美容医療のかかりつけ わたしの名医

あおぞら新横浜クリニック

【あおぞら新横浜クリニック】
クリニックに来院される患者様はもちろん、訪問診療などを通じて幅広い世代に愛されるクリニックでありたい

あおぞら新横浜クリニックは、新横浜駅篠原口を出てすぐにあるクリニックです。一般内科・発熱外来・訪問診療を診察するあおぞら新横浜クリニック内に、美容皮膚科を扱う新横浜アートメイク Cielo Azulを開院されました。今回は、院長の齊藤優一先生に、美容皮膚科を始めようと思ったきっかけや、患者様を診察する上で大切にしていることなどを伺いました。

医療のチームリーダーのとしての
仕事に憧れ、医師を目指す

――齊藤先生が医師を志したきっかけを教えてください。

齊藤 父が医師だったことから、医療についての話を聞く機会が多くありました。父がクリニックを開業しており、幼い頃からクリニックへ遊びに行き、患者様やスタッフの方とお話していたため、医療の仕事をとても身近に感じていました。そんな経験から、スタッフに指示を出したり、患者様の治療方針を決めるなど、医療のチームリーダーとしての仕事に憧れを抱くようになり、医師を志しました。

――貴院は一般内科・発熱外来・訪問診療などの医療を提供されていらっしゃいましたが、美容医療を始めた理由やきっかけを教えてください。

齊藤 最初は内科医として勤務していましたが、様々な病院やクリニックにも非常勤医師として勤務をしていました。その中のひとつに美容クリニックがありました。実際、美容クリニックで働いてみたところ、保険とは違う面白さがありました。病気を治すのではなく、健康な人に+αの医療を提供することで、患者様に笑顔になっていただき、よりクオリティの高いサービスを提供できていることに魅力を感じました。当院は、コロナウイルスが流行りはじめた時期に、内科や訪問診療をメインに開院しました。当時は発熱やコロナウイルスに罹患した方向けの医療が求められていましたので、内科の範囲のみ診療をしていました。最近は、コロナウイルスも世の中に許容される状況になりつつあるので、美容の分野も取り入れることにしました。

あおぞら新横浜クリニック

患者様の理想とする
+αの医療を提供

――美容皮膚科を始めるにあたり、アートメイクを始めた理由を教えてください。

齊藤 アートメイクに関しては、ご縁があってアーティストの方をご紹介いただけたのがきっかけです。主に医師の指導の下、看護師が施術をするものをメインに行っています。

――クリニックにいらっしゃる患者様の年齢層はどのくらいの方が多いですか?

齊藤 開院当初は、内科なので高齢の方が多いと思っていましたが、30~40代の方が多いです。最近は0歳から高齢の方まで幅広い年代の方に来院いただいています。美容分野に関しても、20~50代まで幅広い年代の方がいらっしゃいます。男性美容も広まりつつありますが、アートメイクは女性の患者様が圧倒的に多いですね。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

齊藤 美容医療は、病気を治すこととは違い、よりその人の理想とする姿を追求する+αの領域だと思っています。患者様に喜んでいただけることが多いことがやりがいですね。ただ、最終的なゴールが患者様本人に委ねられるので、どこで納得されるかに個人差があります。そういった点は美容医療の難しさだと感じています。

あおぞら新横浜クリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

齊藤 何を求めて来院されているかをしっかり確認しています。患者様はどの施術をしたいかを決めてから来院されますが、患者様が求めるゴールのためには、違う施術の方ご提案する場合もあります。最終的な目的、どういった結果を求めているかを重視し、施術をご提案するようにしています。

――アートメイク、ボトックス注射以外の治療を増やしていくご予定はありますか?

齊藤 主に、機械を使った施術を増やしていきたいと考えています。ダーマペンや医療脱毛、HIFU、ハイドラジェントルなどを導入していきたいと思っています。3月から別フロアで美容メインのクリニックを開院しますので、これからも患者様のニーズに応えられる施術をどんどん取り入れていきたいと思っています。

――齊藤先生が思う美しさについて教えてください。

齊藤 何を美しいと思うかは千差万別で、個人の感覚に委ねられます。私が思う美しさは、「健康的であること」です。不足しているものを補ったり、悪いものを取り除くことで、肉体的にも精神的にも健康で美しくいられると思います。

あおぞら新横浜クリニック

自由診療の訪問サービスを展開し
幅広い世代に美容医療を提供していきたい

――これから美容医療を受けたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

齊藤 美容医療は初めて受ける時は緊張することが多いと思います。特に機械を使う治療は痛みやダウンタイムなどを不安に思われる方もいらっしゃいます。少しでも不安がある方は、ピーリングなどの優しく刺激の少ない治療からはじめてみるといいと思います。当院でも、ピーリングをはじめとした治療もどんどん取り入れていきますので、どんな治療をしていいかわからないという方はぜひ一度ご相談ください。

――今後の展開について教えてください。

齊藤 これまで保険診療で、訪問診療を行ってきました。クリニックに通えない方への自宅や施設へ伺い、薬の処方や医療行為を行ってきました。現在、自由診療ではそういった訪問のサービスはありません。機械を持って移動しないといけないので、多少の制限はありますが、小さい機械や薬剤であればどこでも施術は可能です。実際に企業にお伺いして、福利厚生として施術を受けていただくサービスを展開していこうと思っています。幅広い世代に、美容医療を受けやすい価格で提供できるよう努めていきたいです。

あおぞら新横浜クリニック

あおぞら新横浜クリニック
(新横浜アートメイク Cielo Azul)

院長  齊藤 優一
   (さいとう ゆういち)

経 歴

北里大学医学部卒
国際医療福祉大学三田病院
国際医療福祉大学熱海病院腎臓内科
その他訪問診療のクリニックを経て
2020年12月あおぞら新横浜クリニック開院

資格・所属学会

テキスト

あおぞら新横浜クリニック
(新横浜アートメイク Cielo Azul)

あおぞら新横浜クリニック

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町3014-2 東急新横浜南ビル4F

診療時間
13:00~19:00

医療アートメイク 13:00〜19:00
ボトックス注射(ボツリヌストキシン)14:00〜19:00

関連記事

  1. Kaleido Clinic 秋田護院長

    【Kaleido Clinic】
    患者様と信頼関係を築いて満足して頂くために、まずはスタッフが満足する組織作りを意識している

  2. 元町マリン眼科 蓮見由紀子院長

    【元町マリン眼科】
    すべての患者様に開かれたクリニック―だれでも気軽にできる美容医療へ

  3. 川崎たにぐち皮膚科 谷口隆志院長

    【川崎たにぐち皮膚科】
    保険診療から自由診療まで幅広く、病気を治すことを軸に診療を行っています

  4. 杉本クリニック 平野彩乃院長

    【杉本クリニック】
    老若男女に来ていただきやすい環境をさらに整えて、美容医療のハードルを下げていきたい

  5. うちだ皮膚科クリニック 内田敬久院長

    【うちだ皮膚科クリニック】
    患者様本位の医療―「病気を理解してもらう」診療と治療の目標を立てる

  6. 戸塚駅前はな皮フ科 院長 神崎亜希子

    【戸塚駅前はな皮フ科】
    肌診断機やダーモスコピー(拡大鏡)を使って診察し、スキンケアも含めたトータルな治療をご提案しています。

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。