わたしの名医

APPS 両親媒性ビタミンC誘導体

大人のシミ、ニキビ、シワの悩みの救世主!
両親媒性のビタミンC誘導体「APPS」

APPS 両親媒性ビタミンC

ビタミンCが肌に良い、というのはなんとなく聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、ビタミンCは不安定な成分なので、それを肌にそのまま塗る、ということはできません。それを化粧品に利用できるよう成分を安定させたものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には、

① シミのもととなるメラニン合成する酵素の働きを抑え、
シミやくすみを防ぐ

① シミのもととなるメラニン合成する酵素の働きを抑え、シミやくすみを防ぐ

② 強い抗酸化作用で肌の酸化を防ぎ、
ニキビや毛穴の黒ずみを予防するやたるみを防ぐ

② 強い抗酸化作用で肌の酸化を防ぎ、ニキビや毛穴の黒ずみを予防するやたるみを防ぐ

③ 真皮内の線維芽細胞と角化細胞の増殖を促し、
コラーゲンやエラスチンを増やして、シワやたるみを防ぐ

③ 真皮内の線維芽細胞と角化細胞の増殖を促し、コラーゲンやエラスチンを増やして、シワやたるみを防ぐ

しみ しわ ニキビ

と肌の悩みのほとんどに嬉しい働きがあります。

ビタミンC誘導体には、水に溶けやすい水溶性、油に溶けやすい油溶性、水と油のどちらにも溶けやすい両溶性の3タイプがあります。ビタミンC誘導体の多くは水溶性であり、皮脂分泌を抑制する働きが強く、皮脂が原因のニキビや毛穴の開きには効果はあるものの、乾燥肌に塗るとつっぱり感を与えてしまい、さらに乾燥させてしまうというおそれがあります。

APPS 両親媒性ビタミンC

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム)は水溶性タイプのビタミンC誘導体に、脂質のパルミチン酸を加えたものです。そのため水溶性と油溶性のどちらの性質ももっており、進化した両溶性のビタミンC誘導体として注目されています。
水と油の両方に溶けるため肌への吸収力が高く、水分だけでなく油分も補い、肌をしっとりと保ってくれます。また、水と油の2つの性質を持つ物質を両親媒性物質といいます。

  1. かじクリニック 熊本

  2. CLINIC N

  3. しんえいビューティクリニック東京

  4. りくぎえん皮膚科

  5. よしもと形成外科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム