美容医療のかかりつけ わたしの名医

おくむらクリニック 奥村千香副院長

【おくむらクリニック】
シミやシワの原因を理解してもらった上で、患者様の生活パターンに合わせてスキンケアをプランニング

おくむらクリニックは、長崎県諫早市で整形外科・形成外科・美容皮膚科の診療を行っています。今回は、副院長の奥村千香先生に、スキンケアの重要性や患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

親族の影響で医療に興味を持ち医師へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

奥村 私の父は整形外科、叔父は外科や脳外科など、医者家系で私が10代目です。みんな医師なので、お正月に親族で集まると自然と医療の話になることが多かったんですね。話を聞いているうちに外科医って面白そうだな、私も皮膚を縫いたいなって思うようになりました。また父が開業していたので、治療後患者様が喜ばれている姿を見て素晴らしい仕事だなと思いました。ですから最初から外科医になりたいという気持ちが強かったですね。

――いろいろな科がある中で、なぜ形成外科を選ばれたのですか?

奥村 外傷とか皮膚をキレイにすることにすごい憧れを持っていたことが形成外科を選んだ理由の一つです。あとは、私が進学した長崎大学の形成外科は長い歴史があるので、在学中に形成外科を学ぶことができました。整形外科の中に形成外科が含まれていた時代があり、長崎大学形成外科の難波教授が父の恩師のような方だったので、私自身も居心地が良かったんですよ。一生続けるには、無理のない皮膚科がいいなと思って形成外科を選びました。

――美容医療を始められたキッカケは?

奥村 長崎大学では美容医療は行わなかったのですが、美容外科学会に行った時にとても面白くて興味を持ちました。当時、美容外科は少し異端と言いますか、本筋ではないような扱われ方をしていましたが、実際はとても生活に即していて純粋に面白いなと思いました。当時はそこまで美容医療のニーズはありませんでした。しかしながら、きちんとした美容医療を患者様に提供できるようになりたいと思ったことが一つのキッカケです。
また、手術後の傷跡がキレイな方が私もストレスを感じませんし患者様も喜ばれますが、同じ手術をしても患者様の肌の状態によってキレイになる人とならない人がいます。要するに、肌がキレイな人の方が傷跡もキレイなんです。そうなると、きちんと美容医療を取り入れて、肌を良い状態に持っていってあげて、なおかつ傷跡もキレイになる方が良いなと思ったことも美容医療を始めようと思ったキッカケです。

患者様のことを考えて、シミができている原因や
スキンケアのことを説明

おくむらクリニック

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

奥村 スキンケアです。これは私が乳がんになったことがキッカケです。担当医から化学療法や放射線治療のことなど説明を受けたのですが、難しいことは頭の中に残りませんでした。その時に、これは自分が医師として患者様にレーザーやトレチノインの話をしていることも同じなのではと思いました。もちろん、きちんと説明することは必要ですが、その前の段階として肌のことやスキンケアのことをもっと説明しようと思ったんです。要は、シミやたるみの原因を患者様に分かってほしかったんです。
例えば、寒いところに長時間いて風邪をひいた方に薬を処方してあげたら治りますが、治った後に同じように寒いところにいたら、また風邪をひきますよね。きちんと原因を把握して予防することが大事なんです。それと同じで、シミ治療もスキンケアをきちんとすることが大事です。なぜシミができたのか原因が分からないでレーザーを受けたとしても、また同じことをやってしまうとシミができてしまいます。ですから、本当に患者様のことを考えた時に、シミができる原因やスキンケアのことを先に説明するべきだと思ったんです。

――ドクターズコスメを患者様にお勧めしたりすることもありますか?

奥村 あります。化粧品は、維持するものと機能を発揮するものの2つに分かれていると思います。ドクターズコスメは、0をプラスにするような強くて良いものなので、使い方を間違えると大変なことになってしまうため医師の説明が必要です。自己流でやってしまうと逆効果になってしまうので、良いものを使ったからそれで良いのではなくて、良いものを正しく使うことが大切です。そこは私の中でとても大切にしていることです。

おくむらクリニック

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

奥村 その人の生活を大事にすることです。生活スタイルはひとりひとり違いますので、その人の生活に合わせたスキンケアの方法をプランニングしています。例えば、18時にお風呂に入る人と23時にお風呂に入る人ではプランニングの仕方が変わってきます。

――具体的にどのように違うのか教えてください。

奥村 例えば、18時に帰宅してすぐにクレンジングと洗顔をします。そしてすぐに化粧品を付けた場合、機能的なものなら翌朝まで効果がありますので、その方が良いですよね。しかし23時に帰宅した方は、すぐにお風呂に入りたいと思うので、「お風呂に入った後にクレンジングと洗顔をした方が肌は乾燥しません」といったお話をしたりします。皆さん勘違いされているのですが、最近の浴室は乾燥するんですよ。なぜかというと、浴室は家の中で一番換気の良いところにあるからです。環境的なことだけではなく、生理学的に考えても汗や皮脂はお風呂の中で出るのですが、皆さんそこを無しにして考えているんです。本来は、お風呂上りに汗や皮脂を出してあげた方がいいのですが、お風呂上りにたくさんクリームを塗っている人もいます。解剖学的、生理学的に考えると、無理矢理つける化粧品はすごく矛盾しています。
なるべくわかりやすく、繰り返し患者様に説明します。化粧品や薬剤も使用方法の問題だと思っているので、私が患者様の生活のパターンでプランニングしてあげると、患者様も続けていくことができます。

――紫外線対策、保湿、擦らないといった基本的なことだけではないんですね。

奥村 基本的なことも大事ですが、正しい方法で覚えてくださるように意識付けをしないといけないと思っています。スキンケアのプランニングも同じで、例えば「クレンジングは30秒で済ませてください」といったように、私は必ず数字で表すようにしています。「30秒で済ませるためには、しっかり落ちるものを短時間で使ったほうがいいよね」という言い方をします。
洗顔も、私は石鹸洗顔が好きなのですが、なぜかというと、石鹸はアルカリ性で、汚れは酸性なので、くっつけさせるためには時間かかります。ですから、「3分ぐらい置いてから流すほうが肌荒れを起こさないでしょう」といったように、理由付けをして説明をすることで患者様も納得してくれます。誰でもできるようにハードルを下げてあげることも大事です。私はあくまでも患者様が頑張るためのサポーターだと思っているので私が指導してるわけではないです。

多くの方を元のキレイな状態に戻してあげたい

――今後の展開について教えてください。

奥村 皆さん、本当にキレイで能力も高いんです。「あなたは本当にキレイです」ということを、もっと多くの人たちに伝えていきたいです。生まれつきシミやシワがある人はいません。しかし、自分で自分を傷つけたり、間違ったスキンケアでマイナスの状態になっているんです。多くの方は肌もキレイですし、人としても美しい方です。皆さんを元のキレイな状態に戻してあげたいです。

おくむらクリニック 奥村千香副院長

おくむらクリニック

副院長 奥村 千香
   (おくむら ちか)

経 歴

1989年 長崎大学医学部卒 同年長崎大学医学部形成外科教室入局
1991年 長崎大学医学部腫瘍医学教室にて移植免疫の研究を行う。
1995年 博士号取得 長崎大学病院および関連病院に勤務
1998年 おくむらクリニックにて形成外科診療開始
        おくむらクリニック副院長
        代々医科の家系で10代目となる。

資格・所属学会

形成外科専門医
日本医学脱毛学会 理事
日本医学脱毛学会第47回学術集会 会頭

所属学会
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本医学脱毛学会
日本美容皮膚科学会

社会活動としてエフエム長崎番組審議委員を務めている

おくむらクリニック

おくむらクリニック

〒854-0015
長崎県諫早市西小路町774-5
TEL: 0957-22-3584

診療時間 日・祝
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日:日・祝日
▲…土曜日は9:00~14:00

関連記事

  1. 小林皮ふ科医院 小林亜紀子院長

    【小林皮ふ科医院】
    長年通ってくださる患者様を大切にしながら、これからも地域医療に貢献していきたい

  1. 神谷ひふ科

  2. ルシアクリニック銀座院

  3. うえさか歯科

  4. ゆう美容クリニック

  5. スキンシアクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム