わたしの名医

自身が本来持つ力を内的に取り戻す働きが期待される
高機能生成物素材「ヒト幹細胞培養上清液」

ヒト幹細胞培養上清液は、成長因子(グロースファクター)やサイトカイン、インターロイキンやSODなど、優れた生理活性効果を持つさまざまな成分が含まれている高機能生成物素材です。動植物の幹細胞培養上清液でなく、ヒト(人間)の幹細胞培養上清液を使用することでより確かな美容効果が期待されています。

ヒト幹細胞培養上清液とは

ヒト幹細胞培養上清液とは、ヒト幹細胞を培養・増産する過程で発生する「上澄み液」のことです。この「上澄み液」には幹細胞から分泌された数百種類の「サイトカイン」が豊富に含まれています。(※ヒト幹細胞は含まれません)
「サイトカイン」はタンパク質の一種であり、幹細胞から豊富に放出されています。
細胞間の情報伝達をする役割があり、細胞の増殖や分化を促進する働きがあります。また、ヒト幹細胞培養上清液中の情報伝達物質には、注目の成分「エクソソーム」も含まれています。

サイトカイン

ヒト幹細胞培養上清液には、幹細胞から分泌された数百種類のサイトカイン(タンパク質の一種)が豊富に含まれています。サイトカインには、細胞の増殖や分化を促進する働きのほか、古くなり弱った細胞を再起させるのに何が必要かを導き出し、必要な物質と細胞を結びつけることで細胞を元気にする細胞間での情報伝達を行う役割が期待されています。
サイトカインは遺伝情報を含まず、個人差がないため、投与に伴う拒絶反応や異物反応が生じにくいため、他人由来のサイトカインでも安全に臨床応用が可能と言われています。

エクソソーム

ヒト幹細胞培養上清液に含まれるサイトカインの情報伝達物質の中には、エクソソームも含まれています。
エクソソームは、細胞外小胞のことをいい、細胞間伝達物質の中で最も注目されている働きです。サイトカインの働きの中で必要な物質と細胞を結びつける過程において、情報伝達物質を包み込み、安全に送り届けるカプセルのような働きがあるといわれています。
エクソソームのカプセルが目的の組織細胞に入り確実に情報を伝達することで、弱った細胞を元気にする働きが期待されています。

ヒト幹細胞培養上清液は、外から症状を抑えるのではなく、自身が本来持つ力を内的に取り戻す働きがあるといわれています。

ヒト幹細胞培養上清液 主な含有成分

EGF(上皮細胞成長因子)

EGF(Epidermal Growth Factor)とは、人間の皮膚のほかにも、唾液や母乳にも含まれており、アミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。 EGFは肌において、角質層に働きかける役割を持ち、肌をなめらかに整えくすみ・たるみ・乾燥を補う役割が期待されています。

KGF(ケラチノサイト増殖因子)

KGF(Keratinocyte Growth Factor)とは、EGF同様アミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。 KGFは肌をなめらかに整える役割のほか、ヘアケアに優れ、健康な毛髪を育む役割が期待されています。

IGF(インシュリン様増殖因子)

IGFは、人間の細胞に働きかける役割をもっており、皮膚の健康維持を助けるといわれています。

などがあり、メーカーによって含有成分は異なります。

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム