わたしの名医

GSM (閉経関連尿路生殖器症候群)の
予防・治療ために開発したLUNAエイジングケアセット

LUNAPRIDEスキンプレミアム クリニックLUNA

世界標準のレベルの高い女性医療を目指している「女性医療クリニックLUNAグループ」では、若い世代向けの「横浜元町」と、50代以上を対象とした「ネクストステージ」の二つのクリニックを運営しています。日本では数少ない女性泌尿器科医の関口由紀先生に、女性泌尿器科医を目指したキッカケやオリジナルブランド「LUNAエイジングケアセット」誕生の経緯などについて、お話を伺いました。

日本にも女性専門の女性泌尿器科を作りたい

―― 医師を目指したキッカケを教えてください。

関口 小学生の頃から、女性が自立できる職業の中で、医者が一番安定していると思っていたんです。私の中に他の選択肢はありませんでしたし、両親が医者になりなさいと言ったわけでもありません。なんか縁があったんでしょうね。

クリニックLUNA 関口由紀先生
女性医療クリニックLUNAグループ
理事長 関口由紀先生

―― いろいろな科がある中で、なぜ泌尿器科医を目指されたのですか?

関口 私の専門は女性泌尿器科です。最初はローテーションでいろいろな科を回って一般の泌尿器科に入りました。当時の泌尿器科の患者構成は、男性患者9割、女性患者1割でした。今もそれほど変わりませんが、婦人科あるいは泌尿器科診療の片手間に女性の泌尿器科疾患を診ている施設ばかりで、女性専門の女性泌尿器科を標榜する施設はあまりありませんでした。
世界的にも、アメリカやイギリスは女性泌尿器科という独立した標榜科がありますが、それ以外の国ではいまだに泌尿器科や婦人科両方で、それぞれの科の一分野として女性泌尿器科疾患の患者様を診ているんです。
私も15年ぐらい泌尿器科で男性も女性も診ていましたが、日本でも女性泌尿器科医がいてもいいなと思って、女性専門の泌尿器科医になりました。その後、女性泌尿器科専門のクリニックがあってもいいと思って「女性医療クリニック・LUNA」を開院しました。

―― 確かに、女性泌尿器科というのは聞かないですね。

関口 結構、打ち捨てられた分野なんですよね。閉経して婦人科を卒業した女性は、トラブルがあるにも関わらず行く場所がないんですよ。ですから内科に行くんですけど、内科ではデリケートゾーンの病気は診てくれないので、患者はいるけど医療が行き届いていないんです。

―― 女性泌尿器科に来られる患者様の悩みは、一般の泌尿器科とは違うのですか?

関口 女性泌尿器科に来られる患者様の病気は決まっているんです。4、5年前までは「腹圧性尿失禁」「過活動膀胱」「骨盤臓器脱」「慢性骨盤痛症候群」「女性性機能障害」の5つでしたが、最近は「GSM」「男性ホルモン欠乏症」の2つを含めた7つです。これ以外の病気は一般の泌尿器科に行ってくださいとなります。
比較的新しい疾患概念も多いので、普通の医者には分からないものが多いんですよ。まあ、ざっくり言うと、陰部がかゆいとか痛いとか、尿が漏れるとか近いとか、腟から何かでてくるとか、セックスができないとかの女性のシモのトラブルを広く扱います。

全ての女性の下半身の悩みに対応する
「女性医療クリニックLUNA」

―― 女性医療クリニックLUNAのこだわりや特徴を教えてください。

関口 クリニック全体のコンセプトは「女性医療」です。当院は、2Fと3Fがありますが、2Fの「女性医療クリニック・LUNA横浜元町」は若い方を診ています。院長が婦人科医なので、働く女性の婦人科疾患と乳腺疾患をスピーディーに診るというのがコンセプトです。
一方、3Fの「女性医療クリニック・LUNAネクストステージ」は50代以上の方のデリケートゾーンのトラブルと、血管と骨と皮膚を守るエイジングケアをするというコンセプトです。それ以外に、ヘルススタジオやメディカルビューティーセンターが施設内にあり、運動をして姿勢を良くしてシミやシワも取ります。
また、うちのクリニックでは、アートメイクを早くから売りにしています。医療アートメイクというもので、アイラインとリップラインがしっかり描いてあるので、60歳になってもノーメイクで大丈夫という技術です。乳がん術後の乳頭のカモフラージュなどにも、同様の技術を用いて対応しています。

閉経後のデリケートゾーンの悩みに対応する
LUNAエイジングケアセット

LUNAPRIDEスキンプレミアム クリニックLUNA
LUNAエイジングケアセット
LUNA PRIDEスキンプレミアム 30mL
ホルモード モアゴールドミニ30mL
13,200円(税込)

―― なぜ、オリジナルブランド「LUNA PRIDEスキンプレミアム(LUNAエイジングケアセット)」を作ろうと思ったのですか?

関口 7つの病気のうち、6つ目の「GSM」が関係しています。以前は、萎縮性膣炎や老人性膣炎と言われていて、病気ではないので放置していたものをGSMという名前を付けてきちんとケアしましょうということになったんです。
「GSM」は「閉経関連尿路生殖器症候群」の英語名の略語で、閉経による女性ホルモン分泌低下によって生じる尿路生殖器の萎縮などの形態変化及び、それに伴う不快な身体症状や機能障害のことです。要は、50歳以降で生理が終わって5年以上で、陰部が薄くなってきて外陰部の乾燥感、灼熱感、排尿困難感、頻尿、尿漏れ、尿意切迫感、反復性尿路感染症、性交痛などが起こることをGSMと言うんです。もっとはっきり言うと、閉経した後の「陰部のかゆみや痛み」「尿漏れや頻尿」「性交痛のトラブル」の三つのうちのどれかの症状があることをGSMと言うんです。

50~90歳の女性の半分は、この三つのうちのどれかの症状があって悩んでいることがはっきりしています。治療法としては、まず初期治療として保湿と局所の少量の女性ホルモンの投与で、その次にプラクショナル炭酸ガスレーザー等のレーザー治療が良いということが分かってきました。ただ日本には、局所の保湿ができて少量の女性ホルモンが補充できるようなアイテムがなかったので、自分で作ろうと思ったんです。

―― 「LUNA PRIDEスキンプレミアム(LUNAエイジングケアセット)」のこだわりや苦労された点を教えてください。

関口 女性ホルモン用の物質を探すのに苦労しました。最初は女性ホルモンを入れようと思ったのですが、現在の薬事では新製品にはダメだったんですね。
いろいろ考えた末に、キルギス産のウマプラセンタとアスタキサンチン等が主要成分の性ホルモン用の抗酸化物質が入った美容液「LUNAPRIDEスキンプレミアム」を作ったんです。

LUNAPRIDEスキンプレミアム クリニックLUNA

関口 その後に、50年前に認可された商品でシンプルなオリーブオイルに女性ホルモンが少しだけ入った「ホルモード モアゴールド」と出会ったんです。そこで、この二つを混ぜてみたら、副作用が少なくて効果が高いことが分かってきたんです。それで、二つの商品をセットにして、エイジングケアセットとして販売することにしたんです。

モアゴールド

―― 両方セットでないとダメなんですね。

関口 はい。お風呂から上がった後に、「LUNAPRIDEスキンプレミアム」と「ホルモード モアゴールド」を一滴ずつ手に取って混ぜるんです。化粧品なので、粘膜にはつけてはいけないという規制がありますが、どこからが粘膜かと言う議論もあります。
私は患者様に人差し指の第二関節までは大丈夫と伝えています。尿道のあたりと、膣の入り口の第二関節までは塗って、余ったものは小陰唇や大陰唇に塗りましょうと指導しています。ただし、皮膚に刺激症状がある場合は、市販のヒルドイドと混ぜて薄めて使用してもらいます。

世界中の女性の下半身のトラブルをなくしたい

―― 今後の展開について教えてください。

関口 目標は大きく、世界中の女性の外陰部の不快感と尿漏れとセックスのトラブルをなくしたいですね。
大きな目標のためには、まずは国内から始めることが必要ですが、今はSNSもありますし、いろいろな形でアプローチしていきたいと思っています。そして、新たな商品開発にも取り組んでいきたいです。

クリニックLUNA 関口由紀先生

女性医療クリニックLUNAグループ

理事長 関口 由紀先生(せきぐち ゆき)

経 歴

1989年山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、1991年横浜市立大学医学部泌尿器科助手。その後、横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、2007年横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、横浜市立大学医学部客員教授となる。2009年日本大学グローバルビジネス研究科を修了し、経営学修士(MBA)取得。現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家 丁 宗鐵先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
女性泌尿器学に関しては、2000年湘南鎌倉総合病院に婦人科部長と協力して婦人泌尿器センターの設立など、現在も最新の女性泌尿器医療の実現を目指している。
2005年4月 『横浜元町女性医療クリニック・LUNA』を開設。
2007年3月 医療法人LEADING GIRLSとして新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングセンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。
2012年 トレーニングセンターを、LUNA骨盤底トータルサポートクリニックとして、女性泌尿器科専門のクリニックとして、自ら、再び院長となる。
2013年6月 LUNA骨盤底トータルサポートクリニック内、美容医療施設として、LUNAメディカルビューティーセンターをOPENし、美容皮膚科、形成外科診療を開始。
2015年11月 大阪府大阪市に女性医療クリニックLUNA心斎橋を開院。
2016年 LUNAヘルススタジオオープン。
2018年9月横浜の3つのクリニックを、診療科別の医療から「女性のステージ別の医療」に移行するため、診療科を再編成し移転。新生LUNAとして、主に生殖年齢にある女性の健康管理を行う女性医療クリニックLUNA横浜元町、更年期以後の女性の健康管理と抗加齢医療を行う女性医療クリニックLUNAネクストステージの2つのクリニックとして再スタート。

女性医療クリニックLUNAネクストステージ

女性医療クリニックLUNA

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-32
TEL:045-662-0618

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまでお問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及びネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についてのお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまで
お問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及び
ネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についての
お問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

  1. ともこ皮フ科クリニック

  2. 医療法人 さくら会守山さくら内科クリニック

  3. ボナ・ディアクリニック

  4. ヴァージンクリニック福岡天神

  5. 大曽根皮フ科形成外科

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム