美容医療のかかりつけ わたしの名医

e-clinic 院長 円戸 望

【eclinicグループ】
一人でも多くの方が高品質の美容医療を低価格で受けられるようにしていきたい

eclinic グループ(eclinic 、eスキンクリニック金沢、eskin&e-clinic富山)では、お悩みに対していろいろな選択肢を提案し、その方に合ったベストの治療を行っています。今回は、eclinic院長の円戸望先生に、クリニックのこだわりや特徴、患者様を診察・施術する上で大切にされていることなどについて、お話を伺いました。

自分の腕一本で勝負したいと思い
美容医療の世界へ

――医師を志したキッカケを教えてください。

円戸 親が病気がちでしたので一緒に病院に行く機会が多くありました。その中で、人を救う仕事はやりがいがあって素晴らしいなと思うようになり医学に興味を持ちました。私自身もスポーツをしていたので、病気や怪我を治す医師の存在は大きく、進路を決めるうえで一つのキッカケとなりました。

――美容医療を始められたキッカケは?

円戸 幼少期より自分の外見にコンプレックを抱いたり、外見によって他者から評価が異なることに純粋な疑問を抱いていました。『人は見た目が9割』『外見は内面の1番外側』などの言葉で表せられるよう、外見が人の内面や社会生活に深く関わっている事を理解すると同時に、『世の中そういうものだな…』と納得せずに、その不平等性に対して何か出来ないかと思うようになりました。素晴らしい内面を持っていてもそれを発揮できない人がいることはもったいないと思います。外見で悩む人を少しでも減らすため、多くの人が見た目に捉われず自分の力を発揮して自由に表現出来る手助けをするために、美容医療という学問に興味を持ちました。また、医師としての日本での生き方を考えた時、自由診療である美容外科が自分の幼少期からの哲学と社会人としての生き方を両立できる仕事だと感じるようになりました。
研修医が終わってすぐに大手美容クリニックに入りました。 もともと外科系に進みたいと思っていたのですが、日本と海外では外科医、手術に対する価値観が違うところがあると思います。どらかというと海外では腕の良いドクターに患者様の指名が入り報酬も上がっていきます。しかし日本では、研究者や内科的治療で貢献した方が注目される傾向があるように思います。 それは、もちろん良いことなのですが、私は手術が好きで、しかも形成外科のような手技の結果が分かる手術が好きだったんです。そこで海外のように自分の腕一本で勝負して患者様を呼べるような外科医になるために美容外科だと思って、研修終了後に美容医療の世界に進みました。

e-clinic

――クリニックを開院したキッカケを教えてください。

円戸 研修医の頃から開業したいという思いはありました。私の中で「一人ひとりに合った医療を提供したい」など、理想とする医療を追求したいと思いましたが、大手のクリニックでは、そこの方針やルールがあるので組織が巨大化していくほど、自分が理想とする美容医療とギャップが生まれてきます。
また私の中で、誰もが施術を受けやすい価格で質の良い美容医療が提供することができれば、美容医療がもっと広まって救われる方が増えるのかなという想いを漠然と抱いていました。そこで、「より低価格で高品質にこだわった美容医療を提供すること」にこだわりたいと思って開業しました。

いろいろな選択肢を提案した中で
ベストな治療を提供

――貴院のこだわりや特徴について教えてください。

円戸 eclinicグループでは、何か専門性を決めて、それに特化して手術を行うのではなく、オールマイティーに全て行っています。さまざまな悩みに対応していますが、目、鼻、輪郭など若返りを、バランスをとって一気にできるところは全国的にみても珍しいと思いますので、そこは一つの特徴だと思います。
いろいろな悩みを抱えていたとしても、料金が高くて一つの施術しかできないと諦めている方もいると思います。しかし価格を抑えることでやりたいことが全てできるようにすることで、結果的に患者様の満足度が上がると思いますので、「高品質」と「低価格」という部分にはこだわっています。そして、それを実現するためにもドクターの技術向上や企業努力をしていきます。

e-clinic

――患者様を診察・施術する上で大切にされていることはありますか?

円戸 美容医療は病気や怪我を治すわけではなく、コンプレックスを解消したり満足したりするために行うことが多いので、きちんとニーズを引き出すことが大事です。結果としてベストな選択をしたと思って頂けるように、いろいろな選択肢を提供した中でベストなものを選んで頂くことが大切だと思います。当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、日本の美容外科では、これはできるけどこれはできないということが結構多くあります。
しかし私の場合は、大手クリニックに勤務していた頃から、いろいろ悩みに対応できるように技術を習得してきました。ですから、患者様にいろいろな選択肢を提案した中でベストな治療ができるようにしています。

――美容医療のやりがいや難しさについて教えてください。

円戸 患者様の満足度がゴールになるので、決まった正解があるわけではありません。時代のニーズや流れもありますし、その中で患者様自身が施術内容を決めていくところが他の診療科とは違う部分かなと思います。
皆さん、強い意志を持って来られますので、その分ハードルが高く、求められていることへの精神的なプレッシャーはあるのかなと思います。また合併症が起こる可能性はあるので、そうなった時に高いお金を払ったのに失敗したというイメージを持たれて患者様の満足度が下がることがあります。そういう面で、少なからず満足して頂けない方が出てきてしまうのは難しいところだと思います。
しかし、そういう方を1%でも減らすためにカウンセリングで要望をしっかり聞き出して、より合併症等のリスクが少ない施術を選択しています。100%はありえませんが、常に100%を目指すように日々施術内容をアップデートしています。

一人の医師としてもグループとしても
成長していきたい

――先生が考える美・美しさとは?

円戸 美しさには、自分の美的感覚や流行など、いろいろな要素があると思います。その中で、人が美しいと思う感覚は数十年という単位では大枠では変わらないと思います。流行がある中で、その枠から外れないことは大事だと思いますが、少なからず他人から良く見られるために見た目を良くしたいという気持ちもあると思いますので、異性・同性問わず、他者からの評価を考慮して手術することも一つだと思います。せっかく手術をしても周りからの評価が低いと満足度が下がっていって、自分で希望したのに結果として「不満」に繋がってしまうので、その人の希望と周りの方の評価や社会的背景を意識しながら施術をする方がいいと思います。自分の美的感覚、人が昔から美しいと思っている造形美、トレンド、この三つを組み合わせることが大事だと思います。

――今後の展開について教えてください。

円戸 eclinicグループとしては、最初に掲げたコンセプト「低価格」「高品質」は変えずに続けていきます。私自身、低価格で高品質のものを提供している企業は、業種を問わず企業努力をしているなと感じています。美容医療は高いというイメージがありますが、高品質な美容医療を低価格で提供し続けて、価格と品質のバランスで日本一を目指していきたいと思っています。eclinicグループなら、それが実現できると信じています。
そして一人の医師としては、最新医療を極めたいと思っています。今まで不可能だったことを私が第一線としてできるようになったり、リスクを負わなければできなかったことができるようになったりするような役割を担っていきたいと思っています。
また、多くの患者様に来て頂く中で、予約が取りづらいという状況も出てきていますので、今後は会員制にして予約を取りやすくすることも考えています。

e-clinic 院長 円戸 望

eclinic

院長 円戸 望
   (えんど のぞみ)

経 歴

富山大学医学部医学科卒
高岡市民病院(形成外科・麻酔科・皮膚科)
Fort Wayne Parkview 病院
厚生連高岡病院
金沢医科大学付属病院
湘南美容クリニック新宿本院
湘南美容クリニック新宿南口院
湘南美容クリニック新潟院 院長就任
湘南美容クリニック金沢院 院長就任

資格・所属学会

テキスト

eclinic

石川県金沢市駅西本町1丁目14番29号
サン金沢ビル1F

診療時間
9:30~18:00

休診日:水曜日・木曜日

e-clinic

eスキンクリニック金沢

石川県金沢市広岡2丁目13−37
ST金沢ビル1階

診療時間
9:00~18:00

休診日:日曜日・月曜日

eskin&e-clinic富山

富山県射水市戸破2164-2

診療時間
9:30~18:00

※診察は16:00まで
休診日:火曜日・水曜日

人気記事

新着記事

最新クリニック

Facebook

Instagram