わたしの名医

かかみがはら形成外科クリニック 二宮龍之介院長

【かかみがはら形成外科クリニック】
「NeoVoirⅠ(ネオヴォワールⅠ)」を導入したことで、治療計画が立てやすくなり、患者様が治療に前向きになった

2021年6月に開院した「かかみがはら形成外科クリニック」は、地域に根付いたクリニックとして、多くの患者様が通われています。また、開院当初から肌分析機「NeoVoirⅠ」を導入し、患者様の治療にあたっています。今回は、院長の二宮龍之介先生に肌分析機「NeoVoirⅠ」についてお話を伺いました。

悩みに合わせてレーザー機器を組み合わせるオーダーメイドレーザー治療

――医師を志したキッカケを教えてください。

二宮 祖父も父も兄も医師で医者家系なんです。父が楽しそうに仕事をしている姿を見て、とても良い仕事だなと思っていました。それで自然と医師を志すようになりました。

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

二宮 当院は2021年6月に開院したのですが、それまで岐阜県各務原市には形成外科のクリニックがなかったんです。形成外科や美容クリニックがあまりないので、地域の皆様に身近に感じて気軽に来ていただけるクリニックにしたいと思っています。また当院の隣に兄が内科で開業しているので、二つのクリニックで地域に貢献していきたいです。

かかみがはら形成外科クリニック

――貴院が得意とする医療サービスについて教えてください。

二宮 レーザー機器による、肌治療に力を入れています。肌分析機を使って患者様の肌を診断しお悩みに合わせてレーザー機器をいくつか組み合わせるオーダーメイドレーザーという治療が患者様からご好評を頂いています。

――オーダーメイドレーザーと言うのはあまり聞かないですね。

二宮 レーザーや肌治療の機器は、たくさんの種類があり患者様自身が選べる選択肢があるのは良いのですが、どの治療が自分に合っているか分からないという患者様も多いんです。お悩みについて相談し、その日の患者様に合った治療を組み合わせてこちらがご提案する方法に取り組んでいます。

――あまりそういう形で治療法を提案しているクリニックはないですよね。

二宮 医局の先輩が、同じように治療を組み合わせるカスタマイズレーザーという治療を行っています。患者様が気になっているシミ以外にもお顔全体の肌が綺麗になることでより喜んでいる姿が印象的で参考にしています。

日本語で使いやすく操作的にもすぐにマスターできる「NeoVoirⅠ(ネオヴォワールⅠ)」

かかみがはら形成外科クリニック 二宮龍之介院長

――NeoVoirⅠを導入しようと思ったキッカケを教えてください。

二宮 以前は肌を比較するときに一眼レフのカメラを使っていたのですが、部屋の明るさや患者様の服装によって光の加減が変わり、同じ条件で撮るのが難しかったんですね。正しい診断をするためには、同じ条件で撮影したものを比較して、治療の効果やどのような変化があるのかが重要だと思っていたので、肌分析機がどうしても必要だと思っていました。そこで機能がしっかりしていて使いやすいものを探していた時に、形成外科学会でシーラボさんがNeoVoirⅠを出展されていたんです。いろいろお話を聞いて開院前にデモをしてもらったところ、スタッフの反応がすごく良かったのでいいなと思いました。操作が簡単で同じ条件で撮れることはとても重要な条件でしたね。

――導入前に不安点などはありませんでしたか?

二宮 スタッフがうまく使えるかどうかが一番不安でした。デモと講習で丁寧に説明して頂いて、その場でスタッフが簡単に使えるようになっていたので全く心配はありませんでした。
NeoVoirⅠは、機能と価格でバランスが良いのと、日本語で使いやすく操作方法もすぐにマスターできるという点で、総合的に見て一番良いと思いました。また、分析もアジア人の肌のデータを使っていると伺ったのも後押しとなりました。

――NeoVoirⅠを導入されたのはいつですか? また、主にどなたが使用されていますか?

二宮 導入したのはオープン当初からです。撮影と分析まではスタッフにお願いをしていて、撮影後に撮った画像を比較して患者様に説明したり治療の内容を決めたりするのは私が行っています。

――実際にNeoVoirⅠを使ってみて、どのようなところが良かったですか?

二宮 当院ではレーザー治療する方には無料で肌診断を行っているのですが、患者様にも分かりやすく見えるところが良かった点です。例えば、今まで自覚していなかった小さなシミや赤みも判断できるので、患者様がこんなにシミとか赤みがあるんだったら治療したいと前向きになってくれるんですよ。
あとは治療前の写真と比較してこれだけ良くなったんだという効果を実感してくれるところが一番良いところです。逆に、私たちもまだこれだけシミが残っているからこういう治療をしようとか治療の計画を立てることもできます。まだ導入して日が浅いのでもう少し使いこなせるといいなと思っています。

――さまざまな機能がある中で、特に患者様に好評なものはありますか?

二宮 一番反響があるのはUV光でのシミの確認です。いい意味でも悪い意味でも反響がありますね。こんなにシミがあるのって驚かれる方もいます。あとは肌の総合分析です。数値をしっかり見て理解していただいています。中には知りたくなかったという方もいますが、今の自分の状況を客観的に知ることで治療に積極的に取り組もうと思ってくださる方が多いです。

かかみがはら形成外科クリニック 二宮龍之介院長

――NeoVoirⅠを導入して患者様にとってもクリニックにとってもメリットしかないという感じですね。

二宮 そうですね。クリニックとしても、同じ条件の写真が手間をかけずに撮影できますし、患者様も治療に前向きになってくれるので、とてもメリットがある機械だと思います。

――NeoVoirⅠの導入を検討されているクリニックへメッセージをお願いします。

二宮 普通の医療機関でもレントゲンやCTを撮ったりすると思いますが、画像の記録はとても大事だと思います。同じ条件の写真を撮るというのは肌を治療していくうえでとても重要だと思っています。クリニックは写真を簡単に撮影でき、患者様は治療前後の画像を比較できるなど、どちらにとってもメリットがあると思うで肌診断機の導入はお勧めです。

地域に根差したクリニックとして、幅広い世代の方に来てほしい

――クリニックとして、今後の展望を教えてください。

二宮 大きな病院で働いていた時は、なかなか患者様一人ひとりに対して時間が取れませんでしたが、今は時間をかけて患者様の悩みをしっかり聞いてあげるカウンセリングに重点を置いています。形成外科、美容医療を身近に感じてもらい幅広い世代に来ていただきたいです。そのためにも患者様のお悩みに寄り添えるような診療や治療法を提案していきたい。
形成外科、美容医療で+αができるクリニックとして患者様が通院を楽しみにしてくれたら最高だと思っています。

かかみがはら形成外科クリニック 二宮龍之介院長

かかみがはら形成外科クリニック

院長 二宮 龍之介
   (にのみや りゅうのすけ)

経 歴

帝京大学・卒業
横浜市立大学・形成外科入局
国際医療福祉大学附属病院・形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター・形成外科・高度救命救急センター
横浜市立大学附属病院・形成外科
藤沢湘南台病院・形成外科
藤沢市民病院・形成外科
大手美容外科クリニック
かかみがはら形成外科クリニック 開院

資格・所属学会

日本形成外科学会 専門医
日本熱傷学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容皮膚科学会

かかみがはら形成外科クリニック

かかみがはら形成外科クリニック

〒504-0941 岐阜県各務原市三井町3丁目3番-2
TEL: 058-216-6166

診療時間
10:00~19:00

休診日:月曜、木曜

関連記事

  1. オーマイクリニック 山口征大院長

    【オーマイクリニック】
    患者様には、質の高い美容医療を適正価格で提供していきたい

  1. 千里皮膚科

  2. 皮フ科 河野クリニック

  3. 丸田ひふ科

  4. Ai Medical Clinic Fukuoka

  5. 浦添伊祖皮膚科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム