「Dr.Onishi’s Doctor's Cosme」を開発した
大西皮フ科形成外科医院 大西勝先生

大西皮フ科形成外科医院は、最新鋭の美容機器を取り揃え、治療後のアフターフォローやアンチエイジングのためのメディカルエステも併設しているクリニックです。今回は院長の大西勝先生に、医師を目指したきっかけやクリニックのこだわり、さらにオリジナルブランド「Dr.Onishi’s Doctor’s Cosme」の特徴などについて、お話を伺いました。

―― 医師を目指したきっかけを教えてください。

大西 小さいころから、将来は医師になりたいと思っておりました。母子家庭に育ち母親としては、息子には将来医者になってほしいという夢があり、母親を喜ばせたいという気持ちもあったのだと思います。

―― いろいろな科がある中で、なぜ形成外科に進まれたのですか?

大西 もともと外科系に進みたいと思っていました。その中でも子どもの頃から、細かい作業が好きで手先が器用ということもあり、形成外科を志望しました。外科の中でも皮膚表面から、治療の結果が分かるところに魅力を感じています。

―― 美容医療のやりがいや苦労などを教えてください。

大西 美容業界の進歩は留まるところを知りません。日々、ものすごいスピードで進化しています。常に、最善かつ最先端の治療を患者様にご提供するため、私もスタッフも止まることなく勉強と努力をし続けております。
遠方からも足をお運び頂くなど、患者様の多くはご家族やご友人からの勧めで来てくださっているため、求められるハードルは大変高いものとなります。
日々、精進し努力しておりますが、患者様のご期待に沿い、充分な満足を感じて頂かなくてはいけないというプレッシャーは常にあります。そんな中で、患者様の悩みを改善し、晴れ晴れしい笑顔でお礼を言って下さる姿を見ることが一番の励みです。
一方で、美容医療は病気を治すわけではないので、私たちから見ると良い結果でも、患者様からするともっとこうしたいという思いがある場合があります。そんな中で、出来る限り患者様に満足して頂けて喜んで頂ける結果を残すところが難しい部分ではありますね。

―― なぜ、ご自身のクリニックを開院しようと思われたのですか?

大西 大学を卒業後、国立病院や大学病院などで診療していた時は、短期間での転勤が多く、患者様の治療後の長期経過が分からずしっかりサポート出来ないことに引っかかりを感じていました。「治療後もしっかりと患者様の経過をサポートしたい」と思い、当院を開院しました。20年以上開業してきて今思うことは、長期的なサポートを通じて患者様の幸せを見られることがやりがいに繋がっているということ。日々、たくさんのご相談に真摯に向き合い、患者様が心から笑顔になれる“地域のホームドクター”を目指しています。
今では「滋賀県で全国レベルの超一流の治療を行う」がポリシーであり、初めて来院された患者様には「当院で治らないものは、全国どこの病院に行っても治りません」という気持ちで、日々診療にあたっています。

―― 大西皮フ科形成外科医院のこだわりや特徴を教えてください。

大西 当院は保険内外問わず、幅広い治療を行う美容皮フ科・美容外科・形成外科の専門クリニックです。最新鋭の美容機器も全て取り揃えており、治療後のアフターフォローやアンチエイジングのためのメディカルエステも併設しています。ドクターも10名いますので、それぞれの得意分野を活かしながら幅広い治療を行っています。
もともと形成外科専門医ですので、高い技術力をご評価頂いております。ドクターのみならず、ナースその他トレーニングを積んだスタッフが揃っておりますので、遠方からのご来院も大変多いです。
8年前には京都院もオープンしましたが、こちらは美容診療のみで、メディカルエステも併設しています。あとは美容だけをやっているわけではなくて、もともと形成外科専門医ということで、滋賀院では保険の形成外科手術もやっています。

美容皮膚科専門医ならではの
最先端の科学と数多くの臨床経験から作り出した
「Dr.Onishi’s Doctor's Cosme」

―― なぜ、オリジナルブランド「Dr.Onishi’s Doctor's Cosme」を作ろうと思ったのですか?

大西 もともとの目的はコスメではなく、治療の補助として作りました。美容診療は、週に1回とか月に1回とかクリニックに治療に来ていただきますが、日々のケアがとても大事です。しかし、患者様にスキンケアについて伺うと、結構ご存じなかったり誤ったスキンケアをされている方が多かったんです。当院で治療し、せっかく良い状態になったお肌を、間違ったホームケアで元の状態に戻してしまわないように、次に来られた時にさらに効果が上がりやすくするようにという思いから生まれました。
シミや肌トラブルというのは、日々のお手入れがすごく絡んでいます。ですから、間違ったところに戻られないように、治療した結果を維持できるようにという気持ちから、治療の補助として作りました。

―― 「Dr.Onishi’s Doctor's Cosme」のコンセプト、商品の特徴を教えてください。

大西 一般化粧品というは人件費や宣伝費やパッケージなどコストがかかりますが、「Dr.Onishi’s Dotor’s Cosme」はそこにお金をかけるのではなく成分の方に使って、安い価格でしっかりした成分の製品を作りました。お肌が本当に必要とするものをお届けしています。
最初に作ったのはビタミンCのローションです。当時、ビタミンC誘導体の化粧品が皮膚科でも注目されていました。特に、その頃はニキビの薬というのが、抗生物質ぐらいしかありませんでした。ただ予防も含めて、日々のスキンケアが大事ということで、高濃度ビタミンCローションが注目された時代なので、そこから商品化しました。

新規ビタミンC誘導体 APPS配合
VCローション

APPSは、水にも脂にも溶ける水脂両用の浸透性の高いビタミンCです。 その浸透力はなんと従来のビタミンCの100倍。同時に配合されているビタミンC誘導体と共に、角質層に働きかけキメの整った素肌へと導きます。

55mL/3,850円(本体3,500円、税350円)

美容業界で注目を集める『幹細胞』配合
ステムCoQ10クリーム

『幹細胞』&CoQ10(コエンザイム)を高濃度配合。
つけた瞬間から、普段と違うお肌のキメとハリが感じられ、毎日使うことでお肌のみずみずしさを引き出します。
疲れたお肌を積極的に働きかける、徹底エイジングケアに不可欠な贅沢なクリームです。

30g/8,800円(本体8,000円、税800円)

天然乳酸16%配合
クリアラックローション

化粧水前に塗って頂くクリアラックローションは、お肌の角質をやわらげ、ローション・美容液の浸透をよくします。高濃度の天然乳酸を配合することにより、角質を柔らかくして、その後に塗る美容成分の浸透力も高めてくれます。
お顔だけでなく、デコルテ、背中、ひじ、かかとなどのお肌のざらつきが気になるところも改善できるローションです。

100mL/6,600円(本体6,000円、税600円)

―― 開発する上でこだわったところ、苦労されたことはありますか?

大西 当院オリジナルのドクターズコスメは美容皮膚科の専門医ならではの最先端の科学と数多くの臨床経験から作り出した「APPS」「EGF」「DMAE」「CoQ10」「パントテン酸」「幹細胞」「プラセンタ」などをメインとしたメディカルスキンケアシリーズです。皆様に栄養をしっかり蓄えることのできる若々しい輝くお肌を手に入れてほしいと思っています。
私たちは日々紫外線を浴び、毎日ゆっくりと老化しています。シミやシワ、ニキビ、乾燥肌などの肌トラブルは症状の出方に違いがあるだけで、紫外線つまり「光老化」が根本的な原因なのです。だからこそ、そのダメージの元となる原因と向き合い、悪化させないための日々のケアが大切です。

最新の設備と最高の技術を用いて診療を行う

―― 今後の展開について教えてください。

大西 医学は日々進歩しているので、他の病院で相談した結果「治らない」といわれた悩みも、当院では治療法が見つかるかもしれません。ホームページでは特徴的な治療法を掲げてありますが、それ以外でも診療の際にはお気軽にご相談ください。より多くの方々の健康と美しさを願い、最新の設備と最高の技術を用いて診療を行うことを当院の目標としています。新しいクリニックも増えていますが、20歳以上地元でやってきた経験を活かして、正しい効果のある治療を今後も続けていきたいと思います。

大西皮フ科形成外科医院

院長 大西勝先生(おおにし まさる)

略 歴

滋賀県立膳所高等学校を経て
平成2年 国立香川医科大学 医学部 卒業
平成2年 京都大学医学部形成外科 入局
平成2年~平成3年 京都大学医学部附属病院形成外科
平成3年~平成5年 大阪赤十字病院形成外科
平成5年~平成6年 社会保険広島市民病院
平成6年 角谷整形外科病院
平成6年~平成9年 冨士森形成外科医院
平成9年 大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院 開業
平成24年 大西皮フ科形成外科医院 京都四条烏丸院 開院

所属学会

日本形成外科学会
日本皮膚科学会
日本美容外科学会
日本臨床皮膚外科学会
日本臨床抗老化医学会
日本臨床皮膚科医会
日本美容皮膚科学会
日本抗加齢美容医療学会
日本形成外科学会認定医取得
日本臨床皮膚外科学会認定医取得
日本臨床抗老化医学会認定医取得

その他

ミラドライ公式認定医
ボトックス認定医
ヒアルロン酸ジュビダーム施術資格者
サーマクール認定医
3TO(VHO)ライセンス取得

大西皮フ科形成外科医院

〒520-0832 滋賀県大津市粟津町4−7 JR石山駅前近江鉄道ビル 3F
TEL:077-531-2101

診療時間 日・祝
10:00~18:00

※土曜日は16:00まで

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまでお問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及びネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についてのお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまで
お問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及び
ネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についての
お問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

  1. 銀座たるみクリニック

  2. アール美容皮膚科

  3. かすがい皮膚科

  4. うるしばらクリニック

  5. 医療法人新産健会<br>おおあさ皮フ科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content