わたしの名医

フラーレン
あらゆる肌悩みにアプローチする美容成分

「年齢を重ねるごとに肌悩みが増える」「今のケアだと効果を感じられない」そう感じている方も多いのではないでしょうか。
近年、美容業界で注目されている成分「フラーレン」は、あらゆる肌悩みに役立つといわれています。
美しく年齢を重ねていくためには、美容成分の働きや自分の肌に必要かどうかを知ることが大切です。

フラーレンとは

フラーレンとは、60個の炭素原子がサッカーボール状に組み合わさった球状物質のことです。
その構造が、建築家バックミンスター・フラーが設計した球状ドームと似ていたのでフラーレンとよばれるようになりました。

フラーレンが発見されたのは1985年のこと。
宇宙空間に存在する物質を研究していたクロトー、カーリー、スモールらによって偶然発見されました。
それまでフラーレンは、理論上は存在するけれども実際には存在しない架空の物質とされていたため、この発見は世界に衝撃を与えたのです。
そして発見の功績が認められた3人は1996年にノーベル化学賞を受賞。 その発見以降、様々な分野においてフラーレンの研究は進められ、特性を活かした医薬・光学材料・半導体などに利用されるようになりました。
化粧品原料としては2005年に発売。現在でもフラーレンの研究は進められており、エイジレス効果が期待できる美容成分として注目されています。

フラーレンの特徴

フラーレンは、ビタミンCやレチノールと並ぶほど注目されている美容成分です。
その特徴は、様々なエイジングサインにアプローチするところです。

年齢を重ねるごとに肌悩みが増えていくものですが、その要因の一つは活性酸素の働きによるものと考えられています。 フラーレンは、肌年齢を感じさせない美肌づくりの効果があると言われています。
同じような働きをもつ成分にビタミンCがありますが、ビタミンCは、自身が身代わりとなって酸化・消滅することで肌へのダメージを防ぐ効果があります。対してフラーレンは、ビタミンCのように消滅することなく肌へのダメージを防ぐことができるのです。 また、その働きは長時間継続される点も大きな特徴とされています。

・活性酸素が肌に与える影響

活性酸素とは、私たちが生命を維持するために取り入れる酸素の一部が攻撃的な物質に変化したもののこと。呼吸によって取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変化すると言われています。 酸素が変化した活性酸素は、体内に侵入してきた細菌やウイルスから守る働きがあります。
しかし、活性酸素が増えすぎると細胞やたんぱく質、DNAを酸化させてしまい、それが病気や肌老化の一因になると考えられています。 活性酸素によって酸化ダメージを受けた肌は、様々な肌トラブルを引き起こします。

その最大の要因は紫外線と言われています。他にも食の内容・過度な運動、飲酒・ストレス・タバコ・排気ガス・電磁波なども、活性酸素を増やす要因です。
美しく年齢を重ねていくためにも、生活習慣の見直しを行うことがとても大切です。

フラーレンで期待できる肌への効果

それぞれの肌悩みに合った化粧品を使うことも大切ですが、使うアイテムを増やすことが大人の肌悩みを減らす近道になるとは限りません。 フラーレンはそのマルチな働きで肌悩みにアプローチしてくれるので、使うアイテムを増やさなくてもシンプルなケアで美肌に導いてくれる効果が期待できます。

フラーレンは効果がない?

フラーレンはその穏やかな作用から「効果がない」と感じられる方もいらっしゃいます。フラーレンの肌に対する効果には様々な研究データがすでに立証されており、多くの化粧品に採用されています。

フラーレンに副作用や毒性はないの?

フラーレンは炭素原子であり、いわゆる炭の仲間です。私たち人間の身体の一部も炭素で構成されているので刺激性は低く、毒性・副作用もありません。
フラーレンの化粧品が販売されたのは2005年と、比較的新しいものではありますが、フラーレンそのものは非常に安定性があり、安全性も高いと言われています。

医薬品は、効能・効果を重視する一方で副作用のリスクがありますが、日常的に使用する化粧品は安定性・安全性を重視します。
特に化粧品として販売されているフラーレンは、安全性に関わる毒性試験9項目の試験を全てクリアしており、安全性の高さが確認されています。
フラーレンは反応感受性が高く、別の成分と反応した際に皮膚へのダメージとなる可能性がありますが、その反応が出ない安全な濃度で化粧品に配合されています。

どの化粧品・美容成分にも言えることですが、全ての方に合うわけではありません。 心配であれば、パッチテストを行ってから使用するのが良いでしょう。

フラーレン配合化粧品のロゴマークの見方

フラーレン配合の化粧品を選ぶ際に、一つの目安となるのがロゴマークです。
このロゴマークがついたフラーレン配合化粧品は7種類に分けられています。 化粧品の用途などによって適したフラーレンが配合されており、それぞれの特徴に合ったロゴマークが付与されています。

・「R.S.」Radical Sponge→低刺激の水溶性フラーレン配合
・「L.F.」LipoFullerene→油溶性のフラーレン配合
・「V.F.」Veil Fullerene→パウダー状にしたフラーレン配合
・「M.F.」Moist Fullerene→保湿と浸透性もプラスしたフラーレン配合
・「S.F.」Sun Guard Fullerene A→サンケア専用のフラーレン配合
・「H.F.」Hair Shiny Fullerene→ヘアケア専用のフラーレン配合
・「N.F.」Natural Fullerene→ 100%植物由来のフラーレン(原料)配合

上記に挙げたロゴマークは、フラーレンを規定値以上配合された証となります。

まとめ

ビタミンCやレチノールと並ぶほど注目されているフラーレンは、他の美容成分と違った特徴を持ち、あらゆる肌悩みにアプローチしてくれる美容成分です。 フラーレンを日々の生活に取り入れることで、肌年齢を感じさせない、ハリのある毎日へと導いてくれます。 現在も研究が進められているフラーレンは、今後さらなる進化を遂げるかもしれない注目の美容成分と言えるでしょう。

ラボガールの内緒話

多くのドクターズコスメを処方・製造してきたラボで働く女性、通称「ラボガール」にフラーレンの内緒話を教えてもらいました!

教えてくれたラボガールは

永田さん

愛犬のトイプードルをこよなく愛する永田さん。

お休みの日は美味しいごはん屋さんを巡ったり、読書を楽しんだりするほんわかラボガール。

当ラボで使っているフラーレンは「濃いめなこげ茶色」をしています。
ですが、化粧品にする際は他の原料と混ぜて使用をしているので、黄色っぽくなります。もちろん含有量にもよりますが、あの濃いめなこげ茶色が黄色っぽくなるのも科学の不思議ですね。

フラーレンは一袋だけでもとても高価で、中古の軽自動車が買えるくらいします。最後の一滴まで無駄のないように、絞ったり、擦ったり・・・。フラーレンを扱うときはいかに最後まで使い切るかの戦いなのでとても緊張しますね。
フラーレン配合の化粧品を使用する際は、ぜひ最後の1滴まで使っていただきたいですね!!

  1. 千里皮膚科

  2. 皮フ科 河野クリニック

  3. 丸田ひふ科

  4. Ai Medical Clinic Fukuoka

  5. 浦添伊祖皮膚科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content