【サッポロファクトリー 皮フ科・スキンケアクリニック】
居心地の良い環境と雰囲気作りで、ちょっとした相談でも気軽に来て頂けるクリニックにしたい

サッポロファクトリー 皮フ科・スキンケアクリニックは、女性医師と女性スタッフできめ細やかな医療を行っているクリニックです。今回は、院長の松本歩先生に、クリニックの特徴やこだわり、オリジナルコスメ「First Pearl(ファーストパール)シリーズ」の特徴などについて、お話を伺いました。

自分が好きなもの、やりたいものを選んでやってみたいと思い開業

――いろいろな科がある中で、なぜ皮膚科を選ばれたのですか?

松本 父が内科医なので、小さい頃から父の姿を見ていて自然と医師を志しました。皮膚科を選んだのは、美容皮膚科に興味があったからです。

――最初から美容皮膚科を目指されていたのですか?

松本 興味はありましたが、皮膚科で経験を積んでいく中でさらに美容皮膚科に目覚めたという感じです。当時は、美容皮膚科が今みたいにポピュラーではなく、ピーリングやフォトフェイシャルなどの治療が出始めたところで、当時大学で美容治療を行っているところは少なかったと思います。その中でも愛知医科大学病院は早い段階で美容治療を取り入れていました。このような環境の中で勤務させていただき、さらに美容医療に興味を持ちました。美容皮膚科は病気というよりも、元気な方がより元気になってくれる、もっと美しくなって喜んでもらえるなど、健康的にキレイになれるところに惹かれました。

――なぜご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

松本 勤務医の場合、機械の導入や治療法など、自分がこれをやりたいと思うことがあっても、クリニックの方針があるのでなかなか実現することができません。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

松本 すべて個室になっていて、ゆったりとできる居心地の良い環境と雰囲気作りで、ちょっとした相談でも気軽に来ていただけるクリニックにしたいと思っています。内装は個室ごとにお部屋のカラーも雰囲気も変えているのが特徴です。
施術で私が好きなのはピーリングやフォトフェイシャルですね。
あとは、スキンケアには力を入れています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

松本 やりがいは、治療した結果を見て患者様が喜んで頂けるところです。たるみが解消されたり、小さなシミが取れたりしただけでも、患者様の表情が明るくなって元気になる姿を見ると嬉しいですね。
一方で、患者様の期待値が高すぎて、出来ることと患者様が思い描く結果の差を埋めていくところが難しいところです。美容外科のように手術をするわけではありませんので、例えば、たるみにしても結果が手術したみたいに上方にひきつったようにつり上がるわけではありません。ただ、患者様はこうなりたいという理想を持って来院されますので、そこの差をカウンセリングで患者様に説明して納得して頂いた上で治療に入ります。

コスメジプシーの方に使ってほしい「First Pearl(ファーストパール)シリーズ」

――貴院が考える美容医療におけるホームケアの役割・重要性についてお聞かせください。

松本 肌を美しく健やかに保つために、ホームケアは本当に重要なポイントです。クリニックで1回施術を受けただけで、何十歳も若返るわけではありません。定期的にクリニックに通ってもらいつつ、ホームケアもきちんとしていただくことが大事です。クリニックと患者様が協力することで肌をよくしていきたいと思っています。そのために、シミや色味が出ている方は、紫外線に注意してください、肝斑は擦らないようにしてくださいなど、さまざまなアドバイスをさせて頂いています。

――ホームケアでお勧めしているブランドはありますか?

松本 「ガウディスキン(GAUDISKIN)」、「ゼオスキンヘルス(ZO SKIN HEALTH)」、「リビジョンスキンケア(REVISION SKINCARE)」、あとメイク用品でしたら「ビューティフルスキン」などです。全て、私が試して良いと思ったものを取り入れています。例えば、ガウディスキンは肌にマイルドですし、ゼオスキンヘルスは脂性肌やニキビ肌の人には適していると思います。
他にも、私が監修している「First Pearl(ファーストパール)シリーズ」もあります。あとは、院内で調合しているものあります。例えば、トラネキサム酸のクリームとビタミンCローション、コエンザイムQ10のクリームなどです。

――どのような方にお勧めしていますか?

松本 肌の状態や、あるいはご予算などもあるので、患者様によってお勧めする製品は変わってきます。中には、事前に調べてこの製品を使いたいという方もいらっしゃいますが、カウンセリングや診察をして、ご希望の製品がその方に合わない場合は、きちんと説明して他の製品をお勧めすることもあります。

――オリジナルコスメ「First Pearl(ファーストパール)シリーズ」を作ろうと思ったキッカケを教えてください。

松本 既製品ではなくて、自分で原材料や成分を選んで作りたいと思ったからです。特に、市販の製品で何を使っても合わない方、かぶれてしまう方、コスメジプシーの方に使ってほしい製品です。

――商品の特徴や開発する上でこだわった点を教えてください。

松本 開発する上でこだわったのは、「肌に優しいこと」「刺激がないこと」です。成分は、ビタミンC、プラセンタ、コラーゲン、ブラックシリカなどを入れています。実際に自分の肌で試していますし、合成香料、保存料、着色料などは使用していませんので、肌に優しい成分処方になっています。
現在8種類の製品を販売していますが、3月には新しく「バームクレンジング」を発売しました。刺激が少ないですし、固形ですが手に取るとトロっとしていて保湿効果を残したメイク落としです。

外見と内面の両方を磨いて美しくすることが理想的

――松本先生が考える美・美しさとは?

松本 美しさというのは総合的なものだと思います。1本のシワや、一つのシミが取れたから美しいというわけではありません。内面から出てくるものや醸し出すものもあると思います。もちろん、外見のお悩みを改善することで内面が若返ることもあると思いますので、外見と内面の両方を磨いて美しくすることが理想的かなと思います。

――これから美容医療を受けたいという方へメッセージをお願いします。

松本 クリニックに行くと高い治療をしなければいけないとか、何か製品を買わないといけないとか、そういったことは一切ありません。少し肌がざらざらするのでツルッとさせたいなど、些細なことでも肌の悩みがありましたら、カウンセリングだけでもいいので、気軽に受けに来て頂ければと思います。

――今後の展開について教えてください。

松本 肌のことで悩んでいる患者様のためにも、「First Pearl(ファーストパール)シリーズ」で新しい製品の開発は続けていきます。あとは、ホームページのリニューアルをしたいです。開院してから一度も変えておらず、ずっとリニューアルしたいと思いながらも、忙しくてなかなか手を付けることができませんでした。もっと患者様にとって分かりやすいものを作りたいです。

サッポロファクトリー 皮フ科・スキンケアクリニック

院長 松本 歩
   (まつもと あゆみ)

学 歴

愛知医科大学医学部 卒業
愛知医科大学医学部付属病院 皮膚科勤務
札幌医科大学付属病院 皮膚科勤務
愛知県厚生連海南病院 皮膚科勤務
札幌市内皮膚科 美容皮膚科勤務

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本レーザー医学会
日本抗加齢美容医療学会
日本香粧品学会
日本アンチエイジング医療協会

サッポロファクトリー 皮フ科・スキンケアクリニック

〒060-0032 札幌市中央区北2条東4丁目1-2
サッポロファクトリー2条館4F
TEL: 011-252-4112

診療時間 日・祝
10:00~12:30
14:30~18:00

休診日:木曜・日曜・ 祝日
…初診の時間
再診は午前10:00〜13:00まで、午後14:30〜18:30までとなります。
▲…土曜日午後14:30~16:30(再診 17:00)

関連記事

  1. 【みゆき皮フ科クリニック】
    美容皮膚科・皮膚科として信頼される医師・クリニックでありたい

  2. 藤岡眼科 藤岡聖子 副院長

    【医療法人秀真会 藤岡眼科】
    眼科医の知識と技術を活かして、美容皮膚科・形成外科(顔面のみ)の治療を行う

  1. あつこ 形成外科 皮膚科

  2. はなぶさ女性クリニック

  3. 大阪静脈瘤クリニック

  4. 医療法人向仁会とよかわ皮ふのクリニック

  5. はまなこ皮ふ科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム