美容医療のかかりつけ わたしの名医

いちみや皮フ科クリニック 一宮院長

【いちみや皮フ科クリニック】
スキンケアを重視した診療と、患者様に寄り添う医療の提供を心掛けています

いちみや皮フ科クリニックは、スキンケア5原則を作成し診療に活かすなど、一人ひとりの肌の状態に合わせて、一般皮膚科・美容皮膚科の診療を行っています。今回は、院長の一宮弘子先生に、クリニックのこだわりや特徴、患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

可能な限り患者様のご要望にお応えしたい
と思い美容医療を始める

――医師を志したキッカケを教えてください。

一宮 私は、もともとアトピー性皮膚炎を患っていて、小さい頃から皮膚科に通っていました。その中で、中学生ぐらいから漠然と医師になりたいという想いがありました。高校生になって理系に進んだこともあり、一番やりがいがある医学部に決めて医師になりました。母と同じ薬剤師もいいかなと思いましたが、医師の方が幅広い仕事に携われると思いました。

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

一宮 皮膚科は目で見て診断できるところが面白いと思いました。また、大学を卒業する時には結婚も決まっていたので、医師と家庭を両立していくことを考えた時に、内科や外科よりも両立しやすいというところも皮膚科を選んだ理由の一つです。

――美容医療を始められたキッカケは?

一宮 皮膚科専門医を取得するまでは、大学病院や基幹病院で診療をしていました。その中で、保険診療をメインに診てきましたが、シミやニキビ跡の相談をされることがありました。都心部と違って、私が研修医の頃は地域に美容医療を行っているような施設がありませんでした。
患者様にとっては、保険診療をしている私たち皮膚科医は身近で相談しやすい相手だったと思いますが、当時は窓口的な感じで相談が増えていきました。保険診療だけでは限界があるので、「ニキビは治せたけど、ニキビ跡は治してあげられない」「湿疹は治ったけど、その後の色素沈着は治してあげられない」といったお悩みに応えることができなかったこともあり、可能な限り患者様のご要望にお応えしたいという思いがあって美容医療をやろうと思いました。

いちみや皮フ科クリニック

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

一宮 勤務医時代から夫のクリニック(いちみや医院)を手伝っていたのですが、いつかは自分のやりたいことができるクリニックを開業したいと考えていました。また当時は、近くに大手美容外科クリニックはいくつかありましたが、普通に保険診療で来られた患者様が気軽に相談できるような美容クリニックがほとんどない状態でしたので、保険診療と自由診療を繋ぐ架け橋になるようなクリニックを作りたいなという想いがありました。普通に保険診療で皮膚科を受診しながら、その中でもっと高い目標を持っている患者様を自由診療で診ていきたいと思って開業しました。

スキンケア5原則「擦らない」「付けすぎない」
「落としすぎない」「遮光」「保湿」

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

一宮 当院はスキンケアをとても大事にしています。シミ治療やニキビ治療の患者様が多く、お金をかけてレーザーをあてたり、高いお化粧品を購入することも大事ですが、やはり日々のスキンケアが一番大事です。そこで当院では、「擦らない」「付けすぎない」「落としすぎない」「遮光」「保湿」という、スキンケア5原則を作っていて診療で活用しています。スキンケア5原則は、ある意味、基本的なことばかりですが、これができていない方が多いんですよ。皆さん、肌のことを考えて良かれと思ってやっていることでも、今はネットやSNSなど情報過多なので、間違ったやり方をしている方もいます。ニキビもお薬は出しますが、スキンケアが間違っているといくら頑張って治療しても結果が出なかったり再発を繰り返したりすることがあります。
そこは、私たち皮膚科医がきちんとエビデンスに基づいて正しい方向に導いてあげることが大事だと思っているので、スタッフも含め全員がそういうポリシーを持って取り組んでいます。きちんとご説明すると患者様も理解してくださる方が多く、良くなることで患者様からも感謝されます。それが私たちのモチベーションにも繋がっています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

