ゼオスキンにはどんな効果があるの?気になる毛穴への効果や有効成分を徹底解説!

ゼオスキンにはどんな効果があるの?
気になる毛穴への効果や有効成分を徹底解説!

ゼオスキンの効果を徹底解説!

雑誌やSNSで話題のゼオスキンにはどんな効果があるかご存じですか?ゼオスキンを使うと、自分の理想の肌に近づく様々な効果が期待できます。今回は、ゼオスキンの効果や有効成分について詳しく解説。肌の悩みとしてよく挙げられる、毛穴への効果も解説しています。ゼオスキンが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

ゼオスキンが目指すのは”美しく健やかな肌”

医療機関専用のスキンケアブランド「ZO SKIN HEALTH(ゼオスキンヘルス)」のことです。 ゼオスキンは「美しく健やかな肌」へ導くことを目指したスキンケアプログラムです。肌の状態を安定させるには、肌のターンオーバーやバリア機能をサポートし、皮膚の機能を正常に整えることが大事。透明感や肌のハリといった見た目だけではなく、肌が健康な状態であることを重視しています。一人ひとりの肌の状態に合わせて適切なスキンケアを行うことで、「美しく健やかな肌」を目指します。

ゼオスキンで効果的なスキンケアができる理由

ゼオスキンはなぜ肌の悩みに効果的なのでしょうか?ゼオスキンで効果的なスキンケアができる理由をまとめました。

ゼオスキンの4つのプログラムと効果

ゼオスキンには、肌の状態や目的に合わせた4つのプログラムがあります。自分に合うプログラムを選択することで、適切なスキンケアが可能です。
・セラピューティックプログラム
ハイドロキノン※1やビタミンA(処方薬)を使用して積極的なケアを行うプログラム。12~18週間を目安に行い、ハリと透明感のある肌を目指します。人によっては皮剥けなどのリアクションが出る<とも。

・メンテナンスプログラム
レチノール※1などの整肌成分を使用するスキンケアプログラム。透明感ケアやエイジングケアなど、目的に合わせて使用アイテムを選択できます。ハイドロキノン※1の使用を避けたい方や、セラピューティックプログラム後のメンテナンスとしても。

・デイリースキンケアプログラム
美しく健やかな肌を維持するための、基本的なケアを行うプログラム。肌トラブルを未然に防ぐことも目指します。

・プリベンションプログラム
紫外線ダメージなどを防ぐことを目的としたプログラム。シンプルなケアを行いながら、肌へのダメージを予防します。
※1整肌成分

有効成分を効果的に浸透※1させるスキンケアステップ

ゼオスキンでは有効成分を効果的に浸透※1させるため、GSR TM(Getting Skin Ready TM)という基本ケアをプログラムに取り入れています。クレンジング洗顔・角質ケア(オプション)・化粧水のステップで肌を整えることで、その後に使う有効成分が配合された美容クリームを、効果的に使用することが可能です。
※1角質層まで

医師の指導の下で肌に最適なスキンケアができる

ゼオスキンの取り扱いは医療機関のみのため、購入にはクリニックの受診が必要です。肌の専門医は、肌の状態や目指す肌に合わせて最適なスキンケアを提案してくれます。自分の肌の状態やスキンケアについて専門医に相談できることは、美肌への近道。ゼオスキンの使用に関する様々なアドバイスをもらえます。 オンラインコスメ診断を利用すれば、クリニックに行かなくても医師のカウンセリングを受けることが可能です。気軽にゼオスキンを購入できるので、ぜひ活用してください!

オンライン診療が可能な
クリニックはこちら 

ゼオスキンに配合されている有効成分

ゼオスキン製品に配合されている有効成分の中で、代表的なものを紹介します。

・ハイドロキノン
シミでお悩みの方に使用される代表的な成分。高濃度では副作用が出ることもあるので、市販の化粧品などでは濃度が制限されています。ミラミン・ミラミックスに配合。

・ビタミンA(レチノール)
肌のターンオーバーやハリをサポート。その作用からこの成分が含まれる製品では、赤みや肌の剥離が見られる場合がありますが、肌は徐々に慣れていきます。デイリーPDやスキンブライセラム0.5などに配合。

・ビタミンA(※処方薬)
ビタミンA(レチノール)の誘導体。生理活性はビタミンA(レチノール)の約50~100倍。セラピューティックプログラムでミラミックスと混ぜて使用します。

・グリコール酸
AHA(アルファヒドロキシ酸)の一種。角質を柔らかくし、肌のターンオーバーをサポートします。バランサートナーなどに配合。

・ビタミンC誘導体
肌の透明感を引き出します。シーセラムなどに配合。

・ゼオスキンオリジナル複合成分
ゼオスキンでは、3つのオリジナルの複合成分を使用しています。

ZOX12TM
ビタミンA※1・C※2・E※3をカプセル化し肌への浸透率を高めたもの。有害な近赤外線のダメージから肌を守ります。

ZO-RPS2TM
ニガハッカ※3・エーデルワイス※1の2つの植物成分を使用。将来の肌ダメージから肌を守ります。

ZPROR
フサフジウツギ※1の植物幹細胞と加水分解セシリン※1を使用。肌のハリをサポートする成分です。
※1整肌成分 ※2製品の抗酸化剤 ※3皮膚保護剤

ゼオスキンで期待できる効果

ゼオスキンを使うことでどんな効果が期待できるのでしょうか?ゼオスキンで期待できる効果をまとめました。

肌のターンオーバーをサポートし肌を美しく整える

肌のターンオーバーを整えることは、美しく健やかな肌にとって大切です。理想的なターンオーバーの周期は約4週間と言われていますが、年齢や生活習慣、紫外線や乾燥などの外的ダメージなどの様々な要因で乱れます。ターンオーバーの乱れは、肌荒れや乾燥、くすみなどの肌トラブルの原因に。ゼオスキンでは、ターンオーバーをサポートして肌のバリア機能を整え、健康な肌を目指します。

シミやくすみにアプローチして透明感のある肌へ

ゼオスキンの製品には、ハイドロキノン※1やレチノール※1、ビタミンC誘導体※2などの有効成分が配合されています。有効成分を効果的に肌に浸透※3させることで、シミやくすみの原因にアプローチ。肌の透明感を引き出します。
※1整肌成分 ※2製品の抗酸化剤 ※3角質層まで

ハリや弾力のある若々しい肌印象へ

肌の乾燥や加齢、紫外線など様々な原因で肌の弾力は低下します。レチノール※1をはじめとした有効成分が、肌のハリをサポート。ゼオスキンで肌を健康な状態に整えることで、潤いとハリや弾力のある若々しい肌印象へと導きます。
※1整肌成分

肌トラブルを未然に防ぐ

肌のターンオーバーやバリア機能を整え、肌の潤いをキープすることは、肌トラブルを防ぐためにも大切です。ゼオスキンの製品には、肌荒れや様々な肌ストレスから肌を守る成分も配合されています。

紫外線によるダメージの予防

紫外線を浴びると肌の中で活性酸素が発生し、肌の乾燥だけでなくシミ・シワ・たるみなど様々なダメージの原因になります。ゼオスキンのUVケア製品は、紫外線の他に近赤外線やブルーライトからも肌を保護。デイリーPDやRCクリームなど、光老化ケアができる製品もあります。 

ゼオスキンの毛穴への効果は?

・毛穴が目立つ原因
肌の悩みとしても多い毛穴の目立ちの原因としては、皮脂の過剰分泌や肌のハリ・弾力の低下が考えられます。また、皮脂や角質が毛穴に詰まってしまった状態や、そこから酸化して黒ずんでしまうことも。

・ゼオスキンの毛穴への効果
皮脂や角質の詰まりには、角質ケアや肌のターンオーバーを整えることが有効です。ゼオスキンでは、脂性肌用のエクスフォリエーティングクレンザーや(洗顔料)、エクスフォリエーティングポリッシュ(フェイススクラブ)でケアができます。また、肌の水分バランスを整えることは、過剰な皮脂の抑制にも効果が。ハリや弾力はもちろん、肌の状態を総合的に整えることで、毛穴が目立ちにくくなることが期待できます。ゼオスキンには毛穴ケア用の製品もあるので、毛穴ケアを重点的に行うことも可能です。
PSリファイナー

ゼオスキンは医師の指導の下で効果的に使用を!

様々な効果が期待できるゼオスキンの購入には、クリニックの受診が必須。専門医の指導の下で使用することで、ゼオスキンをより効果的に使用できます。忙しくてクリニックに時間がない方でも、オンラインコスメ診断を活用すれば、自宅でゼオスキンの購入が可能です。ぜひ、ゼオスキンを使って自分の理想の肌を目指してください!

ゼオスキンヘルスをご自宅で。
オンライン診療・カウンセリングが受けられる クリニックを探そう!!

スマホで簡単ご予約 オンラインコスメ診断と カウンセリングを受けて ゼオスキンを自宅で
受け取ろう!

掲載の商品は、お客様が安全にご使用いただく事を第一に考え、
最大限の効果をご提供するために対面販売を基本としております。 お近くの取り扱い機関、もしくはオンライン診療を実施している医療機関、
もしくは医療機関が運営しているオンラインストアでのご購入をおすすめいたします。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまでお問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及びネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についてのお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

この製品のお取扱い希望のクリニック様は
わたしの名医カスタマーセンターまで
お問い合わせください。

※使用意図、使用方法の確認及び
ネット販売禁止に関する同意をいただきます。

取材・メディア掲載についての
お問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

Click to Hide Advanced Floating Content