わたしの名医

大人のシミ、ニキビ、シワの悩みの救世主!
両親媒性のビタミンC誘導体「APPS」

APPS 両親媒性ビタミンC

ビタミンCが肌に良い、というのはなんとなく聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、ビタミンCは不安定な成分なので、それを肌にそのまま塗る、ということはできません。それを化粧品に利用できるよう成分を安定させたものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には、

① シミのもととなるメラニン合成する酵素の働きを抑え、
シミやくすみを防ぐ

① シミのもととなるメラニン合成する酵素の働きを抑え、シミやくすみを防ぐ

② 強い抗酸化作用で肌の酸化を防ぎ、
ニキビや毛穴の黒ずみを予防するやたるみを防ぐ

② 強い抗酸化作用で肌の酸化を防ぎ、ニキビや毛穴の黒ずみを予防するやたるみを防ぐ

③ 真皮内の線維芽細胞と角化細胞の増殖を促し、
コラーゲンやエラスチンを増やして、シワやたるみを防ぐ

③ 真皮内の線維芽細胞と角化細胞の増殖を促し、コラーゲンやエラスチンを増やして、シワやたるみを防ぐ

しみ しわ ニキビ

と肌の悩みのほとんどに嬉しい働きがあります。

ビタミンC誘導体には、水に溶けやすい水溶性、油に溶けやすい油溶性、水と油のどちらにも溶けやすい両溶性の3タイプがあります。ビタミンC誘導体の多くは水溶性であり、皮脂分泌を抑制する働きが強く、皮脂が原因のニキビや毛穴の開きには効果はあるものの、乾燥肌に塗るとつっぱり感を与えてしまい、さらに乾燥させてしまうというおそれがあります。

APPS 両親媒性ビタミンC

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム)は水溶性タイプのビタミンC誘導体に、脂質のパルミチン酸を加えたものです。そのため水溶性と油溶性のどちらの性質ももっており、進化した両溶性のビタミンC誘導体として注目されています。
水と油の両方に溶けるため肌への吸収力が高く、水分だけでなく油分も補い、肌をしっとりと保ってくれます。また、水と油の2つの性質を持つ物質を両親媒性物質といいます。

ラボガールの内緒話

多くのドクターズコスメを処方・製造してきたラボで働く女性、通称「ラボガール」に両親媒性ビタミンC誘導体「APPS」の内緒話を教えてもらいました!

教えてくれたラボガールは

北川さん

北川さんの座右の銘は『明日死ぬと思って生きる』
いつもフットワークが軽くてバイタリティーがある人から、「なんでそんなに行動力があるの?」と訊いて教わった言葉だそうです。明日死ぬと思ったら、今やりたいこと全部やらなきゃ!と思って毎日を過ごしている元気いっぱいなラボガール!!

両親媒性ビタミンC誘導体「APPS」は一見、小麦粉のような白色の粉末です。とっても空中に舞いやすい細かい粉なので、扱っているときにうっかり息を吸ってしまうとしばらく咳が止まらなくなります。

それを水に溶かすときは、粉がダマにならないようにすこしずつ水を加えて棒でぐるぐる、こねこね…あれ?白かった粉がなぜか黄色みをおびて…これはどこかで見たような……あっ「パン」をこねるときの工程に似ている!といつもパン職人になった気持ちで溶かしています。

もっと水を加えていくと白かった粉が、ビタミンCといえば、というイメージそのままのレモンイエローの液体に。あのイメージはこの色から来ているのかなあ、と思っています。

  1. カナクリニック

  2. 札幌クララ美容皮膚科

  3. 森本内科 美容皮膚科・ペインクリニック内科診療室

  4. 医療法人社団ARCWELL<br>駒澤ライフクリニック

  5. Reiko Skin Clinic

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content