一宮 美容医療は健康な方を治すとよく言われます。高いお金を頂く以上は必ず結果を出すことが大事だと思っていますが、施術をする方もされる方も人間なので1+1=2にならないこともありますし、予想していなかったことが起こりうることもありますので、そこが難しさや厳しさでもあります。ただ、それ以上に患者様が喜んでくださることの方が私やスタッフのやりがい喜びに繋がっています。

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

一宮 患者様との信頼関係が大事だと思っています。私やスタッフが患者様と信頼関係を築いてこそ、良い治療ができますので、そこはスタッフの接遇も含めて、いかに患者様を治してさしあげるか、満足して頂けるかを第一に考え、患者様に寄り添う医療の提供を心掛けています。

いちみや皮フ科クリニック

――先生が考える美・美しさとは?

一宮 一人ひとり個性があるように、美しさもそれぞれ違うものですが、美容医療をすることで、その方が本来持っている美しさが出てきます。とてもキレイな方なのに、今までの生活習慣やスキンケア習慣で、ちょっとしたトラブルを抱えていたりすることもあります。先ほどのスキンケア指導とも結びつきますが、そういったことも含めて治療してあげることで、その方が本来持っている美しさを引き出してあげることを大切にしています。

気軽に相談ができるクリニックにしていきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

一宮 一昔前は、美容医療と言えば、芸能人や一部の富裕層だけが受ける特別な治療というイメージがあったと思います。しかし近年は、都心部だけでなく地方都市でも、皮膚科の受診をした際に美容に関する相談をされる方が増えています。それこそ男性の方も、シミ治療などスキンケアで治したいという方も多くなってきました。当院のように、保険診療を受診した時に美容の相談ができるクリニックも増えてきていますので、気軽にご相談頂ければと思います。最初は敷居が高くて躊躇している方も、実際に受けてみると、悩みが解消できて「もっと早く受けておけば良かった」と言われる方も多いので、カウンセリングだけでも受けてみてください。

――今後の展開について教えてください。

一宮 新規の患者様をどんどん増やすというよりも、まずは当院に通ってくださっている患者様一人ひとりを大切にして、長いお付き合いができるように今後も患者様に寄り添った医療を提供していきたいと思います。そして、地域の皆様が気軽にいろいろな相談をできるようなクリニックにしていきたいです。

いちみや皮フ科クリニック 一宮院長

いちみや皮フ科クリニック

院長 一宮 弘子
   (いちみや ひろこ)

経 歴

2002年 大分医科大学医学科 卒業
2002年 大分医科大学皮膚科 入局
2004年 大分県立病院皮膚科 勤務
2009年 くらた医院 勤務

資格・所属学会

日本皮膚科学会 専門医
日本美容皮膚科学会 会員
日本臨床皮膚外科学会 会員

いちみや皮フ科クリニック

いちみや皮フ科クリニック

〒870-0841
大分県大分市六坊北町5番42号
上野メディカルタウン内
TEL: 097-576-9127

診療時間日・祝
9:00~12:30
14:30~17:30

△…第1・3・5木曜日休診 / 第2・4木曜日午前診療

休診日:第2・4木曜・土曜午後 日曜、祝日

関連記事

  1. 大分大学学長 北野正剛先生

    【ルックスケアと化粧療法医学―国立大学法人 大分大学学長―】患者様の社会復帰を叶えるために。その思いを形に、「腹腔鏡手術」から始まったルックスケア。

  2. 牧野皮膚科形成外科内科医院 牧野美容クリニック牧野太郎院長

    【牧野皮膚科形成外科内科医院】
    患者様の良いところを最大限に活かした手術をして幸せになってほしい

  1. Medicalmake Clinic 銀座院 for Men

  2. やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院

  3. ノリス美容クリニック

  4. スキンリファインクリニック 銀座院

  5. DIOクリニック 新宿院

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム