わたしの名医

油溶性タイプのしっとりビタミンC誘導体「VC-IP」

ビタミンC誘導体が水溶性、油溶性、両溶性の3タイプに分けられます。「APPS」これまでに様々なビタミンC誘導体が開発されてきましたが、その多くは水溶性であり、経皮吸収性が悪く、肌内部へ浸透しにくかったり、容易に酸化されてしまうために安定性に問題があったりしました。

肌はそもそも、皮膚の表面に皮脂膜を持っているため、水よりも肌に非常に馴染みやすくなっています。そのため、油溶性タイプのビタミンC誘導体は水溶性タイプよりも、肌に浸透しやすく、吸収されやすいというメリットがあります。

img_vcip_seisitsu

この油溶性ビタミンC誘導体の代表が「VC-IP」(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)です。

VC-IPは油溶性タイプの特徴である、肌に浸透しやすいというのはもちろん、長時間持続する高い保湿効果があります。水溶性タイプは皮脂を抑える働きが強いので、乾燥肌の人が使用すると乾燥が悪化することがありますが、この保湿性の高いVC-IPはそうした心配がほとんどありません。また、VC-IPは肌に吸収されると、ビタミンCに変換されやすいという性質もあります。

この油溶性ビタミンC誘導体の代表が「VC-IP」(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)です。

VC-IPは油溶性タイプの特徴である、肌に浸透しやすいというのはもちろん、長時間持続する高い保湿効果があります。水溶性タイプは皮脂を抑える働きが強いので、乾燥肌の人が使用すると乾燥が悪化することがありますが、この保湿性の高いVC-IPはそうした心配がほとんどありません。また、VC-IPは肌に吸収されると、ビタミンCに変換されやすいという性質もあります。

ビタミンCはご存知のとおり、美白効果や抗酸化作用、コラーゲン合成によるシワ軽減が期待できる優秀な美容成分です。吸収されやすく、長時間肌に留まるため、効率的に肌への効果を得られるというのが、VC-IPの特徴です。

①美白効果

紫外線が皮膚にあたると、皮膚や細胞の中で活性酸素が発生し、DNAに損傷を与えます。皮膚はこの有害な紫外線を防ぐため、細胞内でのメラニン色素の合成を活発に行い、なんとか紫外線を吸収しようとします。通常の肌であれば、メラニン色素が生成されても、肌の代謝によるターンオーバーにより排出され、元の肌に戻ります。しかし紫外線の浴び過ぎや、ターンオーバーのサイクルの乱れにより、肌内部にメラニン色素が蓄積して色素沈着が起こってしまいます。

VC-IPは油溶性のため、皮膚内に効率よく浸透し、皮膚内でビタミンCに変わります。ビタミンCは紫外線によるメラニン色素の合成を抑制するため、美白効果を発揮します。

②シワ、たるみ防止

日々、肌は紫外線などの様々な刺激にさらされており、皮膚はダメージを受けています。刺激により発生した活性酸素から起こる炎症反応により、皮膚内のコラーゲンが減少し、シワやたるみの原因になってしまいます。VC-IPは高い抗酸化作用により発生した活性酸素を消し去り、炎症反応を防ぐことでシワやたるみを緩和します。

参考文献

熊野可丸ら(2003)『化粧品辞典』丸善株式会社

監修:高橋守(2018)『基礎から応用までよくわかる!化粧品ハンドブック第2版』株式会社薬事日報社

福井寛(2009)『トコトンやさしい化粧品の本第2版』日刊工業新聞社

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム