わたしの名医

スキンケアに欠かせない存在のビタミンC。
でも「ビタミンCを朝つけると良くない」と言う話を聞いたことがありませんか?

ビタミンCを朝つけたらダメなのかを多くのドクターズコスメを処方・製造してきたラボで働く女性、通称「ラボガール」に教えてもらいました!

今回教えてくれたラボガールは

永田さん

愛犬のトイプードルをこよなく愛する永田さん。
お休みの日は美味しいごはん屋さんを巡ったり、読書を楽しんだりするほんわかラボガール。

ビタミンCとはどんな成分?

皆さんもビタミンCを摂取するといいという話をよく聞くと思いますが、ビタミンCとは、紫外線による肌のダメージを抑制し、コラーゲンの生成を促すことでシワやたるみを防ぎ、ターンオーバーの促進によりニキビ跡やシミを薄くするといった幅広い機能を持った成分です。
そんな万能なビタミンC、実は大きく分けて2種類存在することをご存じですか?
その2種類とは、「ピュアビタミンC」「ビタミンC誘導体」です。
ピュアビタミンCとは、ビタミンCそのもの(アスコルビン酸)のこと。「活性型ビタミンC」や「即効型ビタミンC」などとも呼ばれおり、つけた瞬間からビタミンCとしての効果を発揮します。その代わり、肌に浸透しにくい、劣化が速いといったデメリットもあります。
ビタミンC誘導体とは、ピュアビタミンCに化学物質をくっつけることで、安定化させた成分のこと。ピュアビタミンCよりも安定かつ、肌に浸透しやすいのが特徴で、水溶性、脂溶性、両親媒性といった種類があります。体内の酵素で分解が必要なので、効果が出るのに時間がかかるといったデメリットもあります。

朝ビタミンC豊富なオレンジジュースなどを飲むと日焼けしやすくなるってホント?

結論から言うと、ウソです!
ビタミンC豊富な食べ物やジュースを朝摂取すると日焼けするという話は、ビタミンC=柑橘類のイメージが強いためではないでしょうか。
実際に紫外線の吸収率を高めてしまうのは「ソラレン」という成分です。
ソラレンは光毒性、つまり紫外線に反応して肌に炎症を引き起こす性質があり、日光にあたることで、シミや炎症などの皮膚トラブルを引き起こしやすくなると言われています。
例えば、ビタミンCの食べ物といったら代表的なレモンですが、皮の部分にソラレンが含まれています。その成分が紫外線を逆に吸収しようと働きかけるため、シミやくすみが濃くなってしまいます。 ビタミンCとソラレンは全く別の成分です。

また、ソラレンが体内で紫外線の吸収率を高める作用が働くのは10mgからと言われています。レモンでも30kgとかなりの量を摂取しない限りは問題がないと言い切れます。 ビタミンC豊富なものは、日焼けやシミの原因になるから朝飲んではいけないと思っていた方が多いかと思いますが、そんなことはありません。心配な方は、ソラレンの含まれているものは朝食べ過ぎないようにするなど上手にビタミンCを取り入れていきましょう!

朝ビタミンCの美容液をつけるとシミの原因になるってホント?

朝ビタミンCを摂取すると日焼けやシミの原因になるという噂から、朝ビタミンCをつけるたらだめなのではと疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。
先ほどお話しした通り、日焼けやシミの原因となるのは、ビタミンCではなくソラレンという成分です。 ほとんどのビタミンCの美容液にはソラレンは含まれていません。そのため、朝ビタミンCを含む化粧品をつけることよってシミが増えるということはありません。 
反対に、ビタミンCには抗酸化成分が豊富に含まれていて、紫外線によるダメージを軽減するためシミやソバカスなどの予防・対策にとても効果的です。 なので、基本的にはビタミンCの美容液は朝夜どっちも使用することがおすすめです。

人気キーワード