わたしの名医

再生医療の現場でも注目。医療機関向け日本品質のヒト幹細胞由来培養上清液施術

ヒト幹細胞由来培養上清液

ヒト幹細胞由来培養上清液を注射器等で投与することで、肌そのものの機能を向上させるエイジングケアメニューがクリニックで受けられるようになってきました。

日本国内での製造管理を徹底し、世界でもトップレベルの安全性を担保した高品質な培養上清液を生み出しているセルプロジャパン株式会社の医療機関向け「ヒト幹細胞由来培養上清液」についてピックアップいたしました。

ヒト幹細胞由来培養上清とは

ヒト幹細胞由来培養上清とはヒト幹細胞を培養・増殖する過程で発生する「上澄み液」のこと。 この「上澄み液」には、幹細胞から分泌された数百種類のサイトカインが 豊富に含まれています。※ヒト幹細胞は含まれません。
サイトカインは、タンパク質の一種であり、幹細胞から豊富に放出されています。細胞間の情報伝達をする役割があり、細胞の増殖や分化を促進する働きがあります。その機能から、損傷箇所の治療や美容治療の効果が期待されています。
サイトカインは、遺伝情報を含まず、個人差がなく、投与に伴う拒絶反応や異物反応が生じにくいため、他人由来のサイトカインでも安全に 臨床応用が可能と言われています。

ヒト幹細胞由来培養上清液

徹底した品質管理

日本品質を守る為、セルプロジャパンのヒト幹細胞由来培養上清液の製造工程では、5つの検査を行い、徹底した管理が行われています。

検査①ドナースクリーニング

計2回の血液検査を行い、ドナーにウイルス感染が無いことを確認しています。
ウイルス検査項目(HBV, HCV, HIV, HTLV, PVB19, 梅毒)➡ 陰性

検査② 培養細胞のウイルス検査

細胞培養の工程で、ウイルス汚染が生じていないことを確認します。
ウイルス検査項目(HBV, HCV, HIV, HTLV, PVB19, CMV, EB, WNV)➡ 陰性

検査③ マイコプラズマ否定試験

細胞培養の工程で、マイコプラズマ汚染が生じていないことを確認します。
検査項目(マイコプラズマ)➡ 陰性

検査④ 無菌検査

培養上清中に、真菌及び細菌が混入していないことを確認します。
各種菌の増殖➡ 陰性(いずれも菌の増殖が無い)

検査⑤ エンドトキシン検査

培養上清中に、基準値以上のエンドトキシンが含まれていないことを確認します。
培養上清に含まれるエンドトキシン濃度➡ 5.0 EU/ml以下

①〜⑤全てをクリアした培養上清のみ製品として扱います。

相乗効果で細胞の活性化へ繋がるサイトカイン・オーケストラ

数百種類も存在するサイトカインは、それぞれ性質や濃度が違います。その性質が違うサイトカインたちが、相互に働き合い、相乗効果で細胞の活性化へ繋がる=総体だから意味がある、というのがサイトカイン・オーケストラという考え方です。ヒトの身体本来の“黄金比” を崩さない。現在、市場に流通している培養上清の中には、特定のサイトカインを添加し、サイトカインの含有量を調整している製品も存在します。セルプロジャパンは、サイトカイン・オーケストラの考えをもとに、調整を行っておりません。

国内医療機関の取り扱い状況

国内の医療機関で取り扱う人幹細胞培養上清液は脂肪由来が主流。全体の約70%程度です。ついで、歯髄由来、臍帯血由来、骨髄由来と続き、臍帯由来は全体の1%さらに日本人ドナーからの臍帯由来は世界中でも非常に希少性の高いものとなります。

ヒト幹細胞由来培養上清液

ヒト臍帯由来培養上清の特徴(1)

セルプロジャパンのヒト脂肪由来培養上清とヒト臍帯由来培養上清を比較しました。

比較1:タンパク質の濃度が高い

銀染色法によって検出。
サイトカインはタンパク質の一種であるため、総タンパク質の濃度が高い方がサイトカインの量も多いと言える。

ヒト幹細胞由来培養上清液
▶一般的にサイトカインと言われているタンパク質(30kDa以下)は、臍帯が顕著に高い。

比較2:HGFの濃度が3.5倍も高い

HGF(肝細胞増殖因子)とは、細胞増殖促進の作用があり、病気の治療からアンチエイジングまで、様々な効果が期待できるとされているサイトカインです。

ヒト幹細胞由来培養上清液
▶HGFは、脂肪に比べて臍帯の方が3.5倍多く含まれています。

ヒト臍帯由来培養上清の特徴(2)

ヒト臍帯由来培養上清において、特に発現率の高いサイトカインをご紹介します。

●VEGF(血管内皮増殖因子) 毛細血管の働きを活発化し、必要な栄養分を皮膚毛細血管全体に与える。

●Angiopoietin(血管新生因子) 毛細血管の働きを活発化し、必要な栄養分を皮膚毛細血管全体に与える。

●TIMP(メタロプロテアーゼ阻害剤) 紫外線などによって生じる細胞外マトリックス分解酵素を抑制する。

●Thrombospondin(トロンボスポンジン) コラーゲンと相互に作用し、コラーゲンの恒常性を維持する。

●Decorin(デコリン) コラーゲンと相互に作用し、コラーゲン産生を促進する。

●HGF(肝細胞増殖因子) 血管新生や抗炎症に作用する。

●Endostatin(エンドスタチン) 血管新生や腫瘍形成の抑制に作用する。

●TGF-β(トランスフォーミング増殖因子β) 過剰な免疫反応を抑え、皮膚の炎症を抑える。

●IL-1RA(インターロイキン1受容体アンタゴニスト) 表皮角化細胞の増殖を促進する。

●PDGF-AA(血小板由来増殖因子) 細胞内ミトコンドリアに作用し、ATP*産生を促進する。

*アデノシン三リン酸:肌を健康に保つために必要なエネルギー源
セルプロジャパンの医療機関向けヒト幹細胞培養上清液は、⽇本⼈臍帯由来幹細胞培養上清液と、日本人脂肪由来幹細胞培養上清液の2種類。どちらも国内トップクラスの施設内で培養する”完全国内製造・管理”の培養上清液です。
ハイクオリティと安全性を両立した希少性の高い製品を全国の医療機関に提供しています。

  1. THE ROPPONGI CLINIC 六本木院

  2. 二之沢病院

  3. 東京美容クリニック【青山本院】

  4. モデナクリニック

  5. 西新宿杉江中央クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム

Click to Hide Advanced Floating Content