わたしの名医

水溶性のビタミンE誘導体「TPNa®」

ビタミンE(α-トコフェロール)は優れた抗酸化作用・抗炎症作用があり、是非とも美容に役立てたい成分です。しかし、ビタミンEは水に溶けにくい上、水中で不安定なため分解されやすく、化粧水や美容液に高濃度で配合するのは難しいとされてきました。

しかし、TPNa®(トコフェルリルリン酸ナトリウム)は、これらの欠点すべてを克服した水溶性のビタミンE誘導体です。これはビタミンEをリン酸化したもので、非常に安定していて水に溶け、肌に塗布すると素早く皮膚内に浸透していきます。そして皮膚内の酵素によって脱リン酸されてビタミンEに変わり、強い抗酸化作用を発揮します。

①優れた抗酸化作用

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きや皮膚の炎症、DNAの損傷を抑制します。そのため肌荒れ・乾燥肌・アクネなどから皮膚を守り、肌を整えます。

②ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体

ビタミンCには、抗酸化作用によって働いたあとのビタミンEを再生する働きがあります。ビタミンC誘導体だけでも美白・毛穴改善・シワ防止の美容効果がありますが、ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体を同時に肌に浸透させることにより、相乗効果でさらに抗酸化作用を発揮します。そのため、この二つのビタミン誘導体を同時に肌に浸透させるのがおすすめです。

参考文献

熊野可丸ら(2003)『化粧品辞典』丸善株式会社
鈴木一成(2008)『化粧品成分用語辞典2008』中央書院
福井寛(2009)『トコトンやさしい化粧品の本第2版』日刊工業新聞社

参考文献

熊野可丸ら(2003)『化粧品辞典』丸善株式会社
鈴木一成(2008)『化粧品成分用語辞典2008』中央書院
福井寛(2009)『トコトンやさしい化粧品の本第2版』日刊工業新聞社

  1. あいとレディースクリニック

  2. 医療法人OST サニークリニック

  3. 尾松医院

  4. 山田整形外科クリニック

  5. 南大高整形外科リハビリクリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム