わたしの名医

スキンケアシリーズ「agora(アゴラ)」を開発した フェミークリニック 北山英美子先生

フェミークリニックは、渋谷、新宿、池袋、銀座、大阪梅田、心斎橋にクリニックがあり、一人ひとりに合った治療を提案しています。今回は、総院長兼新宿院院長の北山英美子先生に、医師を目指したキッカケやクリニックの特徴やこだわり、さらにオリジナルブランド「agora(アゴラ)」誕生の経緯や特徴などについて、お話を伺いました。

患者様の笑顔を見ることがやりがい

―― 医師を目指したキッカケを教えてください。

北山 父が医師だったこと、そして母からも勧められたことが一番大きかったかもしれません。あとは、女性として自立した仕事に就きたいという思いがありました。その中の一つに医師という仕事があり、医療の道を目指そうと思いました。

―― いろいろな科がある中で、なぜ形成外科医を目指されたのですか?

北山 私の頃は研修医制度がなかったので、大学6年生のときにどの科を選択するか進路を決めるのですが、いろいろな科を回った時に初めて形成外科がどのような治療や手術を行うのかを知りました。
ギリギリまで内科や皮膚科など、どの科にするか悩みましたが、傷跡をキレイにしたり、患者様のコンプレックスを無くしてあげたりするところにすごく興味を持ったので形成外科を選びました。また、美容に興味があったことも形成外科を選んだ理由の一つです。

―― 美容医療のやりがいや苦労などを教えてください。

北山 形成外科は、火傷の治療や顔の骨折、指がないものを再建するなど、すごく治療の範囲が広いんです。その中で、私が研修医のときの直属の助教授の先生が、乳がんで胸を無くした方の再建をしていたんですね。胸を再建してあげることで、患者様が元気になることが多く、見た目のコンプレックスを改善してあげるというのは形成外科も美容皮膚科も同じだと思います。私たちが治療することで、患者様が笑顔になる、元気になる、といった姿を見ることはやりがいの一つですね。
一方で、患者様と私たちの着地点を一緒にするところが難しい部分ですね。私が一番大事にしているのが、まさにその部分で、患者様が求める理想と、私たちができるところの限界をしっかり合わせることです。患者様の悩みを聞いて、すぐに施術をして終わりではなくて、まずカウンセラーが悩みを聞いて、どういう治療があるかを説明します。
その後、診察でも同じように治療の説明をして、施術の時も看護師から説明します。一つひとつしっかりと説明をして納得してもらって、患者様と私たちの着地点を一緒にして治療を進め、患者様に満足してもらうことが大事なんです。

一対一で時間をかけて
コミュニケーションを大事に対応

―― なぜ、ご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

北山 私は18年前に渋谷院を開院したのですが、医師になって1、2年目から美容に興味を持ち、将来は美容皮膚科を開きたいと思っていました。ただ、まだ医師になったばかりで形成外科の勉強もしなければいけませんでしたし、大学病院ではなかなか美容ができる環境ではなかったんですね。そんな中、自分の理想とする美容医療が行える環境が整ったこともあり、クリニックを始めることにしたんです。

―― フェミークリニックを開院するにあたり、どのような思いやこだわりがありましたか?

北山 大学病院では、なかなか一人ひとりの患者様に時間をかけることができませんので、患者様とのコミュニケーションを大事にして、しっかりと時間をかけて、その人に合った治療法を提案していくことを大事にしています。
全員が同じ悩みではないので、治療法や生活習慣、通院ペースなど、細かいところまで全部含めて提案していきます。私たちにとって患者様はたくさんいますが、患者様にとってクリニックは一つですので、そこを大事にしていきたいと思っています。

―― クリニックを開院してから多くの方を治療してこられたと思いますが、その中でも貴院が得意とする医療サービス(施術など)はありますか?

北山 一番多いのは、脱毛とニキビ、シミですが、最近はたるみやシワの治療も増えてきているので、特にこれが得意というものはありません。当院では、一人ひとりの悩みに沿って幅広く対応しています。

ライン使いを明確に提案できる製品を作りたい

agora アゴラ
左から、クレンジングゲル2,500円、ヒーリング石鹸2,000円、
化粧水3,500円、ビタミンC美容液6,500円

―― なぜ、オリジナルブランド「agora(アゴラ)」を作ろうと思ったのですか?

北山 保湿した方がいいとか、ヒダミンCのものを使った方がいいとか、洗顔はジェルの方がいいとか、いろいろ言っても患者様自身はなかなか製品を選ぶことが難しいですよね。ですから、私たちから提案していくのが良いと思うのですが、メーカーさんのライン使いだと、これはいらないとか、これは足した方がいいとかいったことが出てくるんですよ。肌の悩みを抱えている患者様を診ていく中で、明確に提案できるものがあれば、より分かりやすくスキンケアもしやすくなるかなと思って「agora」を作りました。

―― 「agora」の特徴を教えてください。

北山 クレンジングゲル、ピーリング石鹸、化粧水、ビタミンC美容液の4種類の製品があるのですが、本当に大事だと思うものを揃えました。優しく肌を守りながら化粧をしっかりと落としてあげるクレンジングと洗顔は基本となります。しかし、クレンジングと洗顔がしっかり正しくできている患者様って少ないんですよ。そこがきちんとできていないと、その後に付ける化粧水や美容液などの効果がなくなってしまいます。
ですから、保湿をしながらしっかりと化粧を落としてあげるためにクレンジングと洗顔石鹸を作りました。クレンジングゲルは潤いを保ち、ハリ・弾力を引き出します。ピーリング石鹸は、洗い上がりツルッとし、毛穴の奥まで洗い流してくれます。

化粧水に関しては、トラブルがある肌でもとにかく保湿してあげるというところに重点を置いて作りました。トロッとしたテクスチャーで保湿力もあるので、日々のスキンケアとして使っていただくことで、お肌を整えます。美容液はビタミンCが入っているので、皮脂のコントロールや肌を整えてあげるためのものです。

―― 開発する上で苦労されたことはありますか?

北山 効果を求めすぎてしまうと肌がピリピリしたり刺激が出てしまいますし、逆にマイルドにし過ぎてしまうと効果がイマイチだったりとするので、そのバランスは苦労しました。

今後はオンライン診療も含めて、
多くの患者様に対応していきたい

―― 今後の展開について教えてください。

北山 数年前までは、とにかく美容医療の敷居を下げて気軽に来られるところにしたいと思っていましたが、最近は美容皮膚科はキレイになれるから行った方がいい、といった言葉が普通に聞かれるようになりました。そこから次に何をするかを考えた時に、先ほどもお話しましたが、パッと治療して終わりということではなくて、例えばニキビでもどういう状態だから、この治療が良くて、このペースで通った方が良いということを、きちんと医師の口から伝えることをしていきたいです。

あとは、今コロナウイルスでクリニックに来られない患者様が増えています。当院でも電話やメールで対応していますが、今後はオンライン診療も含めてもっと広げていくことで、多くの患者様に対応していけるようにしたいと思います。

フェミークリニック 北山英美子先生

フェミークリニック

総院長兼新宿院院長
北山 英美子(きたやま えみこ)

経 歴

平成11年3月 東邦大学医学部卒業
平成11年5月 東邦大学形成外科 入局
平成11年5月 日本形成外科学会 所属
平成15年5月 日本美容外科学会 所属
平成15年5月 渋谷フェミークリニック 院長就任
平成16年11月 日本皮膚科学会 所属
平成18年2月 フェミークリニック 総院長就任
令和元年8月 新宿フェミークリニック 院長兼任 現在に至る

新宿フェミークリニック

フェミークリニック

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿 5F
TEL:0120-3888-65

診察時間 11:00~20:00 ※年末年始を除き無休

関連記事

  1. 公益社団法人化粧療法協会 大石華法会長

    視覚障害者の化粧療法「ブラインドメイク」を開発した大石華法がプラセンタ成分CARE&CUREに着目したプロのセラピスト使用の化粧品をプロデュース

  2. PRSS.JAPAN 株式会社 世良綾嗣社長

    医療機関が患者様の為に最良の治療を行うことができるように。 常に先端医療を把握し、世界から厳選された製品を供給。

  3. 広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

    “クリニックのケアをご自宅で”をコンセプトに開発した「Dr Soie(ドクターソワ)」広尾プライム皮膚科 谷祐子先生

  4. Juno beauty clinic新宿院 西岡 和昭先生

    外科と皮膚科を併合しエイジングメンテナンスを中心に女性の美しさをアップデートさせる Juno beauty clinic 新宿院 西岡 和昭先生

  5. 衣理クリニック表参道 統括院長 片桐衣理

    自身の経験値から開発した「E-SPECIAL(イースペシャル)」 衣理クリニック表参道 片桐衣理先生

  6. かじクリニック熊本 院長 梶昇吾

    「地域に根差して一人ひとりの患者様に向き合った治療を提供していきたい」かじクリニック熊本 梶 昇吾先生

  7. はなふさ皮膚科 院長 花房火月先生

    患者様の期待を超える治療を。価値を生む仕事をして、一歩ずつでも医療を前進させていきたい

  8. KIクリニック スミス馨子院長

    年配の方が気軽に来られるような地域に根ざしたクリニックであり続けたい KIクリニック スミス馨子先生

  9. わかばクリニック 工藤清加先生

    原点は自身の悩み。フラーレン配合の「Fullacera (フラセラ)」を開発した わかばクリニック 工藤清加先生

  1. 西大寺駅前A皮膚科

  2. エトワールレジーナクリニック

  3. Original Beauty Clinic GINZA

  4. わたなべ皮膚科

  5. THE SKIN CLINIC 神楽坂

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム