美容医療のかかりつけ わたしの名医

【徹底解説】サーマクールの効果や副作用について紹介!アンチエイジングに効果あり!?

年齢が上がるにつれて、気になってくる肌のシワや顔のたるみ。加齢に伴い悩みを抱える方は大変多いです。

数多くある美容施術の中でも、、肌の引き締めやリフトアップ効果が期待できる「サーマクール」は、肌に高周波を充てる治療です。
今回は『サーマクール』に関して、期待できる効果や、使用した場合の副作用、使用前後で注意する点や施術の流れなど、総合的に解説していきます。

サーマクールとは?

サーマクールはメスを使わないフェイスリフト術で、肌の引き締め効果やフェイスライン改善が期待できる施術です。

肌にサーマクールで高周波の熱を与えると、真皮層や脂肪層内まで届くことでコラーゲンや、皮下組織の繊維隔壁が収縮します。収縮したコラーゲンを修復するために新たなコラーゲンが大量に生成され、肌が深部から再構築されます。

新たなコラーゲンが大量に生成されることにより、、たるみや小じわの改善や、ハリ感・リフトアップ効果が期待され、毛穴の目立たない艶のある美肌へと繋がります。

たるみの原因は?

たるみの原因は主に2つ考えられます。

1つめは肌の、「真皮層」のコラーゲンやエラスチンの減少によるものです。肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンは加齢に伴い劣化・減少していき、「真皮層」が表皮を支えきることができなくなり、皮膚がたるんでしまいます。

2つめは、「脂肪層」の老化によるものです。「脂肪層」は「真皮層」の下にあり、皮膚をクッションのように支える役目を果たしています。「脂肪層」は、コラーゲンでできた繊維状の組織で支えられているので、この繊維状組織が、加齢とともに弾力を失ってしまいます。、「脂肪層」が重力に負けてしまうことで、たるみに繋がります

期待できる効果

こんなお悩みの方に

サーマクールは下記のお悩みを抱えている方が対象です。

顔のたるみが気になる
小ジワが気になる
たるんだフェイスラインが気になる
リフトアップをしたい
ニキビ跡が気になる
毛穴の開きを改善したい
切らない施術をしたい


年齢を重ねるごとに気になってくるたるみやシワの改善したい方や、ニキビ跡や毛穴の開きなどお肌のトラブルが気になる方にもオススメです。たるみやシワの改善やリフトアップの効果が期待されているので、見た目の若返りを期待できます。

主な効果

たるみや小じわの改善

サーマクールでは、たるみや小じわの改善が期待できます。
加齢に伴いコラーゲンは減少していきますが、サーマクールで高周波を照射し、真皮層まで熱を届けることで、新しいコラーゲンが大量に生成されます。
肌のハリを保っているコラーゲンが増えることで、たるみや小じわの改善効果が期待され、若々しい肌に繋がります。

肌にハリやキメが生まれる

サーマクールには、肌にハリとキメを与える効果が期待できます。
高周波による熱作用で、、肌が引き締められキメの細かい肌になり、コラーゲンの増幅により肌にハリがもたらされます

毛穴の開きを改善

サーマクールには、たるみによる毛穴の開きの改善が期待できます。
毛穴が広がる原因の一つは、皮脂が毛穴に溜まって押し広げられることですが、サーマクールを照射することで、皮脂の分泌が抑制されます。肌のターンオーバーが正常化し、皮脂の排出がスムーズになることで、、毛穴の開きの改善が期待できます。

ニキビ跡の改善

サーマクールには、肌の新陳代謝を活性化させる効果があり、、ニキビやニキビ跡の改善が期待できます。
サーマクールの照射する際の熱によって、ニキビの原因「アクネ菌」が殺菌され、皮脂の分泌がコントロールでき抑制されます。 ニキビの原因である、「アクネ菌」の繁殖が防げることで、ニキビができにくい肌へと繋がります

デメリットや副作用

副作用

サーマクールは、やりすぎるとリスクが高いので注意が必要です。
肌の引き締め効果や若返り効果が期待できる施術なので、、過剰に行ってしまうと頬がこけてしまい、痩せこけた印象や老けた印象になってしまいます

特に元々頬の肉が薄い方や痩せた顔立ちの方は、特に注意していかなければなりません。医師に相談して、、どこまで施術していくか、どのような顔が理想なのかを相談しましょう。

デメリット

サーマクールのデメリットとして、、他の美容治療と比較して熱さや痛みが強い点が挙げられます。高周波を照射することで皮膚内部で軽いヤケドを起こし、その修復過程でコラーゲンが生成され、肌のハリに繋がる仕組みなので熱さや痛みが生じます。

個人差はありますが、、施術の終盤になると肌への熱が蓄積して、痛みや熱さが辛いと感じることがあります。 痛みに敏感な方は前もって医師に相談しましょう。

過剰な施術によって、期待した効果が得られない可能性があります。より効果を得るためにも、事前に医師へ相談して施術を行いましょう。

サーマクールの種類

サーマクールの照射する機械は、改善を重ね徐々に進化を遂げています。3代目の機種である、「サーマクールCPT」と4代目機種の、「サーマクールFLX」、目元に特化している、「サーマクールアイ」についてそれぞれの違いについて説明します。

サーマクールCPT

サーマクールの効果は照射パワーと比例するため、照射して一番熱くなるところに痛みを感じてしまいます。照射パワーが強く当たり、痛みが強い部分に関しては、全体の照射パワーを下げる必要があり、一番弱く当たっているところは効果を感じづらくなっていました。

サーマクールCPTは、均等に熱を伝える新型チップを搭載したことで、熱ムラを軽減し、効率よく深くまでエネルギーを届けられるように改善されました。

また、バイブレーション機能が搭載され、振動を伝えることによって痛みより、振動が感覚に優位に働き、痛みを感じづらいです。

サーマクールFLX

サーマクールFLXは、サーマクールCPTよりも新しい機種となります。
サーマクールCPTより、熱がより深く伝わるようになり、、照射中に肌を冷却する機能がついていますので、照射する際に感じる熱さも抑える効果があります。

サーマクールCPTに搭載されていたバイブレーション機能は縦方向のみでしたが、サーマクールFLXでは多方向に振動を与えられるようになったので、よ、り一層痛みを感じづらくなっています

照射するチップの面積も大きくなっているので、、一度に照射する面積が増えたことにより施術時間も短縮できるようになりました。

サーマクールアイ

サーマクールアイは、目元の施術に特化した治療器となります。
敏感な目元に対応できる専用のチップを使い、皮膚の薄いデリケートな目元でもサーマクール同様の効果が得られ、、目の際までしっかりと照射することができます
上まぶたの肌にハリがでて瞳が大きく見え、目元の小じわやたるみ改善が期待されるのでアンチエイジング効果に繋がります。

またサーマクールアイには、まぶたの余った皮膚を引き締めて、短縮する効果が期待できるため、眼瞼下垂にお悩みの方にもオススメです。
眼球に熱が加わらないよう熱の深度を浅くしているので、、目へのダメージや失明の心配をすることなく安全に行えます。

サーマクールとハイフの違い

サーマクールとハイフは、2つともたるみ治療やリフトアップ効果に期待されている知名度の高い美容治療です。

施術効果や施術可能範囲に違いがありますので、それぞれの特徴を理解していきましょう。
「引き締め効果が高いサーマクール」と、「引き上げ効果が高いハイフ」の両方を施術することで最大限の若返り効果が期待できます。

サーマクールの特徴

サーマクールでは肌に高周波を照射し、皮膚の真皮層に熱を与えることで軽い火傷を起こし、コラーゲンの生成を促進します。
顔全体の引き締め効果が期待でき、肌にハリやキメが生まれます。
頬のたるみが気になる方や、顔全体を引き締めたい方にはサーマクールがオススメです。

サーマクールは顔以外の体への照射も可能なので、お腹や太もも、二の腕などのたるみが気になる部分であれば全身に施術することができます。
効果持続期間は6ヶ月〜1年が目安となります。

副作用として、不必要な場所へ過度に施術を行うと顔がこけてしまい、老けた印象になりますので、事前に医師に相談します。

ハイフの特徴

ハイフは、高密度焦点式超音波を照射し、筋膜層にまで熱を与え、コラーゲンが加熱され収縮することでたるみの引き上げ効果が期待されます。
真皮層より深い筋膜層にアプローチし、フェイスラインを中心にたるみを引き上げるので、リフトアップしたい方にオススメです。

治療範囲は顔から首にかけてとなり、効果持続期間は3ヶ月~6ヶ月が目安となります。
ハイフの副作用としてサーマクールほどではありませんが、顔にやりすぎてしまうと頬がこけて老けた印象になりますので注意します。

施術の流れ

実際にサーマクールを行う際にどんな流れで行うかを解説します。サーマクールの施術の流れは以下の通りです。

(1)洗顔・メイク落とし
肌の状態をしっかり確認できるよう、洗顔やメイク落としをします。

(2)カウンセリング・診察
悩みや理想の状態をヒアリングしていきます。
カウンセリングで気になる箇所やお悩み、現在までの疾病歴やアレルギーの有無について相談します。
痛みに弱いなども事前に伝えるようにしましょう。

(3)マーキング
施術前に希望箇所や肌の状態を確認します。
サーマクールの施術効果をより高めるために、顔の各部位にマーキングを行います。

(4)照射
専用ジェルを塗った後に、照射を行っていきます。
感じる熱感を目安に照射パワーを変えながら照射していきます。

(5)終了・メイク直し
顔に施したマーキングを消します。
また、必要に応じて箇所を冷やすアイシングを行います。
サーマクールはダウンタイムの少ない施術なので、治療後当日からお化粧が可能です。

ダウンタイムや注意事項

施術時間

部位や範囲によって異なりますが、施術時間は約30~45分が目安となります。

いつから効果がでる?

効果は早い方だと施術後1時間、通常は2、3時間程度で感じられますが、遅い方でも翌日には効果を実感できると言われています。

痛み

肌の真皮層に対して、熱を与えるので熱さや痛みを施術後半に感じる方が多いようです。
我慢できないほどの熱さや痛みが生じた際には、我慢せずに医師に伝えまましょう。
適切な照射パワーを調節してもらうことができます。また急な体調の変化があらわれた際には、すぐに医師へ相談しましょう。

ダウンタイム

サーマクールはほとんどダウンタイムはありませんが、まれに数日、赤みやむくみが気になる方がいるようです。
また、施術後当日からでもメイクが可能となります。

施術頻度

施術頻度は6ヶ月~1年の間隔が目安となりますが、初めての場合は期間を空けずに行う方が効果的となります。

施術前後の注意事項

アルコールを飲酒した状態で施術を受けることはできません。
また、施術前にコンタクトレンズは外し、アクセサリーや時計なども外してください。

施術後当日からメイクが可能なので洗顔とシャワーはOKですが、入浴と激しい運動は控えてください
施術直後はお肌が敏感な状態ですので、当日の外出はなるべくしないようにして紫外線による肌ダメージを避けるようにしましょう。

こんな方は受けられません

1.妊娠中、およびその可能性のある方、授乳中の方は受けることができません。急な体調の変化が起こる恐れがあります。

2.糖尿病の方、体内にペースメーカーや埋め込み式除細動器など、金属を埋め込まれている方
高周波が金属に反応してやけどなどを生じる恐れがあります。

3.傷跡がケロイド状態になりやすい方
普段からケロイド状態が作られやすい方は、施術において肌トラブルを起こす場合があるので事前に医師に相談してください。

4.当日、発熱など体調に異変を感じられている方
施術を行うことにより、より体調が悪くなる可能性があります。

5.シリコンや金属プレート、金の糸などを皮下に挿入されている方
高周波の熱エネルギーにより変形したりやけどを起こす可能性があります。

6.その他医師に不適切だと判断された方

サーマクールでたるみやしわの改善を!

サーマクールは肌に高周波を当てて、コラーゲンを生成させてしわやたるみを改善する施術で、リフトアップ効果や美肌効果に期待できます。フェイスラインの改善や若返り効果、肌のトーンアップ効果など幅広い美容効果が話題となっています。
良い点と注意する点をしっかりと把握しながら、サーマクールを活用して、若々しい美肌へと繋げましょう。

こんな記事も読まれています

オンライン診療ができるクリニックを探す

  1. 京都河原町パステルクリニック

  2. LonaLona CLINIC (ロナロナ クリニック)

  3. スマイルAGAクリニック渋谷院

  4. スマイルAGAクリニック 八重洲院

  5. しげた歯科・矯正歯科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content