなる登山の感覚と似ているのかなと思います。そこがやりがいでもあり、大変なところでもありますね。

アジア人に適したフェイスリフト「Lift&Trim (リフト&トリム)」

牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

牧野 「形成外科」という雑誌から依頼されて特集記事で論文も書いたのですが、フェイスリフトは当院で一番力を入れています。私が論文で発表した「Fat compartment理論に基づいたアジア人に適したフェイスリフト-Lift&Trim-」とは、日本人を含むアジア人に適したフェイスリフトです。
「Lift」はたるみを持ち上げて、「Trim」は凹凸を滑らかに削り整えることです。皮膚の下にある脂肪や筋膜などを滑らかに整えて、最後に皮膚を融合して滑らかなフェイスラインを作ります。フェイスリフトをすると、引っ張られた顔になる人が多いのですが、そうはならず自然に若返るような感じです。このフェイスリフトを受けるために、全国から患者様がいらしてくださっています。

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

牧野 ヒアルロン酸やボトックス、レーザーなどをしてもなかなか良くならなかったことが手術をすることで良くなることもありますし、メスを使わないと治せない部分も多くあります。ただ、美容外科は美容皮膚科に比べるとリスクがあるので、一番大事なのは医師選びになると思います。本当に自分のことを思って治療を提案してくれるクリニックに行くべきだと思います。そのためには、患者が希望したことは何も言わずに全てやってくれる、やりたいくないことも勧めてくるなど、売り上げ至上主義のクリニックに行かないことです。
まずは、話を聞いてみて、本当に自分のことを考えてくれる先生を探すことが大事です。あとはその先生の症例写真などを見て、どういう手術が得意で、どういう仕上がりになるのかなどを確認して納得した上で受けてください。

――今後の展開について教えてください。

牧野 まだまだすべての手術において満足のできる結果を出せていないので、もっと勉強と修業を続けて、日々、手術と結果に向き合って上達していきたいと思います。そして、いつかすべての患者様に満足して頂けるような領域にいけたらいいなと思っています。

牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック牧野太郎院長

牧野皮膚科形成外科内科医院
牧野美容クリニック

牧野太郎(まきの たろう)

経 歴

2002年 福岡大学医学部 卒業
2002年 福岡大学病院 形成外科 入局
2002年 福岡大学筑紫病院 外科、麻酔科
2003年 札幌手稲渓仁会病院 救急部、整形外科
2004年 神奈川県立こども医療センター 形成外科
2005年 横浜市立大学病院 形成外科
2006年 福岡大学病院 形成外科 助教
2009年 福岡大学病院 形成外科 医局長
2010年 リッツ美容外科 東京院
2013年 リッツ美容外科 東京院 副院長
2014年 牧野皮膚科形成外科内科医院

資格

医学博士
日本形成外科学会 専門医
アメリカ心臓協会認定 BLS,ACLSプロバイダー

牧野皮膚科形成外科内科医院

〒870-0161
大分県大分市明野東2-32-27
TEL: 097-558-6588

診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00

休診日:日・祝日・年末年始・お盆(8月14-15日)
▲…土曜日は15:00まで

牧野美容クリニック

牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック

〒812-0039
福岡県福岡市博多区冷泉町2番12号 ノアーズアーク博多祇園3F
TEL: 092-710-5440

診療時間
10:00~18:00

休診日:月〜水曜日

人気キーワード